576804
みみず工房掲示板
[back to home] [tree view] [topic view] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
Name
E-Mail
Title
Message
WebSite
password (英数字で8文字以内, under 8 alphanumeric characters to delete or correct message)
submit key (投稿時には 投稿キー(文字) を入力してください, please enter characters left)

掲示板用にデータをアップロード出来ます。ログインするにはここをクリック。ヘルプを見るにはここをクリック。

NanoPiNEO2 投稿者:yo 投稿日:2017/06/24(Sat) 19:33 No.5885   

昨日届いたので、早速試してみました。
1-bay NAS Dock v1.2 + NanoPiNEO2 という組み合わせ。
とりあえず手持ちのssdと組み合わせて、ご本家のdebian版のnasイメージをダウンロード。起動してみました。簡単です。これぞ、サルでも作れるnasという感じ。2.5インチディスクを用意する必要はありますが、28ドルで nasが自作出来るのは凄いコストバフォーマンスですね。情報はこちら。
http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/1-bay_NAS_Dock_v1.2_for_NanoPi_NEO/NEO2

ついでに lightmpd v1.04を動かしてみました。Allwinnerということなので、あまり期待していなかった(^^;;;のですが(4年位前にmpd対応イメージを公開したことがあります http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles013.html#007)、apuと組み合わせると予想外に良い音がしますね。ちょっと硬めですが、しっかりした音で、これなら十分使えるという感じ。お勧め。

Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(4) 投稿者:yo 投稿日:2017/06/18(Sun) 20:07 No.5882   

donuts.shop73 さんのシステムを参考にして、僕が公開しているBB用 Boticized lightMPD UPnP版とlightMPD UPnP-Adapter版を使って「usb-otg タスキ掛け接続」出来るようにしました。音はほぼ同じ、安定度もOKです。スクラッチか、buildrootかという違いはありますが、同じlightmpdをベースにしているので、当然ですかね。

ただ僕の方は問題点があって、BBG(player)からBBB(adapter)に電源供給し、BBGを先に立ち上げないとBBB(adapter)側のusb-otg回線のipアドレスが適切に処理されません。usb0、usb1回線共にipアドレスが10.0.1.1になってしまうのですよね。

usb-otg回線ですが、複数回線ある場合は非同期にlinkupすることが出来ないようで、相手側の立ち上げを待ち合わせてlinkupするする必要があるようです。このあたりの処理は/etc/init.dにあるS40networkで行っています。僕の版ではオリジナルを修正するのは恐れ多いので、自前のmyscipt.shで行っていたのですが、今回の改修では、待ち合わせ同期をとる必要があるので、donuts.shop73 さんがオリジナルのS40networkを修正したもの使うことにしました。

ところがplayer、adapter共に修正したものに入れ換えると上手くいかないのですよね。adapter側の /etc/init.d/S40network をオリジナルのままにして、上記のように立ち上げ順序を守らないとうまくいきません。電源を供給する側がusb-otg回線立ち上げシーケンスでの同期の主導権を確実にとるようにしないとダメということになります。donuts.shop73 さんのシステムだと、こういう制約なしに立ち上げることが出来るのが不思議です。S40network以外に同期処理に関して何か魔法の呪文があるのですかね。不思議だなぁ。

Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(4) - donuts.shop73 2017/06/20(Tue) 21:21 No.5883   


yoさん

理屈は深く考えずに動くように設定しているだけですので、私の環境での動作を整理しておきます。何かヒントになれば良いのですが。

(1)lightMPDのネットワーク設定について
 ・設定はすべてlightmpd.confで行います。
  ※デバイス名に対してIPアドレスを指定するため、ずれることはありません。
 ・起動時の/etc/network/interfaces設定は、syssetup.scmで行います。(/etc/init.d/S00setupvarから呼び出し)
 ・ネットワークの設定(起動)はS40networkで行います。
  usb0(親)は起動と同時に認識されますが、usb1(子)は相手の親と同機がとれるまで認識されません。
  usb1が認識されるのを待って`ifup -a`を実行します。

(2)upmpdcli起動タイミングについて
 私の環境では、upmpdcli起動時にmpdが死んでいるとupmpdcliが正常に起動されません(通常8本くらいのスレッドで動作していますが、スレッドが生成されません)。そのため、upmpdcliの起動時にmpdの起動チェックを入れています。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(4) - yo 2017/06/21(Wed) 20:53 No.5884 home  


donuts.shop73 さん

アドバイスありがとうございます。
usb-otg回線のオープンの同期の問題はなんとかクリア(ipアドレスの設定ミス)したのですが、今度は再生を開始できないという問題につかまっています。
自作のadapterと自作のplayerをたすき掛け接続した時だけ発生し、自作のadapterとdonutsさんのplayerとかその逆という場合は発生しないという奇妙な状況なので、思案投首状態ですね。ウーム。


Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) 投稿者:yo 投稿日:2017/05/21(Sun) 17:36 No.5831 home   

お知らせが三つありますので、分けて書き込みます。内容は
@zImageの改版について
A公開版のノイズ、動きがギクシャク問題の対応策について
Bboticised-lightmpd-upnp-v3版のディフォルト設定について
です。

なお、@、Aの問題点に関しては、「rpiでつくるupnpアダプタ」スレッドでinthedark さん、kensさんより貴重なアドバイスを頂きました。お二人に感謝します。関連する書き込みの先頭部分はここです。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/read.cgi?mode=all&list=topic&no=5674#5813


@zImageの改版について

http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/downlog.cgi?upload/zImage-botic-103-v03-h.zip

playerのzImage(-botic-103-v03-h)を改版します。USB Gadget Support を削除しました。
本来adaptrとしては不要な機能なので、削除しました。これがadapterとしての動作にどういう影響を与えるのかは不明ですが(^^;;;、とりあえず気分よく使えるので、改版されることをお勧めします。リンク先のアーカイブを上書きすれば、okです。


A公開版のノイズ、動きがギクシャク問題の対応策について

polipoのrt優先度の指定に誤りがありました。以下の通りplayer側とadapter側の /mnt/scripts/upnpset.sh の44行目をコメントアウトして下さい。

# chrt -p -f 49 `pgrep polipo`

usb処理とpolipo処理でcpuを独占しmpdが動けなくなり、ノイズが発生したり、コントロールポイントの動きがギクシャクするという問題を引き起こしたということです。usbを使うとpolipoが暴れ回ると気が付いていたのですが、mpdまで巻き込んで騒動となると気が付かなかったのが敗因でしたね。以下のリンク先にも情報はあります。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/read.cgi?mode=all&list=topic&no=5624#5660

これはバグですので、確実に修正する必要があります。


Bboticised-lightmpd-upnp-v3版のディフォルト設定について

アップロードミスでboticised-lightmpd-upnp-v3版のディフォルト設定がdplayoになっているものが登録されているようです。スタンドアロンで使いたい方は以下の通り解凍した設定ファイルを修正して下さい。

nano /mnt/scripts/myscript.sh を以下の通りコメントアウト
------------------------------
### To activate second line for player mode, comment in from here
# ifconfig $ETH up
# ifconfig $ETH $IPADD
# ifconfig $ETH netmask $NETMASK

# d-otg to activate usb-otg line for double lines player, comment in from here
# ifconfig usb0 up
# ifconfig usb0 $IPADD
# ifconfig usb0 netmask $NETMASK
------------------------------

nano /mnt/lightmpd/lightmpd.conf 以下の通りコメントイン&アウト
------------------------------
### for standalne from here^M
interface=eth0^M
address=192.168.0.20^M
netmask=255.255.255.0^M
gateway=192.168.0.0^M
nameserver=192.168.0.0^M
domain=mydomain.jp^M

### for player from here^M
# interface=eth0^M
# address=10.0.0.2^M
# netmask=255.255.255.252^M
# gateway=10.0.0.1^M
# nameserver=192.168.0.0^M
# domain=mydomain.jp^M
------------------------------

nano /mnt/lightmpd/polipo.conf 以下の通りコメントイン&アウト
------------------------------
### for standalone from here
#proxyAddress=0.0.0.0
proxyAddress=127.0.0.1
allowedClients=127.0.0.1

### for double line player from here
# proxyAddress = 127.0.0.1
# allowedClients = 127.0.0.1
# parentProxy = 10.0.1.1:8123
------------------------------

nano /mnt/uEnv.txt 以下の通りコメントイン&アウト
------------------------------
initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-stand
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-stand-arch
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-player
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-player-arch
------------------------------


ちなみに前書き部分のリンク先でplayerとadapterのeth0回線を対向接続し、usb.lanアダプタ回線をインタネット回線する設定の議論をしていますが、内容は以下の通りです。

接続方法は以下の通りとなります。

BBG adapter eth0 <--> BBB player eth0 ==upmpdcli
usb.lan(eth1) <--> ==internet
usb-otg dual-role(usb0) <--> BBB player Host-only usb0 ==polipo

設定変更はadapter側のみです。以下の通りとなります。

nano /mnt/lightmpd/lightmpd.conf interface=をeth1に変更
------------------------------
### for standalne from here^M
interface=eth1^M
address=192.168.0.20^M
netmask=255.255.255.0^M
gateway=192.168.0.0^M
nameserver=192.168.0.0^M
domain=mydomain.jp^M
------------------------------

nano /mnt/scripts/myscript.sh 対向接続に変更
------------------------------
#!/bin/sh
#
ETH=eth0
IPADD=10.0.0.1
NETMASK=255.255.255.252
------------------------------

nano /mnt/lightmpd/upmpdcli-adapter.conf インタネット回線をeth1に変更
------------------------------
upnpiface = eth1
------------------------------

ついでに、player側ですが、nano /mnt/scripts/myscript.sh を以下の通りコメントアウト(バク修正)
### To activate second line for player mode, comment in from here
# ifconfig $ETH up
# ifconfig $ETH $IPADD
# ifconfig $ETH netmask $NETMASK


この状態で、ディフォルトの設定の場合と同じ手口で、eth0の対向回線をpolipo回線に変更することも可能です。性能的にはこれが最強となります。


音の印象はそれぞれの設定で微妙に変わります。試してみて、印象などお聞かせ下さい。

Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/05/21(Sun) 20:59 No.5832 home  


Yoさん
第一報です
改定ありがとうございます
以下の報告になります
@私の場合@の上書をするとアダプターBBGが立ち上がりません。もとに戻せば立ち上がります。私の接続方法が間違っているのかな。後でまた接続方法を報告します。
AAのコメントをしたところ、WAV44.1,96k問題なし192k以上ノイズの発生dsd128途切れることなし、flac192K問題なし、flac352k3,4分のちに音がぶれる(今までにない現象)
Bコントロールポイント(upplay)ロックなし、ただし、時に再生レスポンスが遅れることがある(3,4秒の遅延)
C音質は以前のBBG=BBGと変わらない
以上が@Aの報告になります
これから最強にチャレンジ


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/05/22(Mon) 08:10 No.5833 home  


sugi- さん

@ zImage-botic-103-v03-xと接続方法の矛盾が発生しているのだと思います。
h が マイクロB端子側、d が A端子側になっていることを確認して下さい。

A > flac352k3,4分のちに音がぶれる(今までにない現象)
これは今までは問題なく再生されていたということでしょうか。

B コントロールポイントによって、数秒の遅れは僕の環境でも発生しています。usbの負荷が上がったことにより、発生するのだと思いますが、理屈が分かりませんね。

C rt優先度が適正化されたことに変化があるかと思ったのですが、案外影響が無かったようですね。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/05/22(Mon) 18:03 No.5834 home  


Yoさん
第二報です
今回は従来型の改良型(A)、新しく作られたplayerとadapterのeth0回線を対向接続(B)として比較します

@音質的には相反する表現ですがBはクリヤーかつ厚みが増した。実際は同時比較をしないと分からない感じ
ABはコントロールポイントとの通信レスポンスが少し遅い感じ(@ハイビット曲の進行状況秒数が正常になるのが遅いA曲飛ばしのレスポンスが少し遅い)
B共にWAV92k、flac192k、dsd128まで途切れることなく再生、flac352kについては今まで調べていませんでしたがAはブツブツ状態になるのが遅く、Bは再生5,6後に発生。Aの影響かな
Cコントロールポイント(upplay)のロックはAでは今までになし、Bではflac352kの時に発生したことあり
DBにして電源の基板付けが不安定となり、外部電源をマイクロUSBに接続、安定したboticの立ち上がりとなっている。私のAの接続方法が間違っていたのかも。
以上、今までに短時間ながら聞いた感想です
私はBにしようと思っています
最後に今一番気になっているのは電源で、一本のラインからBBG+BBG+DACへの供給は精神的に何とかしたい、分離供給をしておられる方がみえたらご教示いただきたい。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - ja7jtz 2017/05/23(Tue) 00:13 No.5835 home  


yoさん,ありがとうございます。
改訂版のzImageで,DSD128の再生がBBG=BBGでpolipoとupmpdcli回線を逆接続にしなくても,正常に再生するようになりました。
さらにeth0回線の対向接続ですが,中低域の厚みと,弾力感が増したと思います。Upplayの動作については,再生開始数10秒までは,秒数が3〜4秒ごとにカウントされるなど,レスポンスは遅いようです。1分もすれば正常になります。
96khz24bitファイルの再生は変わらずノイズです。(私の録音の第九です)

sugi-さん
電源の供給ですが,一本のラインだけからの供給だと大きな容量のACアダプタを使っても不安定でした。それでOTGケーブルのA側にUSB給電アダプターを入れたところ安定するようになりました。アイ・オー・データのUSB-ACADP5です。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/05/23(Tue) 17:33 No.5836   


コントロールポイントの動きがギクシャクする問題、完全には解決されていません。皆様からも報告されていますし、僕の環境でも確認しています。「polipoのrt優先度をコメントアウトしたのに、何故まだ暴れ回っているのかな。polipoって、トランプ並に無謀なやつなのね」と思案しています(^^;;;。

コントロールポイントがレンダラーとどういうやりとりを行っているのかよく分からないのですが、このやりとりがスムーズに行えないので、トラブっていることは間違いなさそうです。この処理はmpdとupmpdcliが行っていると推定されます。というわけで、mpdのrt優先度を変えてみました。お知らせのCとなります。

Cmpd優先度の見直しについて

nano /mnt/lightmpd/mpd.conf

realtime_option {^M
memlock "yes"^M
stack_reserve "2048"^M
heap_reserve "10240"^M
main_priority "OTHER:20"^M
player_priority "FIFO:53"^M
decoder_priority "OTHER:20"^M
update_priority "OTHER:20"^M

main、decorder、updateのプライオリティを上げてみました。それなりに効果はありましたが、まだ完全ではないですね。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/05/23(Tue) 23:16 No.5837 home  


Yoさん
「Cmpd優先度の見直しについて」ありがとうございました。
効果のほどはYoさんと同じです

電源の件ですがプレーヤーBBG基板に直付けで問題ないようです。私がトラブったのは容量不足のためでした。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/05/24(Wed) 07:17 No.5838 home  


main_priority "FIFO:20"^M
player_priority "FIFO:53"^M
decoder_priority "FIFO:20"^M
update_priority "FIFO:20"^M

とFIFOを明示した方がよいようです。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/05/24(Wed) 22:02 No.5839 home  


Yoさん
連日の改良ありがとうございます
難しそうですね
44.1kWAVは6,7秒から安定した表示になりますね
最近の改良によってflac352kが安定した再生してくれるようになりました。11分の曲でも「ブツブツ」が無くなり気持ちよく聞けます。

今回はflac352kで進行状況秒表示を調べてみました。
@安定するまでに約1分かかる、dsd128とほぼ同じ時間
A4分程度の曲だとそのまま安定状態で進行する。時に短時間秒表示が乱れる事象もみられる
B11分の曲だと5,6分後に約30秒ほど乱れてその後安定状態になることがある
C不安定中では停止ボタン等レスポンスが鈍る
今までの所、この様な感じです


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - Toshi 2017/05/28(Sun) 21:21 No.5843 home  


BBBとBBGで、usb-otg回線を使うシングルラインモードでの動作報告です。
@BBGをフロントエンドとし、付属のotgコードで、BBBをバックエンドとする方式 コントロールアプリからレンダラーが認識できなくなる現象がなかなか収まりません。とくに、Ipadなどの、無線LANを使い短時間でスリープ状態になる端末でコントロールポイント(Kazoo Bubble-upnpなど)を動作させた場合に、有線LANのPCからのコントロールと比べて、不具合に多く起きる印象です。otgコードの先に電源付きのusbハブを挿入すると、だいぶ良くなりますが、それでも1時間程度動作後、この現象が起きることがあります。
A逆にBBBをフロントエンド、BBGをパックエンドとする方式。USB miniBプラグの付いたotgホストアダプターを使用し、電源は、BBBの5V電源アダプター用端子とBBGのmicro USB端子に、独立して供給しました。こちらの方が安定しています。

 やはり、供給電源の安定性が問題なのでしょうか。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/02(Fri) 18:08 No.5844 home  


24bitノイズ問題ですが、libcurlの改版に伴うシステムのデグレードが原因だったようです。libcurlを7.50.1にすることにより正常に再生する版を公開しておきます。

http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/downlog.cgi?upload/boticized-lightmpd-upnp-v3-1.zip

改版内容は以下の通りです。
updating: lightmpd/mpd-0.20.7rt-arch (deflated 51%)
updating: boot/uInitrd-br-upnp-stand (deflated 1%)
updating: boot/uInitrd-br-upnp-stand-arch (deflated 1%)
updating: boot/uInitrd-br-upnp-player (deflated 1%)
updating: boot/uInitrd-br-upnp-player-arch (deflated 1%)
mpd-0.20.7rt-arch はmoctさんの公開されたものをそのままアーカイブしてあります。

障害に関する情報は
https://groups.google.com/forum/#!topic/lightmpd/PtxMxBqDC9E
にあります。


p.s. コントロールポイントの動作がギクシャクするという問題が残っていますが、これはdigififanさんのpolipoの改版とは無関係の問題です。ネットワーク構成、ハード構成、ソフト構成、性能、dlnaプロトコルなどが複雑に絡み合って発生する問題のようですが、BBでは根本的な解決は困難かなと思っています。詳しくはそのうちまとめるつもりです。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/06/02(Fri) 22:11 No.5845 home  


Yoさん
改訂版ありがとうございます。
私の192k wav音源は問題なく再生されました、ありがとうございました。
コントロールポイントの動作がギクシャクする件は確かにネットワーク構成、ハード構成、ソフト構成、性能等によって変わってきますね。
私がトライした中では、linux-upplay それも軽量なものwatts Watt OS R10で有線LANを使用した状態が良い状態でした。
ありがとうございました。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - t-ta 2017/06/03(Sat) 12:32 No.5846 home  


数年ぶりに投稿します。お邪魔します。

BBG=BBGで音出ししました。ボリュームを上げてKinki Kidsを流したら、家族に「何か変えたと?」気づかれました。
いい音を楽しんで聴いています。

ja7jtz さんが紹介された USB外部電源供給アダプタ(IOデータのUSB-ACADP5)にエルサウンドの電源を使うと音質の向上を感じました。
※エルサウンドの電源プラグのサイズがUSB外部電源供給アダプタと合わないので変換アダプタを挟んでいます。

外部電源を使うので USB 外部電源供給アダプタの USB オス端子の電源線とアース線を絶縁しました。わずかに音がすっきりしたように感じました。
絶縁は USB オス端子のピンにメンディングテープを貼っただけです。
以下の記事を参考にしました。アース線の絶縁のリスクも書かれています。

「無料でできるPCオーディオでのUSB電源ノイズ対策による音質向上(低下防止)」
http://diatone-nikon.blogspot.jp/2014/12/pcusb.html


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - ja7jtz 2017/06/05(Mon) 01:15 No.5847 home  


yoさん
改訂版で24bit96khzのwavファイルがノイズなしに再生できるようになりました。
週末出かけており,掲示板だけを見ていて楽しみにしておりました。ありがとうございました。
しかし,以前問題のあった再生が途切れる現象がまた発生するようになりました。再生初めに何回か途切れて再開し,数10秒もすると安定するのですが,数分するとまた途切れることがあります。
これも依然と同じでpolipo回線とupmpdcli回線を入れ替えると回避することができました。

t-taさん
USBの外部給電アダプタを使うと,音質向上だけでなく動作も安定すると思います。
アース線の絶縁ですが,私の素人考えですが,アースは信号の基準電位ですから,USBデータの基準がなくなって宙に浮いてしまいます。ただし,USBの2本のデータ線は差動信号なので問題はないのでしょうが,絶対的な電位も状態識別に使っているので,問題が生じる可能性があります。単なる外来ノイズの問題だけではないと思いますが,問題なく動作しているなら良いでしょう。
USBアイソレーターでアースも電源も分離してしまうのが一番良いと思いますが,また試していません。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/05(Mon) 08:10 No.5848 home  


皆様、動作報告ありがとうございます。

sugi- さん

> コントロールポイントの動作がギクシャクする件は確かにネットワーク構成、ハード構成、ソフト構成、性能等によって変わってきますね。

最近、iPad air を入手し、LuminやKinskyなどAndroidでも動くアプリを試してみました。ギクシャク度合いは微妙に異なりますね。そうじていえば、iPadの方が成績はいいようで、スムーズに動きます。ただ、それでもギクシャク度ゼロにはなりませんね。


t-ta さん、お久しぶりです。

BBB二台構成の音はいいですね。音量が大きくなっているというのもそういう印象を与えるのかもしれませんが、スタンドアロンに対し、解像度や迫力も随分上がっていると思います。

> ja7jtz さんが紹介された USB外部電源供給アダプタ(IOデータのUSB-ACADP5)にエルサウンドの電源を使うと音質の向上を感じました。

以前書きましたが、僕は電源外部供給型で頑丈な作りのUSBハブを使っています。電源部分にiPurifierを入れることで強化しています。usb-otg接続方式の場合、player側からadapter側に電源を供給するなら、何らかの対策は必須ということだと思います。


ja7jtz さん

> しかし,以前問題のあった再生が途切れる現象がまた発生するようになりました。

ちゃんと再生出来るようになったので、再生中断問題が再発するようになったということだと思います。僕はeth側を対向接続させ、こちらをpolipo回線として使っていたので、気が付きませんでした(^^;;;。これを標準接続とするアーカイブで公開した方がよさそうですね。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - ja7jtz 2017/06/05(Mon) 09:16 No.5849 home  


yoさん
ethの対向接続ですが,こちらでも正常に音が出ますし,音の力強さとリアリティは一番だと思います。
ただ,曲の再生初めにたまにプチっと音が入る場合と,Upplayの動作が非常に不安定になります。私の環境では最初に曲を選択して,演奏を開始すると「応答なし」のままになります。
なのでethは対向にしないで,polipo回線とupmpdcli回線を入れ替えて使っています。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/05(Mon) 17:43 No.5850 home  


ja7jtz さん

情報ありがとうございます。

eth対向接続はUpplayとの相性が悪いのですか。知りませんでした。となると、ディフォルトの設定にするのは問題ありですかね。
設定方法を丁寧に解説するという方法が穏当ですかね。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - ja7jtz 2017/06/05(Mon) 23:29 No.5851 home  


yoさん
Upplayの動作は,その都度異なっていて,再現性がないようです。V3の時に問題ないと報告したのですが,V3-1で「応答なし」なったので,V3に戻したのですが,やはり「応答なし」になってしまいました。
ただ,私の環境だけかもしれませんが,何回も動作確認をした結果,プチ音や再生途切れがないのはeth対向にしないpolipo回線とupmpdcli回線を入れ替えた場合だけでした。
私の設定方法が間違っているのかもしれないので,詳しい設定方法を解説していただいた方がありがたいです。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - ja7jtz 2017/06/07(Wed) 00:35 No.5852 home  


yoさん
Upplayの動作に「再現性がない」と書きましたが,どうも2台のBBGの起動のタイミングに関係しているような気がします。adapterには別電源で供給するときは,その電源供給のタイミングによって動作が変わります。
Player側から供給する場合だと,Playerが起動してusbが認識されたところでadapter側に自動的に給電されますが,Player側のmicroSDをclass不明の安物から,TranscendのClass10のものに変えたところ,かなり安定して動作しています。adapterの方はノーブランドのclass4です。
dlnaコントローラーについてはdlnaMusiConというのを見つけて使ってみましたが,これがかなり安定しています。曲間でブチっと入りますが,タイム表示やpause,stopはしっかり効きます。何回かpauseやstopをすると,レンダラーが不明というメッセージを出してコントロール不能になりますが,dlnaMusiConを再起動すればコントロール可能になります。
Upplayは応答なしになるとBBGをsshでpoweroffするしか回復手段がないので,とても良いです。




Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/06/07(Wed) 08:32 No.5853 home  


ja7jtz さん

Upplayの不安定の件ですが
ご指摘のとおり不安定要因は@電源問題Aコントロールポイントのロックがあります。
@の電源問題は私も経験しました
〇電源容量不足による不安定化
・トランス7V、2Aを使用して整流、安定化した電源は不安定
・トランス8V、2Aを使用するとかなり安定
・計測メイカー(菊水)安定化電源(2A)の使用かなり安定
・何れもプレーヤ側のbbg基板に直付け
 私のは3段重ねですから電流は安定時には0.8〜0.9Aほど流れています、電源投入時には一時的にかなり流れるため余裕のある電源でないと電圧がドロップしてしまいます。それが不安定化の要因となると思うのですが。
電源投入時の流れは電源on→プレーヤーbbg立ち上がり、同時にDAC電源供給→アダプターへOtgから電源供給→立ち上がり
Aコントロールポイントのロック
・yoさんの指摘のように「 コントロールポイントの動作がギクシャクするという問題が残っていますが、これはdigififanさんのpolipoの改版とは無関係の問題です。ネットワーク構成、ハード構成、ソフト構成、性能、dlnaプロトコルなどが複雑に絡み合って発生する問題」ですね。私は現在pcはlinux−upplayとパッドはBubbleUPnPです。最新版にしてから比較的安定しています。

今回の最新版にしてから私の装置はかなり改善しました
@ wavの曲間プチノイズが出なくなりました(flacはもともと問題なし)
A 曲の時間飛ばしができるようになりました
B Upplayが少し安定してきた
この様に感じました


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/07(Wed) 20:26 No.5854 home  


皆様、動作報告ありがとうございます。

「人様に報告だけさせておいて、お前のところはどうなのだ」といわれそうなので、僕のところの状況です。

BBB(adapter)、BBG(player)、eth側を対向接続、polipo回線に設定している環境で、ja7jtz さんの128DSDのベートーヴェンをUpplayを使って再生した時の状況です。

- 再生は普通に開始されるが、時刻表示は10秒〜20秒位だんまり(ゼロのまま)。
- その後、暫くの間(開始後40秒から60秒位まで)、4秒位の間隔で周期的に更新。
- その後は時刻表示は1秒周期で正常に更新、ただし多少ギクシャクする感じはします。

手持ちの64DSDの再生だと
- 再生は普通に開始。
- 時刻表示は開始後40秒位、4〜8秒位の間隔で周期的に更新。
- その後は時刻表示は1秒周期で正常に更新、ただし多少ギクシャクする感じはします。

コントロールポイントをiPad Luminにすると、128DSDの再生でも
- 再生は普通に開始
- 時刻表示は開始後20秒位、4秒位の間隔で周期的に更新。
- その後は時刻表示は1秒周期で正常に更新、ただし多少ギクシャクする感じはします。

となります。
次にwavファイル再生。

- 44Kwav、Windows Upplay、iPad Lumin 共に問題なし。
- 96Kwav、Windows Upplay、時刻表示、開始後10秒位、4秒位の間隔で周期的に更新。その後は安定
- 192Kwav、Windows Upplay、時刻表示、開始後20秒位、4秒位の間隔で周期的に更新。その後は安定
- 96K/192Kwavwav、iPad Lumin、問題なし。

電源ですが、BBG(player)は外部電源供給型のUSBハブからの供給。BBB(adapter)は ja7jtz さんご推奨のIOデータ社のケーブルを間に入れ5v3aを外部から供給しています。ただし、外部電源を供給しなくても、短めのmini b端子で繋げば、問題なく動きます。音は、当たり前かもしれませんが、外部供給の方が良くなります。

以前、「BBBはusb-otgの子側になれないので、adapterとしては使えない」と書きましたが、間違えでした。usb-otg対応のmini b端子がありますので、これを使えば、BBGと同じようにadapterとして使えます。訂正しておきます。まあBBGはmirco b端子、BBBはmini b端子とややこしいのですが(^^;;;。

しかし何が原因なのか、さっぱり分からんですね(^^;;;。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - ja7jtz 2017/06/07(Wed) 23:31 No.5855 home  


sugi-さん,yoさん
動作中の不安定さ,ギクシャク以前に起動時の問題が悩んでいます。
BBG=BBGの2台のBBGの起動タイミングとその後の状態です。
adapter側を外部電源にしている場合は,何となくのタイミングで電源を供給していますが,それだと正確なことが分からないので,外部電源を使わずにotgケーブルのでの給電にしました。
電源はiPad用の5V2Aのものですがsugi-さんの報告では電流容量が足りないかもしれません。
試したのはadapter側,player側のそれぞれでmicroSDを変えてみることです。microSDは手持ちのToshiba 16GB class10,Transcend 8GB class10,PQI 4GB class4,Toshiba 4GB class4ですが,組み合わせによって以下の3パターンがあります。
@正常に再生可能。
AdlnaMusiConからレンダラーもサーバーも指定はできるが再生できない。adapterからplayerにpingは通る。
BdlnaMusiConからサーバーの指定ができるがレンダラーの指定ができず,再生できない。adapterからplayerにpingは通らない。
これまでは実験用として4GB class4の安物ばかり使っていたのですが,class10のものも使いだしたところ,AやBの不具合が多発するようになりました。
どちらかがclass10だと確実にAかBです。両方ともclass10だとBが多いです。
class10のカードは読み書きともに非常に早いですね。その早さがうまくつながらない原因になっているのではないでしょうか。
本家lightmpdのAPU=APUでは特に意識せず2台の電源を入れて問題はなかったと思います。microSDは1GBや2GBのスピード表示もないものです。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/08(Thu) 07:30 No.5857 home  


この問題(コントロールポイントの初期動作不良)が顕在化したのはusb-otgを使って二回線化しはじめてからだと思います。apuでは気が付かなかったし、apu-bbの組み合わせでも気が付かなかったと思います。bb-bbの組み合わせでちょっと変かなと気が付いて、usb-otgでよく分かるようになったという感じですね。多分、このあたりに解決のヒントがあるのだと思います。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - ja7jtz 2017/06/09(Fri) 01:01 No.5860 home  


yoさん
起動のタイミングについての疑問が解消しました。
adapterを別電源にして起動順をどうしたらよいかと思い,まずはadapterを起動して,十分に時間が経過してからplayerを起動したところ音楽を再生せず,
その逆の順番でもダメだったので,別電源にしない時と同じようなタイミングでadapterを起動しないとダメであると思い込んでいました。
しかし改めて試してみると,adapterを起動させ,十分に時間が経過してからplayerを起動させれば問題なく音楽を再生することが確認できましたし,再現性もあります。
考えてみれば当然のことだと思います。
microSDの組み合わせについては,adapter側に遅いmicroSDを使うとダメということは,先にadapterを起動すべきという原則に反してしまうからなのでしょうか。
また,この起動順を守れば,ethの対向接続でも全く問題なく再生しています。
こうして正常起動した後のUpplayの状態については,yoさんの報告と全く同じです。ただしdlnaMuziConの方が秒の進み方などはスムーズだと思います。
私の勘違いで,見当はずれの報告をしてしまいました。申し訳ありませんでした。
ただし,タイミングによっては,再生はするのに,コントローラーが「応答なし」になるのはなぜなのでしょうか。



Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/06/11(Sun) 10:12 No.5865 home  


Yoさん
コントールポイントの種類でかなり動作状態が変わりますね。
パッド系のソフトの方が動きがスムーズになるような感じです。

ところで、再度教えて頂きたい件があります。mpdを切り換えるの件ですが、2017/3/4の「botilized lightmpd UPnP版を公開します」の記事の中で説明してある「/mnt/scripts/mpdset.sh arch19|arch20|light19|light20}」で変更するとboticが見えなくなってしまいます。以前のバージョンでは良かった記憶があります。
また、mpd-0.20.7追加のマクロ?も説明していただけないでしょうか。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/11(Sun) 19:06 No.5866 home  


sugi- さん

> パッド系のソフトの方が動きがスムーズになるような感じです。

ですね。ベストはipad Luminですかね。僕の意見は別のスレッドに書きましたが、ノイズが出るとか再生が中断するということがなければ、経過時間表示は無理をしない程度でベストを尽くしていればいいのではないでしょうか。二台構成の構成の奥の奥から情報をとってこようというのだから。

> mpdを切り換えるの件ですが、

arch99->light99切り替え時のスクリプトのバグですね。とりあえず、uEnv.txtの
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-stand
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-stand-arch
initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-player
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-player-arch
の行と
lightmpd.confの
[mpd]^M
# load_module=mpd-0.19.21rt-native-dsd^M
# load_module=mpd-0.19.21rt-arch-dsd^M
# load_module=mpd-0.20.2rt-arch^M
load_module=mpd-br-01921^M
# load_module=mpd-br-02004^M
が整合性がとれるようにして下さい。正規表現で書くと
uInitrd.*archならmpd-.*arch.*
uInitrd[^ach]*ならmpd-br.*
にして下さい。

mpd-0.20.7については
uEnv.txtを
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-stand
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-stand-arch
#initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-player
initrd_file=/boot/uInitrd-br-upnp-player-arch
lightmpd.confの[mpd]を
load_module=mpd-0.20.7rt-arch
として下さい(この行以外のload_moduleは全てコメントアウト)。
moctさんのサイトで公開されている20.8や20.9でも同じはずです(動くかどうか分かりませんが)。

マクロのバグ修正についてはこれから考えます。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - donuts.shop73 2017/06/12(Mon) 21:05 No.5867   


yoさん

お久しぶりです。
こことdigififanさんのところではいつも興味深く読ませていただいています。
UPnP版とUPnP-Adapter版の設定方法についても読ませていただきましたが、当方ではそこにない5パターン目のネットワーク構成「USB-OTG 2回線によるBB間接続」を実現しています。
技術共有としてイメージを公開しますので今後のお役に立てていただければ幸いです。

【イメージ格納場所】
https://drive.google.com/file/d/0B9LSJY9xM01jMzhaODBjUlMwUlk/view?usp=sharing
【ファイル名】
bb-upnpgw-botic-20170612.zip

例によってlightMPD v1.0.2をベースにさせていただいています。インストールに迷うことはないと思いますが、ポイントだけ書きます。

【手順】
@confフォルダ配下のsystem-image.txtを参照し、設定したいネットワーク構成を確認。
Aconfフォルダ配下の機能毎の設定(lightMPDフォルダ、uEnv.txtファイル)をトップフォルダに上書きコピー。
BPlayer機能以外の場合、コピーしたlightMPDフォルダ内のlightmpd.confファイルにある[network]設定を環境に合わせて修正。

【注意事項】
・USB-LANアダプターは使用しませんので、LANでの送り出しには対応していません。
・コントロールポイントの表示については遅延が発生します。アダプター側がLANから音楽データを取得している際にidolがゼロとなりリクエストを処理できないようです。
・起動順は問わないようにしたつもりですが、心配であれば他の方とは逆ですが、プレイヤー>アダプターの順で起動してください。
・MPDのバージョンは0.20.9rtです。
・再生可能な形式はflac、dsd、wavのみです。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/06/13(Tue) 07:05 No.5868 home  


donuts.shop73さん

大変興味のある「第5のパターンのネットワーク構成「USB-OTG 2回線によるBB間接続」の投稿ありがとうございます。
早速トライしてみます
ところで、電源供給の件ですがusbが使えないわけですが、どのようにされていますか。
@片方のbbg基板に直付け
A両方のbbg基板に直付け
Bその他の方法

よろしくお願いします


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - donuts.shop73 2017/06/13(Tue) 07:45 No.5869 home  


sugi- さん

当方bbb+bbgの環境で確認してますが、
 BbbbへのACアダプタ経由(容量は5V2A)
で電源供給しています。
bbgへはbbbのUSB(TypeA)経由での供給となりますが問題なく動作しています。

また、
 Bbbb、bbgそれぞれのUSB(TypeA)へUSB外部電源供給アダプタ装着
でもしっかり動作していました。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - inthedark 2017/06/13(Tue) 08:59 No.5870 home  


donuts.shop73さん

イメージの公開ありがとうございます。(助かります)

donuts.shop73さんの環境では5つのパターンで音質に差異
のようなものが感じられるでしょうか?
donuts.shop73さんのベスト1みたいなものがございましたら
教えてください。

inthedark


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/06/13(Tue) 14:16 No.5871 home  


donuts.shop73さん

素晴らしいイメージの公開ありがとうございました。
本日午後から時間が取れましたので早速組み込んでみました。
多少の戸惑いがありましたが、比較的スムーズにインストールできました。
もちろん、第5パターン「USB-OTG 2回線によるBB間接続」で行いました。

気が付いた点です
@Wav(192k 24bitまで)flac(352k 24bitまで)dsd128まで共にノイズが出ることなく問題なく再生できます
Aコントールポイントの動きはスムーズです、dsd128でも比較的スムーズ
B曲間プチノイズ、曲の再生時間変更プチノイズ等は発生しておりません
CRendererがboticじゃなくてlightmpdなんですね、再度インストールがまともか見直してしまいました
D音質はboticに比べ中低域が締まった感じ、好みの問題でしょう。素晴らしい音質です
E電源はbbgの基盤直付けですが、アダプター、プレーヤーどちらに付けても問題ないようです。一度、基板毎につけてみようと思っています。

もう少し聞き比べてみます。
ありがとうございました。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/13(Tue) 17:15 No.5872 home  


donuts.shop73 さん、お久しぶりです。digififanさんの掲示板への書き込みも、参考になることが多いので、丁寧に拝見しています。

「usb-otgのタスキ掛け接続」を試してみました。これは素晴らしいですね。この構成は思いつきませんでした。まさに「目から鱗が落ちる」という言葉がぴったりの内容です。
音に関しては「usb-otgのタスキ掛け接続」と「eth0カウンター接続」がベストを争うという感じですかね。こちらの方が落ち着いた音がすると思いました(特にDSD再生)が、もしかするとmpdの版の違いに起因するのかもしれません。

BBB=adapter、BBG=playerという構成で聞きました。電源はBBBの電源アダプタに供給する方式(5V2A)。BBB/BBG/DACを三段重ねするとBBB正面からBBG裏面をマイクロusb用otgケーブルで繋ぐ必要があるのですが、BBGに添付のやつだとちょっと短すぎるのですよね。ステレオサウンド社ムックについてきたケーブルを使ったらピッタリでした。いずれにしてもマイクロusb用otgケーブルとミニusb用otgケーブルのタスキ掛け接続ですむというのはシンプルでいいですね。

システムの構成の仕方については、やはりsyssetup.scmで全ての設定を行うという方法がスマートで、いいですね。uInitrdも一つで済んでいますし。
中味を拝見して、頂戴できそうなら、ハイジャック(^^;;;するかなと考え、uInitrdを展開しようとしたのですが、うまくいきません。

yo@ubuntu:~/test$ file ../uInitrd
../uInitrd: u-boot legacy uImage, img, Linux/ARM, RAMDisk Image (Not compressed), 13136670 bytes, Mon Jun 12 08:15:46 2017, Load Address: 0x00000000, Entry Point: 0x00000000, Header CRC: 0x3050492F, Data CRC: 0xB786CFA8
yo@ubuntu:~/test$ sudo mount -o loop ../uInitrd /mnt
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/loop0,
missing codepage or helper program, or other error

In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so.
となり
yo@ubuntu:~/test$ dd if=../uInitrd of=../initrd bs=1 skip=72
13136662+0 レコード入力
13136662+0 レコード出力
13136662 bytes (13 MB, 13 MiB) copied, 21.6374 s, 607 kB/s
yo@ubuntu:~/test$ cpio -id < ../initrd
cpio: ....は不正な形式の数です
・・・
となってしまいます。
やり方を教えて頂けますか。

zImageをstandalone、upnpgw、playerで分けられていますが、これは最適化を図っているということでしょうか ? まあ、
zcat /proc/config.gz > /var/config
で調べればいいんですが、不精をして(^^;;;質問です。

ところで、NEO2を発注しちゃいました。player/adapter用に使えない場合の保険に nas kitとセットで。BBと比較してどんな音がするか楽しみです。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - donuts.shop73 2017/06/13(Tue) 18:42 No.5873   


yoさん

uInitrdの展開は下記で出来ます。
digififanさんの所で公開されているuInitrd作成手順と若干異なっていますので、同じ手順では展開できません。次回があればそろえようと思います。

【uInitrd展開手順】
  # tail -c+65 < uInitrd | gunzip > uInitrd.out
  # mkdir img
  # cd img
  # cpio -id < ../uInitrd.out
 ※imgディレクトリ内に展開されます。

zImageを分けているのは、yoさんの言われるとおり最適化しています。sound、lan、usbの有無で変えています。ここまでやる必要があるのかどうかは不明ですが、気分的にやってます。

【zImageの違い】
  standalone:soundあり、lanあり、usbなし
  upnpgw:soundなし、lanあり、usbあり
  player:soundあり、lanなし、usbあり


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/14(Wed) 07:44 No.5874 home  


donuts.shop73 さん

ご回答ありがとうございます。
syssetup.scmを見られるようになりました。これは基本的にはapuのものを移植されたのかと思います。このまま使うというのが、正解のようですね。buildroot側の手順の修正が必要になりそうなので、どうするか思案しています。
zImageの中味も拝見しました。
usb-otgの指定ですが、親子両方を指定するというやり方になるのですね。両方指定するのはまずいのかと思っていましたので、ビックリしました。Boticized lightMPD UPnP版とlightMPD UPnP-Adapter版も、usb-otg「タスキ掛け接続」にこれだけ対応して、あとは設定ファイルで対応させる方法がとれそうですね。こっちの方が簡単かなと思っています。
手持ちのdsdファイルをいろいろ再生してみました。音はほんとうに素晴らしい。良いソフトを公開して頂きありがとうございました。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/06/14(Wed) 18:18 No.5875 home  


donuts.shop73 さんyoさん

今回の「USB-OTG 2回線によるBB間接続」の公開は、皆様方の技術共有の賜物ですね。私は外野で見てるだけ、そしてタダ食い状態でした。これからも、皆様の共有化の基で素晴らしいものとして頂ければと思っております。

今回は1つのレポートとお願いがあります。

〇レポート
コントロールポイントの活用
私は現在DACは違いますがbbg=bbgの2回線接続の装置を2台使用しております。それぞれをLANに繋いで電源を入れれば当然のことながらコントロールポイントから2個のRenderer(botic+lightmpd、lightmpd +lightmpd)が見えてきます。
1台のパッドでRendererを交互に選択することもできますし、パッド+pcで個々のRendererを選択(同じRendererは選択できません)音楽を再生することができます。アンプ入力はCD,AUX等に接続し切り替えて音出しができます。同じDACを載せておればboticとlightmpd比較ができます(同じDACを2台との方はまずみえないと思いますが)
私は気分でDACを切り替えて聞いていります。
注意点
@1台でRendererを切り替えるときは再生を停止してから,(自動で停止してくれる)コントロールポイントもあります(Hi-Fi cast等)
AUpplay、Lumin、Hi-Fi cast等では同じRendererでは区別がつかなくなります(lightmpd+lightmpd)、BubbleUPnPではIpアドレスが付加されるので区別ができます

もうすでに行ってみえる方もおられるかと思いますが、参考までに

〇お願い
今回のdonuts.shop73さんの音はyoさんのダブルラインでMPDをmpd-0.20.7rt-archにした時の傾向に似ています。yoさんのレポートで「mpdの版の違いに起因するのかも」とありましたが、yoさんの「mpd-br-02004」に切り替えて比較することはできますでしょうか


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/14(Wed) 21:49 No.5876 home  


sugi- さん

質問の意味が良くわかっていないのですが、以前質問された「mpdを切り換えるの件」であれば
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/read.cgi?mode=all&list=topic&no=5831#5866
を参照して下さい。

mpd-0.20.9rt-archの音を聞きたいということであれば、moctさんのサイトのこの記事
http://kickcoffee.org/kicktick/2017/06/09/%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%aa%e8%a9%b1%e3%80%80%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%e3%80%80%e5%8e%9f%e7%90%86%e6%a8%a1%e5%9e%8b/
のリンク先にあるものが uInitrd-br-upnp-player-arch で動かすことが出来ます。

あと前半部分の「当然のことながらコントロールポイントから2個のRenderer(botic+lightmpd、lightmpd +lightmpd)が見えてきます」の意味も分からないのですが、コントロールポイントに見えるレンダラーの名前は僕のupnp版であれば、/mnt/lightmpd/upmpdcli-adapter.confの
friendlyname=Botic
ohproductroom=Botic
の名前を変えれば、変えることができます。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - donuts.shop73 2017/06/14(Wed) 22:13 No.5877   


sugi-さん

私の版でMPDのバージョンの違いを確認したいとのことであれば、MPDのバージョン違いを用意しましたのでご利用ください。

【格納先】
https://drive.google.com/file/d/0B9LSJY9xM01jTnJUZjJEVEYwRU0/view?usp=sharing
【ファイル名】
mpd_20170614.zip

解凍したファイルを全て lightMPD フォルダに格納してください。
lightmpd.confファイルの [mpd]セクション、load_module項目の設定変更で切替可能です。
 load_module=mpd-0.20.9rt-upnp
mpd-0.21-upnpはrealtimeオプションが使用できませんので、これを指定した場合は
mpd.conf_0.21ファイル を mpd.conf へとリネームしてください。

元々の版に含めていたのを含めると以下4種類がそろいます。
 0.19.21、0.20.4、0.20.9、0.21
0.21のrealtimeオプション以外全て同じオプションでコンパイルしています。

また、レンダラーの名前は lightmpd.conf ファイルの [upmpdcli]セクション、display項目の設定変更で変更可能です。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/06/14(Wed) 22:42 No.5878 home  


donuts.shop73 さんyoさん

回答ありがとうございました
私の説明不足のようでした

@レンダラーの名前の件はお二方の説明により変更可能と理解できました。解決しました
AMPDのバージョンの件はyoさんには以前質問の回答をいただき解決済。donuts.shop73 さんのシステムは今回の回答により解決

お手間をおかけしました


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - Toshi 2017/06/14(Wed) 23:24 No.5879 home  


donuts.shop73さん

素晴らしいファイルの公開ありがとうございました。早速、BBB+BBBで試しました。コントロールポイントは、ipad--Lumin、Android---Bubble upnp です。どちらも安定sでぃています。
なお、3年ほど前に、degifiのおとさんのページの書き込みを参考に、SDカードからの起動を容易にするために、内臓のeMMCのMLOをリネームしていましたが、そのままの状態では起動せず、MLOをもとに戻したら起動しました。yoさん提供のファイルではこのような現象はなかったので、不思議ですね。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - sugi- 2017/06/15(Thu) 17:16 No.5880 home  


donuts.shop73 さんyoさん

donuts.shop73 さんとyoさんの聞き比べをしてみました。
MPDは0.20.4です。手法が違えど基本構成は同じ、ほとんど同じ音を出しています。MPD0.20.9の設定では少し違うと思っていたのですが、やはり同じMPDではほとんど変わらないです、素晴らしいです。

donuts.shop73さんのMPDバージョンの違い
@0.20.4と0.21は同じ系統の音出し、0.21の方が厚みが出でいる感じ
A0.20.9は素直な音出し、オールマイティーな感じ
B個人的には0.21が一番好き
C0.19.21は聞きませんでした
D0.21でのみ気になった点flac352k,192k24bitで再生途中からブツブツが出て、背後に音楽が聞こえる状態になります。WAV192k、DSD128では問題なし
この様な個人的感想です

両システムともレンダラーの名前は変更できました。ありがとうございました。


Re: Boticized lightMPD UPnP版を公開しました(3) - yo 2017/06/18(Sun) 20:06 No.5881 home  


このスレッド、長くなったので新しいスレッドで継続します。

RaspberryPiをクライアントで使う時に 投稿者:koma 投稿日:2017/06/09(Fri) 17:46 No.5861 home   

RaspberryPiをクライアントで使う時に
UPnP対応音楽再生プレーヤーソフトって無いでしょうか?
ちなみにArchlinuxをinstallして使っていて
ARMで使えるものが見つかりません
(たとえばUpplay見たいなもの)

Re: RaspberryPiをクライアントで使う時に - yo 2017/06/10(Sat) 07:14 No.5862 home  


koma さん

以前、僕も同じようなことを考え調べたことがあるのですが、残念ながら目ぼしいものはありませんでした(特にコンソールだけで動くシンプルなもの)。
GUIだと、Upplay、eezUPNP、dlna:MusiConというところですかね。後の二つはJavaがないと動かないと思います。


Re: RaspberryPiをクライアントで使う時に - koma 2017/06/10(Sat) 10:31 No.5863 home  


ご回答ありがとうございます。
Upplay ARMではソースからでもインストール出来ない。
eezUPNP なぜか動作しない(^_^;)javaの設定かな...

dlna:MusiConをとりあえずUbuntu16.04.02で試したのですが
Twonkey Serverを認識しない。
mediatombじゃないと動作せず(泣)

あきらめきれずRaspberryPi2のArchlinuxへインストールしてみたら
連続再生に問題があるもののTwonkey Serverを認識して動作しました(^_^;)


Re: RaspberryPiをクライアントで使う時に - yo 2017/06/10(Sat) 17:00 No.5864 home  


koma さん

arm系GUIは茨の道なのですかね。ubuntu12.04を入れた古いatom機ではUpplayあっさり動きました。


rpiでつくるupnpアダプタ 投稿者:inthedark 投稿日:2017/02/13(Mon) 19:27 No.5674 home   

別のスレでサルがupnpアダプタをrpiでやっているという話をちらっとですがしました。
これは、lightmpdupnpgwの説明をよく読んでいるうちにこれならapuじゃなくても
できるんじゃないか、と考えてやったらできてしまったという顛末です。

音の評価は僕は先入観を与えたくないので触れません。
それより自分でやってみたいという人の手助けが少しでもできればという思いで
書いてみたいと思います。ただ、buildrootの説明でやったときのような手取り
足取りみたいなことはやりません。今までにbuildrootを扱ってそれなりに実力が
ついてきている人が対象です。そういう方はおそらくbeagleboneだけでなくrpiの
システムも自分で作れるようになっていると思いますので。

今回は概要だけ説明します。これだけでもできる方はいらっしゃるんじゃないでしょうか。
サルでもできましたので安心してください。
サルがやっているupnpアダプタの簡単な構成を以下に示します。


upmpdcli+polipo mpd
[NAS]----------------[rpi2B]------------[BBG or rpi]
eth1 eth0 eth0
(192.168.1.X) (10.0.0.1) (10.0.0.2)


upnpアダプタはnat,napt(ipマスカレード)を使う方法とupmpdcli,polipoを使う方法が
あります。lightmpdupnpgwではどちらの方法でも取れるようになっています。(この表現は
不正確ですね。polipoを使わない場合、nat機能を使うということです。)
しかし、せっかくupnpで音出しをしているわけですから、upmpdcli,polipoを使う方が
わかりやすいと考えました。
rpi2Bにはご存知のとおり、ethが1つしかありせんので、usb-etherアダプタを使い
ます。私は1000円ちょっとで購入しました。これでrpi2Bにnas側とBBG側をつなげます。

この構成でネットワーク分離とupnpレンダラーができるupnpアダプタの完成です。

lightmpdgwの最終形態?のイーサネット分離もできればやってみたいですが、今は
時間があまりとれませんので、できた人がいらっしゃればサルに教えてください。

最初音がでたときはほんと不思議な感じでした。今まで、mpdとupmpdcli,polipoが
同居するupnpレンダラーしかやったことがなかったのでこれらを別居させ、なおかつ
音がでるというのがサルには興味深かったわけです。

あくまでもネットワークの利便性を失わず、いい音を聴きたいというdigififanさんの
思いが伝わってきます。この場を借りまして敬意を表したいと思います。

とにかく、lightmpdupnpgwのdigififanさんの説明をよくお読みになってください。
できますので。

次回以降は少し間を置き、もっと説明して欲しいといったリクエストがございましたら
できる限り答えていきたいと思います。

リクエストが来ませんように。

Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/02/14(Tue) 07:19 No.5675 home  


なるほど、図をみればあきらかですか。
upmpdcli + polipo と mpd の二つのシステムに分離すれば良いということですか。
問題はネットワークの処理ですね。フロント側は2回線(対UPnP機器、対バックエンド)取り扱う必要があるから、そのあたりをどうやったか、書いていただけると参考になります。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/02/14(Tue) 09:43 No.5679 home  


yoさん

>問題はネットワークの処理ですね。フロント側は2回線(対UPnP機器、対バックエンド)取り扱う必要があるから、そのあたりをどうやったか、書いていただけると参考になります。

またまた、本当はもうわかっていらっしゃるんじゃありませんか。わかってて、サルに喋らそうとしているんではないでしょうね。まあ、いいでしょう。

サルはこうやっています。
rpi2Bにはupmpdcli+polipoがあればいいので、archとかubuntu
とかでもいいと思います。サルは元からbuildrootにシステムを
作らせてますので、そのネットワークの部分だけ書いておきます。

[rpi2B]
(/etc/network/interface)
auto lo
iface lo inet loopback
auto eth1
iface eth1 inet static
address 192.168.1.x
netmask 255.255.255.0
default gw 192.168.1.1
broadcast 192.168.1.255
auto eth0
iface eth0 inet static
address 10.0.0.1
netmask 255.255.255.252

(resolve.conf)
nameserver 192.168.1.1

(upmpdcli.conf)
これはネットワークに係る部分だけ書いておきます。
upnpiface=eth1
mpdhost=10.0.0.2

(polipo.conf)
これもネットワークに係る部分だけ書いておきます。
allowedClients=10.0.0.2

[BBG or rpi]
(/etc/network/interfaces)
auto lo
iface lo inet loopback
auto eth0
iface eth0 inet static
address 10.0.0.2
netmask 255.255.255.252
default gw 10.0.0.1

(resolv.conf)
nameserver 192.168.1.1

(mpd.conf)
input {
plugin "curl"
proxy "10.0.0.1:8123"
}

以上終わり。

あと、図ではNASを直結したみたいに書いてますが、ルーターが
間に入っていたりとかサルの環境はもう少し複雑です。
インターネットラジオももちろん聴ける環境ですので。

ああ、そうそう、これを読んでいらっしゃるであろうヨイコの
皆様はいちいちサルに付き合わなくていいですからね。
サルは楽しいからやってるわけで、そのおすそ分けをと思って
いるにすぎません。arch boticが音がいいというならそれで
いいじゃありませんか。自分の耳に自信をお持ちになって
ください。

サル




Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/02/14(Tue) 20:27 No.5680 home  


inthedark さん

明快な解説ありがとうございました。

donutsさんの公開されたイメージに lightmpd.conf.player というconfファイルがあって、これはどうも、upmpdcli(フロント側) と polipoj + mpd (バックエンド側) という具合にシステムを分けるためのものらしいのですが、面白そうだなぁと思っています。upnpgw はフロント upmpdcli + polipo 、バック mpdですよね。
また、lightmpdの掲示板でdigififanさんとaki2muraさん(誰だかみえみえですよね)が丁々発止、白熱のやりとりをされていて、同じようにpolipoをどうフロント側/バックエント側に置くかという議論が進んでいます。

このあたり、オーディオ的にはかなり面白い話題のはずなのですが、いかんせん技術的に難しすぎる議論なので、誰でも近寄れるという話題にならないのがつらいところなのですよね。

まあ、自分の知識のなさを棚に上げて、いいだの悪いだの印象批評だけしているタヌキは無視するとして、このような技術的問題はオーディオ的な音の良さの追求につながっていることを理解するおサルさん達が活性化するといいなと思っています。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/04/05(Wed) 19:30 No.5729 home  


yoさん

ご無沙汰しております。遅くなりましたが、upnp版誕生おめでとう
ございます。これで、double lines playerの敷居が低くなったん
じゃないかと思います。色々、うまくいかないこともありますが
それも含めて作る喜びみたいなものがありますんで。

当方、イーサネット分離の音にはまってしまいまして色々作って
遊ぶのに忙しい毎日を送っております。lightmpd掲示板をお読み
ならお分かりでしょうが。yoさんの掲示板ではしゃべりすぎてますので
自粛しております。そのうちlightmpd掲示板で出入り禁止になるかも
しれません。ついでにここでも。

yoさんにだけ内緒話をしたいと思います。(内緒話になってませんが)
yoさんのupnp版ではusb-otg接続でのdouble lines playerに対応してますか?
bbb(bbg)はご存知かもしれませんが、usb-otgに対応してますので
usb-ethernetアダプタを使わず、usb-otgケーブル(bbg買ったらついてくるやつ)
とethernetケーブルでapuとつなぎdouble lines playerにしたてることができます。
lightmpdupnpgwの説明の中にapuとbbb(bbg)でイーサネット分離をusb-otgでやる
図があります。

私は、lightmpd掲示板でも書きましたがintel nuc と bbgでやりました。
もちろん音出しはusb-dacによるものです。しかし、ハイレゾ(24bit 192khz,dsd128以上)
だとパリ、パリと不定期にノイズが入ります。この辺の調整はdigififanさんが
次期lightmpdでされると思います。が、yoさんはapuとbbgをお持ちですので
機会がありましたら、こっそりboticで音出しをして感想をお聞かせいただければ
と思います。おそらくですが、boticならノイズレスで再生できる可能性がありますので。

またしゃべりすぎてますのでこの辺でおしまいにいたします。

inthedark





Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/04/05(Wed) 21:54 No.5730 home  


inthedark さん、お久しぶりです。「なんちゃってネットワーク分離」をロムしていますので、余りそういう感じはしませんが。

アドバイスありがとうございました。USB-otgについてはlightMPD upnpgw版の解説でdigififanさんのコメントがあるので、知識としては知っていましたが、どうせ専用のケーブルがいるのなら、USB-LAN変換アダプタでやった方がわかりやすいだろうと考え、パスしていました。

> usb-otgケーブル(bbg買ったらついてくるやつ)とethernetケーブルでapuとつなぎdouble lines playerにしたてることができます。

というのはbbgの電源供給用のマイクロUSB端子を使って通信できるという意味でしょうか。その場合APU側もUSB-otgに対応するカーネルのビルドが必要になると考えていいですね。

> しかし、ハイレゾ(24bit 192khz,dsd128以上)だとパリ、パリと不定期にノイズが入ります。

USB-LAN変換アダプタではパリパリノイズは経験したことがありません。理屈としては同じUSBなので、発生してもよさそうなものですが、i2s接続の功徳で発生しないということですかね。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/04/06(Thu) 09:50 No.5731 home  


yoさん

>どうせ専用のケーブルがいるのなら、USB-LAN変換アダプタでやった方がわかりやすいだろうと考え、パスしていました。

yoさんが公開されているパッケージはあれでいいと思います。私は個人的にyoさんに楽しんでもらいたいと思いましてお話しました。

>というのはbbgの電源供給用のマイクロUSB端子を使って通信できるという意味でしょうか。その場合APU側もUSB-otgに対応するカーネルのビルドが必要になると考えていいですね。

おっしゃるとおりです。今流行り?のrpi zeroはotg機能がありますので,それを使ってrpi zeroと通信できました、みたいな話はネットでもゴロゴロしてますが、bbb(bbg)についてはpcとbbgをbbg付属のケーブルでつないでemmcのosにアクセスするみたいな情報以外、どう設定したらusb-otgによるether通信ができるのかずばり書いているサイトが私の調べた限りないんですよ。bbgでやる人があんまりいないんでしょうか。一応、私がやったことをこっそり書いておきますね。おっしゃるとおり、apu,bbgのカーネルを再構築しないといけません。
カーネルオプションをどう設定したらいいかを以下に示します。

[apu]
Device Drivers --> [*] Network device support --> [*] USB Network Adapters --> [*] Multi-purpose USB Networking Framework --> [*] CDC Ethernet support

[bbg]
Device Drivers --> [*] USB support --> [*] Inventra Highspeed Dual Role Controller
                       MUSB Mode Selection (Dual Role mode)
--> [*] USB Gadget Support --> USB Gadget Drivers(Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)

以上で再構築されたカーネルで起動しますと、ifconfigでusb0というのが生えているはずです。こうなればもうこっちのものです。ethXと同じようにipアドレス等を設定
して頂いて、double lines playerを構築してやってください。
bbgにはapuから電源が供給されます。apuの電源だけ操作すればよいのでlightmpdのような電源ぶち切りできるシステムでは便利ですね。
まあ、こういう遊びもできるということですので興味がございましたらやってみてください。

>USB-LAN変換アダプタではパリパリノイズは経験したことがありません。理屈としては同じUSBなので、発生してもよさそうなものですが、i2s接続の功徳で発生しないということですかね。

rpi2B,rpiB+のコンビでイーサネット分離のシステムを作ったんですが、その時の音出しはrpiB+にのせたi2sdacからでした。その時24bit,192khz,flacのハイレゾもノイズレスで再生できた経験から、i2sの方がノイズに悩まされにくいと推測しております。usb-dacはやはり、apuのようなパワーのあるボードでやった方がいいというのが個人的な意見です。

ps 私もiFI-Audio iPurifier DCの愛好者です。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/04/06(Thu) 17:27 No.5732 home  


inthedark さん

貴重な情報の公開ありがとうございます。財務省もこの位やってくれると、世の中もっと分かりやすくなるのですけどね(^^;;;。面白そうなので、是非試してみるつもりです。

USBですが、SOCチップのマイコンの弱点じゃないかと思っています。r-piがこれだけ流行っている理由の一つはこの弱点を克服したからでしょう。確か、r-piの初期モデルはusbにノイズがのって音楽用にはまったく使えなかったと記憶しています。BBもそういう傾向があるので、パリパリノイズはこれが理由ではないですかね。i2s接続でそのへんがどうなるか大いに興味があるので、試してみる一手ですね。結果はご報告いたします。
実は、BBのpolipoでのトラブルもusbに関連しているのではないかなと疑っています。double lines playerでeth0側にpolipo回線を設定すると500MBの壁がクリア出来たのはその証拠じゃないですかね。pingが確認したのですが、eth0とeth1(usb-lanアダプタ)では倍以上の性能差がありましたから。

iPurifier DC は簡単に使えて、効果は抜群なので、いいですね。ヤマハ(製造中止で)亡き後、頼みの綱です。



Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/03(Wed) 10:39 No.5780 home  


遅ればせながら、linuxcomさんからブリッジ基板を購入いたしましてboticで音出しを致しました。(ほんと、初めてです。)
構成はbbg=brixのusb-otgを使ったシステムを自分で作りました。(もう私にとってはおなじみですが)
24bit,192khz,flacを見事ノイズレスで再生しきりました。素晴らしい。rpiB+でも確認していたことなので当然といえば当然
なんですが。
upnpgwとplayerを分けるこのシステムはそれぞれを様々なボードの組み合わせで試すことができますので面白いですね。
私にとっては、いい音が聴けるのはもちろんですが、linuxの勉強にもなる、ネットワークの勉強にもなる、一粒食べて2度、3度
おいしいので楽しいです。

あとこれは余談ですが、git版mpd(バージョン表示は0.21になる)は、rtoptionのpatchがrejされますね。
rtパッチをあてず音出ししてみましたが、素晴らしい音です。maxさんには頭が下がります。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/05/03(Wed) 13:12 No.5781 home  


inthedark さん、botic-i2sクラブにようこそ。

ご無沙汰してますが、usb-otgを忘れたわけではありません。BBB(fornt)-BBG(backend)という組み合わせで、こっそり試しているところですが、難行しています。三つ前の書き込みで教えて頂いた方法でカーネルをビルド。カーネルを入れ換え、起動します。
バックエンド側は
ifconfig usb0 up
ifconfig usb0 10.0.0.2
ifconfig usb0 netmask 255.255.255.252
という形で回線をオープン。
usb0 Link encap:Ethernet HWaddr 52:B3:72:26:19:47
inet addr:10.0.0.2 Bcast:10.0.0.3 Mask:255.255.255.252
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:0 (0.0 B) TX bytes:0 (0.0 B)
となったことを確認。

問題はフロント側で同じ方法でオープンすると両方ともDual Role modeとなり、pingが効きません。
フロント側にUSB回線を認識させるおまじないを捜しているのですが、どうやるのですかね。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/03(Wed) 14:27 No.5782 home  


yoさん

bbb-bbgでdouble linesってハード的にできるんでしょうか?フロント側のbbbは3回線確保する必要があるわけですよね。
bbbへの電源供給をusb-otg端子以外から供給するようにすれば可能なんでしょうかね。もし可能であればという前提で
私がフロント側のbbbのシステムをつくると仮定したらカーネルオプションをどうするか? 考えてみました。

基本的にはapuと同じだと思うんですが。apuのusb端子はホスト(親)にしかなれないと思いますのでなんの問題もないですが
bbb(bbg)はホスト(親)にもガジェット(子)にもなれるということなんで。

Device Drivers --> [*] Network device support --> [*] USB Network Adapters
--> [*] Multi-purpose USB Networking Framework --> [*] CDC Ethernet support

Device Drivers --> [*] USB support --> [*] Inventra Highspeed Dual Role Controller
                       MUSB Mode Selection (Host only mode)

もちろん、USB Gadget Support はチェックをはずします。                    
これでbbbのusbのA端子もmicro端子もホスト(親)として機能するかどうかやってみないとわかりません。

これ以上のことは私にはわかりませんが色々遊んでみてください。

inthedark






Re: rpiでつくるupnpアダプタ - kens 2017/05/03(Wed) 20:31 No.5783 home  


yoさん、inthedarkさん
お久しぶりです

このスレが立って3ヵ月近く経ちましたが、rpiでつくる...はまだ私自身実現できていません。
lightMPDをベースにしようと、digififanさんが公開してくださったbeaglebone用のbuildroot設定ファイルをrpi3用にオプション変更したりして自分なりにトライしてみましたが、カーネルを自前ビルドのものに差し替えるとrpi3が起動しなくなるので挫折してしまいました。
ビルドもbuildroot一辺倒でここで教えていただいた使い方以上のことはできず、独自にクロスビルド環境を構築できるスキルもないのでrpi3についてはdigififanさんをはじめ、皆様の次の展開を待つのみといった状況です。

代わりにBBG 2台を使ってlightMPDベースでsingle lineでのadapter+playerの環境を自前ビルドで構築することができました。
これもひとえにyoさんがお手本となるBB用 lightMPD UPnP-Adapter/Playerを公開してくださったおかげです。
myscript.shの実装とネットワーク設定等は非常に参考になりました。
yoさん、digififanさん、inthedarkさん他関係された方々に非常に感謝しております。

私が所有するUSB-LANアダプタ:LOGITEC LAN-TXU2Cを使用するため、カーネルビルドで

Device Drivers --> [*] Network device support --> [*] USB Network Adapters
--> [*] Multi-purpose USB Networking Framework --> [*] ASIX AX88xxx Based USB 2.0 Ethernet Adapters

を追加選択する必要があり、yoさんが公開してくださっているBB用 lightMPD UPnP-Adapter/Playerをそのままでは使用できないだろうと思い(すみません、実動作で試していません)、自前ビルドでなんとか環境を整えたという次第です。
最終的にはdouble linesも試してみたいと思っています。いつか、きっと、、、


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/05/03(Wed) 20:36 No.5784 home  


inthedark さん

inthedark さんのお見立てでドンピシャリの正解でした。bbgをホスト(親 フロント)にして Host only mode のzImage。bbbをガジェット(子 バックエンド)にして Dual Role mode のzImageにしてバッチリ3回線使えました。これでBBGフロント、BBBバックエンドとしてdouble lines player として使えそうですね。
ネットワークの性能はusb-otgの方がUSB-LAN変換アダプターの倍以上良いので、音もよくなりそうです。
ご教授ありがとうございました。

これがUSB-LAN変換アダプター
# ping 10.0.1.2
PING 10.0.1.2 (10.0.1.2): 56 data bytes
64 bytes from 10.0.1.2: seq=0 ttl=64 time=0.948 ms
64 bytes from 10.0.1.2: seq=1 ttl=64 time=0.816 ms
64 bytes from 10.0.1.2: seq=2 ttl=64 time=0.750 ms
...
11 packets transmitted, 11 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max = 0.610/0.720/0.948 ms

これがusb-otg。
# ping 10.0.0.2
PING 10.0.0.2 (10.0.0.2): 56 data bytes
64 bytes from 10.0.0.2: seq=0 ttl=64 time=0.468 ms
64 bytes from 10.0.0.2: seq=1 ttl=64 time=0.284 ms
64 bytes from 10.0.0.2: seq=2 ttl=64 time=0.341 ms
...
11 packets transmitted, 11 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max = 0.230/0.312/0.468 ms


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/04(Thu) 11:27 No.5785 home  


kensさん

お久しぶりです。BBG-BBGで自分の環境に合わせて作ることができたということでおめでとうございます。
これをきっかけにご自身の環境に合わせたシステムが自由に構築できるようになるといいですね。
このスレの表題からは話がかけ離れていってますが、私がしゃべりすぎますとみなさんが自分で苦労して
自分のシステムを作るという楽しみを奪う結果になると思いましたので、あえてこのようにしております。
yoさんが本家を追い越して先端を行っておられますので、色々勉強させてもらえる環境が整っています。
これからもめげずに楽しんでください。

yoさん

とりあえずusb0が生えたようなのでよかったです。
digififanさんの方の動きが遅い分、yoさんがすでに最先端をいっておられます。
BBG=BBGのシステムができましたらこっそり感想などお聞かせください。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/05/04(Thu) 20:17 No.5787 home  


inthedark さん

double lines player モードで音もでました。なかなかいいですね。音は素晴らしい。録音をしたホールの空間の感じがよく出ています。single lineとの一番大きい差です。apuとの比較はしていませんが、僕はこれで十分だなという感想です。とりあえずBBGが不足するので、発注しました。これで、BBB二台、BBG二台とBB4台の持ち主となりました。病膏肓、ここに至れりです(^^;;;。

ところで昨日の書き込みにいくつか誤りがあります(pingが通った大喜び状態で書き込んだもので)。訂正をかね、usb-otgを使った double lines player の作り方を書いておきます。

BBGフロント、BBBバックエンドとしてdouble lines player を構成します。BBG側はeth0(LAN lightmpd.conf [network]192.168.0.20)、eth1(USB-LAN upmpdcli.conf 10.0.0.1)、usb0(usb-otg polipo.conf 10.0.1.1)、BBB側はeth0(LAN 10.0.0.2)、usb0(usb-otg 10.0.1.2) と繋ぎます。
BBGフロント/BBBバックエンドそれぞれのカーネルはBBGフロント(子ガジェット)、BBBバックエンド(親ホスト)となります(昨日の記述は間違え、逆に書いてしまいました)。従って、BBGフロントは、BBBバックエンドからusb-otgケーブルを使って、電源を供給されることになります。BBGフロント/BBGバックエンドという構成も可能と思いますが、未確認です。カーネルのコンフィグですが、基本的にはinthedark さんの解説通りでいいのですが、BBBバックエンドの親ホストのカーネルもUSB Gadget Supportのチェックをしておく必要があります。
もうちょっと丁寧に書くと、BBGフロント/BBBバックエンドのカーネルは基本的に同じ設定であり、一箇所だけ、MUSB Mode Selection (Host only mode)とするとBBBバックエンド用、MUSB Mode Selection (Dual Role mode)とするとBBGフロント用となります。
zImage-botic-103-v02からの変更点を書き出すと
Device Drivers -->
[*] Network device support -->
[*] USB Network Adapters -->
[*] Multi-purpose USB Networking Framework -->
-*- CDC Ethernet support

[*] USB support -->
[*] Inventra Highspeed Dual Role Controller
MUSB Mode Selection -->
(X) Dual Role mode 又は Host only mode
[*] USB Gadget Support -->
USB Gadget Drivers(Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
(X) Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
となります。
「(X) Dual Role mode 又は Host only mode」という部分で必要な方を選択すればよいです。

ここから先の実装はupnp版、adapter版の実装をご覧になれば推察がつくと思います。一応簡単に書いておくと

- ビルドしたカーネルをそれぞれzImage-botic-103-v03-d、zImage-botic-103-v03-hとして
- dはadpter版の、hはupnp版の /boot/ に保存
- /uEnv.txt の kernel_file= で指定
- BBGフロントのmyscript.shに以下の記述を追加し、usb-otg回線をオープン
ifconfig usb0 up
ifconfig usb0 10.0.1.1
ifconfig usb0 netmask $NETMASK
- BBGフロントのmyscript.shに以下の記述のコメントを外す
ifconfig $ETH up
ifconfig $ETH $IPADD
ifconfig $ETH netmask $NETMASK
- BBBフロントのpolipo-adapter.confを設定
proxyAddress = 0.0.0.0
allowedClients = 10.0.1.2
- BBBバックエンドのmyscript.shに以下の記述を追加し、usb-otg回線をオープン
ifconfig usb0 up
ifconfig usb0 10.0.1.2
ifconfig usb0 netmask $NETMASK
(10.0.0.1はlightmpd.confの[network]でオープンされる)
- BBBバックエンドのpolipo.confを設定(以下の行のコメントを外す)
proxyAddress = 127.0.0.1
allowedClients = 127.0.0.1
parentProxy = 10.0.1.1:8123

というところです。最初の難関をクリア出来たら、あとは案外簡単でした。

ところで、ノイズの件、usb-otg回線にしても発生します。inthedark さんのところとは違う結果ですが、不思議。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/04(Thu) 21:16 No.5788 home  


yoさん

音出しもできたということでよかったですね。しかし、バックエンド(つまりplayer側ですよね)から電源を供給するというのは面白いですね。
私はdigififanさんのapu=bbb(bbg)がお手本ですので電源はフロント側のapuからbbb(bbg)に供給されるわけです。
つまり親から供給されるわけだから、player側を親とすればそちらから子のgw側に供給されるということですかね。
それに、私はapuはもっておりませんのでbrix又はnucでやるわけですが、そのカーネルの構築でUSB Gadget Supportはチェックしておりません。
cdc ethernet supportさえチェックを忘れなければusb0は生えますので。(usb-otgの理屈からしてそうだし、実際私の環境では確認ずみ)
まあ、しかし面白いもんですね。
ノイズがでますか。私のところはきれいさっぱりでません。前回も言いまいしたが、rpi2B(gw)=rpiB+(player,i2sdac)のイーサネット分離でも
24bit,192khz,flacはノイズレスでしたんで。
それにしても、rpiB+に接続していたi2sdacをブリッジ基板に乗せ換えただけですが音が変わります。外部クロックをクリスタルから注入する
方式ですからその影響も大きいと思いますが。最小限の投資でこれだけの音がでるのはほんとありがたい話です。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/05/05(Fri) 08:02 No.5789 home  


inthedark さん

> しかし、バックエンド(つまりplayer側ですよね)から電源を供給するというのは面白いですね。

BBG(フロント adapter)-BBB(バックエンド player)だとusb-otgの設定で親子が逆転するのは混乱しますね。BBG-BBGであれば逆転させないで繋ぐことが出来るのではないかと思います。
このあたり、otg対応カーネルを公開する時、問題になりそうですね。分かっている人以外は使うことがかなり難しいと思います。

> そのカーネルの構築でUSB Gadget Supportはチェックしておりません。

このあたりはapuでも同じになりそうなので、試してみるかなと思っています。

ノイズの件はBB同士の接続で発生する問題かもしれませんね。これもapuとotg接続してみれば切り分けられそうです。
まあ、いずれにしても不思議なことは多いです。

i2s接続は使うクロックで音は大きく変わりますね。これは値段の高いやつが効果的です。ハンダ付けが得意ならいろいろ試してみることができるのですが、僕は駄目です。残念。
僕はNeutrinoというヨーロッパ製のクロックを使っています(掲示板に情報はあります。3年近く前の書き込みですが、Neutrinoで検索すると出てきます)。
http://www.newclassd.com/index.php?page=24&hv=1


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - kens 2017/05/07(Sun) 16:45 No.5793 home  


inthedarkさん

BBGでupnpアダプタの構成に慣れてきたところで再びRP3を使ったupnpアダプタに挑戦しました。
今回はlightMPDベースに拘らずRaspbian jessie liteで環境構築することにし、結果うまくいきました。
BBGで環境構築した経験を通して、ある程度動作原理について勉強できたのが良かったのだと思います。

upmpdcliはRaspbian jessie lite上でRaspbian Jessie用パッケージをインストール。
polipoはbuildrootでrpi3に合わせたビルドオプションでビルドしてRaspbianに持っていきました。
ネットワークやupmpdcli, polipoの設定をBBGに合わせ、polipoのメモリサイズはRP3に合わせて2倍にしました。
幸いなことに私が所有するUSB-LANアダプタ:LOGITEC LAN-TXU2Cは差しただけで認識されました。
あとはpolipoを自動起動できるようにsystemctlで登録したり、不要なサービスを止めたり。
この構成で音が出たときとRP3側のpolipoのVIRT/RESが増えていく様を見たときは大変嬉しかったです。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/18(Thu) 12:17 No.5813 home  


kensさん

なんでもいいので自分で考えて環境を作るというのは楽しいものです。人の作ったものを使わせてもらうのは
楽でいいですが、やはり自分で一から苦労して作るというのは味が違います。
これからも体験したことをご報告いただけると幸いです。

yoさん

yoさんにつられてもう一つbbgを購入してdoublelines playerを構築しました。(もちろん自分で作ったシステム)
意外と簡単でした。私が当初言っていたようにホスト側(player側)のカーネルではUSB Gadget Supportは不要です。
Host only modeでちゃんとusb0が生えます。
24bit,192kHz,flacのでかいファイルもノイズレスで再生します。さすが、i2sですね。

あと、pingもotg回線とeth0回線で試しましたがyoさんのような激しい違いはありませんでした。
私の環境ではむしろeth0回線の方が若干速いです。(usb-lanアダプタをかましてる環境とは違うんでしょうね)


inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/05/19(Fri) 07:32 No.5816 home  


inthedark さん

ようこそBBGクラブに。

> 私が当初言っていたようにホスト側(player側)のカーネルではUSB Gadget Supportは不要です。

どうも、これがもう一つのスレッドで話題になっている僕が公開した版の動きがギクシャクしている原因かなという気がしてきました。inthedark さんのシステムではコントロールポイントの動きはスムーズでしょうか。またハイレソファイル/dsdファイルの再生でノイズは発生しませんか ?

> 私の環境ではむしろeth0回線の方が若干速いです。(usb-lanアダプタをかましてる環境とは違うんでしょうね)

僕の環境でもeth0-eth0であれば、それが一番速いです。usb.lan-eth0だと遅くなるのですよね。
外(インタネット)に出る線をusb.lanとする手はあるのですが、nasを使っている場合はそこがボトムネックになるので、同じことですね。dlnaサーバをadapterの中にあるものを使うのであれば(公開版だとminidlnaを使うことになる)、eth0-eth0という繋ぎ方はいい手かもしれません。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/19(Fri) 09:24 No.5818 home  


yoさん

dsdに関してはi2sdacが対応してませんので確認できません。
が、私の経験則では24bit192kHzflacがノイズレスで再生できる場合、dsd128も同じく
ノイズレスで再生できます。(逆は成り立たないという経験はあります)
polipo回線をotg経由にしようが、eth0経由にしようが、私の環境では24bit192kHzflacは
ノイズレスです。コントロールポイントの動きもスムーズでなんの問題もありません。

brix=bbgのシステムの時には、brixにlan端子が1つしかありませんのでbbgのlan端子との接続は
usb-etherアダプタを使ってました。その時にotg回線とeth1-eth0回線でpingを打ったんで
すが、その時もyoさんの環境のような違いはありませんでした。gw,rendererそれぞれに
どのようなハードを使うかでも違うんでしょうね。

gw=renderer間にusb-lanアダプタをかまさない理由は見た目がいいこととdigififanさん
との話で聞いていた内容によります。私が、rpi2B-rpiB+でupnpアダプタを作ったよという
話をしたときに、usb-lanアダプタはホームネットワーク側に持っていったほうがいいよ
という話をしておられたからです。(過去にusb-lanアダプタで苦労させられたそうです)
私の環境では、ホームネットワーク側にもっていこうが、polipo回線に使おうがなんの
問題もありませんでした。rpiの場合、eth0もusb-lanなんで。ところがbbgはそうじゃない。
以上が、gw=renderer間にusb-lanアダプタを使わない理由です。

linuxcomさんのdsdが再生できるdacを買ってもいいんですが、pcmで満足しているし
コレクションにdsdがほとんどありませんので、もったいない気がしております。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/05/19(Fri) 18:54 No.5819 home  


inthedark さん

@USB Gadget Supportを無(ブランク)にしてHost-onlyモードのzImageを作成し、playerに試してみました。多少、コントロールポイントの動きはスムーズになったという感じはしますが、ノイズが発生するのは相変わらずですね。

Aそこで、adapterとplayerのeth0をlanケーブルで対向接続し、adapterのusb端子にusb.lanアダプタを差して、インタネットに出るように接続と設定を変更しました。状況は変わらずです。

B次に、polipo回線をusb-otgからeth0の対向接続側に、upmpdcli回線をeth0の対向接続側からusb-otgに変更したら、ノイズは魔法のように消えました。

不思議ですね。ただカーネルを変えて、音は良くなったという感じがします。ノイズのない最後の状態での再生音は楽器の実在感がリアルですが、ホールの雰囲気も出ていて素晴らしいです。

確認ですが、inthedark さんのシステムの設定は@〜Bのどれでしょうか ?
それぞれの繋ぎ方をもう一度図示すると

@
BBG adapter eth0 <--> ==internet
usb.lan(eth1) <--> BBB player eth0 ==upmpdcli
usb-otg dual-role(usb0) <--> BBB player Host-only usb0 ==polipo

A
BBG adapter eth0 <--> BBB player eth0 ==upmpdcli
usb.lan(eth1) <--> ==internet
usb-otg dual-role(usb0) <--> BBB player Host-only usb0 ==polipo

B
BBG adapter eth0 <--> BBB player eth0 ==polipo
usb.lan(eth1) <--> ==internet
usb-otg dual-role(usb0) <--> BBB player Host-only usb0 ==upmpdcli

player側は空いていたBBBを使っています。BBGでも同じことだと思います。

コントロールポイントによってノイズが発生しやすいものと、そうでないものはありますが、コントロールポイントだけが原因というわけではないようです。Bの状態ではどのソフトでも発生しなくなりますので。ちなみにDSD再生の安定度ではUpplayが抜群ですね。

僕の場合は手持ちのDSDファイルがSACDで100枚位あるので、64DSDの安定した再生は必須要件です。従ってlinuxcomさんのボードを実験用に使っています。良い音のボードだと思いますが、ファイルなかったら無駄でしょうね。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/19(Fri) 19:35 No.5820 home  


yoさん

前スレで説明したとおり、AとBを試しました。
どちらでも私の環境では差はありません。ノイズレスです。
不具合は全くありません。
私のotgのためのカーネル設定のポリシーはbrix=bbgのときから何も変わって
おりません。

僕はdlnaサーバーがminimserverなので相性がいいと言われる
luminでコントロールしています。なんの問題もありません。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/19(Fri) 21:02 No.5821 home  


誤解のないようもう一度otgのための私のカーネルオプションを書いておきます。
[upnpgw]
Device Drivers
-->Network device support
  -->USB Network Adapters
  [*]Multi-purpose USB Networking Framework
 [*]Asix AX88xxx Bosed USB 2.0 Ethernet Adapters (私のusb-etherアダプタのドライバ)
-->USB support
[*]Inventra Highspeed Dual Role controller
MUSB Mode Selection (Dual role mode)
[*]USB Gadget Support(これがガジェット側のusb0となる)
USB Gadget Drivers(Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)

     
[renderer]
Device Drivers
-->Network device support
-->USB Network Adapters
[*]Multi-purpose USB Networking Framework
[*]CDC Ethernet support(これがホスト側のusb0となる)
-->USB support
[*]Inventra Highspeed Dual Role Controller
MUSB Mode Selection(Host only mode)

inthedark




Re: rpiでつくるupnpアダプタ - kens 2017/05/20(Sat) 00:56 No.5822 home  


inthedark さん、yo さん

ようやく時間が取れたので RPi3(adapter)=BBG(player) のdoublelines構成に挑戦してみました。
例によってRPi3はRaspbian jessie liteです。
1回線はsingleline構成時と同様にUSB-LANアダプタをRPi3側に刺してBBGと接続しました。
もう1回線はUSB-OTG接続です。
BBG(player)側のカーネルをガジェット/Dual role modeでビルドしています。
RPi3をHostとし、BBGのmicroUSBと接続してRPi3側からBBGに電源を供給しています。
RPi3とBBGのそれぞれでsingleline構成時の設定からpolipoとusb0のネットワーク設定をdoublelines用に変更しました。
つまりUSB-OTG接続がpolipoデータフローになります。

結果は、うまく動いているようです。

adapterのRPi3はSSHで接続できるのですが、Raspbian jessie liteにtelnetクライアントがインストールできず、BBG側の様子がわかりません。
adapter側のpolipoは期待動作しているようです。
RPi3側からのpingによる回線速度はUSB-LANアダプタとUSB-OTGで殆ど差はありませんでした。
192kHz/24bit flac、DSD128の再生もノイズレスで再生できています。
なぜかDSD256はスロー再生になってしまいました。(singleline構成時は正常に再生されます)

BBG側はyoさんがリリースされているBB用 Boticized lightMPD UPnP版を参考に優先度の設定をしていますが、polipoの優先度設定はコメントアウトしています。
singleline構成時はpolipoの優先度がある程度高いとキャッシュ読み込み中はCPUが100%に張り付いてコントロールポイントがもたつきました。
RPi3側は余計なサービスは止めていますが、優先度設定はデフォルトのままです。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/20(Sat) 09:53 No.5823 home  


kensさん

動作報告ありがとうございます。kensさんのようにgw,rendererに色々なボードを使えるようになれば
楽しいと思います。digififanさんのイーサネット分離の音出し方法はほんと僕にとっては魅力的です。
asoyajiさんや「昼はがん治療、夜はPC AUDIO」のHajime Imadaさんもapu2台でのlightmpdgwを使った
イーサネット分離をされてますが、jplayに近い音がでるぞと最近話題にされてます。
jplayの日本語サイトでもlightmpdgwのイーサネット分離について触れられてますし、結構有名なんですね。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - kens 2017/05/20(Sat) 14:50 No.5824 home  


inthedark さん

RPi3にtelnetをインストールできなかったのは、Raspbian jessie liteで色々サービスを止めすぎてインターネットに接続できなくなっていたからでした。
改めてRPi3側の環境を整えてからtelnetをインストールし、BBG側の動作を確認して正常動作していることを確認できました。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/20(Sat) 15:30 No.5825 home  


kensさん

telnetの件自己解決されたということでよかったです。
DSD256がスロー再生になるなど私の環境では体験できないお話を聞かせていただきありがとうございます。
yoさんもそうですが研究熱心な方がここには集まっておられますので非常に勉強になります。
これからもよろしくお願いいたします。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - kens 2017/05/20(Sat) 16:33 No.5826 home  


inthedark さん

そうなんですよ、なぜかDSD256はスローになってしまいます。
playerのmpdはDSD256再生の実績のあるdigififanさんのパッチをあてたmpd-0.19.21rt-native-dsdです。

cat /proc/asound/Botic/pcm0p/sub0/hw_params

で確認すると

access: RW_INTERLEAVED
format: DSD_U32_LE
subformat: STD
channels: 2
rate: 352800 (352800/1)
period_size: 2940
buffer_size: 52920

と表示され、DSD256のレートになっているのですがノイズ混じりのスロー再生になってしまいます。
standaloneやsingleline構成時には正常に再生できていました。
加えてwavファイルも正常に再生できません(mpdが再生してくれない)。
DSD256やwavのコレクションは少ないので困らないのですが、まだ色々調査する必要があります。

それにしてもUSB-OTGは便利ですね。
RPi3をpoweroffすれば連動してBBG側の電源も落ちます。
BBGはlightMPDベースでSDカードも起動後はマウントしないようにしてあるので安心して電源を落とせます。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/05/20(Sat) 17:45 No.5827 home  


inthedark さん、kensさん、情報ありがとうございます。

「Jpalyは二台(dual)構成じゃないと意味がない」と焚きつけたのは、多分、僕です。「2年位前にWindowsでも音のいいソフトがあるんだなぁ」と感心して、紹介したら、皆さん興味をもたれて、今では、結構、流行っているみたいですね。まあ、僕はWindows(Server)を2台構成にする不自由さに懲りて、またLinuxに遁走。lightMPDを見つけて、これがJplayと同じくらいに音が良いと分かり、飛びついたというわけです。polipoとか、upmpdcliとか、というようなオープンなソフトをベースにupnpの世界を切り開けるというのはWindowsに対する圧倒的な強みですね。という訳なので、botic版のソフトを公開していますが、inthedark さん、kensさんのように自力でやられる方が増えるといいなぁと思っています。是非、情報交換/共有し、世界を広めましょう。

それで、本題に戻して、usb-otg版でコントロールポイントの動きがギクシャクするのは、kensさんご指摘のように、polipoの優先度の問題が大きいようですね。以前、この件は inthedark さんからもご指摘があったと記憶しています。多分、ノイズの件もこれが関連していると思います。時間とれたら、試してみるつもりです。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/05/20(Sat) 20:03 No.5828 home  


kensさん

mpd-0.19系でも同じようにwavに難あり、ということで非常にありがたい情報です。wavでコレクションされている方のためにも
なんとかイーサネット分離でまともに再生できるようになるといいですね。ということでyoさんに頑張って頂きましょう。
wavは私の環境での話はlightmpd掲示板でも散々書きましたが、16bit,32bitのwavは何も問題ありません。24bitでも別スレでsugi-さんが
紹介してくれたサイトのものは私のところでも問題なく再生します。foobar2000で24bitwav形式でリッピングしたものはサーというホワイト
ノイズ交じりに小さく音楽が聴こえます。digififanさんが試したという第九は私もダウンロードして試しましたがこれはノイズしか
聴こえません。digififanさん曰く、サーというホワイトノイズ交じりに小さく音楽が聴こえるというのは私の想定していない状態
だとおっしゃってましたね。

dsd256に関しては僕のところでも再生させてみたいですね。linuxcomさんの2万1千円のやつ買おうかな。でもあれdsd入力が5.6Mhzまででしたね。まあ、dsdは僕の場合当分後回しです。pcmのコレクションを聴きなおすので手一杯です。

usb-otgの便利さを分かっていただいてうれしいですね。あの設定がわかるまで苦労したんですよ。誰も教えてくれないですしね。


yoさん

polipo回線をotg経由にすると音がいいとおっしゃってましたので、是非とも実現させてください。私の環境では問題なくできますので。

inthedark


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/05/21(Sun) 10:06 No.5829 home  


inthedark さん、kensさん

公開したusb-otg版の動きがギクシャクするのとノイズの問題はpolipoの優先度が原因であることを確認しました。お二人の貴重なアドバイスに感謝します。
adapterとplayerのpolipoの優先度の指定を無効(コメントアウト)すると見事に動きが変わりますね。改めてrt優先度の重要性を認識させられました。
ここだと見てない人もいるかと思いますので、改めて障害対応スレッドの方に書き込みするつもりです。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - kens 2017/06/07(Wed) 23:52 No.5856 home  


inthedark さん、yoさん

DSD256がスロー再生になる原因がわかりました。
単にplayer側のCPUが100%に張付いて処理が回らなくなっていただけでした。
FLAC 352.8kHzの再生でも同様にplayer側でキャッシュ中は処理が回らなくなったので
もしやと思い調べてみたらビンゴでした。
MPDの優先度設定をyoさんの配布されているBoticized lightMPD UPnP v3.1のmpd.confの設定に合わせることで解消されました。
それにしても優先度設定は難しいですね。

目下私のRP3=BBG環境での課題は皆様と異なり24bit関係なくWAVが全く再生できない状況になっていることです。
libcurlを7.50.1にしてもです。
yoさんのBoticized lightMPD UPnP v3.1をプレーヤーにしても同様でしたのでRP3側に原因があると思っています。


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - inthedark 2017/06/08(Thu) 10:32 No.5858 home  


kensさん yoさん

みなさん、どうもしっくりいかないことが続いてますね。私は皆さんの苦労はどこ吹く風みたいな感じで問題が
ありません。私はyoさんと環境を少しでも合わせようと思いまして、BBG=BBGでeth0-eth0(polipo回線)
usb0-usb0(upmpdcli回線)です。最初は電源はplayer側のBBGから5v,2.5AのACアダプタを使い、adapterのBBGには
usb-otg経由で電源を供給してました。(minimserver-luminのコンビです。)
この環境でもluminの動きがギクシャクするとかいうのはなかったですね。私はpcmしか聴いてませんが、
wav,flac,16bit,24bit,32bitで全く問題ありませんでした。

そこで電源を別々に供給されている方もいらっしゃるので私もやってみました。まず、たかじんさんのDC-ARROW
(non-NFBディスクリート電源基板)を組み立て、これをplayer側のBBGに供給、adapter側のBBGにはusb-otgの
間にセルフパワーのusbハブを挟みそこから電源を供給するようにしました。
さらに、upplayをwindows10にインストールしそこからコントロールを試みましたがいたって正常です。
ファイルの種類によって動きが変わるとか全くありません。再現しませんね。

wavの問題ですが、player側のBBGのcurlを7.50.1にしてからは全くノイズレスとなりました。adapter側は
7.54.0です。曲の切り替わりでノイズがでるという方もいらっしゃいますが私のところでは全くなくなり
ました。(player側が7.54.0の時はありましたが)
digififanさんのようにcurlのバージョンを7.49.1にまでさげたり、player、adapter双方のcurlのバージョンを
統一したり色々やってみるしかありませんね。

もちろん以上のことは自分で作っているシステムでのことですので。
352.8kHzもファイルを2lからダウンロードして再生していますが何の問題もありません。
私のところではみなさんの現象が全く再現しないのでお役にたてませんが。ご健闘を!


Re: rpiでつくるupnpアダプタ - yo 2017/06/08(Thu) 17:22 No.5859 home  


inthedark さん

丁寧な報告ありがとうございます。
まとめると,minimserver-lumin(iPad)のコンビでwavファイルに限定すれば、ハイレソ再生でも問題なく再生されるということですね。これは僕の環境での確認と一致します。polipoのバージョンの対応も僕の環境と一緒です。

もう一つのスレッドで話題になっているコントロールポイントの初期動作不良はコントロールポイント側の問題が大きいのかもしれません。lumin(iPad)の場合、DSDだけだめというのも不思議です。

僕の推理は「時刻表示は曲の再生で重要性は低いので、コントロールポイントは忙しい時はあまり頑張らないで諦める仕様にになっている。Luminはそのあたり諦めずに頑張る変なソフトである(^^;;;」というのですが、駄目ですかね。


kens さん

> yoさんのBoticized lightMPD UPnP v3.1をプレーヤーにしても同様でしたのでRP3側に原因があると思っています。

lightmpd-upnp-adapter-v3のlibcurlのバージョンは 7.52.1 です。adapterのlibcurlは inthedark さんが書かれているようにバージョンは関係ないかなと思っていたのですが、何かあるのですかね。RPIのカーネルのバージョンは結構古いので、そのあたりが関連するのですかね。


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

No. 暗証キー

- YY-BOARD -

mail
掲示板用にデータをアップロード出来ます。ログインするにはここをクリック。ヘルプを見るにはここをクリック。