過去ログ
キーワード 条件 表示

voyageMPDをRAMディスクで運用 assi - 2013/06/23(Sun) 11:57 <URL> No.3010

こんにちは。
voyageMPD0.9.1をオンメモリで動かしてみました。
http://audio.amanogawa.info/i05-voyagempd0-9-1%E3%82%92ram%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%A7%E9%81%8B%E7%94%A8/
メモリが必要なのでAlixでは無理ですが普通のパソコンなら大丈夫です。これでUSBメモリから起動した後にUSBメモリを抜いて、USBをサウンドデバイスのみにできます。
オンメモリにすることによって音質アップするかは?ですが。
Re: voyageMPDをRAMディスクで運用 yo - 2013/06/25(Tue) 19:08 <URL> No.3028

assiさん、情報ありがとうございます。リンク先を見てきました。

面白そうですね。他のシステムでも同じことはできるのでCuboxなんかでも同じことが出来ると思います。
この方法ならどんなタイミングで電源オフしてもシステムが壊れることはなさそうなので、shutdownコマンドは嫌いだとという方にはお勧めですね。

梅雨入りバージョンのalsamixer  - 2013/06/19(Wed) 13:39 <URL> No.2987

お伺いします。

当方の使っているUSB-DAC(リンデマン)ですが、cuboxを再起動した際にmuteがかかってしまいます。

以前のひな祭りバージョンやvoygae MPDでは、alsamixerを起動してmuteを解除しましたが、今回のバージョンはalsamixerではコマンドが弾かれてしまいます。

以下のようなコマンドです。
[root@cubox ~]# alsamixer
ALSA lib pulse.c:243:(pulse_connect) PulseAudio: Unable to connect: Connection refused

cannot open mixer: Connection refused

別のやり方でミュートを解除する方法はあるのでしょうか?
Re: 梅雨入りバージョンのalsamixer えふ - 2013/06/19(Wed) 14:26 <URL> No.2989

犬さん

今回のバージョンのrootfsはarch_linuxとdebianhfで、デフォルトはarchとなっています。
それで、別スレッド「alsamixerの音量調節」にてNo.2941でも同様の質問に対して回答がされています。参考になさってください。
Re: 梅雨入りバージョンのalsamixer  - 2013/06/19(Wed) 22:21 <URL> No.2993

えふ様

過去スレを見落としておりました。
alsamixerで検索しても出てこなかったので…。

解決しました。ありがとうございます。

A query on the saving db_file Kevin - 2013/05/25(Sat) 17:31 <URL> No.2863

Hi, Yo San,

After some trial & errors with your kind advice,
I could enjoy a fancy sound with nfc mounting of my NAS or a external hard drive.
Strange noise by nfc connectin is also disappeared after
restoring againg to micro SD.

By the way, I cannot save the db_file, which is defiend at MPD.conf as "tag_cache".

And, I found following annotation in mpd.conf

----------------------------------------------------
This setting sets the location of the MPD database. This file is used to load the database at server start up and store the database while the server is not up.

This setting defaults to disabled which will allow
MPD to accept files over ipc socket (using file:// protocol) or streaming files over an accepted protocol.

db_file "/run/shm/mpd/tag_cache"
-------------------------------------------------------

So, is "cubox-audio-1300303.img" not saving db_file at default for streaming or network play?

If so, could you advise me the way of saving db_file, that is, "tag_cache" file?

Best regards,

Kevin Lee
Re: A query on the saving db_file yo - 2013/05/25(Sat) 18:04 <URL> No.2864

Hi Kevin

mpdsave.conf in /etc/init.d/ saves and recovers tag_cache at linux shutdown and boot process. This is to reduce as much as possible the deterioration of system sd-card. Therefore you must shutdown cubox by linux command(shutdown or poweroff). If you power off cubox directry by H/W power-switch, you cannot save tag_cache.
Re: A query on the saving db_file Kevin - 2013/05/25(Sat) 18:26 <URL> No.2865

Hi,

Thank you for the quick advice.
I always turn off cubox by linux command.
And, I cannot find "mpdsave.conf" anywhere.

Is there anything for me to seek solution for this?
Again, when I reboot, gmpc start to scan musics
and dbase starts from the beginnings.

Any advice or suggestion would be greatly appreciated.

Regards,

Kevin Lee
Re: A query on the saving db_file yo - 2013/05/25(Sat) 20:19 No.2866

Sorry I mistook the script name. It is "shmset.conf" in /etc/init.d/ (mpdsave.conf is my next version's name). Does it exist in /etc/init.d/ ?
If it exists, please confirm tag_cache is saved or not by the following commands.
ls -l /run/shm/mpd
ls -l /var/lib/mpd/
/etc/init.d/shmset.conf stop
ls -l /var/lib/mpd
Paste all results in this board.
Re: A query on the saving db_file Kevin - 2013/05/25(Sat) 21:29 <URL> No.2867

Hi, I found "shmset.conf" and followed as you guide.
And, still tag_cache is not saved after mpd restart or reboot.

Below is what appeared in the console after a serious commands

-------------------------------------------------------
root@cubox:/etc/init.d# ls -l /run/shm/mpd
total 436
-rw-r--r-- 1 root root 433628 May 25 21:21 mpd.log
-rw-r--r-- 1 mpd audio 4 May 25 21:21 pid
-rw-r--r-- 1 mpd audio 183 May 25 21:21 state
-rw-r--r-- 1 mpd audio 344 May 25 21:09 tag_cache
root@cubox:/etc/init.d# ls -l /var/lib/mpd/
total 12
drwxrwxrwx 6 root root 4096 May 25 20:29 music
drwxr-xr-x 2 mpd audio 39 Feb 25 15:36 playlists
-rw-r--r-- 1 root root 183 May 25 21:16 state
-rw-r--r-- 1 root root 344 May 25 21:09 tag_cache
root@cubox:/etc/init.d# /etc/init.d/shmset.conf stop
new state
cp: cannot stat `/run/shm/mpd/sticker.sql': No such file or directory
new sticker.sql
root@cubox:/etc/init.d# ls -l /var/lib/mpd
total 12
drwxrwxrwx 6 root root 4096 May 25 20:29 music
drwxr-xr-x 2 mpd audio 39 Feb 25 15:36 playlists
-rw-r--r-- 1 root root 183 May 25 21:26 state
-rw-r--r-- 1 root root 344 May 25 21:09 tag_cache

It seems that there is an error message by shmset.conf stop

Regards

Kevin Lee
Re: A query on the saving db_file yo - 2013/05/25(Sat) 22:29 <URL> No.2868

> It seems that there is an error message by shmset.conf stop

No problem.
Please operate after update database.
Re: A query on the saving db_file yo - 2013/05/26(Sun) 06:45 <URL> No.2869

> root@cubox:/etc/init.d# ls -l /run/shm/mpd
> total 436
> -rw-r--r-- 1 root root 433628 May 25 21:21 mpd.log
> -rw-r--r-- 1 mpd audio 4 May 25 21:21 pid
> -rw-r--r-- 1 mpd audio 183 May 25 21:21 state
> -rw-r--r-- 1 mpd audio 344 May 25 21:09 tag_cache
> root@cubox:/etc/init.d# ls -l /var/lib/mpd/
> total 12

I missed the size of your mpd.log.
It seems you updated database but tag cache was not written by mpd.
Has your database-update finished ?
Re: A query on the saving db_file Kevin - 2013/05/26(Sun) 10:29 <URL> No.2870

Hi, Yo San,

I tried one more time.
And, still, database is not updated.
It seems that tag_cache is not overwritten at all.

So, for the time being, I copied the tag_cache file of my NAS, which was written at the pogoplug, to cubox.
In this way, I am enjoying the sound,although, it is not able to be updated by any music file change.

(By the way, Yo San, the sound comes frome cubox with your image is really amaging. It feels so shiny and soft with detail. I appreciate your great work.)

Best regards,

Kevin.
Re: A query on the saving db_file yo - 2013/05/26(Sun) 19:48 <URL> No.2871

Hi Kevin

Since there is no report that database-update is impossible in my cubox-image, I think your trouble will be related to nfs-nas.
Please paste last 20 lines of mpd.log after you have updated mpd-database.
And please restart mpd to check whether tag_cache will be saved or not by following commands.
ls -l /run/shm/mpd
/etc/init.d/mpd restart
ls -l /run/shm/mpd

> (By the way, Yo San, the sound comes frome cubox with your image is really amaging. It feels so shiny and soft with detail. I appreciate your great work.)

Thank you very much. I am very happy you enjoy cubox-soud so much.
Re: A query on the saving db_file Kevin - 2013/05/27(Mon) 01:15 <URL> No.2872

Hi, Yo San

According to your advice, I looked into mpd.log.
And, I found there are permission problem.

So, I changed the permissions of tag_cahche and playlists files as below.

-rw-r--r-- 1 root root 344 May 26 23:30 tag_cache
-rwxrwxrwx 1 root root 6254 May 27 00:21 tag_cache

Unlike my pogoplug system, mpd in my cubox usin nfs NAS was not considered as owner of the files.

After changing the permission, saving tag_caches is possible and everything is fine now.

I appreciate your kind help.

Best regards,

Kevin Lee
Re: A query on the saving db_file yo - 2013/05/27(Mon) 20:45 <URL> No.2873

Hi Kevin

Congratulations for the problem solving.

I cann't find the reason why your /run/shm/mpd/tag_cache become
> -rw-r--r-- 1 root root 344 May 26 23:30 tag_cache

Because in my shmset.conf script
chown -R mpd:audio /run/shm/mpd
therefore in my environment /run/shm/mpd/tag_cache is
-rw-r--r-- 1 mpd audio 344 5月 27 20:32 tag_cache

The owner of tag_cache is mpd therefore I can write it in my environment.

archでのマウント問題 Phoenicia - 2013/06/16(Sun) 18:09 <URL> No.2974

yoさん梅雨入り版の公開ありがとうございます。

archでの音源マウントでの挙動についてご報告します。

先ずは、当方環境について
 音源はNASにあり、フォルダAとフォルダBに分けている
 fstabには上記2つのフォルダを記述
 cuboxは固定アドレス(当方のルータではDHCPでcubox認識されず)

症状
 電源ONでは2つのフォルダが全くマウントされない、或いは1つのみマウントされる
 sshからmount -aを実行するとどちらも正常にマウントされる
 debianは問題なし

対処
 /etc/rc.localを作りmount -aを記述しても改善されず
 /etc/init.d/mpdset.confにmount -aを追記すると正常にマウント

と言う状態です。
10回連続再起動で正常マウントされていますので当面の使用には問題ありません。
しかし、何故起こったのか根本原因が分からずモヤモヤしています。
どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたらお教え戴けませんでしょうか。
Re: archでのマウント問題 yo - 2013/06/16(Sun) 21:00 No.2975

Phoeniciaさん、お久しぶりです。

どっかの国の最新鋭ジェット機ではないが、初期トラブルだらけですね(^^;;;。やっぱり、arch linux手強いですね。僕は arch linux (だけではないが)については初心者ですが、以下、知っていることを書きますね。勘違いとか間違えもあるかと思いますが、ご容赦を。

Systemdについてはこのページに詳しい解説があります。
https://wiki.archlinux.org/index.php/Systemd_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%29

この中で、fstabに関する直接の記述はありませんが、「ファイルシステムをマウントする」という項に「例えば、systemd は NFS や Samba のようなネットワーク接続が必要なリモートファイルシステムも自動でマウントしようとします。従って /etc/fstab に明記しなくともローカル・リモードどちらのファイルシステムのマウントも問題ありません。 」と書かれていますので、これが関係しているのかもしれません。
Systemdは sysVinitに変わる最新鋭のシステムですので、ネットワークはdhcp接続がディフォルトで、しかもipv6が推奨です。従って、dhcpを使わない固定アドレスということになると、ボーイングのジェット機と同じで、破綻することもあるということではないでしょうか。

Cubox用の arck linux はブートプロセスを従来のsysVinitから全面的にsystemdに入れ換えしていますので、rc.localに何を書いても無効です。「/etc/rc.localを作りmount -aを記述しても改善されず」だった理由はこれだと思います。rc.localを有効にする方法はこのページにあります。
http://extrea.hatenablog.com/entry/2012/11/12/133552

Systemdに対応するスクリプトの作り方については最初のリンクの中に解説がありますが、スクリプトの起動のタイミングなどは詳細に定義できるようになっています。mpdset.confは一応このルールに合わせた作りをしているつもりで、/usr/lib/systemd/system/mpd.serviceに定義ファイルがありますが、
After=network.target sound.target
というのが起動のタイミングです。従って、network.targetの後にこのスクリプトは起動されることになりますので、「mount -a」が確実に実行されることになったと思われます。

という次第で Phoeniciaさんの対応方法が固定アドレスをとる場合は正解かと思いますが、どうなのですかねぇ。

なお、debianやubuntuはまだsystemdに移行していないのでこの問題は発生しません。シンさんのサイトにdebianをsystemdに移行する方法が紹介されていますけど、これも面白そうですね。
Re: archでのマウント問題 Phoenicia - 2013/06/17(Mon) 21:28 <URL> No.2978

yoさん

解説ありがとうございます。
systemdではrc.localが使われないんですね。

それでは今のままで使うことにします。
また何か気付いたらご報告いたします。

梅雨入りバージョンでデータベースアップデート出来ません Nally - 2013/06/15(Sat) 23:53 <URL> No.2963

Nallyです。

DDC hiface Evoの音飛びではお世話になりました。
yoさんからもアドバイスを頂き、色々と試しましたが音飛びを克服出来ませんでした。

今回の梅雨入りバージョンは待ちに待ったもので、イメージファイルをダウンロードさせて頂き、無事、
fstab編集→音源マウント→マウント確認(日本語の曲も正常表記しました)→シンボリックリンク張り→
再起動と進めたつもりでした。

 しかしながら、GMPCでデータベースのアップデートが上手く行きません。
音源はNasの"Music"フォルダに入れています。
アップデートデータベースの時、フォルダをたどると「music」までは出るのですが、その下の曲のフォルダが出ません。
例えば、music-Gershwin-rhapsody in blueとなるのですが、Gershwin以下が見れません(たどれません)。

私の設定に何か問題があるのだと思いますが、ご教示の程お願いします。
Re: 梅雨入りバージョンでデータベースアップデート出来ません yo - 2013/06/16(Sun) 09:11 <URL> No.2965

Nallyさん

多分、オーナかパーミションの問題だと思います。
fstabの内容と
ls -la /var/lib/mpd/music/*
ls -Rla /tmp/mpd
の結果を貼り付けてもらえますか。
Re: 梅雨入りバージョンでデータベースアップデート出来ません Nally - 2013/06/16(Sun) 09:25 <URL> No.2966

yoさん、おはようございます。

またまたお世話になります、よろしくお願いしますm(__)m

fstabの内容は次の通りです。

# <file system> <dir> <type> <options> <dump> <pass>
//192.168.0.100/Music /music cifs username=admin,password=admin,sec=ntlm,uid=roo
t,file_mode=0666,dir_mode=0766,iocharset=utf8,rsize=130048,wsize=4096 0 0
#debian:/public/CD /music nfs rsize=130048,wsize=4096 0 0

ちなみにひな祭りバージョンのfstabは次の通りです。

//192.168.0.100/Music /music cifs username=admin,password=admin,uid=mpd,file_mode=0644,dir_mode=0755,iocharset=utf8,rsize=130048,wsize=4096 0 0

ls -la /var/lib/mpd/music/* の内容です。

[root@cubox ~]# ls -la /var/lib/mpd/music/*
lrwxrwxrwx 1 root root 6 Jun 16 09:05 /var/lib/mpd/music/music -> /music

ls -Rla /tmp/mpd の内容です。

[root@cubox ~]# ls -Rla /tmp/mpd
/tmp/mpd:
total 32
drwxrw-rw- 2 mpd audio 140 Jun 16 09:14 .
drwxrwxrwt 8 root root 160 Jun 16 09:14 ..
-rwxrw-rw- 1 mpd audio 15343 Jun 16 09:14 mpd.conf
-rw-r--r-- 1 root root 542 Jun 16 09:14 mpd.log
-rw-r--r-- 1 mpd mpd 4 Jun 16 09:14 pid
-rwxrw-rw- 1 mpd audio 183 Jun 16 09:12 state
-rwxrw-rw- 1 mpd audio 344 Jun 16 09:14 tag_cache

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


Re: 梅雨入りバージョンでデータベースアップデート出来ません えふ - 2013/06/16(Sun) 11:29 <URL> No.2968

Nallyさん

yoさんにお答えいただくのが一番だとは思いますが…。

今回のfstabの設定で、uidをrootへ変更されていますが何か理由があってのことでしょうか。

たぶん、ここを(/etc/mpd.confに従って)uid=mpdに戻せば良いのではないでしょうか。見当違いであったなら、ごめんなさいです。
Re: 梅雨入りバージョンでデータベースアップデート出来ません yo - 2013/06/16(Sun) 14:57 <URL> No.2970

皆様

梅雨入り版作成時の僕のミスですね。uid=mpdが正しいです。
僕の環境ではどちらでも通るもので、うっかりuid=rootのままで雛型を作ったのが失敗でした。
Nallyさん、ご確認よろしくお願いします。
Re: 梅雨入りバージョンでデータベースアップデート出来ません Nally - 2013/06/16(Sun) 15:33 <URL> No.2973

えふさん、yoさん、こんにちは。

ご指摘の箇所を修正したところ、
windows GMPC OK
Mac theremin  OK
MPoD OK

何れのMPDもデータベース更新及び再生可能になりました。
ありがとうございましたm(__)m

梅雨入り版イメージの固定ipアドレス接続 yo - 2013/06/09(Sun) 15:15 <URL> No.2924

「VoyageMPD0.9 hiFaceドライバのインストール」のNo.2922へのコメントです。

えふさん、情報ありがとうございました。この件、以前から何で「127.0.1.1」というアドレスの定義が必要なのかと思っていたので、ググってみたら、結構有名な問題なのですね。このページのリンク先にいろいろ情報がありました。
http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1344351350
不思議なのは雛祭り版(年末版)でも/etc/hostsの
127.0.0.1 localhost cubox
127.0.1.1 cubox
という定義は同じなのですよね(ubuntu側、debian側共に)。
何で今までは問題が起きていなかったのだろう。僕が知らなかっただけですかね。
いずれにしても梅雨入り版では問題になるようなので、固定アドレスを使う場合は127.0.1.1の行はコメントアウトしてお使いください。
Re: 梅雨入り版イメージの固定ipアドレス接続 えふ - 2013/06/12(Wed) 09:36 <URL> No.2934

yoさん

お騒がせして申し訳ありませんが、どうも私の早とちり、勘違いのように思います。/etc/hostsの流儀・作法としては、やはりあのスタイルのようですので、当方もdhcpにして元々の設定に戻しております。

最初すんなりと繋がらなかったのは、/etc/resolv.confの影響でしょうか。(debian側の情報です)

domain fjswa1.kt.home.ne.jp
search fjswa1.kt.home.ne.jp
nameserver 220.152.xx.yyy
nameserver 192.168.0.1

いずれにしても、既に記事の訂正・補記までされておられますので、重ね重ね申し訳ありません。

Re: 梅雨入り版イメージの固定ipアドレス接続 yo - 2013/06/12(Wed) 21:10 <URL> No.2935

えふさん

上手くつながらない方はここを見るだろうから、このまま続けましょう。
resolve.confはdhcp接続にしていれば自動的に書き換えられるが(debian系列のlinuxだとそのはずですよね)、固定アドレスだと書き換えられないので、トラブルを起こす可能性があるという認識でよいのでしょうか。
とすると、これもイメージを作る時は削除した方がいいのですかね。
Re: 梅雨入り版イメージの固定ipアドレス接続 kid - 2013/06/12(Wed) 23:10 No.2936

まだ勉強中の身でネットについてあまり詳しいわけではないのですが、
1.クライアントが cubox.localhost と言う名前を 192.168.xxx.xxx と言うアドレスに変換することが出来なければサーバー(cubox)に接続することは出来ません。
2.この段階で(サーバーに接続できない間は)サーバーのhostsになんと書かれているかは無関係です。
3.yoさんの環境でGMPCから名前による接続が出来る訳ですから、繋がらないのはサーバー(cubox)以外の理由で名前解決が出来ないからだと思います。
4.Vistaや7,8ではどうか知りませんが、XP以前のwindowsネットワークでは、ドメインコントローラーとかwinサーバーが存在しないなら、クライアント側のhostsファイルに記述がないと名前解決はできないと思います。
(.local が付いていなかったら NetBIOS による名前解決も有り得ますが、ドットが登場すると無条件にドメイン解決に走ると思います。)
5.私の環境ですと、DNSサーバーに指定しているルーターにそんな機能は有りませんし、XPばかりですから、当然名前解決できません。

・・・と言うように感じるのですが、私の理解の方が間違っているのでしょうか?
Re: 梅雨入り版イメージの固定ipアドレス接続 yo - 2013/06/13(Thu) 19:48 <URL> No.2937

えふさん

どうにもガテンがいかないので、固定アドレスにして試してみたら、再現しました。debianhfでは固定アドレスにすると、resolve.confの自動書き換えを行わないようですね。この状態でsshでのログインは出来ますが、nameserverが設定されていないため、外部ファイルの共用は出来なくなります。無理やり「nameserver 192.168.0.1」という/etc/resolve.confを作成すれば、ファイルの共用は可能になります。debianhfでのトラブルはこれが原因だと思います。
archの方は固定アドレスでも/etc/resolve.confの自動更新は行われるので、こちらのトラブルは別の要因だと思います。archの場合、固定アドレスにする方法はdebianの場合と異なりますので、多分そのあたりに原因があるのではないかと思います。正しく設定できれば、問題なくつながりました。archのネットワーク設定についてはこのページに
https://wiki.archlinux.org/index.php/Network_Configuration_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%29
詳しく紹介されています。
あと、以前、このあたりについてはyanさんにいろいろ教えて頂いたことがあります。
http://www.symphonic-net.com/kubotayo/cgi-bin/read.cgi?mode=all&list=topic&no=301
このスレッドに情報がありますので、よろしければ参考にして下さい。
Re: 梅雨入り版イメージの固定ipアドレス接続 えふ - 2013/06/13(Thu) 21:55 <URL> No.2938

yoさん

>archの方は固定アドレスでも/etc/resolve.confの自動更新は行われるので、こちらのトラブルは別の要因だと思います。

はい、以前のコメント(No.2921)に書いたとおり、debianとarchで違う状況であることは承知してたつもりですが、当方のスキルの無さゆえ、その後見当違いのコメントをしてしまったのではと思います。

教えていただいた参考情報で、スキルアップを図りたいと思います。

ところで、なかなかさんのcompaqはその後どうなったんでしょうね。3.8.13でのドライバ自前ビルドはうまくいったんでしょうか、気になります。
カバージャケット表示 TU - 2013/06/15(Sat) 17:02 <URL> No.2957

梅雨入り版有り難うございます。早速試していますが、mpod、mpdroidjどちらでも、カバージャケットが表示されません。lighttpdをインストールしてみましたが、駄目でした。別のソフトを使うのでしょうか?
Re: カバージャケット表示 TU - 2013/06/16(Sun) 12:13 <URL> No.2969

lighttpdをインストールした場合、そのドキュメントルートは、/srv/httpとなっていることが判明しました。そこで、
次のようにリンクを設定したところ、ジャケット表示ができるようになりました。
ln -s /var/lib/mpd/music /srv/http/Music

他のweb serverもあるのでしょうか? ご存じの方教えて下さい。

Re: カバージャケット表示 yo - 2013/06/16(Sun) 15:00 No.2972

TUさん、情報ありがとうございます。
掲示板のトップメニューにタイトルが出ないので、公開のアナウンスの方にここに情報があるよと追記したいと思います。ご了解よろしくです。

手解きお願い致します。 yukiki - 2013/06/13(Thu) 23:33 <URL> No.2940

待望のイメージありがとう御座います。
またまたLinux素人への手解き、お願い致します。
/etc/fstab で雛祭りバージョンでは単純に
//192.168.1.3/Share /music cifs username=admin,password=password,sec=ntlm,uid=root,file_mode=0666,dir_mode=0766,iocharset=utf8,rsize=130048,wsize=4096 0 0
を貼り付けて、マウントも出来ていました。
今回のバージョンでは
# /etc/fstab: static file system information
#
# <file system> <dir> <type> <options> <dump> <pass>
//debian/public/Share /music cifs username=admin,password=password,sec=ntlm,uid=r
oot,file_mode=0666,dir_mode=0766,iocharset=utf8,rsize=130048,wsize=4096 0 0
debian:/public/Share /music nfs rsize=130048,wsize=4096 0 0
としてみたのですが、
mount -aで下記通り、
mount error: could not resolve address for debian: Unknown error
mount.nfs: Failed to resolve server debian: System error
となってしまいます。

きっと根本的な部分で理解していないのは承知してはいますが解決法を教えて頂けますか?
 よろしくお願いします。
Re: 手解きお願い致します。 koji - 2013/06/13(Thu) 23:51 <URL> No.2942

yukkiさん、kojiと申します。はじめまして。

 雛祭りバージョンで示されているfstabの記述にあわせて、
 //debian/public/Share
とある部分
192.168.1.3/Share
とipアドレスを指定されればどうでしょうか?

(他にも、/etc/hostsに記述する方法等も考えられますが、
fstabを動作していた状態に書き換えられるのが一番簡便かなと思います)

Re: 手解きお願い致します。 yukiki - 2013/06/14(Fri) 23:05 <URL> No.2948

koji様、はじめまして。
ご回答ありがとう御座います。
やはりipアドレスでもファイルの中身が見れません。/etc/hostsへコメントアウトするとの記載があったので接続を試みましたが
-bash: /etc/hosts: Permission denied
となってしまいます。
単純に、
/etc/hosts
と打ち込むだけではダメなのでしょうか?

初歩的な質問で恐縮です。
よろしくお願いします。
Re: 手解きお願い致します。 yo - 2013/06/15(Sat) 07:59 No.2951

yukikiさん

何らかの理由で、nasのipアドレス(192.168.1.3)が変わってしまったのですかね。
お使いのマシンがWin7であれば、「ネットワーク」画面でそのnasが表示されている名前がnasのホスト名ですので、debianという部分をそれに入れ換えて下さい。その後のディレクトリ名も合わせる必要があります。
Re: 手解きお願い致します。 yukiki - 2013/06/15(Sat) 08:27 <URL> No.2952

yo様、ご回答ありがとう御座います。

おかげ様でなんとか音出し出来ました!
ありがとう御座います。

やはり日本語の楽曲は表示されないんですね〜。英語に変えればいいのでしょうが・・・
 対応欄を拝見しましたが???って感じです。

とりあえず対応の素早さに感謝です!ありがとう御座いました。
Re: 手解きお願い致します。 yo - 2013/06/15(Sat) 08:47 <URL> No.2953

音だしおめでとうございます。

> やはり日本語の楽曲は表示されないんですね〜。

僕の環境でarchを日本語化はしていませんが、utf-8の日本語のファイル名、ディレクトリ名は表示されます。コード系がsjisなのでしょうか。
Re: 手解きお願い致します。 yukiki - 2013/06/15(Sat) 09:50 <URL> No.2954

???
utf-8、sjis等のコードって何でしょうか?
本当の素人で恐縮です・・・。
そのコードは変換が可能なのでしょうか?

ただ雛祭りバージョンでは問題なかったのでarchとはやはり違いがあるのでしょうね。

Re: 手解きお願い致します。 yo - 2013/06/15(Sat) 10:43 <URL> No.2955

> やはり...

と書かれていたので、雛祭り版でも表示されないのかと勘違いしました。
fstabはiocharset=utf8という部分が日本語コードの指定部分なのですが、これが同じで、雛祭り版では正しく表示され、梅雨入り版では表示されないというのは考えにくいです。
表示されないというのはどういう意味でしょうか。
ls -R /music
で日本語ファイル名は表示されませんか。
Re: 手解きお願い致します。 yukiki - 2013/06/15(Sat) 13:10 <URL> No.2956

ls -R /musicのみ、単純に実行すればよいのでしょうか?

実行後も表示されませんでした。

アーティスト>アルバム>曲名となるのですが、アーティスト名の段階で1文字でも漢字、カタカナ、ひらがな等が入っているファイルは表示されません。(もちろん全て英語に変えると表示されます)
 何か心当たりは御座いますか?
Re: 手解きお願い致します。 yo - 2013/06/15(Sat) 18:18 <URL> No.2958

yukikiさん

「ls -R /music」というのは/musicの下の全てのディレクトり名、ファイル名を表示させるためのlinuxコマンドです。

> 表示されませんでした。

というのはまったく表示されないという意味ですか ? それとも文字が化けて表示されるという意味ですか ?
同じことを雛祭り版で行ってみて下さい。こちらでは日本語は正しく表示されますか。
コマンドの実行結果(部分でよい)をここに貼り付けてもらえると話がはやいのですが。
あと、お使いのnasについて説明して頂けますか。このあたりの情報がないと、原因の推理のしようがないので。
Re: 手解きお願い致します。 yukiki - 2013/06/15(Sat) 21:10 <URL> No.2959

ご回答ありがとう御座います。

ls -R /music実行以前の話ですが、

/etc/fstab で

mount -a を実行し、
ls /music を確認したところ、
漢字、カナ表記のファイルが????となっています。

こんな感じです。

## /etc/fstab: static file system information
## <file system> <dir> <type> <options> <dump> <pass>
//192.168.1.3/Share /music cifs
username=admin,password=password,sec=ntlm,uid=root,file_mode=0666,dir_mode=0766,$0 0
192.168.1.3:/Share /music nfs rsize=130048,wsize=4096 0 0 [ Wrote 9 lines ]

[root@cubox ~]# ls /music
???????? android-kernel-32-CFQ.tar.xz music
[root@cubox ~]#
[root@cubox ~]#

ls-R/music を実行後の一部です。

/music/music/JAZZ/Y:
????

/music/music/JAZZ/Y/????:

以上をクライアント側から見にいくと一箇所でも???部(漢字、カナ等)が含まれるファイルはまったく表示されません。

NASですがBUFFALOのLS-VL152というものです。これを無線LANで使用しています。(イーサネットコンバーターを経由してCuBoxです)
 こんな具合ですが如何でしょうか?よろしくお願いします。



Re: 手解きお願い致します。 yo - 2013/06/15(Sat) 21:26 <URL> No.2960

単純にコードが合っていないように見えますね。nasはsjisなのでしょうか。
codepage=cp932というオプションをfstabに追加してもらえますか。何故、雛祭り版でsjisが認識出来たのかよく分からないのですが。
Re: 手解きお願い致します。 yukiki - 2013/06/15(Sat) 22:27 <URL> No.2962

ご回答ありがとう御座います。

codepage=cp932の追加箇所は下記でよろしいでしょうか?

# /etc/fstab: static file system information
#
# <file system> <dir> <type> <options> <dump> <pass>
//192.168.1.3/Share /music cifs codepage=cp932
username=admin,password=password,sec=ntlm,uid=root,file_mode=0666,dir_mode=0766,$0 0 192.168.1.3:/Share /music nfs codepage=cp932 rsize=130048,wsize=4096
0 0


[ Wrote 9 lines ]

[root@cubox ~]# ls /music
???????? android-kernel-32-CFQ.tar.xz music
[root@cubox ~]#
[root@cubox ~]#

結果的には同じでした。

雛祭り版でも/etc/fstab へ

#//192.168.1.3/Share /music cifs username=admin,password=password,sec=ntlm,uid=root,file_mode=0666,dir_mode=0766,iocharset=utf8,rsize=130048,wsize=4096 0 0

を単純に貼り付けるだけでしたが、何か違いがあったでしょうか?
 よろしくお願いします。
Re: 手解きお願い致します。 yo - 2013/06/16(Sun) 08:52 No.2964

yukikiさん

codepageを入れる場所が間違っています。
192.168.1.3:/Share /music nfs codepage=cp932 rsize=130048,wsize=4096
という部分はnfs用の設定ですので削除して下さい。
その前の行も変な内容になっているので
//192.168.1.3/Share /music cifs username=admin,password=password,sec=ntlm,uid=root,file_mode=0666,dir_mode=0766,codepage=cp932,iocharset=utf8,rsize=130048,wsize=4096 0 0
という内容に入れ換えて下さい。
nanoの場合、一行が画面サイズを超える場合は右端の「$」までカーソルをもっていくとその先を表示させることが出来ます。
あと行頭の「#」というのはその行を無効にするという意味ですから、
> #//192.168.1.3/Share /music cifs username=admin,password=password,sec=ntlm,uid=root,file_mode=0666,dir_mode=0766,iocharset=utf8,rsize=130048,wsize=4096 0 0
だけで上手くいくことはありえません。

fstabの操作は音楽データベースをマウントするためにどうしてもマスターする必要のある知識ですので、「fstab linux mount cifs」あたりをキーワードにググって、基本的な情報を入手されることをお勧めします。
Re: 手解きお願い致します。 yukiki - 2013/06/16(Sun) 10:08 <URL> No.2967

ご返信ありがとう御座います。

大変お騒がせ致しました。。。
音出し、日本語フォント表示、解決しました!

いろいろとご指導ありがとう御座います。たしかに知識不足ではありますが懲りずに対応感謝致します。
 こんなテイタラクな初心者ではありますが今後ともお付き合いお願い致します。
Re: 手解きお願い致します。 yo - 2013/06/16(Sun) 14:58 <URL> No.2971

yukikiさん

日本語表示もできるようになりおめでとうございます。
謎なのは雛祭り版ではcodepageを指定しなくても問題がなかったことなのですが、多分、雛祭り版のubuntuはカーネルのlocaleを日本語化してあったためだと思います。梅雨入り版のarchは日本語化されていないため、sjisのnasはcodepageを明に指定しないといけなくなったようですね。
確認するには梅雨入り版のdebianhf(これは日本語化されています)で、codepage無しのfstab指定し、日本語の表示がされるか確かめればいいのですが、試して頂けますか。やり方は
selpart d
でdebianhfに切り替えて頂き(リブートが入ります)、archと同じ要領で
mkdir /music
nano /etc/fstab

//192.168.1.3/Share /music cifs username=admin,password=password,sec=ntlm,uid=root,file_mode=0666,dir_mode=0766,iocharset=utf8,rsize=130048,wsize=4096 0 0
という行を末尾に追加(改行だけの空行をその後に入力しておかないとエラーが表示されますので、ご注意を)
mount -a
ln -s /music /var/lib/mpd/music
その後
ls -R /music/
で日本語名のファイルが表示されるか確認。クライアントでデータベース更新。こちらも日本語表示されるか確認。
となります。
もとのarch linuxに戻すには
selpart a
です。yukikiさんの環境で音の良い方にされるといいと思います。
新イメージの問題点をクリアにして頂いたことに感謝しています。

Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/06(Mon) 22:52 <URL> No.2739

こんにちはkojiです。
 先程、DebainのWheezyがリリースされた旨のメールが届きました。
 Voyage MPDの次の0.9.0版はWheezyがリリースされた後、一週間後くらいといったことがブログに書かれていたかと思います。

 すでに、メインはCuBox+Arch Linuxに移っていますが、サブのシステムは以前のAtom+Voyage Linuxですので、正式版がリリースされたら、そちらで試してみたいと思います。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/07(Tue) 18:55 <URL> No.2740

kojiさん

VoyageってまだWheezy化されていなかったのですか。Wheezyになればgccも4.6になるはずだから、git版のコンパイルは大分楽になりますね。家のVoyageはCuboxのシリアル確認専用のminicomマシンとなっています。たまには音を出してみますかね。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/07(Tue) 20:05 <URL> No.2743

yoさん、こんにちは

現在の0.9rc版からWheezyベースでつくられているみたいです。

Whyeezyの方が正式リリースされたら、0.9.0を出すよみたいな記述があったので、Debianの方がリリースされたので、Voyage の方も、そろそろかなと期待しています。
(ただ、rc2と、どの程度の違いなのかは分かりませんが…)

 でも、以前に比べると、Debianがほぼ2年おきにリリースさるようになってきてよかったなと思います。(他のディストリビューションに比べると、リリース期間は今でも長いほうですが)
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/11(Sat) 18:06 <URL> No.2766

こんにちは、kojiです。

Voyage MPDの0.9.0版がリリースされたようです。

Voyage MPD 0.9.0 released | Voyage Linux <http://linux.voyage.hk/content/voyage-mpd-090-released>

 先程、リリースのアナウンスを見ただけなので、まだインストールなどはしていませんが、カーネルが3.8.11になったり、MPDが0.18git 20121124版になっているとのことです。

 今晩か、明日あたりに、インストールしてみたいと思います。


Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/12(Sun) 01:26 <URL> No.2770

Voyage MPDの0.9.0版をインストールしました。

 最初、Live CD版を落とし、CDからブートしてインストールをしようとしたのですが、途中でファイルエラーが出て、ログインまでいけませんでした。
 別のミラーサイトから落としたisoイメージを使ってみたりもしましたが、同じような症状でした。
 当方の、外付けCDがかなり古いので、機器の問題の可能性もありますので、それ以上、追いかけずに、方法を変えました。

 Atomマシンの中のCFカードは、マシンの中に無理やり入れてケースに貼りつけているので、取り出せません。それで、
・CFカードの使っていない領域にもう一つパーティションをつくった上で、
・現行のrc版から立ち上げて、wgetで0.9.0版のtar.gzファイルを持ってきて解凍し、voyage-updateでもう一つのパーティションにインストールをしました。
・os-proberを入れた上で、update-grubをして、新しくインストールした版も立ち上がるようにできました。

 CFカードが取り外せれば、別のLinuxマシンで作業をして、カードをはめ込みなおすだけなので簡単なのですが、外せないので、上記のような方法を取りました。(もっと、スマートな方法があったかも分かりませんが)

・後、アルバムアートを表示させるために、以前は、lighttpdを入れていました(というか最初から入っていた?)が、今回はlighttpdをインストールして立ち上げようとしたら、80番ポートはすでに使われているとの表示が出てスタートできませんでした。調べてみると、nginxが入っていて、大方の設定は済んでいるようでした。(nginxというソフトは、今回、初めてで/etc/nginx下を少し覗いたくらいで、まだ、使い方がよく分かっていません)

 ということで、インストール作業に少々手間取ったので、まだ、新しい版を聴き込むことはできていませんが、とりあえずのインストール報告です。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/12(Sun) 09:04 <URL> No.2771

kojiさん

僕もさっきやってみましたが、エラーになりました。以前rc版の時はOKだったので、isoファイルの作成ミスではないですかね。アーカイブ形式からインストールする根性がないので(^^;;;、直るまでパスです。

> (もっと、スマートな方法があったかも分かりませんが)

alixって、USB起動は出来ないのですか。出来るのであれば
http://www.symphonic-net.com/kubotayo/articles/articles005.html#010
の方法で対応できます。
実行される時は cp -av でしっかりバックアップをとっておいた方が良いと思いますが。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/12(Sun) 11:50 <URL> No.2772

yoさん、こんにちはkojiです。

>僕もさっきやってみましたが、エラーになりました。以前rc版の時はOKだったので、isoファイルの作成ミスではないですかね。

 当方の環境だけで起きているわけではないことを確かめられてよかったです。


>alixって、USB起動は出来ないのですか。出来るのであれば
http://www.symphonic-net.com/kubotayo/articles/articles005.html#010
の方法で対応できます。

 どうも情報ありがとうございます。ご教示頂いたアーティクルをみて、当方Atomマシンですので、Rescue Linuxなり、CDブートできるディストリビューションを使って、そこから作業をすれば、別パーティションをつくらなくて済んだかも?と思いました。

 いずれにせよ、Live CDからのインストールはisoイメージが修正されてからになりますね。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? ちば - 2013/05/12(Sun) 14:45 <URL> No.2773

こんにちは。初めて投稿させていただきます。

voyage mpd 0.9.0 は昨日AtomとAlixにインストールし2台とも問題なく動作しております。

今回のLive CDはディレクトリの構造が変わったようでmount -o loop の後のfilesystem.squashfsの場所が変更になっていますがその点は大丈夫でしょうか。

linuxは殆ど分からない者ですがみみず工房さんのお陰でcuboxやandroid smart TV で音楽が楽しめるようになり影ながら感謝しております。

今後ともよろしくお願いします。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/12(Sun) 17:55 <URL> No.2775

ちばさん、はじめまして、kojiです。

>voyage mpd 0.9.0 は昨日AtomとAlixにインストールし2台とも問題なく動作しております。

 ちゃんとインストールまでいけたのですね。やはり、環境によって違ってくるのでしょうかね?

>今回のLive CDはディレクトリの構造が変わったようでmount -o loop の後のfilesystem.squashfsの場所が変更になっていますがその点は大丈夫でしょうか。

 当方での状況としては、Live CDから立ち上げようとした途中でエラーが出て止まってしまいますので、上記の作業まで進みません。
 ただ、確かに、エラーメッセージには、squashfsが壊れている云々のようなものだったように思います。

 Live CDから立ち上げる時に、既存のドライブの構造等を調べているのでしょうか?
ちなみに、当方のCFカードには、XFS形式の/dev/sda1に0.9rc2が入っていました。ちばさんのところでは、インストール先のカードはまっさらな状態で、作業を進められたのでしょうか?

 色々な報告が上がってくれば、インストールできる場合と、できない場合の原因の切り分けができるかも分かりませんね。

 私の方は、tarボールからの展開でインストールができたので、その後、検証せずそのままにしています。
 ともあれ、無事、インストールされたとの報告で、あらためて試してみたいと思いました。ありがとうございます。
(今、Atomマシンは、液晶から離れた場所に持っていってしまったので、また、時間がある時に、やってみたいと思います)
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/12(Sun) 19:31 <URL> No.2777

ちばさん、情報ありがとうございました。

なるほど。squashfsの場所が変更になったのが原因でしたか。確かにsquashfsのエラーが頻発してその後止まってしまいログインメッセージに到着出来なかったです。cd(dvd)をusb接続外付けにしていることが悪いのですかね。
こうなると、早期に対応されない可能性があるからusb起動で対応するしかないですかね。別のスレッドで「mmcが駄目でも、usbがあるさ」と書いたけれど、「cdが駄目でも、usbがあるさ」ですね。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? ちば - 2013/05/12(Sun) 19:35 <URL> No.2778

kojiさん、初めまして。

今回インストールをした環境はAtomもAlixもCFカードリーダーライターを使用して別なPCで行いました。改めてAtom N270のPCを使用してLive CDが無事起動出来るか試したところエラーメッセージがたくさん出てログインまでたどり着けませんでした。Atomと0.9.0のLive CD組み合わせに何か問題があるのは間違いないようですね。

別なPCとCFカードリーダーを利用してインストールされてみたらいかがでしょうか。自分は”VoyageMPDのアレコレ”というホームページの通り行いました。別な方も同じような事を説明されていますがインストール前のCFカードをアンマウントする際、umount /dev/sdb(例) とやるとうまく行きません。上記のホームページのように umount /media/usb0(例) としてください。

今回の0.9.0のリリースでrc2にあったgmpcとの接続切れが発生しなくなりました。カーネルビルドが出来ない者にとってカーネルも一緒にバージョンアップされていてうれしい限りです。

何かの参考になれば幸いです。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/12(Sun) 20:20 <URL> No.2779

ちばさん、リプライどうもありがとうございます。

>今回インストールをした環境はAtomもAlixもCFカードリーダーライターを使用して別なPCで行いました。改めてAtom N270のPCを使用してLive CDが無事起動出来るか試したところエラーメッセージがたくさん出てログインまでたどり着けませんでした。Atomと0.9.0のLive CD組み合わせに何か問題があるのは間違いないようですね。

 当方も、AtomはN270で、それにインストールの時だけ外付けCDを接続してインストールしたら、上記の症状が出ました。やはり、この組み合わせでは問題が出るみたいですね。


>別なPCとCFカードリーダーを利用してインストールされてみたらいかがでしょうか。

 どうもありがとうございます。
 元々、組み込みWindows用につくられたマシンに、2.5インチIDEハードディスク変換アダプターをつけてCFカードを貼りつけるといった形で使っていますので、CFカードを取り出すのが、かなり大変です(^_^;
 昨日、別パーティションへインストールする形で、rc2版と、0.9.0版の両方が立ち上がるようにはなっていますので、しばらく、これで様子をみたいと思います。(サブシステムということで、時々、ヘッドホンで使う程度ということもあります)

 後、この前にyoさんが書かれている、USBからブートというのもあるかも分かりませんね。それと、Rescue Linuxなど、CDブートできる環境から作業を進めるというのもあるかなと思います。

 ともあれ、リリース直後なので、こうした情報はありがたいです。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? ちば - 2013/05/13(Mon) 10:19 <URL> No.2782

こんにちは。
昨日あれから気がついた事があって今朝試してみました。どうも、USB接続の外付けCDドライブでの起動がいけないようです。内蔵ドライブで起動出来たPCで外付けCDドライブでの起動を試しましたら同じエラーで起動出来ませんでした。

仮にですがUSB接続でのLive CDの起動はエラーになってしまう可能性がありますね。USBメモリでの起動はは試していませんのでまだ不明です。

Atom PC に内蔵ドライブ組み込んで試せれば良いのですが、シリアル接続のドライブを持っていないので確認出来ず残念です。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? ちば - 2013/05/13(Mon) 11:13 <URL> No.2783

たびたび失礼します。

USBメモリーにLive CDのイメージを書き込んで起動を試してみましたら、やはり同じエラーでログインまで到達出来ませんでした。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/13(Mon) 21:11 <URL> No.2785

皆様

僕も試してみましたが、USBメモリからの起動も駄目ですね。
usb起動はできないようです。カーネル3.8が原因ですかね。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/13(Mon) 21:31 <URL> No.2787

ちばさん、yoさん、こんにちは

 皆さんがインストールの確認テストされているのに刺激を受けて?、私の方では、Live CDからのインストールをしてみました。

 最初
Rescatux
<http://www.supergrubdisk.org/rescatux/>
を使ってブートした上で作業をしましたが、rsyncが含まれていないようで、Voyage MPDのコピーの途中でエラーが出て終了しました。
※今回の目的には適しませんでしたが、Linux系のOSをインストールしたりする場合に、このRescatuxはお勧めで、手元にあって「損」はないと思います。Grubの書き換えで立ち上がらなくなった時に、SuperGrubがありますし、あるいはパーティションを切り直すのにGpartedが使えたりします。レスキュー用のツールがまとめられたLive CDという感じがします。


 その後、
Puppy Linux 日本語版
<http://openlab.jp/puppylinux/>
を使って作業を進めたところ、最後までインストール作業ができました。(別に、Puppyでなくても、ubuntuでもDebianでもVineでもよいと思いますが、軽そうだったので選択しただけです)

 やったことは、
・USBメモリーやSDカード等に0.9.0版のtar.bz2と、これまで使っていた環境の中から必要なファイル、例えば、fstabや/etc/network下のinterfaces等をコピーしておく。
・外付けCDに上記のPuppy LinuxのCDを入れて、CDからブートする。
・ターミナルを開き、fdisk -lで、内蔵CFカードと、USBメモリー等がどう認識されているか確認しておく(私の環境では、内蔵CFカードが/dev/sda USBメモリーが/dev/sdbでした)
・内蔵CFカードをパーティションをきり直し、フォーマットする
・usbメモリーを適当なディレクトリーにマウンとした上で、0.9.0版のtarボールをを展開。できたディレクトリーに移動した上で、/usr/local/sbin/voyage.updateを実行
・以下、尋ねられる質問に答えていけば、Live CDからと同様のインストール手順となります

 とりあえず、現状、外付けのusbディバイスからのインストールでひっかかってしまうようなので、少しでも役に立てばと思い、以上、別のディストリビューションのLive CDから立ち上げた上でのインストール報告です。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? TU - 2013/05/14(Tue) 09:59 <URL> No.2791

Windows PC内蔵のCDROMからCFへインストールしました。AlixにCFを差し込むと起動し、apt-get updateと apt-get uprade をしましたが、MPDは入っていないようでしたので、apt-get install mpd としたところ、mpdが動作するようになりました。さらに、apt-get install mpcをしたうえで、mpc version とすると、0.17.0 となっています。0.18にするには、どうしたらよいのでしょうか? 
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? ちば - 2013/05/14(Tue) 13:04 <URL> No.2792

TUさん、こんにちは。

貴殿がインストールされたのはVoyage MPDではなくVoyage Linuxだったのではないでしょうか。ダウンロードされたイメージファイルがvoyage-mpd-0.9.0.isoかどうかご確認ください。mpdのバージョンは /usr/bin/mpd -V で確認出来ます。

Voyage MPD 0.9.0 でも mpc version とタイプすると 0.17.0 となります。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/14(Tue) 19:55 <URL> No.2793

皆様

Vmware Playerで試してみました。こちらはisoファイルから問題なくインストールできるので、usbメモリにインストールし、atomで起動させてみました。やはりブートでエラーになりますね。同じやり方を9.0rc1のisoファイルで試してみたら、こちらは起動できます。どうもカーネルの問題であるようです。
となると、当分改修されないだろうと考え、kojiさんの提示された、既存のlinuxシステムを踏み台に使うという方法でアーカイブからatom機にインストールしました。
しかし、こうなると内蔵のcd装置がないシステムはインストールが結構大変ですね。

久しぶりにatom機をVoyageMPDで鳴らしてみましたが、なかなか良い音ですね。音場感、解像度などはcuboxにかなわないけど、安心して聴ける落ち着いた音だなぁと思いました。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/14(Tue) 22:51 <URL> No.2796

yoさん、インストールの検証作業、ご苦労さまです。

>usbメモリにインストールし、atomで起動させてみました。やはりブートでエラーになりますね。同じやり方を9.0rc1のisoファイルで試してみたら、こちらは起動できます。どうもカーネルの問題であるようです。

 0.9.0のisoファイルからのブートの際に、USBデバイス関係のドライバーが組み込まれないのでしょうかね。Voyage MPDのLive CDは、これまでインストール時しかみていないので、挙動を詳しく知らないのですが、expertモードとかでinsmodとかできないのでしょうかね。(聞く前に、自分で試してみるべきところですが、昨日のPuppy Linuxからのインストール作業が無事済んだので、また、離れた場所にあり手元で確認できず、悪しからずです)

>しかし、こうなると内蔵のcd装置がないシステムはインストールが結構大変ですね。
 最近のマシンだとBIOSの設定で外付けCDからのブートにも対応してくれ場合が多いですが、外付けCDからのブートに対応していないマシンは大変ですね。

>久しぶりにatom機をVoyageMPDで鳴らしてみましたが、なかなか良い音ですね。音場感、解像度などはcuboxにかなわないけど、安心して聴ける落ち着いた音だなぁと思いました。

 前にメインで使っていた時と、アンプもDACも替わり(メインシステムに比べてかなりグレードは下になります)、かつヘッドホンからだけなので正確な比較はできないのですが、rc2に比べて、力強さが増したような感じがします。(その分、rc2版の方が静寂さみたいな部分は上だったような記憶もあります。ただ、Atom以降の構成が全く変わっているので、うろ覚えの勘違いかも分かりません)

 いずれにせよ、さすが、Voyage MPDという感じはしますね。なので、色々な方がインストール作業がもっと簡単にできるように、今、報告されている問題が早く解決されればなと思います。


Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? TU - 2013/05/14(Tue) 23:57 <URL> No.2797

ちばさん有り難うございました。ご指摘の通りの誤りでした。

>貴殿がインストールされたのはVoyage MPDではなくVoyage >Linuxだったのではないでしょうか。ダウンロードされたイメ>ージファイルがvoyage-mpd-0.9.0.isoかどうかご確認くださ>い。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? koji - 2013/05/15(Wed) 00:33 <URL> No.2798

自己レスです(^_^;

>しかし、こうなると内蔵のcd装置がないシステムはインストールが結構大変ですね。
 最近のマシンだとBIOSの設定で外付けCDからのブートにも対応してくれ場合が多いですが、外付けCDからのブートに対応していないマシンは大変ですね。

 と書きましたが、yoさんがおっしゃられていたのは、Voyage MPDのLive CD版からのインストールができないということを指しておられたのですね。
 私の方で、別のLive CDからのインストール時のことを言っておられるかと勘違いして、訳の分からないコメントになってしまい、申し訳ありませんでした。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/05/15(Wed) 17:00 <URL> No.2799

Hi Yo,

I install using Oracle Virtual Box and QEMU/KVM without problem.

What PC hardware do you use? Or any error that can give me some hints? Thanks.

Regards,
Punky
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/15(Wed) 18:00 <URL> No.2800

kojiさん

> 0.9.0のisoファイルからのブートの際に、USBデバイス関係のドライバーが組み込まれないのでしょうかね。

カーネル3.8はかなり大幅が修正があったようなので、その修正過程でバグが紛れ込んだか、Voyageのisoイメージの作り方が3.8の修正に対応出来ていないかのどちらかだと思います。
前者だとすると、内蔵のcd装置が無い構成は世の中にいっぱいありますので、もっと大騒ぎになると思います。従って、後者の可能性が高いですね。cuboxのusbブートするシステムを作ってみれば、切り分けは出来るかもしれませんが、まあ、作者のPunkyさんにおまかせすればいいでしょう。「このスレッド読んで頂戴」とメールしておきました。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/15(Wed) 18:02 <URL> No.2801

Hi Punky.

By using Vmware Player and 0.90 ISO image directly in my Windows 7, I could install 0.90 successfully.
But when I used atom 270 and external usb-cunnection CD/DVD unit, the installation ended with Kernel panic on boot sequence.
And for 0.90-rc I could install it successfully by either way. Therefore I think it may be caused by kernel 3.8 and your image making method.
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? assi - 2013/05/15(Wed) 19:53 <URL> No.2802

0.9.0をUSBメモリにインストールして見ましたが起動に失敗しコンソールに落ちます。initrdの中でrootをマウントしようとするときにrootがusb上にあるとエラーになってデバイスをマウントできません。usbポートの初期化の失敗のように思えます。その状態でusbメモリを挿していたポート以外はエラーを起こさずに正常にデバイスを認識します。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/05/15(Wed) 23:06 <URL> No.2803

As far as I know, there are related changes in 0.9.0. First, the kernenl compiles with intel GMA framebuffer modules. Second, the live-cd is build with another tools, xorriso.

I am now trying to remove GMA FB modules to see if it works for ATOM.
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/05/16(Thu) 00:34 <URL> No.2804

Hi Yo,

I have created a new Live CD that use 3.8.12-voyage, which remove GMA fb modules:

http://www2.voyage.hk/download/voyage-mpd/voyage-mpd-current.iso

Please test and report if it works for you.

Regards,
Punky
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/05/16(Thu) 16:42 <URL> No.2806

Hi Yo and all,

Please let me know if the above Live CD works or not.

~Punky
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/16(Thu) 18:02 <URL> No.2807

Hi Punky.

I cannot boot from external usb-connection CD/DVD device by using your new image. From console messages of boot sequence, it seems that when initrd mount rootfs, it cannot initialize usb port and hang up.
But I can boot from internal sata-CD/DVD device and can install Voyage MPD 9.0 system on USB memory. The USB memory can boot atom-machine without problem.
Therefore I think the problem is ISO-image.
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/05/16(Thu) 18:27 <URL> No.2808

Hi yo and all,

> But I can boot from internal sata-CD/DVD device and can install Voyage MPD 9.0 system on USB memory. The USB memory can boot atom-machine without problem.

So is the daily build better than 0.9.0? And is booting from external USB CD/DVD drive the only problem now?

Regards,
Punky
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/16(Thu) 19:22 No.2809

> So is the daily build better than 0.9.0? And is booting from external USB CD/DVD drive the only problem now?

The answer is "no" to the first phrase and "yes" to the last phrase.

About the first phrase,
"mount -o loop /lib/live/mount/medium/live/filesystem.squashfs /tmp/cd (after mkdir /tmp/cd)" to install 9.0
can boot from the installed USB memory and
"mount -o loop /lib/live/mount/medium/live/filesystem.squashfs /tmp/root"
canot boot from the installed USB memory.
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Hiro - 2013/05/18(Sat) 11:01 <URL> No.2817

初めまして

0.9のインストールは、私ものっけからつまづいております。

CDのロード後、以下のメッセージが出た後、キーボードも受け付けません。

[ 1.522606] i8042: No controller found
Loading, please wait...

BusyBox v1.20.2 (Debian 1:1.20.0-7) built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

/bin/sh: can't access tty: job control turned off
(initramfs)

リリース版、16日のスナップショットのどちらでも変わらないです。
構成は、IntelのNUC DC3217YEにSSD搭載です。インストールCDは、話題になっているUSB接続のCD-ROMですね。

ちなみに、RCはrc1は問題なくインストール、rc2はインストールするとなぜかMPD.confなどが生成されておらず挫折しました。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/05/21(Tue) 11:23 <URL> No.2824

Hi Yo and all,

After a few days, I finally understand what the problem is. The solution is easy but it takes me some time to find it out.

See this bug report:
http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=702250

To sum up, ehci (USB controller driver) is now spitted into two, ehci_pci and ehci_hcd, since kernel 3.8. However, ehci_pci driver is not included in the initramfs. So, booting from USB cannot detect any USB devices (including USB CD-ROM or thumb disk).

The solution now is to update initramfs-tools to latest (0.112), and rebuild the Live CD again.

Here is the one that fixes the USB boot porblem:
http://www2.voyage.hk/download/voyage-mpd/voyage-mpd-current.iso

Please try and let me know the result. Thanks.

Best regards,
Punky
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? yo - 2013/05/21(Tue) 19:46 <URL> No.2829

Hi Punky.

Congratulations for problem solving.
I have just tried it and it works perfectly in my USB cd/dvd environment.
Many thanks for your working.
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? えふ (efu) - 2013/05/21(Tue) 21:13 <URL> No.2831

Mr. Punky

It's new iso file which I tried did not have any problem.
I thank you very much.

yoさん

当方は、USBメモリにイメージを書き込んでATOM機でインストールしてみましたが、エラーなくいつもどおりのログイン・メッセージまで辿り着けました。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? kid - 2013/05/21(Tue) 23:08 <URL> No.2835

当方はXS35V3/XS36Vで音出しまで実行できました。(35でUSBを作って36で音だしです)当初目的仕様は100%満たされていると思います。
欲を言えば、SDカードが認識されないです。USBは不測の事故で折ってしまいそうで、できたらSDが使えたらなあと思います。
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/05/22(Wed) 12:31 <URL> No.2840

Hi Yo and efu,

Thank you for your report. I am thinking about another release (0.9.1) in coming month.
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? ゴンザエモン - 2013/06/14(Fri) 17:05 <URL> No.2945

Hi Punky-san,

I installed VoyageMPD 090 into USB HDD to create a new system. Installation itself was successful.

But it could not boot from USB HDD.
Is it a same USB boot problem discussed above?

IF so, I will wait for 091.

Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/06/14(Fri) 18:44 <URL> No.2946

Hi ゴンザエモン,

Voyage MPD 0.9.1 should be released by end Jun, soon after Debian 7.0.1 is released.

Yes, 0.9.0 has the USB boot problem. Meanwhile, you can try the daily (i.e. voyage-current-mpd) if it works for you, and report me for any problem.

~Punky
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? ゴンサエモン - 2013/06/14(Fri) 19:26 <URL> No.2947

Punky-San,

Thank you very much for your quickest answer!!

I tried to download temporary fix iso image (shown in No.2824), but could not get without permission.

Is this iso image no longer available in your web-site?
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? Punky - 2013/06/15(Sat) 00:48 <URL> No.2949

Hi ゴンサエモン,

I just fixed the permission issue, could you try again?

~Punky
Re: Debian7リリース−Voyage MPDもまもなく? ゴンザエモン Gonzaemon - 2013/06/15(Sat) 22:03 <URL> No.2961

Punky-san,

Thanks again for your action.

I could down load temporary fix iso image. This VoyageMPD 0.9.0 could boot from USB HDD. So USB Boot problem might be corrected.

Until 0.9.1 release, I will continue to test this module.

alsamixerの音量調節 Powerzone - 2013/06/13(Thu) 22:24 <URL> No.2939

はじめまして、Cubox用の梅雨入り版をさっそく使わせていただいております。音量の調節は以前のバージョンでは
alsamixer を起動して調節できたと記憶しているのですが、今回は alsamixer と打ち込むと

ALSA lib pulse.c:243:(pulse_connect) PulseAudio: Unable to connect: Connection refused

となって、接続できません。方法が変わったのでしょうか。
Re: alsamixerの音量調節 koji - 2013/06/13(Thu) 23:46 <URL> No.2941

Powerzone さん、kojiと申します。はじめまして。

 私は、今、Cuboxにarch linuxを入れて使っているので、梅雨入り版を実際に使っているわけではないので、推測ですのコメントですが…(arch linuxでも同様の症状が出ますので)

alsamixer -Dhw
とオプションをつけて起動すればどうでしょうか?

 これは、メッセージ2593でt-taさんが紹介されています。
Re: alsamixerの音量調節 koji - 2013/06/13(Thu) 23:59 <URL> No.2943

kojiです。

自己resです。
> 私は、今、Cuboxにarch linuxを入れて使っているので、梅雨入り版を実際に使っているわけではないので、

と書きましたが、先程、みみず工房さんのウェブサイトが更新されているのを知り、MPD on Cubox(19)の記事を拝見したところ、梅雨入り版は、ubuntuベースではなく、arch ベースになっているのですね。

 ということでしたら、先程のオプション付きでの起動で解決すると思います。

yoさん作成のイメージが、archベースで作成されたとのことで、今度時間がある時に試してみたいと思います。
Re: alsamixerの音量調節 Powerzone - 2013/06/14(Fri) 09:02 <URL> No.2944

kojiさん

解決しました。ご親切にありがとうございました。

VoyageMPDのFireface400設定 selecta - 2013/05/16(Thu) 03:34 <URL> No.2805

こんにちは

こちらのサイトを参考にVoyageMPDでFireface400を鳴らすことができ、大変感激しております。心から御礼申し上げます。

ところが、全く同じハードウェア構成で最近になって別のHDDにインストールを試みたものの、どうしてもJackd起動でエラーとなってしまいます。

ffado-test ListDevicesコマンドでFirewireの接続は確認できるのですが、直後にSegmentation Faultが発生してしまい、
jackd -d firewire -r 44100 &コマンドでは、以下のとおり
*** glibc detected *** jackd: double free or corruption (out): 0x08115188 ***
となって停止してしまいます。

いろいろ試行錯誤していますが、原因が不明です。前回のインストールは2ヶ月ほど前で、VoyageMPDは同じ0.9-rc2を使っています。


関係ないかもしれませんが、以前成功したときとの違いとして、libffadoのver.が異なっています。

以前の成功時:ffado_streaming_init: libffado 2.1.9999-2295 built Apr 10 2013 16:11:22
今回の失敗時:ffado_streaming_init: libffado 2.1.9999-2320 built May 15 2013 13:47:41

何かヒントになることがありますでしょうか?以下がエラー時のダンプです。コメントいただければ幸いです。

root@voyage:~# jackd -d firewire -r 44100 &
[1] 3559
root@voyage:~# jackdmp 1.9.9
Copyright 2001-2005 Paul Davis and others.
Copyright 2004-2012 Grame.
jackdmp comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY
This is free software, and you are welcome to redistribute it
under certain conditions; see the file COPYING for details
no message buffer overruns
no message buffer overruns
no message buffer overruns
JACK server starting in realtime mode with priority 10
1368642305376327: (ffado.cpp)[ 92] ffado_streaming_init: libffado 2.1.9999-2320 built May 15 2013 13:47:41
*** glibc detected *** jackd: double free or corruption (out): 0x08115188 ***
======= Backtrace: =========
/lib/i386-linux-gnu/libc.so.6(+0x70a8a)[0xb7423a8a]
/lib/i386-linux-gnu/libc.so.6(+0x722e8)[0xb74252e8]
/lib/i386-linux-gnu/libc.so.6(cfree+0x6d)[0xb74283ed]
/usr/local/lib/libffado.so.2(_ZN9Streaming15StreamProcessor15transferSilenceEj+0x153)[0xb124cc97]
/usr/local/lib/libffado.so.2(_ZN9Streaming15StreamProcessor21doWaitForStreamEnableEv+0x1c6)[0xb124c018]
/usr/local/lib/libffado.so.2(_ZN9Streaming15StreamProcessor11updateStateEv+0x1d8)[0xb124c706]
/usr/local/lib/libffado.so.2(_ZN9Streaming15StreamProcessor9getPacketEPhPjS1_S1_jjjj+0xefc)[0xb12491e4]
/usr/local/lib/libffado.so.2(_ZN17IsoHandlerManager10IsoHandler9getPacketEPhPjS1_S1_ijj+0x637)[0xb1239475]
/usr/local/lib/libffado.so.2(_ZN17IsoHandlerManager10IsoHandler20iso_transmit_handlerEP14raw1394_handlePhPjS3_S3_ij+0xa0)[0xb1237d6e]
/usr/lib/i386-linux-gnu/libraw1394.so.11(+0xba2e)[0xb10dba2e]
Re: VoyageMPDのFireface400設定 yo - 2013/05/16(Thu) 19:25 <URL> No.2810

selectaさん

今はfirewireを使っていないので、あまり適当なご返事は出来ないかと思いますが、システムを入れ直して libffado のレベルが変わったのは、インストールしたタイミングの違いによるものでしょう。またこの差が動かない原因である可能性が高いと思います。
新しいバージョンにする必要がないのであれば、入れ換えたハードディスクをフォーマットし直し、cp -avでルートから丸ごとコピーし、update-grubで起動可能にするという方法では駄目ですか。
Re: VoyageMPDのFireface400設定 selecta - 2013/05/17(Fri) 08:46 <URL> No.2811

yoさん

アドバイス有難うございます。
私もlibffadoのバージョンの違いが原因ではと推測していましたが、過去の記録を調べてみたところ、以前のインストールでは何度か違うバージョンのlibffadoでも動作していることがわかりました。

実は今回の再インストールは、別のPCへのインストールが目的で、そちらでうまくいかなかったので以前動いていたPCのSSDを取り替えて試したところ、同じエラーが出たというものでした。

昨晩わかったのですが、Volia, voilaさんの以下のサイトを参考にして調べたところ、リンクされているlibffado2がどうやら違うためlibrary version mismatchが出ていることもわかりました(これはjackをインストールする前の状態です)。

http://gitter.matrix.jp/voyage-mpd-main/setting-up-ffado-on-voyage-mpd/98/setting-of-ffado-and-jackd-for-ff400/

こちらのサイトの方法でリンクを
libffado.so.2 => /usr/local/lib/libffado.so.2
に直そうとしましたが、なぜかできません。

これが直接の原因かわかりませんが、jackインストール時にメッセージで不整合を直すオプション選択が出てきます。

根本的な解決にはならないのですが、現在動作しているPCのなかの適切なファイルを、新しいPCにコピーして起動可能にするという方法は取れるものでしょうか。。。当方Linux初心者のためよくわかっておりません。

何でも結構ですのでアドバイスいただけると助かります。。。

Re: VoyageMPDのFireface400設定 selecta - 2013/05/17(Fri) 09:35 <URL> No.2812

追伸です

libffado.so.2のリンクが直らないので、/usr/local/libの同名ファイルを/usr/libにコピーしたところ、ffado-test ListDevicesコマンドでFirewireの接続は確認できた直後にSegmentation Faultが発生しました(これはjackをインストールする前です)。

ということはご指摘のとおりlibffadoが問題という可能性が高いのではと推測されます。。。


Re: VoyageMPDのFireface400設定 yo - 2013/05/17(Fri) 18:21 <URL> No.2813

selectaさん

ちょっと事情がよく分かっていないのですが、
1. 新しいパソコンにfirewireをインストールしたがjackの起動でdouble free or corruptionでエラー
2. 仕方がないので、ちゃんと起動できる古いパソコンのssdを新しいパソコンにつなぎ起動したらやはりdouble free or corruptionでエラー
3. そこで、古いパソコンのssdにあるlibffado.so.2を新しいパソコンの/usr/libにコピーしたら同じくdouble free or corruptionでエラー
ということでしょうか。
だとすると、原因は新しいハードのfirewire対応のチップとlibffado.so.2の組み合わせで発生することになると思います。

> jackインストール時にメッセージで不整合を直すオプション選択が出てきます。

という部分が気になります。ハードは認識されているようなので、あと一息だと思います。このあたりを見直されたらいかがでしょうか。
Re: VoyageMPDのFireface400設定 selecta - 2013/05/17(Fri) 19:58 <URL> No.2814

yoさん

こうしてコメントいただると大変励みになります。

説明不足で申し訳ありません。。。事情をご説明すると
1.新しいパソコン(ノートPC)にMPDをインストールしたがJackの起動でdouble free or corruptionでエラー
2.仕方がないので、ちゃんと起動できる古いパソコンのSSDを新しいSSDに交換して、新しいSSDにMPDをインストールしたらやはりdouble free or corruptionでエラー
3.そこで、その状態(古いパソコンの新しいSSD上)で、/usr/local/libのlibffado.so.2を/usr/libにコピーしたら同じくdouble free or corruptionでエラー
となっております。

以前は問題なくインストールできた古いPCにどうして再度インストールして問題が発生するのか原因がわからない状況で行き詰っています。。。もしかしたらインストールの手順自体が間違っている可能性もあると思っています。

不思議なのは、問題なく動作する環境(古いPCに元のSSD)でも、jackを起動する前にffado-testを実行すると、RME-fireface400を表示した後にSegmentation faultが発生するにも関わらず、その状態でjackを起動すると問題なく音楽再生ができることです。

動く環境と動かない環境の違いは、libffadoのバージョンの違い以外に、リンク(ldd ffado-test)が
動く環境:libffado.so.2 => /usr/local/lib/libffado.so.2
に対して
動かない環境:libffado.so.2 => /usr/lib/libffado.so.2
となっているので明らかに参照しているファイルが違います。今はここから原因究明をしようと思っています。

ここからは勝手な想像ですが。。。

1.libffadoの差し替えで、再度同じ古いPCで動作した場合
2.新しいPCに動作する環境のffadoのソースをコピーして
3.再度コンパイル

とすれば動作するのでは、と思っていますが、この方法はあっていますでしょうか?

以上勝手な質問ばかりで申し訳ありません。。。
Re: VoyageMPDのFireface400設定 yo - 2013/05/17(Fri) 21:06 <URL> No.2815

Segmentation faultに関してはこのページに解説がありますが、cのポインタの使い方のミスでよく発生するようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E9%81%95%E5%8F%8D
ffadoは結構バギーで、忘却のかなたですが、以前、firewireをインストールした時、僕の環境でも発生していたような記憶があります。

本題に戻ってlibffadoですが、単純にリンクが上手く張られていないように見えます。おっしゃるように綺麗にビルドし直せば、動作する可能性はあると思います。単にコピーして差し替えるという方法はモジュールの関係を無視することになるので、お勧めできません。

あと古いssdはまだ動くのでしょうか。しっかりバックアップをとっておくことをお勧めします。最悪、これで新しいシステムを動かすことが出来るのではないかと思います。
Re: VoyageMPDのFireface400設定 selecta - 2013/05/17(Fri) 23:36 <URL> No.2816

yoさん

いろいろアドバイス有難うございました。
おかげさまで、ようやく、新しいPCでMPD/Fireface400で音出しに成功しました!!

ご指摘のとおり、やはりlibffadoのリンクが原因でした。ffadoのビルドで、
scons ENABLE_RME=y PREFIX=/usr/local/
とやっていたのを
scons ENABLE_RME=y PREFIX=/usr
と変更したところ、その後のJackのインストール時の回避策も若干変わり、結果的にはdouble free or corruptionが出なくなりました。

実は最初に古いPCのほうで試そうと考えていたのですが、なんと新しいSSDが壊れてディスクとして認識できなくなってしまいました。そこで新しいPCのほうでぶっつけ本番でやってみたところ見事に動作。。。古いSSDのほうが壊れていたらと思うと。。。まさにyoさんのおっしゃるとおり、しっかりバックアップを取るべきですね。

実はここまで長い道のりでした。
古いPCでMPD/FF400が動いたのが数ヶ月前、その後、MPD用のPCとFoobarが入ったWindowsのPCを同じPCにデュアル起動にしたいと思い立ったのが始まりでした。
ところがWin7でMBRの構造が変わったせいか、Win7とVoyageMPDのデュアルブート環境はgrubをいくらいじくってもできず、諦めたところで、USBブートを思いつきました。
四苦八苦の結果、USBブートでVoyageMPDを起動することまで行ったのですが、そこからFF400に繋げることがどうしてもできず、数日前にこちらの掲示板を見つけて文字通り藁にもすがる気持ちで投稿させていただきました。
それまでの行き詰まりで、まさかこんなに早く解決に至るとは夢にも思いませんでしたので、先ほど音が出たときは感無量でした。。。

これでようやくVoyageMPD/FF400とFoobar/Win7の環境が同じノートブックで実現する環境ができました。

yoさんにはたくさんのアドバイスをいただき、感謝の言葉もありません。大変有難うございました。
Re: VoyageMPDのFireface400設定 selecta - 2013/05/24(Fri) 16:44 <URL> No.2854

yoさん、こんにちは

>新しいバージョンにする必要がないのであれば、入れ換えたハードディスクをフォーマットし直し、cp -avでルートから丸ごとコピーし、update-grubで起動可能にするという方法では駄目ですか。

現在動いている内容をUSBにバックアップしようと思っています。USBをマウントしてHDDの内容を丸ごとコピーしました。

cp -av / /mnt/usb/

その後、起動できるようにgrubをインストールするところでつまづいております。。。

何度もお手間で申し訳ありませんが、「update-grubで起動可能にする」とは具体的にはどのようなコマンドになるのでしょうか?

宜しくお願いします。



Re: VoyageMPDのFireface400設定 yo - 2013/05/24(Fri) 18:01 <URL> No.2857

selectaさん

僕の書き方が不十分でしたね。
「update-grubで起動可能にする」ことができるのは一つのHDを複数のパーティションに分けマルチブートする場合だけです。別のディスクに-avでコピーし、コピー先を起動できるようにするにはRescatuxが必要です。やり方はここに
http://www.symphonic-net.com/kubotayo/articles/articles010.html#029
書きましたので、そちらを参照して下さい。
Re: VoyageMPDのFireface400設定 selecta - 2013/05/24(Fri) 20:40 <URL> No.2858

yoさん

早速のコメントありがとうございます。
自力で試みたのは、
grub-install --root-directory=/mnt/usb /dev/sdb
とやってみましたが、grub/stage1 not read と怒られてしまいました。

Rescatuxは以前もHDDにWindows7とMPDのデュアルインストールを試みたときに使いましたが、何をやっても最後のGrub Updateで、Grub was not installed と出てしまいました。。。今回のUSBもやってみたのですが同じ結果になってしまいここで行き詰っています。

ちなみに0.9.0のリリースが影響しているのか、current.isoからインストールしようとすると、
mount -o loop /live/image/live/filesystem.squashfs /tmp/root
でエラーが出てしまいます。おまけに0.9.0.rc2のほうも、ffadoインストールのための
/etc/apt/sources.list
/etc/apt/sources.list.d/voyage.list
に追加行を入れてapt-getしても、取りに行かなくなってしまい結構厳しい状況に追い込まれています。。。Linuxの基本を知っている方であれば簡単に解決できるのかもしれません。。。

もう少し試行錯誤をしてみます。有難うございました。

Re: VoyageMPDのFireface400設定 yo - 2013/05/25(Sat) 08:26 <URL> No.2861

selectaさん

> 今回のUSBもやってみたのですが同じ結果になってしまいここで行き詰っています。
Rescatuxは操作の仕方に多少癖があって、同じような操作を2回やらないと駄目だったという記憶があります。

> mount -o loop /live/image/live/filesystem.squashfs /tmp/root
これは0.9.0rc1以前のやり方で0.9.0では変わっています。ISO用のREADMEを参照して下さい。

> 取りに行かなくなってしまい結構厳しい状況に追い込まれています。
多分、wheezyに変わったことによる影響だと思います。適当なキーワードでググって調べるとよいと思います。
Re: VoyageMPDのFireface400設定 Selecta - 2013/05/28(Tue) 15:39 <URL> No.2874

yoさん

アドバイスありがとうございます。
Rescatuxはやはりどのような操作をやってもダメでしたので、他の方法を模索していますが、未だに成功していません。。。

いろいろなサイトを参考に

# rm /etc/mtab
# grep -v rootfs /proc/mounts > /etc/mtab
# grub-install --no-floppy /dev/sdb

とやったところ、

Installation finished. No error reported.

と出て成功かと喜んだのも束の間、起動したところGRUB ERRORと出て止まってしまいました。。。

一方mountのほうは解決しました。新しいバイナリでは場所が変わっていたのですね。current.isoのイメージをダウンロードしてunetbootinでUSBに転送したものからUSBブートして

mount -o loop /lib/live/mount/medium/live/filesystem.squashfs /tmp/root

でうまくインストールできました。有難うございます。

残る課題は、grubの復旧とffadoでどうしても発生するlibrary version mismatchの解消方法です。後者のほうは具体的には
libffado.so.2 => /usr/lib/libffado.so.2
の関連付けを
libffado.so.2 => /usr/local/lib/libffado.so.2
と変更したいのですが、voila voilaさんの以下のページに従って
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local
を実行しても変えることができません。

http://gitter.matrix.jp/voyage-mpd-main/setting-up-ffado-on-voyage-mpd/98/setting-of-ffado-and-jackd-for-ff400/

またapt-getで取りに行かなくなった症状はなぜか自然解消しました。今月の初めにもvoyage.hkサイト自体が数日ダウンしていたこともあり、今回もサーバー側の事情ではと推測しています(正直サーバー側を突然変更されるとお手上げ状態になってしまいます。。。)

もう少し粘ってみます。。。いろいろ有難うございます。

Re: VoyageMPDのFireface400設定 yo - 2013/05/28(Tue) 22:50 <URL> No.2875

Selectaさん

Rescatuxがどうしても動かないということであれば、Super Grub2を使うという方法もあります。これで起動できれば、update-grubで対応できます。

libffado.so.2の件は不思議ですね。Wheezyになったから駄目になったというわけではなさそうなので。しかしライブラリの組み込まれ方が変わってしまい、前の方法が通じなくなったということなのでしょうから、何か解決策がありそうだと思います。
Re: VoyageMPDのFireface400設定 selecta - 2013/06/04(Tue) 13:59 <URL> No.2898

yoさん

本当にいろいろアドバイス有難うございました。いろいろ試行錯誤しましたが、とりあえずは現状でひとまず落ち着くことにしました。

lobffadoの紐付けの件は未解決で、新しくインストールしたものは
libffado 2.999.0- built June 28 2012
となって以前の
libffado 2.1.9999.2275 built March 16 2013
より古いのですが、とりあえず音は出るようになり安定もしているようなので、この状態で行くことにしました。バックアップが簡単に取れない状況は変わらないのですが、また再設定すれば何とかなりそうです。

今回の件は、Linuxド素人な私にとっては大変勉強にもなりました。改めて御礼申し上げます。

| 1 | 2 |