おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 画像認証
arrow.png
Album Player for Linux

Album Player for Linux
http://albumplayer.ru/linux/english.html" target="_blank">http://albumplayer.ru/linux/english.html

私は知らなかったのですが、皆さんはご存知のディストリビューションなのでしょうか?
様々なプラットフォームに対応しているところ、Yoctoap (Raspberry Pi 2/3/3b+)をRPi3で動作させてみました。

スッキリとした出音だと感じました。
TinyAPやpiCoreAPなら、RAM上で動作すると思われるので、また違った音になるかもしれません。

user.png kaamura time.png 2020/10/05(Mon) 20:06 home No.7648 [返信]
Re: Album Player for Linux
kaamura さん

情報ありがとうございます。これも貴重な情報ですね。

試してみました。DAC(DDC)を認識させるのに、大分、悪戦苦闘しましたが、何とか音を出すことに成功しました。diretta用のLIVA Z2を使い、yoctoap64で確認をとりました。nasを認識させる方法がよく分からないので、UPnP/DLNA rendererで動かしました。DACは逢瀬の新しいak4499dacも認識し、音が出ましたので、使えそうそうです。

なかなか良い音がします。lightMPDのロシア版という感じですね。①専用のプレーヤ、②GUIがついている、③WebUIが使えるというあたりは大分違いますが、①組み込みOSを使い、②スクラッチに近い方法で専用システムを作成、③いろいろな機種に対応させる、というコンセプトはlightMPDに近いです。面白いシステムだと思います。
roonと組み合わせて使えるようですね。これもビックリです。また、TinyLinux版とか、piCore版もあるですね。音は変わるのですかね。

ただ、マニュアルがロシア語だけというのはお手上げだなぁ。皆でここで情報交換しますか。
rootだけ、パスワード無しで、SSHで入れます。それで様子は分かります。

user_com.png yo time.png 2020/10/06(Tue) 19:32 home No.7652
Re: Album Player for Linux
yoさん

ロシア語のマニュアルは、Google翻訳で英語に変換してみてはいかがでしょうか?
ある程度はつかめると思われます。

NASの設定部分は、次のような訳になりました。

In the network connection settings panel, the ADD button adds a new network folder, the DEL button deletes the folder with the specified number.
In the list of connections, the number of a working connection is displayed in green, red - inaccessible.
When entering the page and adding a new connection, the indicator will start over displayed in red and in case of successful connection after a few seconds changes to green.
Available disks are mounted at system boot. If the mapped network drives become available on the network after the system is loaded, you should go to the page "Network Drives" to automatically reconnect.
Network folders are mounted in the / media folder .

user_com.png kaamura time.png 2020/10/06(Tue) 22:33 home No.7654
Re: Album Player for Linux
WebUIのNetwork Drivesを選択。

cifsであれば、

Server IP:NASのIPアドレス
server folder:NASの共有フォルダ名
local folder:media

ADDボタンで追加するという形かと思われます。

user_com.png kaamura time.png 2020/10/06(Tue) 22:45 home No.7655
Re: Album Player for Linux
kaamura さん

ご教授ありがとうございます。早速やってみます。
英語にというのが思い付きませんでした。日本語にはしてはみたのですが、ちょっと読む気にならないレベルでした(^^;;;。

ところで、このソフト、windows版も登場しているのですね。まだ試してはいませんが、凄い応用力ですね。驚きました。Linuxレベルの音質であれば、相当に使えると思います。Windowsユーザーの方は是非お試しを。

http://vv.uka.ru/aplayer_eng.html" target="_blank">http://vv.uka.ru/aplayer_eng.html

同じ名前の有償のメディアプレーヤ(Jukebox)もありますので、ご注意ください。

user_com.png yo time.png 2020/10/07(Wed) 08:11 home No.7658
Re: Album Player for Linux
yo様お勧めのAlbum PlayerのWindows版、早速ためしてみました。

ダウンロードして、直ぐに音がでました。Direttaのドライバーも、問題無く認識しています。

とても鮮明で、すっきりとした音です。HQPlayer 4 Desktopにも匹敵する、かなり高いレヴェルの音質だとおもいます。

非常に軽量・シンプルな構成で、簡単な設定の後直ぐに音がでますし、様々なフォーマットにも対応していますので、システムのチェックにも使用できるかとおもわれます。

そのデザインや音の傾向は、かつての、音質重視に特化した、いくつかのWindows版音楽再生ソフトウェアを彷彿とさせるものがありますね。

user_com.png tairyu time.png 2020/10/07(Wed) 12:50 home No.7659
Re: Album Player for Linux
yoさん
tairyuさん

Windows版はインストーラが必要なく、とてもシンプルな構成の様ですね。
RAMや音源サイズにも左右されますが、Full Memoryモードでの再生がオススメかもしれません。

user_com.png kaamura time.png 2020/10/08(Thu) 00:53 home No.7660
Re: Album Player for Linux
kaamura様

ご教示をいただき、どうもありがとうございました。

このソフトは、基本形はシンプルですが、別途いろいろと詳細設定ができるのですね。結構奥が深そうです。

なお、ASIO bufferは、デフォルトよりできるだけ少なくした方が、音質が鮮明になるようです。

私見では、foobar2000よりも設定が簡単で、音質もはるかにうわまわっているので、サブプレイヤーおよびチェック用プレイヤーとして、常備しておこうとおもっています。

user_com.png tairyu time.png 2020/10/08(Thu) 08:51 home No.7661
Re: Album Player for Linux
tairyu さん

Windowsでの動作報告ありがとうございます。僕もやってみましたが、なかなかよい音ですね。diretta接続の音はlinux版に匹敵するレベルだと思います。
勘違いしていましたが、このソフトは2011年にWindows版の開発が開始しされ、その後、2017年にlinux版が公開されています。linux版が先だと思っていたので、逆でした。意外でしたね。Windows版が公開された直後のフォーラムでのやりとりをグーグル翻訳で読んでみましたが、ロシアの熱烈なオーディオマニアが殺到して、激論しています。なかなか面白かったです。
最初の作者の投稿に「このプレーヤーは音のために作られたので、プログラムのインターフェースは控えめです。CPlayを競合他社と考えてください。」とありましたので、オーディオ指向で開発されたソフトであるということです。また、開発時期から見て、

> そのデザインや音の傾向は、かつての、音質重視に特化した、いくつかのWindows版音楽再生ソフトウェアを彷彿とさせるものがありますね。

というのはまさにその通りですね。

日本語名の音楽ファイルは盛大に文字化けします。これは、LinuxでもGUIを使うと同じですので、日本語対応が甘いということですかね。Webインタフェースを使えば、問題はないのですが、Windows版は起動するのに悪戦苦闘しました。サーバーとして常駐するプログラムなので、ウィルスチェックにひっかかるのですよね。


kaamura さん

nasはアドバイス頂いた方法で問題なくつながりました。情報ありがとうございました。
local folderはその名前で/media配下にマウント用のディレクトリが作成され、マウントされることになります。従って、local folder:mediaとやると/media/media以下にnasの音楽データがマウントされることになります(その意味では、nas側の共用ディレクトリ名に合せた方が分かりやすいです)。

ラズパイ4版も試してみました。ちゃんとdtoverlay=hifiberry-dacが自動的に設定され、i2s接続でhatを使い、音を出すことが出来ました。piCoreAP/Yoctoap + rpi4 + fifopi(22M/24M CCHDクロック) + hdmi送信基板 + 逢瀬ak4499dac という構成で確認をとりました。
piCore版とYoctoap版の両方を比べました。音はpiCore版の方がちょっとクリアかなという気はします。しかし、piCore版はnasが使えない、sshで入れないのは不便ですね。Yoctoap版がいろいろ弄れそうだし、いいかなと思っています。音質はsmpdに匹敵するレベルで十分に使えそうです。


user_com.png yo time.png 2020/10/09(Fri) 08:47 No.7666
Re: Album Player for Linux
kaamura様
興味があり起動させましたがうまくいきません。
player's folderとは何でしょうか?
IMGファイルをSDカードに焼いて起動する方法ではだめでしょうか?

user_com.png komotan time.png 2020/10/09(Fri) 10:38 home No.7667
Re: Album Player for Linux
komotan さん

トップページのDownload以降の前半のリンク
x86 (32-bit): Album Player 2.07 UPnP/DLNA Renderer Console Album Player
x64 (64-bit): Album Player 2.07 UPnP/DLNA Renderer Console Album Player
arm v6/v7/v8 (32-bit): Album Player 2.07 UPnP/DLNA Renderer Console Album Player
arm64 (64-bit): Album Player 2.07 UPnP/DLNA Renderer Console Album Player
はそれぞれのハード環境のLinuxシステムのアプリケーションだけをダウンロードするためのものです。
後半のリンク
Image of bootable USB flash drive TinyAP x64 (Linux PC)
Image of bootable SD card piCoreAP 6.1 (Raspberry Pi ZeroW/2/3/3b+/4)
Image of bootable USB flash drive Yoctoap 64-bit (Linux PC)
Image of bootable USB flash drive Yoctoap 32-bit (Linux PC)
Image of bootable SD card Yoctoap (Raspberry Pi 2/3/3b+)
Image of bootable SD card Yoctoap (Raspberry Pi 4)
Image of bootable SD card Yoctoap (Raspberry Pi ZeroW)
Image of bootable SD card Yoctoap (Raspberry Pi CM3)
Image of bootable SD card Yoctoap (Odroid C2)
Image of bootable SD card Yoctoap (Odroid XU3)
Image of bootable SD card Yoctoap (BeagleBone Black/Green)
Image of bootable SD card Yoctoap (Cubieboard2)
Image of bootable SD card Yoctoap (Nanopi Neo2)
はイメージファイルをダウンロードするためのものです。

> player's folderとは何でしょうか?

前半のアプリケーションの格納用ディレクトリのことだと思います。僕は試していません。使い方の記述は英文のreadmeにありますね。

> IMGファイルをSDカードに焼いて起動する方法ではだめでしょうか?

後半のイメージファイルへのリンクからダウンロードし、SDカードなりUSBメモリーに焼いて、起動することが出来ます。イメージの作成用には僕はrufusを使いました。

Yoctoapというのは組み込み用のLinux環境を作成するためのツールです。この場合はLinuxをYoctoapを使って、構成したという意味です。

Webインターフェースで起動するのが楽です。ipアドレスを調べて
ipアドレス:7778 でアプリ起動
ipアドレス:7779 でUPnP/DLNAレンダラー起動
ipアドレス:7780 で管理画面起動
となります。

Linux PCなどの場合はディスプレイをつなげば、GUI起動されます。この場合は画面左上にアプリ起動、管理画面起動のボタンがあります。レンダラーは管理画面から起動できまます。

アプリ操作方法は画面を見れば、分かると思います。ちょっと戸惑うのはオープンボタンがディレクトリの表示と曲の一覧を表示される機能をもっていること。歯車マークが設定ボタンです。プラスマイナスボタンはライブラリリストの作成と削除です。

ロシア語のマニュアルはトップ画面からダウンロードできます。こいつを英訳すれば、何とかなります。

user_com.png yo time.png 2020/10/09(Fri) 17:02 No.7668
Re: Album Player for Linux
yoさん

local folderの設定について、教えていただきありがとうございます。
komotanさんが質問された内容について、私も同意見ですが試していません。

piCore版について、マニュアルを読む限りではSSHを有効にできるのではないでしょうか?

ipアドレス:80で、piCorePlayerのWebUIを開く
TweaksタブのUser Commandsセクションに記載のある、「/usr/bin/pkill sshd」の部分を消去
Main PageタブのBackupボタンで変更を保存
Rebootボタンで再起動
ユーザー名:tc、パスワード:piCoreでSSHログイン

また、NASについてですが、piCorePlayerのWebUIから設定できました。
LMSタブのSetup Network Disk Mountセクションを参照ください。

user_com.png kaamura time.png 2020/10/09(Fri) 18:45 home No.7669
Re: Album Player for Linux
kaamuraさん

> piCore版について、マニュアルを読む限りではSSHを有効にできるのではないでしょうか?

マニュアルを真面目に読んでいないことがバレバレでしたね(^^;;;。
なるほど、piCore版というのはpiCorePlayerそのものだった訳のですか。squeezeliteをaplayerに入れ換えただけということですね。納得です。であればnasの設定も簡単に出来るということで納得です。試して、確認しました。情報ありがとうございました。

しかし、これは動かすのが難しいという話のラズパイ4版のpiCorePlayerを楽に動かす抜け穴ということになりますね。「piCorePlayerは音が素晴らしいから是非試してみろ」というお誘いが diyAudio の SMPDフォーラムに書き込まれているので、DeltaWaveを使い、やってみました。以下、結果です。

piCore ap
Difference (rms) = -64.94dB (-63.99dB -67.22dB -67.61dB -60.95dB)
df Median= -43.88dB (-44dB -44.8dB -45.8dB -40.9dB)
----------------
Yoctoap ap
Difference (rms) = -65.56dB (-65.38dB -68.93dB -65.94dB -61.99dB)
df Median= -44.65dB (-44.1dB -47dB -45.4dB -42.1dB)
----------------
smpd
Difference (rms) = -65.33dB (-63.62dB -66.54dB -67.89dB -63.3dB)
df Median= -44.4dB (-42.8dB -44.7dB -47.7dB -42.4dB)

値はそれぞれの全体(rms)と短いタイミング(df)での歪みを意味します。低い程良いわけです。4回連続して測定し(括弧内の数字)、左側の値はその平均値です。
僕の環境にクローズした実験結果であり、どんな環境でもこうなるとは言えません。また数字は人の感じる音の良さを表しているわけではありません。
結果は数字の通りで
Yoctoap ap > smpd >> piCore ap
となります。piCore apが一番悪くなるとは予想しなかったので、興味深い結果ですね。
DeltaWaveについては表の記事に書いていますので、そちらを参照して下さい。

user_com.png yo time.png 2020/10/10(Sat) 08:28 No.7673
Re: Album Player for Linux
このプレーヤーソフトは中々良いですね。
常用とすべく解析していますが defaultでAPRendererが立ち上がる様に変更したいです。
rc.localが無いですし昔のinitで起動設定する様でお手上げです。
どこをイジれば良いのでしょうか?

user_com.png koma time.png 2020/11/03(Tue) 20:06 No.7732
Re: Album Player for Linux
komaさん

Yoctoap版の場合、
/mnt/boot/apconfig.txt
を編集して設定できないでしょうか?

LOAD_RENDERER = 1/0 - load or not load the renderer at startup.

マニュアルを英訳すると、上記のようになりました。

user_com.png kaamura time.png 2020/11/03(Tue) 23:24 home No.7734
Re: Album Player for Linux
kaamuraさん
アドバイスありがとうございます。
自分の場合は
Image of bootable USB flash drive TinyAP x64 (Linux PC)
Image of bootable USB flash drive Yoctoap 64-bit (Linux PC)
このふたつを試して両方共に起動は出来たのですが
上手く動作させることが出来たのは TinyAPの方でした。
すいません。
TinyAP の方には/mnt/boot/apconfig.txtが無いです。

user_com.png koma time.png 2020/11/04(Wed) 10:26 home No.7735
Re: Album Player for Linux
TinyCoreをSSHで入って、弄って、思う通りにしようなんて、神をも恐れぬ無謀な行為です。Webインターフェースで出来るはずですので、そちらでやりましょう。竹槍で風車と戦ったドンキホーテみたいなことは止めておきましょう。
ロシア語のマニュアルを丁寧に読むことをお勧めします。なっちゃって、無理ですよね(^^;;;。そのままググ訳すると悲惨な日本語が待ち構えていますので、いったん英語に翻訳し、その結果を、日本語に翻訳すると、多少はましです。
以下はそのやり方で関連する部分をググ訳した結果です。

Page 33
UPnP / DLNA renderer

Album Player Media Rendererプログラムは、UPnP / DLNAプロトコルによって制御されるプレーヤーのバージョンであるプレーヤーページからダウンロードできます。また、レンダラーはTinyAPビルドに含まれています...レンダラーは、WAV形式、FLAC、WV、APE、ALAC、DSF、DFF、AIFF、MP3、AAC、OGGでの出力をサポートしています。
レンダラーは、プレーヤーと同じ方法でインストールおよび構成されます。プレーヤーのインストールについてはセクション2で説明し、設定についてはセクション5で説明します。
違いは、プレーヤーのように、7778ではなくポート番号7779で生成されたレンダラーのWebインターフェイスにアクセスすることです:localaccessの場合はlocalhost:7779、ネットワーク経由でcomputer_ip:7779.ap2レンダラーファイルが実行のために起動されます。
プレーヤーをインストールせずにレンダラーをインストールする場合、システムにインストールされている場合は、PulseAudioサーバーの自動ロードを無効にする必要があります。
これを行うには、/ etc / filepulse / client.confに「autospawn = no」という行を追加するか、これらのアクションを実行するパルスオフユーティリティを使用します。
この構成の後、システムを再起動する必要があります。レンダラープリセットは、higherで説明されているプレーヤープリセットのサブセットです。レンダラー設定の最初のタブの下部にある[トラックのダウンロード]オプションには、オンラインサービスからリッスンしたトラックを元の形式でフォルダーにダウンロードすることが含まれます。

レンダラーを起動すると、「トラックのダウンロード」オプションの方法が無効になります。ロードトラックのオンとオフを切り替えるには、パネルの下部にある[適用]ボタンを押します。 [トラックのダウンロード]オプションがオンの場合、レンダラーペインには、ファイルのダウンロードの開始と終了に関するメッセージが表示されます。
出力デバイスの設定は、両方のプログラムに共通です。デバイスがすでにプレーヤー内で選択されている場合は、レンダラー用に個別に選択する必要はありません。レンダラーフォルダにaprenderer.desktopというファイルがあります。

このファイルをユーザーフォルダのフォルダデスクトップにコピーすると、デスクトップテーブルでプログラムを起動するためのショートカットが追加されます。 / usr / share / applicationsフォルダーにコピーすると、プログラムのインシステムメニューを開始するための項目が追加されます。 .desktopファイル内のパスは、/ usrフォルダー内のplayerフォルダーの場所を指します。
そうでない場合は、パスを編集する必要があります。ショートカットまたはコマンドでレンダラーを起動するには、ルート以外のメニューで.desktopファイルのsudoコマンドを削除する必要があります。レンダラーはサービス(デーモン)モードで使用できます。
このモードを使用するには、aprenderer.serviceファイルをレンダラーフォルダーから/ etc / systemd / systemフォルダーにコピーします。
レンダラーフォルダーが/ usrフォルダーにない場合は、WorkingDirectory = / usr / aprendererExecStart = / usr / aprenderer / ap2rendererの行を編集する必要があります。

サービスを開始または再起動するコマンドは、sudo systemctl restart aprendererです。
起動時にサービスの自動開始を有効にするコマンド:sudo systemctl enableaprenderer。
前のコマンドで自動ロードを無効にするには、enableをdisableに置き換えます。
レンダラーを使用すると、プレーヤーのオーディオエンジンを、チェックポイント機能(コントローラー)UPnP / DLNAをサポートする他のアプリケーションとは別のコンピューターまたはネットワーク経由で制御できます。これを行うには、そのようなプログラムの設定で、出力デバイスとしてレンダラーを選択します。

The Album Player Media Renderer program is available for download on the player page, which is a version of the player controlled by UPnP / DLNA protocol. Also the renderer is included in the TinyAP build... The renderer supports output in WAV formats,FLAC, WV, APE, ALAC, DSF, DFF, AIFF, MP3, AAC, OGG.
The renderer is installed and configured in the same way as the player, the installation of which is described in section 2, and the setting in section 5.
The difference is that accessing the renderer's web interface produced with port number 7779, not 7778, as in the player: localhost: 7779 for localaccess or computer_ip: 7779 over the network.The ap2 renderer file is launched for execution.
If the renderer is installed without installing the player, then you will need to disable autoload PulseAudio server if installed on the system.
To do this, add to the / etc / filepulse / client.conf the line "autospawn = no", or use the pulse off utility , which will perform these actions.
After this configuration, you should reboot the system.The renderer preset is a subset of the player preset described byhigher. The option "Download tracks" at the bottom of the first tab of the renderer settings includesdownloading tracks listened to from online services in original format to a folderdownloads in the renderer folder.

When starting the renderer, the "Download tracks" optional ways disabled. To turn loading tracks on and off, press the button Apply at the bottom of the panel. When the "Download tracks" option is on, the renderer pane displays messages about the beginning and the end of downloading files.
The output device setting is common for both programs. If the device is already selected inplayer, you do not need to select it separately for the renderer. There is a file called aprenderer.desktop in the renderer folder .

Copying this file to a folderdesktop in the user folder adds a shortcut to launch the program on the desktoptable. Copying to the /usr/share/applications folder adds an item to start the program insystem menu. The paths in the .desktop file point to the location of the player folder in the /usr folder .
If this is not the case, the paths must be edited. To launch the renderer by shortcut or commanda non-root menu will need to remove the sudo command in the .desktop file.The renderer can be used in service (daemon) mode.
To use this modecopy the aprenderer.service file from the renderer folder to the /etc/systemd/system folder .
If the renderer folder is not in the /usr folder , you need to edit the lines WorkingDirectory = /usr/aprendererExecStart = /usr/aprenderer/ap2renderer

The command to start or restart the service is sudo systemctl restart aprenderer.
The command to enable autostart of the service at boot: sudo systemctl enable aprenderer.
To disable autoload in the previous command, replace enable with disable. Using the renderer, the audio engine of the player can be controlled on a separate computeror over the network from other applications that support checkpoint functionality(controller) UPnP/DLNA. To do this, in the settings of such programs, select renderer as output device.

user_com.png yo time.png 2020/11/04(Wed) 11:20 No.7736
Re: Album Player for Linux
komaさん

TinyAPって、ディフォルトでSSHが出来るのかと思っていましたが、そうではないのですね。となると、ますます大変です。多分、裸のTinyCoreにAPを組み込んだだけのもののようです。
TinyCoreについては、昔試してみたことがあります。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles017.html#039" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles017.html#039
一応動かすことは出来たのですが、そのあまりのややこしさに挫折し、常用するのはやめにしました(^^;;;。

管理メニューのUpdateFlashDriveで状況は保存できるのかなと考え試してみましたが、駄目なようです。
上記リンク先にTinyCoreの使い方については紹介してあります。気力があれば(^^;;;、頑張ってみて下さい。

user_com.png yo time.png 2020/11/04(Wed) 18:52 home No.7738
Re: Album Player for Linux
yoさん kaamuraさん
色々と教えていただきありがとうございますm(_ _)m
Yoctoapが動き出しました!
Yoctoapの方だと起動直後からレンダラーが動作している様なので
これをメインにしようと方針変更です。

ただ一つ難点?としてはDSD-PCM変換再生で内部処理が滞っている様で
音が引っかかる感じがある事です。

PC(i5)の能力が不足なのか?
設定が足りないのか?
同じPCにArchlinuxをインストールした時は問題ないです。

user_com.png koma time.png 2020/11/05(Thu) 12:20 home No.7741
Re: Album Player for Linux
komaさん

折角、rtカーネル版のArch Linuxをビルドされているわけだから、それを使って、アプリ版のAlbumPlayerをインストールされたらいかがですか。こちらはインストールの仕方に関しては英語版のマニュアルがありますので、ノープロブレムです。
ついでにそれをイメージにして皆に公開しましょう。rtカーネルArchLinuxで動くAlbumPlayerは存在しませんので、貴重ですよ。僕も是非使いたいです。まあ、作者にはご連絡した方がいいと思いますが、代行しますよ。多分、それで謎のピンクを動かすというのが、ベストの選択ではないでしょうか。

user_com.png yo time.png 2020/11/05(Thu) 17:05 home No.7743
Re: Album Player for Linux
yoさん
>折角、rtカーネル版のArch Linuxをビルドされているわけだから、
>それを使って、アプリ版のAlbumPlayerをインストールされたらいかがですか。

現状I2S横取り対応(ハード&ソフト)と電源改良でお腹いっぱい状態というのが正直なところです。
今日もハンダ付け出張(笑)でした。
公開は実力的にも体力的にも厳しいです。

まあスケベなじいさんなので時間の空きを見てインストール実験はやって見たいと思います。
インストールの仕方がどこにあるのか?リンクを教えてください。

user_com.png koma time.png 2020/11/06(Fri) 20:55 home No.7745
Re: Album Player for Linux
komaさん

> 今日もハンダ付け出張(笑)でした。

あら。過激な実験は続いているわけですね。ご報告楽しみにお待ちします。

> 公開は実力的にも体力的にも厳しいです。

残念。まあ、やり方はサイトで公開されていますから、ホモサピエンスなら出来るのでしょうね。無理なお願いは撤回です。

> まあスケベなじいさんなので時間の空きを見てインストール実験はやって見たいと思います。

是非お試し下さい。表にも書いたのですが、AlbumPlayerはロシア版のlightMPDです。lightMPDだと謎のピンクが動かないという問題は、Archlinux with rt-kernel で解消できると思いますよ。

> インストールの仕方がどこにあるのか?リンクを教えてください。

http://albumplayer.ru/linux/guide_en.txt" target="_blank">http://albumplayer.ru/linux/guide_en.txt
です。リンクはlinux版の紹介サイトの一番下にあります。

user_com.png yo time.png 2020/11/07(Sat) 09:02 home No.7747
Re: Album Player for Linux
とりあえず Archlinux + Album Player 2.07 UPnP/DLNA Renderer やってみました。
DSD再生のため一部設定をイジる必要がありましたが無事動作しました^^;
個人的に音は良好だと感じます。
最小サイズkernel再構築に拘らなければリアルタイムkernelのインストールまで
linuxの標準的?な作業コマンドでたどり着けるのでおすすめです。


user_com.png koma time.png 2020/11/08(Sun) 12:12 home No.7754
Re: Album Player for Linux
komaさん

rt-archでの動作報告、ありがとうございます。
AlnumPlayerのLinux版ですが、intel版のイメージについていうと、TinyAp、Yocto共にラズパイ対応のイメージと比較すると、いまいちという感じがあるので、rt-archは有力かもしれませんね。インテルハードでちゃんと動かしたかったら、手間をかけてarchをインストールする一手ですかね。
UPnPだけで十分(コンソール版だけのビルド)と割り切れば、rt化はパッチをかければいいだけだから、案外簡単ですかね。

user_com.png yo time.png 2020/11/09(Mon) 09:45 home No.7755
Re: Album Player for Linux
お世話になります。

こちらでArchLinuxのRTカーネルでAPlayer Rendererを動作させる記事に興味があり挑戦しました。
なんとかArchLinuxはインストールできたのですが、APlayerのインストールができません。
ArchLinuxはLivaZ2にインストールしました。
APlayerはHPからX86、x32のUPnP/DLNA Rendererをターミナルでダウンロードして、解凍しPCスイッチオンの時に起動できる設定にするのですが、どうしてもsudo systemctl start aprendererの後に Active: failed (Result: exit-code)がでてきます。

以前他の掲示板でmintにAPlayerをインストールする際にYoさんからalsa-libが入っているか指摘をうけて、alsaを導入したら音出しできましたので、今回もalsa導入しようとしましたが成功しません。

①ArchLinuxはデフォルトでALSAは使えないのでしょうか?

②またYoctoapのbootableイメージは動くのですが、この場合ArchLinuxは音に関与しないのでしょうか?

③ArchLinuxはデフォルトではRT kernelが入っていないのでしょうか?

ご多忙とは存じますがご教授いただければ幸いです。

参考にしたリンhttps://minkara.carview.co.jp/userid/659678/blog/44592258/" target="_blank">https://minkara.carview.co.jp/userid/659678/blog/44592258/

user_com.png 駄目耳野郎 time.png 2021/02/17(Wed) 14:23 home No.7922
Re: Album Player for Linux
現在職場ですので、帰宅したらログを貼らしていただきます。
user_com.png 駄目耳野郎 time.png 2021/02/17(Wed) 14:25 home No.7923
Re: Album Player for Linux
駄目耳野郎さん

archlinuxへのapの組み込み方については、smpdのR&Dクラブのx86_64 aoeスレッドに昨日書きました(基本的には以前別のスレッドでやり取りした内容と同じです)ので、そちらを参照して下さい。

> 今回もalsa導入しようとしましたが成功しません。

pacman -S alsa-utils alsa-firmware alsa-lib alsa-plugins
です。

> ②またYoctoapのbootableイメージは動くのですが、この場合ArchLinuxは音に関与しないのでしょうか?

Yoctoのイメージが動くのであれば、それで何もしなくてもapは起動できるはずです。YoctoはArchLinuxとは異なるlinuxのディストリビューションです(ディストリビューションの意味が分からなければ、グーグルで検索してみて下さい)。

user_com.png yo time.png 2021/02/17(Wed) 16:17 home No.7924
Re: Album Player for Linux
yoさん

ご教示ありがとうございました。
大変参考になりました。

user_com.png 駄目耳野郎 time.png 2021/02/17(Wed) 21:21 home No.7928
「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め

komaさん、こちらで続けましょう。

クリスマスプレゼントの感想についてはサイトに書いておきました。
謎のピンク方式(インテルアーキでのi2s再生)はWindowsでの再生方式の革命ですね。ピンク以外に誰か、専用のボードを開発しないものですかね。

SBのボードですが、とても良いと思います。僕はオリジナルのピンクの音を聴いたことがないので、判断出来ませんが、こちらでWindows配下の他のインタフェースを逢瀬4499に繫いだ音の印象と比較して判断すると、moctとkomaさんお二人がご指摘の「オリジナルのピンクのカードを越えているのでは」というのは、多分、当たっていると思います。ともかく、Windowsで逢瀬4499をこれだけの音で鳴らしたカードは初めてです(楽器や声の実在感が凄いです)。

Linuxも試して、比較しろとのご注文ですので、不精をして、AlbumPlayerで動かしてみました。Archは、昔、弄ったことがあるので、大変さは承知しています。APインテルLinuxでやってみて、トライする値打ちに見合いそうだったらやってみるかなという判断です。
TinyCore版とYocto版の両方で試して見ました。どちらも問題なく音出しできます。再生周波数ですが、そちらでもいっしょで全て96KHzに変換して再生されます。WindowsのDirectSound版ドライバとも共通ですね。

この96KHzに変換して出力という部分が問題じゃないかなと思っています。

音ですが、大胆に割り切ると以下の通りの感想です。
WinASIOドライバ > LinuxTinyCoreAP > LinuxYoctoAP ≒ WindowsDSドライバ > WindowsSOドライバ

ニアリーイコールの部分は僕には差は殆どないのですが、しいて言えばというレベルです。
左側から順に僕の環境では僕の好みの音です。僕の好みというのはクラシック音楽での楽器の実在感とコンサートホールの空間感の重視です。僕の好みはかなり偏っています。ポピュラー曲はまったく聴きませし、クラシックも主にバッハ以前の音楽と現代曲しか聴きません。その辺りが理由で偏った判断になっているかもしれません。

WinASIOの結果がいいのは綺麗な倍数の変換をしているからではないですかね。Linuxでこれが出来れば最高だと思います。ちょっと手強そうですが、理屈としては、Windowsで出来ているので、Linuxでも出来るはずです。

Asusのカードでも出来るようですね。そちらもご報告を楽しみにしています。

user.png yo time.png 2020/12/31(Thu) 22:54 home No.7815 [返信]
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
明けましておめでとうございます。

現在、Asusのカードを使っています。こちらは、元のサンプリングレートのまま出力されます。圧倒的です。
カーネルにより、内部のリレーが入ったり入らなかったりで、入らない場合カードを認識しなくなるので現在原因を調査中です。
Asusのカードでも使用できる機種が非常に限定されるため、中古屋さんやオークションでなかなか発見できません。

私の場合、フルサイズのpcieカードを差し込めるPCが無いので、延長ケーブルやminipcie、m.2から変換ケーブルを使い外に出して接続しています。
不思議なのがpcie延長ケーブルにUSBケーブルを使っているものがあるのですが、これを使ってもUSB接続とは、はっきり認識できるだけの音質の差があることです。USB3.0以上で動作するDDCを使ったことが無いのでわかりませんが、やっていることは大して変わりが無いのに何が違うんでしょうか……

user_com.png moct time.png 2021/01/01(Fri) 00:42 home No.7816
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
moctさん

怪造カードの話題で年を越しましたね(^^;;;。

> 現在、Asusのカードを使っています。こちらは、元のサンプリングレートのまま出力されます。圧倒的です。

Asusのカードだと内部処理のための周波数変換が入らないで済むということですかね。
多分、Windowsでも同じことになるのでないかと思います。

こうなると謎は何故linux(&Windows DS)ドライバだと96KHzでWindows WOドライバだと96KHzになるかですね。
内部変換処理用のモードが二つあって、ドライバの振る舞いによってその辺りが変わるということだと思いますが、ASIOドライバだとオリジナルの周波数が意識されて綺麗に倍数になるというところが面白いです。
ASIOドライバの音質面での優位性を示しているような気がします。

> 私の場合、フルサイズのpcieカードを差し込めるPCが無いので、延長ケーブルやminipcie、m.2から変換ケーブルを使い外に出して接続しています。

僕の場合は中に入れることは出来るのですが、HDMI変換カードを固定する上手い方法がないので、結局、送ってもらったケーブルを使い、外だししています。最終形です(記事の写真とは違います)。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/IMG_2760.JPG" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/IMG_2760.JPG

> 不思議なのがpcie延長ケーブルにUSBケーブルを使っているものがあるのですが、これを使ってもUSB接続とは、はっきり認識できるだけの音質の差があることです。USB3.0以上で動作するDDCを使ったことが無いのでわかりませんが、やっていることは大して変わりが無いのに何が違うんでしょうか……

面白いですね。ケーブルの違いではなく、送り方で差が出てくるということですかね。MatrixのX-spdif(USB3.0仕様です)を持っているので、試してみるかな。キツネdacに使っている感想でいうと怪造カードの方が断然良さそうですが。

user_com.png yo time.png 2021/01/01(Fri) 11:02 home No.7818
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
明けましておめでとうございますm(_ _)m
昨年はPinkFaun関連でお世話になりました。
今年はそのお礼が出来る様にがんばりたいと考えています(笑)

>HDMI変換カードを固定する上手い方法がないので
自宅ではこの様なグッズで対応しています。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/1604624401_b-hdmi.jpg" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/1604624401_b-hdmi.jpg

加えて現在moct氏が取り組んでいるペリフェラルコネクターを使って
別電源を接続可能なサウンドカードに対しては
こんな感じで外部電源を簡単に接続できる様にしています。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/peri.jpg" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/peri.jpg
これで熊電源2台で12V,5Vを作りPinkFaunSoundCard(旧版)へ
電源を供給してクリエイティブカードと同レベルに
なった様に思います^^;

user_com.png koma time.png 2021/01/01(Fri) 11:25 home No.7819
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
komaさん

情報ありがとうございます。
やはりブランケットを使ってということになるのですね。問題はブランケットへの穴の空け方なのですよね。

user_com.png yo time.png 2021/01/02(Sat) 08:32 home No.7820
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
>問題はブランケットへの穴の空け方なのですよね。
材料の厚みが無ければハンドニブラーでキレイに開けられます。
見栄えを気にしないなら切り込みにすると簡単です。
見栄えにこだわるなら
鉄板等で硬いならドリルで3箇所ぐらい穴を開けて
ヤスリで穴を拡大して四角に整えます。
まあ時間がかかって面倒です(笑)

user_com.png koma time.png 2021/01/02(Sat) 10:18 home No.7821
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
「謎のピンク i2s Bridge ボード(2)」 No.7859 へのコメントです。

komaさん

ようやくArch Linux RTカーネルでの音を聴くことが出来ました。
イヤー、大変でしたね。Archのインストールは散々やっているのですが、綺麗にやり方を忘れ去っていました。意味不明のトラブルといろいろなミスだらけで、大変でした。詳細はサイトに記事として書きます。
「rt化は大変だ」とメーリングリストでボヤいたらmoctさんから最新のカーネルをプレゼントして頂きました。助かりました。
やはりrt化すると音はクリアかつ繊細になりますね。これはお勧めです。
最初のメッセージで、Windows ASIOドライバが最高と書きましたが、撤回します。やはりLinuxは素晴らしい。Linuxの場合は全てを96KHzに変換してしまうという怪しいハードなのですが、そんな事はものともしないで、最高の音を出してくれます。
Arch Linuxだけの時はWindows ASIOドライバの方が良いという感じでしたので、やはりRTカーネルの威力が凄いようです。「何でも無条件にRTカーネルにすればいいわけじゃない」と思っていましたが、このケース(インテルハードでのPCIE接続でのI2S出力)ではRTカーネルが良いようです。どういう理屈なのだろうか。

user_com.png yo time.png 2021/01/17(Sun) 10:18 home No.7860
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
>Linuxの場合は全てを96KHzに変換してしまうという怪しいハードなのですが、
>そんな事はものともしないで、最高の音を出してくれます。

本日着弾予定の新カードではlinuxでも
変換されずにそのままのサンプリングレイトで出力されます。
yoさん宅で実力発揮が出来れば^^;
即メインカード入れ替えになると思います(笑)


>「何でも無条件にRTカーネルにすればいいわけじゃない」
>と思っていましたが、


目新しい事は余り無いのですがリバースエンジニアリングの寄せ集めで
moctさんからの情報を元に絨毯爆撃で最適条件を詰めています。
ソフト面だけでなくそれに寄り添うハード系方向でも最適を狙ってイジっています。

かなり良いところまで来ていてmoct氏はもうコレ以上やっても
音源のアラまで聴こえるだけで楽しくならないのでは?と言う話も(笑)



user_com.png koma time.png 2021/01/17(Sun) 10:46 home No.7861
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
komaさん、moctさん情報ありがとうございます。昨日、Xonar DGXを改造し、とりあえず音出しできました。arch linuxは準備できていないのでGentooplayerでやってみましたが、Multi、digitalともにSqueeze-R2で音出し可能でした。ただkomaさんがホームページで書かれているように、Volumeを少し下げたやらないとクリップするようです。とりあえず動作確認をしましたので報告させていただきます。
user_com.png knkn59 time.png 2021/01/23(Sat) 23:25 home No.7863
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
>昨日、Xonar DGXを改造し、とりあえず音出しできました。
おお 嬉しい知らせ!
環境が落ち着いたら出音の感想もお聞きしたいです。
加えて...
私のHPを見ていただいているのであれば画像がありますが
カードのブラケット反対側の三端子レギュレター周りの220uFを
例えばOSコンへ変更すると音のグレードが上がるので是非試して欲しいです。

user_com.png koma time.png 2021/01/23(Sat) 23:42 home No.7864
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
knkn59さん

ご報告ありがとうございます。

怪造カードの使用者が1人増え、これで世界で4人(moctさん、komaさん、knkn59さん、yo)になったのですかね。
僕はkomaさんにおねだりして、DSXの方を使っています。ボリュームオーバーによる歪みの件はこちらでもLinuxでは発生します。Windowsでは起きないのですが、ASUSのWindowsドライバで対応されているということだと思います。

インテルハードでのArchLinuxは初めての挑戦でしたが、何とか動きました。これも素晴らしい音がしますので、お勧めだと思います。英語であれば、情報は山程ありますので、よろしければ、トライしてみて下さい。Gentooとどう違うか(違わないか)というのも知りたいところです。

user_com.png yo time.png 2021/01/24(Sun) 09:19 home No.7866
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
こんばんは。

すったもんだがありまして、作戦始動から2週間が経ちました。
ようやくintel PC / Arch - Sound Blaster Titaniumでの音出しに成功しました。
audaciousとMPD (cantata) で確認できました。
audaciousではOutputにSurround Rear Speakers (hw:0,1)を選択しなくてはなりません。
MPDではmpd.confのaudio_outputでdeviceにhw:0,1を指定した上でKDEのAudio Volume SettingからAnalog surround 4.0 outputをProfileとして指定しなくてはいけませんでした。
GUIを使わなければ関係ない処置かもしれません。

とにかく鳴ってくれて良かったです。
ご教示くださったyoさん、komaさん、moctさん ありがとうございました。
次はどのカードから横取りしてやろうかしら←

user_com.png Hirune time.png 2021/01/25(Mon) 00:16 home No.7867
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
Hiruneさん

怪造カードでの音だし成功、おめでとうございます。長い道のりでしたね。だだ、得られた成果/ノウハウも大きかったかと思います。

Windowsで音が出ていないのもLinuxと同じ理由だと思います。分かったことはスピーカーの指定をi2s横取り作戦に合せない駄目だということです。サラウンド指定というやつがそれらしいので、Windowsでコントロールパネルで出来るのではないかと思います。

今のところサウンドブラスタのカードはFPGAとドライバの相性が原因で、無条件に周波数変換が入るようです。Linuxではこの値が無条件に96KHzになるので、44.1KHzの通常のCDデータの再生には不利に働きます。WindowsのASIOドライバではこれが整数倍の88.2KHzに変換されます。従って、WindowsのAPなどを使えば非常に良い音を出すことができます。是非試してみて下さい。

あと、接続が正しいかどうかの切り分けで結構時間がかかりましたね。結局、設定の問題だったわけです。この辺りの切り分け方法が重要だと思いました。DACハードとロックがとれていれば、接続は正しいということのようなので、これも貴重なノウハウですね。

Linuxに関していうと、余分なソフトが動かないコンソールモードのArchLinuxで動かし、MPDで音を出すというのがベストではないかと思います。是非、お試しを。


user_com.png yo time.png 2021/01/25(Mon) 17:24 home No.7869
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
これまでの経緯をまとめたいと思います。私的感想を交えまして。ちなみに以下散出の採点基準はSMPD AoE β10を95点としています。


1. Pink Faun I2S Bridge Cardを購入、これ用にと準備しておいたRyzen5 / Windows10 ミニPC(スピンドルはファンのみ)に組み込む
  Pink Bridge Card用5V外部電源にはDC Yarrowを使用、HDMIケーブル(AIM電子製)伝送先DACは逢瀬AK4499 DAC

TuneBrowserというアプリの使い勝手を気に入っていたため、Windows環境からI2S HDMI伝送を目論んだものでした。
  WASAPI, ASIOそれぞれで再生するも、いずれも満足の得られない結果に。オンボードサウンドデバイスで圧縮音源を流したような感じ。
WindowsMediaPlayerでも似たような印象。50点未満


2. Pink FaunのJord氏に助言を請う & yoさんお薦めのAlbum Player (Win版) をインストール

  Jord氏は「RoonとFidelizerを入れてみな」と言うので試してみることに。なぜかASIOよりWASAPIの方が好ましいが今一歩。70点
Album Playerも悪くはないものの、同じく物足りない。60点


3. Ryzen (AMD) プラットフォームではPinkカードの実力が測れないと思い、Core i7 (Intel) と入れ替えることにする

使用したプレイヤーアプリはこれまでと同じなのだが明確な向上がみられた。最高点はRoon & Fidelizerの80点、しかしこれは個人的には使いづらい。
  TuneBrowserで鳴らすと65~70点くらい。カードに載っている電解コンデンサをWEからPXEに交換してみたが、これの効果は微妙...。


4. 某日、Windows環境は残しつつ、別SSDにArch Linuxを構築してみようと深夜0時に思い立つ(Archインストール経験ゼロなのに)

  ネットでやり方を調べながら、意味もわからないまま見よう見まねで記載にならって進めていく。当然トラブる。
解消法を検索しても何をしているのか理解していないのだから復旧できずに日の出とともに再インストール(ここで気絶するように寝る)。


5. Arch導入と並行して、Sound Blaster TitaniumからI2S横取りプロジェクトに取り組んでいく

 極細ケーブルをDACリード部に5本並べてはんだ付けという、自己最高難度の工作に挑戦するが幾度も失敗。いい大人が涙ぐむ。老眼のせいにする。


6. なんとか起動したArchでPinkを試したいのだが、四苦八苦したビルドアップ直後でMPDの導入を躊躇し、
簡単に鳴らせるアプリはないものかとググってDeaDBeeFを入れてテスト(これはムダ足となる)

  曲を掛けてみるとブツブツ途切れたり、エコーが掛かったようになり、まともに聴けない。
のちに解消法は見つけるのだがこれは謎というほかはないもので、このアプリは不採用とした。


7. Sound Blasterはどうにか配線処理が終わり、PCに組み込んでみるも横取りI2Sからは音が出ない(ブラケット部3.5mm出力からは音が出ている)

  逢瀬DACにはサンプリングレートは96kHzと表示されている。
組み合わせが間違っているのかもとGND以外の4本総当たりリーグ戦を展開、6大学野球の東大ばりに全敗を被る。
よもや、やなさんHDMI Senderを壊してしまったのかもとRPi3B & innomaker HATで試してみるとこちらは生きていそう。
やはりはんだ付けを失敗しているのかと一旦取り外す。


8. 検証アプリはAudaciousが良いと教わり、Arch & Pinkでテスト再開

ここでPinkがやっとまともな音を流し始めます。いきなり80点超えの合格圏内。けれどもSMPD AoEには及ばない。
フォーカスが甘いというか、無難な音という感じ。Jordさん、これって...。


9. 配線をこれでもかと十分にチェックしたSound Blaster改とAudaciousでテストを開始する
 
サンプリングレートは96kHzと表示されるのはこれまで同様で、ノイズすら鳴らない状態。
4本の電圧・電流をチェックしたが (SDATA以外は約1.2V, 10~15mA)問題はなさそうではある。
komaさんのアドバイスによりOutputを全通り試してみたところ、「Surround Rear Speakers (hw:0,1)」でヒット。
なんでSurround Rearなのかは???これ以外の選択では無音。
よくよくkomaさんのblogを拝見するとヒントは書かれていました。4つのチャンネルがあって、そのうちの1つから横取りしているのだ。
これまで鳴らなかったのは、はんだ付けが甘かったときもあったのだろうが、このOutput選択が肝要であった。
音の採点は85点以上あげてもいいな、と思うくらい滑らかな音ではあるが、どうも元気・活気が足りない。
やはりここは総本山MPD師匠に登場してもらうしかなさそうだ。


10. ArchにMPDとRTカーネルを入れ、クライアントにはSMPDで使い慣れたCantataを採用して音質向上を狙う

選択するOutputはAudaciousで判明しているのでmpd.confにその通り記述。いざ再生...。
これだ。このプロジェクトの最初に期待した出音はこのレベルでした。
  ほぼSMPDと遜色ないと思えるが、比べると僅かに濁りもしくは霞みがあるようにも感じる。90点
何を再生しても(CDフォーマットでもDSDでも)96kHzにならされてしまう点が懸念。
  インターフェースが同じCantataなら私宅鑑賞環境はSMPD AoEで良いという結論になってしまいます。


11. 今後の方策として ①Senderに入れている3.3V電源を2段階降圧式(12 > 7~5 > 3.3)とする
  ②MPDをデスクトップ環境ではなくコンソールで扱う
  ③ASUSサウンドカード改を調達する
  等を考えております。


長文・駄文失礼致しました。何か発見があった場合にはまたお知らせします。色んな選択肢があるというのは幸せなことですね。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/28(Thu) 19:32 home No.7872
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
Hirune さん こんばんは

ひとつ提案ですが、サンプリングレートが96kHzになるのであれば、逆にMPDの方で全て強制的に96kHzに変換してしまうのも面白いかもしれません。
sorxの方がもっと面白いかも……

電源の方ですが、NJM2863F33 https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05579/" target="_blank">https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05579/
なんかはローコストですし特性もなかなかです。
私の場合、以前から変換基板に載せて配線中にぶら下げて使っています。

user_com.png moct time.png 2021/01/28(Thu) 22:46 home No.7873
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
「俺もやってみよう」という方も多いか(?)と思いますので、簡単にまとめます。
実験工房グループ(moctさん、komaさん)にお願いですが、間違えがあれば、ご指摘ください。

1.使えると判明したカード
サウンドブラスター X-Fi Titanium HD
サウンドブラスター X-Fi Titanium
ASUS Xonar DSX
ASUS Xonar DGX
最新のカードはゲーム目的のものばかりで、オーディオ用のものはないので、試していません。

2.ハンダ付け作業のやりやすさ。
X-Fi Titanium HD > ASUS Xonar DSX/DGX > X-Fi Titanium
左側程やさしそうに見えます。

3.使えるOS
X-Fi Titanium HD Windows、Linux共にディフォルトの状態で接続可
X-Fi Titanium Linuxはサラウンドの指定が必要、Windowsも同じだと考えるが未確認
ASUS Xonar DSX Windows、Linux共にディフォルトの状態で接続可
ASUS Xonar DGX Linuxはディフォルトの状態で接続可、Windowsは未確認

4.動作状況(再生速度の変換)
サウンドブラスター X-Fi Titanium HD での確認
Linux・・・全て96KHzに変換再生
Windows ASIOドライバ・・・オリジナルの整数倍の88KHz/96KHz
Windows DirectSoundドライバ・・・全て96KHzに変換再生
Windows WaveOutドライバ・・・全て88KHzに変換再生

ASUS Xonar DSX(DGXはLinuxのみでの確認)
Linux・・・全て変換無しのオリジナルと同じ速度で再生
Windows ASIOドライバ・・・全て変換無しのオリジナルと同じ速度で再生
Windows DirectSound/KernelStreamingドライバ・・・全て96KHzに変換再生
Windows WaveOutドライバ・・・全て88KHzに変換再生

というところです。音は再生速度の変換が入らないASUSのカードが優秀ですが、サウンドブラスタでも再生周波数が整数倍の変換となるASIOドライバでの音も素晴らしいです。

user_com.png yo time.png 2021/01/29(Fri) 08:47 No.7874
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん、まとめありがとうございます。
DGXのWindowsの動作は今週末にNewマシンが届けば確認させていただきます。また、arch linuxのインストールも慣れないと大変ですので、比較的簡単にインストールできるAudioPhile Linux(Arch)のインストールのまとめもこちらで近いうちに書かせていただきます。

user_com.png knkn59 time.png 2021/01/29(Fri) 10:23 home No.7875
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
>間違えがあれば、ご指摘ください。

OKだと思います。
最初の改造チャレンジで概ね問題ないのはこの四枚だと思います。
moctさん宅には半分だけ動作する?例えば通常使用では動作するが
何故かMPDでは動作しないとか基板上のリレー制御がLINUXでは変な動きとか
いずれもWindoes上では動作するかも知れませんが
自分もmoctさんもWindows環境が無いのでテスト出来ません。

そんなの音に関係するのか?とか怒られますが
クリエイティブのこの時代のサウンドカードは24bit/192kHzという仕様なのですが
これが基板上のDACの仕様なのか?サウンドプロセッサーの仕様なのか
良くわからないのですよね。
それに対してASUSのDGカードは
ASUSオリジナルチップでは無いサウンドプロセッサー(CMI8786 32bit/192kHzの)を
使っていますね。まぁDGカード上には24b出力仕様DACが搭載されているので
横取りして初めて32bit信号が取り出せる?のかなぁとか??

CMI8xxxシリーズのカタログデーターを読んでみると
やはりPinkFaunカードに使われているCMI8888が最強なんですが
このICを搭載した別メーカーのカードはLinux上で完全動作しないんです(悲)
原因は恐らくCMI8888はEEPROMを搭載して動作設定が可能な仕様なので
そこをメーカーがゴニョゴニョしていると
Linuxのドライバーが対応出来ないのだと推測しています。

user_com.png koma time.png 2021/01/29(Fri) 10:45 home No.7876
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん

ふとこのSB TitaniumをWin10で鳴らしていなかったなと思いだして、試してみました。

OSのサウンド設定で4 channel (rear speakers有効)にして、まずはTuneBrowserで。
ASIO4ALLは音がでません。時間は進みますし、スペクトラムも表示されます。諦めてCreative ASIOへ。
音は出ますがナローレンジです。ラジカセみたいです。WASAPIも音出ませんでした。
foobar2000でもCreative ASIOを選択しないと音出ません。しかも音量が半分くらいになってしまいます。これも残念な結果に。
AlbumPlayerはASIO4ALLで正規の音量で鳴ります。しかもこれはかなり良い音質です。他のOutput選択ではまともに鳴りませんでした。

Windows環境でSoundBlaster改を鳴らすならAlbumPlayer (ASIO4ALL) がデフォとの認識でよさげです。


moctさん

アドバイスありがとうございます。お薦めのNJM2863F33含め検索していて、気になるもの (BD37201NUXを使ったモジュール) があったので使ってみました。
音の立ち上がりが良くなった感じです。粒が揃うというか。
SMPDのバックエンドにはFifoPiが載っていますので、そちらにも使ってみました。
やっとSMPDに匹敵する再生手段をArch & SB改で構築できたと思ったのに、またちょっとSMPDの方が強くなってしまった感があります。
WindowsでもAlbumPlayerからなら近しい音が聴けます。面白いことになってきました。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/31(Sun) 20:25 home No.7878
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
Hiruneさん

Windowsでの動作確認ありがとうございます。
サラウンドを指定すれば、X-Fi TitaniumでもWindowsで音は出るということですね。WASAPIはHDでも同じ結果(音は出ない)ですので、サンウンドブラスタのFPGAはそういう動きになるということなのでしょう。

> Windows環境でSoundBlaster改を鳴らすならAlbumPlayer (ASIO4ALL) がデフォとの認識でよさげです。

これはHDでは未確認ですが、多分同じ結果でしょう。サウンドブラスタのASIOドライバでも音は出ると思います。HDではこちらは素晴らしい音がします。linux asusに匹敵するレベル。
先の投稿とサイトの記事の方に書きましたが、結局、周波数変換がどう入るかで音の良さは決まるという感じですね。

user_com.png yo time.png 2021/02/01(Mon) 09:56 home No.7879
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
ASUS Xonar DGXのWindowsでの動作状況報告です。
Windows ASIOドライバ・・・オリジナルの整数倍の88KHz/96KHz
Windows DirectSoundドライバ・・・全て96KHzに変換再生
Windows WaveOutドライバ・・・全て96KHzに変換再生
ということななりましたが、 WaveOutドライバは設定ミスかな?という結果となってしまいました。
それから、intel 10t hgeneration motherでDGX認識されるものの音が出ず難航しております(OSはGentoo)

user_com.png knkn59 time.png 2021/02/01(Mon) 16:00 home No.7880
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
こんばんは

i2s-HDMI変換カードがフランスから到着しました。
https://www.audiophonics.fr/en/diy-interfaces/i2s-to-hdmi-i2s-module-board-p-10754.html" target="_blank">https://www.audiophonics.fr/en/diy-interfaces/i2s-to-hdmi-i2s-module-board-p-10754.html
10日ほどかかりました。送料その他含め2枚で5000円弱です。組み立て済みでこの値段ですからなかなかです。

早速組み込んで音を出してみました。2週間ぶりです。
こちらで音を出せない間、SMPDを使っていました。SMPDの進化ぶりは皆さんご存知だと思います。

とりあえず1台構成で音を出したのですが、別物です。
スケールの大きさがまるで違います。特別なことは全くしていないarch+mpdです。
カーネルはrtとrt-ltsの最新版をコンパイルしました。現時点では全く手を加えていません。前のバージョンでは私のカード(ASUS XONAR HDAV13/DELUXE/A)を認識しなかった最新版のrtカーネルでも音が出ています。
カーネルの需要があればここで公開します。

user_com.png moct time.png 2021/02/01(Mon) 19:56 home No.7881
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん

先日からTitanium HDが気になっていたので、手に入れました。
Titanium無印で散々格闘したおかげですんなりと配線は終えられました。
音出しも問題なく出来ています。こちらはPCM1794搭載で、I2Sの端子がそれぞれ1つずつなのが迷わなくていいですね。
音の印象としては、HDの方が無印に比べてしっとりしている感じですね。艶があるとでも言いましょうか。

user_com.png Hirune time.png 2021/02/01(Mon) 20:44 home No.7882
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
knkn59 さん

ご報告ありがとうございます。
同じサウンドチップを使っていると思いますが、DSXとは違う結果ちなるのですね。まあFPGAの内容で決まるわけだから、当然といえば当然ですが、興味深いです。
周波数変換されるところもDSXと異なります。DSXではオリジナルのままですから。DGXの変換はサウンドブラスタの X-Fi Titanium HD と大体いっしょですが、WaveOutドライバの結果が異なるのは、ご指摘のように不思議です。


moct さん

同じi2s-HDMI変換カードを僕も2枚持っています。c1と刻印があるやつがps-audio対応、c2がgustard対応ですね。逢瀬はps-audio配列ですから、問題はないですね。aliとかebayで買うと送料が安く(中華料金)すみますが、時間がかかりますので(一月以上)、フランスで正解でしょう。
カーネルは手をあげます。


Hirune さん

ヤッパリ、HDの方が作業は楽なようですね。
音もHDの方が良さそうだから、どちらにするかは落札価格次第ですかね。

user_com.png yo time.png 2021/02/02(Tue) 08:32 home No.7883
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
こんにちは

RTカーネルの最新版です。
https://drive.google.com/file/d/1_ahxq2AY6FVZGA5v8LYC2lffTLmb2EpR/view?usp=sharing" target="_blank">https://drive.google.com/file/d/1_ahxq2AY6FVZGA5v8LYC2lffTLmb2EpR/view?usp=sharing

かなり小さくしました。サウンドカードのドライバがどの程度入っているか確認していません。

https://drive.google.com/file/d/1_ahxq2AY6FVZGA5v8LYC2lffTLmb2EpR/view?usp=sharing" target="_blank">https://drive.google.com/file/d/1_ahxq2AY6FVZGA5v8LYC2lffTLmb2EpR/view?usp=sharing
こちらは、RT全部入りです。

RT-LTSは、別のPCでコンパイルしたので後ほどアップします。

user_com.png moct time.png 2021/02/02(Tue) 13:54 home No.7884
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん

Titanium HDで追試したら、しょぼかったTune Browser (ASIO4ALL) の音が向上しました。普通に聴けるレベルです。
foobar2000も上々です。Album Playerの優位性が薄れるほどに。

Windows PCからI2SをHDMI伝送した場合の個人的序列は、
Sound Blaster Titanium HD > Sound Blaster Titanium 無印 >> Pink Faun I2S Bridge
となりました。Archと順位は同じですが、Winの場合は点差が広いです。
Linuxの方がデバイスの能力を引き出すのが上手だということでしょうか。

Windows環境での利点はもう1つあって、TIDALアプリ上でストリーミングクオリティに「Master」を選べるんです。
LinuxではWebブラウザからの再生になって、HiFiまでなのです。

Pinkを買わずに直にTitanium HDに行ければだいぶ低コストだったのでしょうが、そこは勉強代とみなします。


user_com.png Hirune time.png 2021/02/02(Tue) 22:43 home No.7885
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
moct さん

rtカーネルのアップロードありがとうございます。apuへのヘッドレスシステムの導入に悪戦苦闘していますが、落ち着いたら、使うつもりです。


Hirune さん

asusはWindowsとの相性は悪いです(Linuxでは最高ですが)。Windowsで使うならサウンドブラスタのHD X-Fi Titaniumを使う一手ということですかね。

user_com.png yo time.png 2021/02/03(Wed) 08:32 home No.7886
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
> moctさん
RT-kernelアップありがとうございます。RTカーネル試してみました。
music fileはnfsでマウントしていたのですが、ethernetが認識できなくなり、nfsがマウントできなくなります。
ということでまだ音を聞けておりません。

user_com.png knkn59 time.png 2021/02/03(Wed) 12:18 home No.7887
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん
大変、ご無沙汰しております。

>apuへのヘッドレスシステムの導入に悪戦苦闘していますが…

当方もいろいろやってみてはいますが、上手くいきません。
ArchLinuxについては、ネット上の情報のとおり、archisoでカスタマイズしようとしましたが、再作成の際に肝心なビルドスクリプトが無く含まれていないという結末でどうしようもありませんでした。
現状、apu2でまともに動かせているのはTinyCoreくらいです。

user_com.png えふ time.png 2021/02/03(Wed) 16:53 home No.7888
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
えふ さん、お久しぶりです。

PC ENGINES社はサイトが存在し、個人向けの販売も継続しているようですが、どの位、個人を相手にしているのですかね。今や、個人が使うハードではなくなったようで、ご本家以外にはほとんど情報がありません。ご本家での情報はここ https://pcengines.ch/howto.htm#home" target="_blank">https://pcengines.ch/howto.htm#home にありますが、情報は古いので、使い物にならないのですよね。ご指摘のように使えるのはTinyCore位のように見えます。

arch linuxに関しては https://wiki.archlinux.jp/index.php/PC_Engines" target="_blank">https://wiki.archlinux.jp/index.php/PC_Engines というページがあるのですが、ブート時のシリアルコンソールの設定方法の説明だけで、肝心のArchLinuxのインストールに関しては何の記述もないのですよね。普通(?)のインテルハードならarchインストール用のブートイメージが使えるのですが、これがapuだと、頑強に抵抗して、起動してくれないです。

しかし、まあ、何とかPC ENGINES社上記のページから発見したapu2用debianサーバーのインストール用イメージ
https://github.com/ssinyagin/pcengines-apu-debian-cd/releases" target="_blank">https://github.com/ssinyagin/pcengines-apu-debian-cd/releases
が動いたので、debianサーバーシステムは構築できました。wheezyですから古いのですが。
これを橋頭堡にして、どう上陸作戦を進めるか思案中です。

apuにこだわっている理由は、miniPCIE接続が出来るので、ここに変換ケーブルをつなげば、怪造カードがつなげることが出来るはずです。これだと結構コンパクトにシステムをまとめることが出来て、電源対策もやりやすいだろうと考えています。

user_com.png yo time.png 2021/02/03(Wed) 21:14 No.7889
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
何か変... /dev/sda1 を2G FAT32にしたのが悪いのか?

http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/111.png" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/111.png

user_com.png koma time.png 2021/02/04(Thu) 03:17 home No.7890
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
すっかり錆びついて
出ているエラーの消し方が分かりませんが(笑)
何とかrt-kernel起動までたどり着きましたが問題山積みです。

1.メニューが二重??に表示される。
2.append_path って??

http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/1111.png" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/1111.png

user_com.png koma time.png 2021/02/04(Thu) 17:06 home No.7891
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん

このスレッドで続けていいかどうか分かりませんが…
apu2へArchLinuxのインストールが問題なく出来そうな気がします。

概略を書くと…
 ・rufusでArchLinuxのiso(archlinux-2020.12.01-x86_64.iso等)をUSBメモリに焼く
 ・USBメモリのsyslinuxフォルダ内の2個のcfgファイルを改変
 ・Tera Termとapu2をUSB-sirial変換ケーブルで接続、ボーレートは115200に設定。
 ・USBメモリをセットし、電源ON。表示されたメニューからインストールを選択。後はひたすらloginプロンプトが出るまで待つ。

ログイン後は、有難いことにネットワークも有効ですのでsshdを走らせてsshソフト(当方はRLogin)でインストール作業が出来そうです。
起動途中では表示がズレたり、一部文字化けしたりしますが最終的には以下のようになりました。

http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/apu2_arch64.png" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/apu2_arch64.png

apu2と一緒に購入していたSSDが残念ながら壊れていて、本日amazonへ注文したところですので、内蔵SSDへインストールしてうまく起動させることができるかは分かりませんが、私的にはかなり前進(それも一気に)したと思います。


user_com.png えふ time.png 2021/02/04(Thu) 18:09 home No.7892
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
えふ さん

一応、x86_64用のarchlinuxのインストールイメージを使い、apu2のssdに最新(202101版)のarchlinuxをインストールすることが出来ました。やり方は基本的にはえふさんが書かれている方法と同じです。
イメージはSDに書き込みました。SDとUSBではかなりブートディレクトリに違いがありますね。

書換ですが、イメージの/syslinux/archiso_sys-linux.cfgの
APPEND archisobasedir=arch archisolabel=ARCH_202101
という行を
APPEND archisobasedir=arch archisolabel=ARCH_202101 console=tty0 console=ttyS0,115200n8
という具合にシリアルの記述を追加しただけです。あとは、このページ
https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%" target="_blank">https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%
E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB
(改行を削除してアクセスして下さい)
を参考にして /etc/default/grub に以下を修正。
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="console=tty0 console=ttyS0,115200n8"
の変更と
## Serial console
GRUB_TERMINAL=serial
GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1"
の追加。
その後、
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
でokです。

問題は/syslinux/archiso_sys-linux.cfgのシリアル記述は正しい方法では無いようで盛大な文字化けが数分続きようやくシリアルに入ること。いろいろやってみましたが正解はまだ分かりません。
まあ、一度、インストールできればこっちのものなので、気にしないことにしています。
そちらのcfgの変更はどうやっていますか。

スレッド違いではありますが、関係ないわけじゃないので、気にしないことにしましょう。

user_com.png yo time.png 2021/02/04(Thu) 20:13 No.7893
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん

grubの情報ありがとうございました。おかげ様でSSDから起動することができました。(大ボケで壊れていると思っていましたが、実は正常でした。)
確かに、途中盛大に文字化けが入りますね。まあちゃんとloginにたどり着けるので構わないのですが。

インストール用のcfgファイルについては…
/syslinux/archiso_sys-linux.cfgの修正については同じです。
もう一つは、/syslinux/archiso_head.cfgの修正です。これは修正しなくてもよいかも知れませんが一応…
・SERIAL 0 38400をコメントアウト
・COLOR関連をバッサリ削除

#
# SPDX-License-Identifier: GPL-3.0-or-later

#SERIAL 0 38400
UI vesamenu.c32
MENU TITLE Arch Linux
MENU BACKGROUND splash.png

MENU WIDTH 78
MENU MARGIN 4
MENU ROWS 10
MENU VSHIFT 4
MENU TABMSGROW 18
MENU CMDLINEROW 16
MENU HELPMSGROW 16
MENU HELPMSGENDROW 29
menu tabmsg Press ENTER to boot or TAB to edit a menu entry

MENU CLEAR
MENU IMMEDIATE

以上のような感じです。インストール時は殆ど文字化けはしません。
これでArchLinuxが走るちゃんとしたパソコンとなりました。一時期は殆ど使っていなかったけど、捨てないで良かったと思います(^^;

当方が参考にしたサイト
・cfgの修正
http://multix.jp/headless-liveboot-ubuntu/" target="_blank">http://multix.jp/headless-liveboot-ubuntu/
・インストール作業
https://qiita.com/Hayao0819/items/1ab6f2984878978d0c3c" target="_blank">https://qiita.com/Hayao0819/items/1ab6f2984878978d0c3c
https://qiita.com/Aruneko/items/0541f343ec7a1989f236" target="_blank">https://qiita.com/Aruneko/items/0541f343ec7a1989f236
※下側はEFIの場合なので、ブートシステム部分は除く

user_com.png えふ time.png 2021/02/04(Thu) 21:36 home No.7894
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
えふ さん

結局シリアルの設定方法をクリアすればいいだけで、案外簡単に出来ましたね。これならapuはまだまだ十分に使えそうです。メデタイです。

archiso_head.cfgの修正は文字化けを回避するには必要なようです。archiso_sys-linux.cfgとarchiso_head.cfgの修正でシリアルでちゃんと起動出来るということでしょう。面白いのはSDカード、USBメモリでブートの設定を変わることです。syslinuxをefiブートさせる時の制約ですかね。謎です。

以前、この掲示板に書いたような気がするのですが、僕はapuは良い音での音楽再生に最も適したハードだと思っています。
①Linuxターゲット。②必要十分なCPUパワーとメモリサイズ。③eth端子が三つ(自在なネットワーク接続が可能)。④シリアル接続(ディプレイチップレス、シリアル端子)。⑤低電源容量(電源対策が容易)&適度なコンパクトサイズ。
音楽再生で良い音を出すための特徴ばかりです。
何で、皆、ラズパイばかり使うのか。コンパクトすぎて、ノイズだらけ。
何で、皆、インテルばかり使うのか。バカでかすぎて、使いづらい。
もっと、このハード(apu)がオーディオマニアに普及しないものかと思います。

以上独断と偏見の私見です。

user_com.png yo time.png 2021/02/05(Fri) 08:51 No.7895
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
やっとここまで来たんですが...
自動ログイン設定が上手く行かず
ここで止まります(起動は出来ているようです)
どうすれば良いか?解説をお願いしたいのですが...
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/AA.png" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/AA.png

user_com.png koma time.png 2021/02/06(Sat) 14:26 home No.7896
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
komaさん

僕もカーネルのビルドで悪戦苦闘しているところで、まだ、人のアドバイスを出来る状況ではないのですが、使っているハードは何かとか、どのようにシステムを作成したのかとか、まったく説明がないとアドパイス出来ません。
自動ログイン設定ってなんですか。

user_com.png yo time.png 2021/02/06(Sat) 17:40 No.7897
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
失礼しましたm(_ _)m
洋さんHPの記事を参考にしてapu2にarchlinuxをインストールしています。
TinyCore linux on apu1(4)という記事です。(たぶんArchlinuxはTinyCoreと共通だと思って)
そこの記述の中で
「オートログインの停止」しないと だんまり になるとなっていて
自分はその状態では?と思っています。
起動画面が途中で止まるがsshで確認すると
最後までいって起動は成功している様に見えます。
どうせならシリアルコンソールの表示も正常にしたいと思うので...

PS
Archlinuxのyayとかでrtカーネルをインストール後に
そのソース使って違うconfigでビルドするとエラーになるとか?
その状態から抜ける方法はmoctさんが発見したようです。
大ハズレならゴメンナサイ。

-----------------------------------------------------------------------
ブートの設定ファイルにシリアルを指定

これについては過去の記事で取り扱っていますので、ここではextlinuxの場合。

ブートパーティションをマウント(環境によっては不要、dfで確認)
sudo mount /dev/sdd1 /mnt/sdd1
extlinux.confを編集
最初に追加
SERIAL 0 115200
APPEND行に追加 console=ttyS0,115200n8
ついでに hpetも設定
clocksource=hpet

securettyの編集

ttyS0を有効にします。コメントインするだけです。

sudo nano /etc/securetty
# For people with serial port consoles
ttyS0

autologinの設定

38400 tty1 を 115200 ttyS0 に変更します。

sudo nano /sbin/autologin
exec /sbin/getty 115200 ttyS0
# exec /sbin/getty 38400 tty1

inittabの設定

inittabも 115200 ttyS0 に変更します。

sudo nano /etc/inittab
ttyS0::respawn:/sbin/getty -nl /sbin/autologin 115200 ttyS0
#tty1::respawn:/sbin/getty -nl /sbin/autologin 38400 tty1

オートログインの停止

これをやらないと、busyBox側gettyが走りシリアルコンソールがだんまりコン状態となる。
ssh接続で使えるので問題はないのですが、対応した方がよいでしょう。

nano /opt/bootsync.sh
echo "booting" > /etc/sysconfig/noautologin
-----------------------------------------------------------------------


user_com.png koma time.png 2021/02/06(Sat) 18:31 home No.7898
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
komaさん

僕も自分の書いた記事を読み直しながら、「こいつの書いていることはサッパリ分からん。変だやつだ。」とボヤキながらカーネルビルド中です。
ご指摘の記事は忘却の彼方ですね。「archとtinyが似たようなものだ」なんて僕が書いたんですかい。そいつはどうかしているんじゃなかなろうか。というわけで全ては忘却の彼方。思い出したら追記します。

一応、えふさんと僕が今回発見した最新の情報でシリアル起動はできますよ。まあ作者としては古い記事にこだわっていただいて感謝です。

user_com.png yo time.png 2021/02/06(Sat) 20:32 home No.7899
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
komaさん

自分の書いた記事を真面目(?)に読み直してようやく事態を認識しました(^^;;;。「archとtinyが似たようなものだ」とはkomaさんの意見で、この部分は「シリアルコンソールに関して」という修飾子付きで読まない(書かない)といけなかったという訳ですね。
「似たようなもの」ではあるのですが、この場合は違います。archのブートローダはgrub又はefiですがtinyはextlinuxです。従ってtinyで通った方法はarchでは効きません。
APPEND行に追加するのは、5~6個前の僕の書いた投稿にあるように
console=tty0 console=ttyS0,115200n8
でないとマズいです。
あと、その次のえふさんの記述も重要で、両方足して問題なく起動出来るようになります。後はお好きなように料理して下さいませ。

user_com.png yo time.png 2021/02/07(Sun) 08:11 No.7900
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
>archのブートローダはgrub又はefiですがtinyはextlinuxです。
なるほど...そう言う事なのですね。
m(__)m
何回も挑戦して失敗...
最初からインストールするにはもう精魂尽きたので(笑)
ブートローダーをextlinuxに切り替えて
console=tty0 console=ttyS0,115200n8 を追加!
二重になるメニューはAPU2のBIOS設定で解消し!
まともに起動出来る様になりました。
extlinuxの扱いはもう何年も前に洋さんから
voyager-Archlinuxのデュアルブート設定を教えていただいたので
それで何とかなりましたm(__)m

user_com.png koma time.png 2021/02/07(Sun) 12:38 home No.7901
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん。着々とAPUにのarchlinuxイントールすすんぇいるようでないよりです。私はUSBシリアル変換ケーブルをどこにしまったのかわからず停滞中ですが、一つ手抜きができたのでご報告します。GentooPlayer-BIOS-OpenRc-5.00.imgをmSTSに焼いてそのまで問題なく起動できました。何かお役に立てるかもしれませんので報告させていただきました。
user_com.png knkn59 time.png 2021/02/13(Sat) 14:35 home No.7904
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
knkn59 さん、情報ありがとうございます。

早速、試してみました。問題なく動きますね。音も良いし、素晴らしい。これっだったら、archは大変という方は有償であっても使う値打ちはありますね。

ちなみに、シリアル接続時だとシリアルコンソールに表示させることが出来ます。
最新の記事に書いたのと同じ形で/etc/default/grubを変更し
mount /dev/sda2 /boot
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
すればブート時のコンソールメッセージを見ることが出来ます。
ログインできないので意味はないのですが、カーネルを起動時のメニューで選べるようになります。

user_com.png yo time.png 2021/02/14(Sun) 09:06 home No.7905
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
えふ さん

イメージの公開ありがとうございました。試してみました。インストール用のシステムとして問題なく使えそうですね。archisoというのは初めて知りました。archlinuxのx86_64用起動ディスクもこれ(archiso)を使っているようですね。
このディスクを使って作業した結果(例えばインストールしたパッケージ、コマンドの履歴など)が残らないのはこのarchisoの仕様なのですかね。一応、ここ
https://wiki.archlinux.jp/index.php/Archiso" target="_blank">https://wiki.archlinux.jp/index.php/Archiso
を読んだのですが、分かりませんでした。残すモードがあっても良いのではないと思うのですが。

user_com.png yo time.png 2021/02/14(Sun) 22:41 home No.7907
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
>yoさん
このディスクを使って作業した結果(例えばインストールしたパッケージ、コマンドの履歴など)が残らない > 以下のページのようにscriptを使ってみてはいかがでしょうか

https://qiita.com/j8takagi/items/235e4ae484e8c587ca92" target="_blank">https://qiita.com/j8takagi/items/235e4ae484e8c587ca92

user_com.png knkn59 time.png 2021/02/15(Mon) 09:16 home No.7908
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
えふ さん

リンク先の紹介ありがとうございました。archlinuxの日本語のサイトはあまり無いと思っていましたが、このサイトの情報は素晴らしいですね。これが一番お勧めのようです。

user_com.png yo time.png 2021/02/15(Mon) 11:31 home No.7909
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
このスレッド、長くなったので新しいスレッドで継続しましょう。
新しいスレッドは『「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め(2)』と『何が何でもarchlinux(^^;;;』です。

user_com.png yo time.png 2021/02/15(Mon) 11:42 home No.7910
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
yoさん

>えふ さん
コメントしたのは、knkn59さんですよ(^^;

knkn59さん
フォローありがとうございました。このサイトは当方も過去に参照した記憶があるのですが、直ぐに出てきませんでした(^^;

このscriptコマンドを埋め込んだものでインストールテストしているところですが、果たしてうまくファイルに落とせるか…

user_com.png えふ time.png 2021/02/15(Mon) 11:44 home No.7912
Re: 「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め
すみません。うっかりミスです。
knkn59さん、申し訳ありませんでした。
えふさん、ご指摘ありがとうございました。

user_com.png yo time.png 2021/02/15(Mon) 11:48 home No.7914
謎のピンク i2s Bridge ボード(2)

こちらで続けます。「謎のピンク i2s Bridge ボード」No.7841へのコメントです。

Hiruneさん

amdについてはkomaさんとのやり取りのメールでも満足な回答はありませんでした。こちらから訊いたのは何故linuxで動くソフトと動かないソフトがあるのかということです。答えはわからないでした。
①intelハードで動かす場合はWindowsなら問題は発生していない。
②amdハードで一部のlinuxソフトは問題を発生させており、調査してみたが、原因は不明である。
③intelハードでも一部のlinuxソフトは問題を発生させているようであるが、詳細は掴んでいない。
というところでした。

amd環境でのWindowsについてはこちらにその環境が無かったので、質問はしていません。今回のHiruneさん質問が初めてだと思います。
不思議なのJordさんのamdへのこだわりです。はっきり言って、「amdはintelより音が悪い」という世評があるのに、あえてamdを選んでいるのは、それなりに理由があるのでしょう。何なのか知りたいところです。


> JRiver, Roon, Fidelizer, ASIO4ALLなどです。

「わかってないな。これは。」という感じですね。
怪造カードがお勧めかもしれません。こちらは送り側にi2s-hdmi変換が入る(別に電源をとることになる)ので、結果としてアイソレーションもとれることになります。

user.png yo time.png 2021/01/13(Wed) 11:07 home No.7843 [返信]
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
Hiruneさん

>もっと粗末な5Vアダプタが良いですか?

電源はどんなものでも良いと思います。この電源ならこの程度とイメージしやすい物が良いですね。
予想以上に変化が大きいか小さいかの方が判断がしやすいと思います。
逆に大きく変化したとしても、それが妥当な変化なのかがイメージ出来ないと判断を誤るかもです。

yoさん

>「わかってないな。これは。」という感じですね。

同感です。あまり褒められた提案ではないですね。


>結果としてアイソレーションもとれることになります。

怪造カードというのは、その後にアイソレータ基板とHDMI送信基板を繋ぐのでしょうか?
その場合の電源はトランスから分離した2系統が必要なので相当な規模になりそうですね。

やなさんのHDMI基板のみでしたらアイソレータICは受信側にしかないので送り側のみの
場合はアイソレーションは出来てないですね。


user_com.png Pass time.png 2021/01/13(Wed) 20:54 home No.7846
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
yoさん

再度Jord氏にAMD構成はいかがか、と訊いたところ「AMDマシンは素晴らしいよ」と返されました。根拠は書かれていません。

腑に落ちないまま試しにRoonとFidelizerを入れてみましたところ、以下の感想を持ちました。
1. ASIO4ALLはAlbum Playerより若干よい
2. WASAPIだとDaphile USBにだいぶ近いけれども、設定した最大サンプリング周波数に固定される
3. Roonが使いたいわけではなく、これに金を払い続けるのはちょっと
4. 総合的にSMPD AoEには及ばない

こいつはIntel機に載せてみましょう。それでも同じならLinuxでしか活かせないという結論に。



Passさん

可変式直流電源で試したところ、やはりモヤッとしました。
DC Yallowの方が力感が勝ります。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/13(Wed) 22:50 home No.7847
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
user_com.png Pass time.png 2021/01/13(Wed) 23:48 home No.7848
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
Hiruneさん

> こいつはIntel機に載せてみましょう。それでも同じならLinuxでしか活かせないという結論に。

ということかも知れませんね。
ソフトの評価は興味深く拝見しました。評判の悪いwasapiでいけるというのは意外でした。周波数固定は怪造ボードでも発生しています(88/96KHz)。また、Linuxでも起きるようなので、何かハード的な理由があるのですかね。


Pass さん

> 怪造カードというのは、その後にアイソレータ基板とHDMI送信基板を繋ぐのでしょうか?

繋ぎかたはサイトの最新の記事にある通りです。アイソレータ基板は使っていません。HDMI送信基板の電源はDC-ARROWを使っていますので、それなりの対策になっていると思います。

実は、このCombo384互換の変換基板をspdif変換機能などのないシンプルな変換基板に取り替えてみました(http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles027.html#007" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles027.html#007に写真があるもの)。微差ですが、今回の変換基板の方がよいかなと思いました。
電源もいろいろ取り替えてみて、DC-ARROWが一番良かったです。基板の違いより、電源の違いの影響の方が大きいですね。

このインテルアーキのPCからi2s信号を直接取り出す実験はmoctさんとkomaさんでやっているのですが、分かったことは
①使うサウンドカードで音は変わる
②HDMI変換基板の電源の質は非常に重要
③チューニングしていないArch-linux RTカーネルがベスト(素晴らしい音がする)
というところです。
ピンクのカードについていうと、ノイズの塊のパソコンの中に設置するというのと、HDMI変換チップが同じボードに載っているというのが、弱みではないかという議論になっています。

WindowsとLinuxの比較については僕のところで出来るので、やってみるかなと思っています。

user_com.png yo time.png 2021/01/14(Thu) 16:59 home No.7850
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
yoさん

intel CPU (Core i7 6700T)機に載せ替えました。
Windows10 64bit, Pink Faun I2S bridge (電源DC Yallow) - 逢瀬AK4499
再生アプリケーション:WMP, TuneBrowser. Album Player, Roon

変わりました。断然こちらの方が良いです。
それぞれのアプリで向上が見られました。
序列は上記の通りですが、TuneBrowserの時点でほぼ合格に近い音です。少しだけ描写が甘い気がしますが。
Roonに至ってはSMPD AoEといい勝負かもしれません。


あまりに違ってちょっと困りました。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/14(Thu) 21:05 home No.7851
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
yoさん

詳細情報ありがとうございます。

>繋ぎかたはサイトの最新の記事にある通りです。アイソレータ基板は使っていません。

アイソレーションはされていないという事ですね。

①については音は変わると思います。チップはPCIeから電顕を取っていますしオシレータも積んでますので、その辺りの設計次第で音は変わると思います。
②についてはその通りですね。送り出しの電源は重要だと思います。
③についてはArchLInuxはやはりオーディオ再生に有利なのでしょうか?拙宅ではRuneAudioの後継のrAudioという物を使って、USBのバスパワーでDDCを動かしてもそれほど劣化を感じません。

>ピンクのカードについていうと、ノイズの塊のパソコンの中に設置するというのと、HDMI変換チップが同じボードに載っているというのが、弱みではないかという議論になっています。

さて、ココが今一番も問題点なのですが、正直申し上げて分かりかねます。USBケーブル経由の方がマザーボードからの距離が遠くなるので、PCからのノイズの影響は受けにくくなるという事は言えると思いますが、それであればPINKのボードも怪造カード同様にUSBケーブルで外出しすれば良くなるのかもしれません。ただ、いずれにしてもPCとGNDを共有していてチップはPCからの影響を受けていて、この辺りはボードの設計次第になると思いますので、一概に怪造カードの方が有利とも断言できません。なので、実際のところは同じ条件で比較してみないと分からないですね。

user_com.png Pass time.png 2021/01/14(Thu) 21:26 home No.7852
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
Hiruneさん

改善したようでなによりです。ノーマルのDC-Allowの方が良いという意見もあるようですので、後は電源をいろいろと試してみると良いかもしれませんね。

user_com.png Pass time.png 2021/01/14(Thu) 21:36 home No.7853
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
>繋ぎかたはサイトの最新の記事にある通りです。アイソレータ基板は使っていません

やなさん絶縁IC搭載で組み立てたHDMI-i2s受信基板を使えばスマートに
絶縁出来るのでおすすめです。この受信基板は中々良いと思います。

それとmoct氏のところでは確か改造サウンドカードに
ペリフェラル電源コネクターが付いているのを利用して
そのコネクターをPCのATX電源には接続せず
外部の電源基板から供給していた様に思います。
(自分のPinkFaun旧版はそうしています。)
これも音質にかなり効きます。

番外:

PinkFaunカードと使用OS、CPUの関係性が
混乱している様なので自分で確認した範囲で書きます。

intel i3-i5     HDにインストールしたlinuxで使用可(UbuntuSTUDIO Archlinux等)
          APU + Intel-PC lightmpdの二台構成では使用不可

intel Core2、Quad  HDにインストールしたlinuxで使用可(UbuntuSTUDIO Archlinux等)
APU + Intel-PC lightmpdの二台構成で使用可能

AMD Ryzen      HDにインストールしたlinuxで使用可(UbuntuSTUDIO Archlinux等)
APU + Intel-PC lightmpdの二台構成で使用可能


user_com.png koma time.png 2021/01/15(Fri) 08:40 home No.7855
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
こんにちは

HDMIでの送受信でアイソレートが必要かどうかを考えています。
HDMIではLVDSで信号が取り扱われますが、LVDSに変換された時点でアースラインから切り離されます。言い方を変えると、アースラインを接続しなくても信号は伝達できます。

RASーPIでI2Sの送り出しに。LinuxcomさんのI2S to LVDS ドライバー基板を使っています。これはLanケーブルを使いますので信号線は8本だけです。
片方のLanコネクタを切断しHDMIコネクタに付け替えると。HDMI入力端子のあるDACに接続できますが、これがなかなか良いのです。
Lanケーブルはカテゴリー7以上のシールドされているものが必要です。そしてこのシールド線をHDMIコネクタのどこにどの様につないだら良いのか試行錯誤中です。

要は、LVDSで伝送するなら、アースラインは接続する必要がない、だからアイソレートも必要ないんじゃないか、ということです。

例えば信号には2芯シールドを使い送り出し側のアースでシールド、受け側のアースは全体のシールド、こんなHDMIケーブルが理想じゃないかなとか妄想しています。もちろんケーブルの方向は逆にもできるわけでその方が良いかもしれません。

user_com.png moct time.png 2021/01/15(Fri) 14:55 home No.7856
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
Hirune さん

> 変わりました。断然こちらの方が良いです。

ということはWindowsの問題というよりは、amdとintelハードの差ということになりますね。
その差がWindowsとの組み合わせで発生するものなのか、ハード固有のものなのかは、linuxで動かしてみれば、切り分けられるでしょう。
まあ、ハード要因という可能性が高そうなので、その必要はなさそうですが。


Pass さん

> ③についてはArchLInuxはやはりオーディオ再生に有利なのでしょうか?拙宅ではRuneAudioの後継のrAudioという物を使って、USBのバスパワーでDDCを動かしてもそれほど劣化を感じません。

ArchLInuxだからオーディオ再生に有利ということはないと思います。要するにコンパクトに構成されていて、オーディオ再生に特化した動作が保証され、無駄な動きをしないディストリビューションなら何でも良いはずです。ArchLInuxはそのような環境が提供しやすいということはあるかもしれません。
Windowsは操作性を良くするためのGUIが前提のOSですから、どうやっても音はよくなるはずが無いと僕は考えています。


komaさん

SB i2s出力怪造カードの場合ですが、i7-9900tでもlightMPDはNGです。それ以外のLinux(APTiny、APYocto、GentooPlayer、Daphire)は全てOKでした。
ArchLinuxはようやくインストール完了。SSHで入れるところまで、辿り着きました。ハードは認識しています。
やっぱりWindowsのASIOドライバの音が圧倒的に良いです。整数倍に変換しているのが理由かなと思っています。

user_com.png yo time.png 2021/01/15(Fri) 17:15 home No.7857
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード(2)
yoさん

>ArchLinuxはようやくインストール完了。SSHで入れるところまで、
辿り着きました。ハードは認識しています。

今日は一日改造カードのハード、ソフト設定を弄っていました。
soxr を試していない事を思いm出して
libsoxr をインストール mpd.confで

resampler {
plugin "soxr"
quality "very high"
# threads "0"
}

中々イケると思います。もちろん rt-kernelで!

user_com.png koma time.png 2021/01/16(Sat) 17:14 home No.7859
Bug headのMinorityClean(2)

現在のところ、Bug headのMinorityClean x64に関する最新の情報は、以下から取得することができます。

・MinorityClean x64公式ウェッブページ
http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/

・開発者ご本人のブログ
https://cdorya.hatenablog.jp/" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/

・開発者ご本人の日記
「おりゃさんのオーディオ劣化道」(ファイル・ウェッブ・コミュニティ)

・JPLAY公式ウェッブページのフォーラムにおける、Pink HQ + Minoritycleanのスレッド
http://jplay.eu/forum/index.php?/topic/3063-pink-hq-minorityclean/" target="_blank">http://jplay.eu/forum/index.php?/topic/3063-pink-hq-minorityclean/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bug headの開発者が、MinorityClean 50 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「キャッシュ回避してメモリへ書き込むと低ジッターになる。

キャッシュして読み出すと低ジッターになる。(PureBasic)
ここから、考える。

XOR R8, R8
MOVNTI [v_FLASG], R8
INC R8
MOVNTI [v_FLAGS], R8
NOP [Rip]
NOP [v_FLAGS]

このように書くだけで、超低ジッターになる。[Rip]は次のNOP [v_FLAGS]の命令アドレスを示す。Procedure関数の中で使用する変数は書き込んだ後に NOP でキャッシュさせておく。この方法は MC48 MC49 で試している方法で、電子ビット基準をキャッシュさせておくという方法を用いた。これを内部変数でも適用した。」

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200926/66087/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200926/66087/

user.png tairyu time.png 2020/09/27(Sun) 08:57 home No.7615 [返信]
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 51 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「あとちょっと品質を上げてみました。

リファレンス環境を HD 800 S へ変更しました。
アンプは Singxer SDA-2C です。XLR接続。
この段階になるとスピーカーでは分からない。
本当に寄付のおかげで判断できました。」

EXEの種類
(2020/09/27 Release), MinorityClean 51 x64(完全ループ仕様)(EXE 9.57MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.78 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev51_x64.zip"
Size 312,688 bytes ( 305 KB )
MD5 82E5EC8E3BDE00B0647DC90A3156A787
SHA2-256 F2FF34F3B546219E1BF709B4FD1
0F88F5B61DCFDF6E8FF9D277D0EEC11A0764B

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200926/66087/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200926/66087/

https://coolverse.hatenadiary.org/" target="_blank">https://coolverse.hatenadiary.org/

user_com.png tairyu time.png 2020/09/27(Sun) 09:09 home No.7616
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 51 x64ですが、より鮮明感・透明感・立体感があり、かつ滑らかさも顕著な音質だとおもいます。
user_com.png tairyu time.png 2020/09/28(Mon) 06:32 home No.7618
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 52 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「CPUキャッシュ化をさらに推進しました。CPUキャッシュの少ないCPUでは期待した通りの品質を得られないかもしれません。作者環境の Intel Core i3-10300 8MB 以上あれば、たぶん問題は起きないと思います。問題のある環境は出てくると予想しており、USB-DACのメーカー想定限界を超えてしまう可能性は濃厚です。おかしいなーと思いましたら、中華の GUSTARD DAC-A18 などをご検討下さい。オーディオショップで確認されていて推奨と言える品質でしたら、お店のおすすめで良いと思います。

CPUキャッシュの対象
スタビライザー後の変数、CALL先とRET先のアドレス、電子ビット基準値」

EXEの種類
(2020/09/29 Release), MinorityClean 52 x64(完全ループ仕様)(EXE 9.61MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.78 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev52_x64.zip"
Size 317,330 bytes ( 309 KB )
MD5 EF6517038E4DCACBDACB831693623B3B
SHA2-256 DE8D01FCC5C9209916131BD6267
0A9F5A1DCA3C4E1A87018A56092E0C69C11C3

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200929/66105/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200929/66105/

https://coolverse.hatenadiary.org/" target="_blank">https://coolverse.hatenadiary.org/

user_com.png tairyu time.png 2020/09/29(Tue) 14:19 home No.7620
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 52 x64ですが、当方の環境(intel core i7 8565U、16GB、Singxer DDC SU-2+同 DAC SDA-1(HDMI LVDS I2S/DSD接続))では、問題無く再生できています。

非常に解像度の高い、切れ味の良い音質です。

ただ、当方の環境・好みでは、MinorityClean 51 x64の方が、トータル・バランスが良いようにおもわれますので、現在はそちらにもどしています。

user_com.png tairyu time.png 2020/09/29(Tue) 14:49 home No.7621
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 53 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「MinorityClean 53 へアップデートしました。
もう少し改善できるんじゃないのー?って裏からお問い合わせ。
使用する命令をもっと減らして、さらにキャッシュ対象を増やした。
さらに良くなっています。」

EXEの種類
(2020/09/29 Release), MinorityClean 53 x64(完全ループ仕様)(EXE 9.59MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.78 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev53_x64.zip"
Size 306,745 bytes ( 299 KB )
MD5 953055EC49838307370388DE9AEBC571
SHA2-256 4922EB46276342E90907917C9AC
388050B14D59DF38103E9284933E51AF95BFC

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200929/66105/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200929/66105/

https://coolverse.hatenadiary.org/" target="_blank">https://coolverse.hatenadiary.org/

user_com.png tairyu time.png 2020/09/29(Tue) 16:58 home No.7622
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 53 x64ですが、MinorityClean 52 x64とくらべると、解像度の高さに、音の深み・厚みがくわわっているようにおもいます。

ただ、それでも、当方は現在も、より音に深み・厚みがあるとおもわれる、MinorityClean 51 x64を使用しています。

user_com.png tairyu time.png 2020/09/29(Tue) 20:07 home No.7623
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 54 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「テスト版です。CPUを通常より低ジッター状態にした都合で、CPUエージングを必要とするバージョンになっています。色合いや音質が安定するまで、しばらく待ってみた方がいいと思います。

やったこととして、MC 51 のチューニングを深く掛けるように変更しました。安定するまで時間を必要としますので、明日になったら判定出来ると思います。また、ループ処理系のジッター抑制をさらに強く掛けています。変数初期化処理も強めに処理しました。

MC 51 は作者環境ですと若干、低域の膨らみを感じており、ジッターが起きやすいのかな?と思っています。この傾向を抑制したとき得られるサウンドバランスをさらに追求したら MC 54 になるだろうと思っており、エージング状況で良くなるかどうか、現時点では判断できない。 MC 51 の感覚を高い次元に飛躍させることができれば、寝る前にやっておいて良かった。」

EXEの種類
(2020/09/29 Release), MinorityClean 54 x64(完全ループ仕様)(EXE 9.63MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.78 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev54_x64.zip"
Size 308,299 bytes ( 301 KB )
MD5 B6F9D5AC3FD771737B517A137A57AD3E
SHA2-256 9F0DEFE4D63ADA0297D36B06E1A
1743F647C3BB58052F4EDEE624B00297ABA72

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200929/66105/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200929/66105/

user_com.png tairyu time.png 2020/09/30(Wed) 06:45 home No.7624
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 55 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「沼から出ました。\(^O^)/

やり方は簡単です。

Label_Function:
NOP [Rip]
NOP [Rsp]
SUB rsp, 40
....
Add Rsp, 40
RET

CALL Label_Function

となるように、CALLした先で NOP [Rsp] を置くだけ。マルチスレッド処理でも、実際はカーネルからCALLされているので、NOP [Rsp] としておくと、カーネルに処理が戻るときのRET先をキャッシュしておける。RETする先のアドレスをキャッシュすることで低ジッタープログラミングとなる。」

EXEの種類
(2020/09/30 Release), MinorityClean 55 x64(完全ループ仕様)(EXE 9.63MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.78 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev55_x64.zip"
Size 308,314 bytes ( 301 KB )
MD5 DCCECF3B324BBC285CADA17EE5F0C947
SHA2-256 4209751843078708626FC4E8C46
94CBBB2C461B01D21F164196069F92DC62D96

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200929/66105/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20200929/66105/

user_com.png tairyu time.png 2020/09/30(Wed) 08:50 home No.7626
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 56 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「最近に取り組んでいるCPUキャッシュの使用率をアップさせるチューニングを用いて、超低ジッタープログラミングをさらに高度に反映させました。MinorityClean 56 だけでも、ジッターをまったく感じさせない優良の音です。」

EXEの種類
(2020/09/30 Release), MinorityClean 56 x64(完全ループ仕様)(EXE 9.63MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.78 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev56_x64.zip"
Size 308,421 bytes ( 301 KB )
MD5 A478EF369AE8DBCA8A9AA39EA9C19CC2
SHA2-256 8AA6FF34DDCFA7B870EBA1F7745
E6DDA72FFB6FE68B5247C71996B1E2575D5D5

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

https://coolverse.hatenadiary.org/" target="_blank">https://coolverse.hatenadiary.org/

user_com.png tairyu time.png 2020/09/30(Wed) 17:29 home No.7627
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 56 x64ですが、音の鮮明感と深み・厚みとのバランスが見事にとれていて、新たな次元にはいった音質のようにおもわれます。
user_com.png tairyu time.png 2020/09/30(Wed) 18:10 home No.7628
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 57 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「CPUキャッシュを使いすぎるぐらい徹底的にキャッシュ化して動作します。その結果、動作が速くなったような感覚に陥っています。High-End 2021 向けに品質改善しています。恐れず、役立つように無償で提供しています。

この対価はどこからともなく返って来るだろうと信じてます!

キャッシュ化したところ

Function ABC(flags)
NOP [Rsp] ← ここ
MOV [Rsp+8], rcx
NOP [Rsp+8] ← ここ
Sub Rsp, 40
NOP [Rsp] ← ここ
....
Add Rsp, 40
NOP [Rsp] ← ここ

NOP [Rsp] ← ここ
RET
EndFunction

MOVNTI [Flags], 4
NOP [Flags] ← ここ

NOP [ABC] ← ここ
NOP [Rsp] ← ここ
CALL ABC
NOP [Rsp] ← ここ

こうしたコードを挿入すると、CPUキャッシュで動作する。それで低ジッタープログラミングにできます。」

「MinorityClean 56 は、3年前ならハイエンドで使えた。今はダメ。もう少し品質を上げたら、使えるかもしれない。

もう少しがどれぐらいか、分からないので、慎重に根拠を分析して、上記のように徹底してスタックポインタ系のキャッシュ化を実施。品質は、少し上がりました。」

EXEの種類
(2020/10/01 Release), MinorityClean 57 x64(完全ループ仕様)(EXE 9.63MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.78 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev57_x64.zip"
Size 308,561 bytes ( 301 KB )
MD5 AC0E6AB61DF3B1B9939FD62069450E75
SHA2-256 6F135E6B7B8823BF9B4D3AB942A
269A2DD419251B47B9418A731BE2152C15BD0

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201001/66121/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201001/66121/

user_com.png tairyu time.png 2020/10/01(Thu) 12:52 home No.7629
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 58 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「MinorityClean 58 は Rewrite data 3.79 の結果から、
特定のコードを取り除きました。さらに品質を上げました。」

EXEの種類
(2020/10/01 Release), MinorityClean 58 x64(完全ループ仕様)(EXE 9.63 MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.78 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev58_x64.zip"
Size 308,639 bytes ( 301 KB )
MD5 4C5896B2939B70D3EAE1180E347133D4
SHA2-256 FA8AC388A6D2D114A4D9EEFE85B
CC63803AE838BE76C18AAAC610717B3BAC1E0

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201001/66121/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201001/66121/

user_com.png tairyu time.png 2020/10/01(Thu) 16:35 home No.7630
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 58 x64ですが、解像度がより高い音になっています。ただ、クラシックのヒストリカル音源を多くきく当方にとっては、ややソリッドな音にきこえます。

現在のところ、当方にとってのベストチョイスはやはり、音の鮮明感と深み・厚みとのバランスが見事にとれている、MinorityClean 56 x64もしくはMinorityClean 57 x64です。

もっとも、モニター画面は、より鮮やかで、くっきりとしたものになっており、MinorityClean 58 x64が、高い性能をもっていることは確かなことだとおもいます。ですので、作業用パソコンでは、こちらを使用しています。

user_com.png tairyu time.png 2020/10/01(Thu) 20:37 home No.7631
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 59 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「MC 59 はチューニングの内容を大幅に最適化しています。変数の初期化は電子ビットスタビライザーを4回使用して、基準は4千回、という内容でした。これを改め、すべて1万6千回の電子ビットスタビライザー処理として、さらなる安定化を図りました。」

「改善点
HyperTuneと命名してる根拠不明なチューニングコードを中止、シンプルに電子ビットスタビライザーの処理を8倍増加させています。すべての変数を十分にスタビライザー処理するため、品質はより安定するようになりました。」

EXEの種類
(2020/10/02 Release), MinorityClean 59 x64(完全ループ仕様)(EXE 8.43 MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.80 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev59_x64.zip"
Size 218,513 bytes ( 213 KB )
MD5 1774C945628EF539212B2B910C2426D3
SHA2-256 A397D3E4F3B53912A58F30B31C2
57622359A0CEEEAA97047BFD05C3E333E10C0

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

https://coolverse.hatenadiary.org/" target="_blank">https://coolverse.hatenadiary.org/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201001/66121/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201001/66121/

user_com.png tairyu time.png 2020/10/02(Fri) 11:30 home No.7632
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 59 x64ですが、私見では、MinorityClean 56 x64もしくはMinorityClean 57 x64をアップグレードしたような音質であり、とても良好だとおもいます。
user_com.png tairyu time.png 2020/10/02(Fri) 12:02 home No.7633
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 60 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「音の傾向をナチュラルで自然な感じにしました。1年ぐらい使用していた根拠不明なチューニングコードを中止しています。その代わりに電子ビットスタビライザー強化して音質を高品質に鳴らすように調整しました。よろしくお願いします。」

「変更した部位

MinorityClean の古いチューニング方法を中止、Bug head で使用してるチューニングへ変更しました。これで 2048 回の電子ビットスタビライザー処理から、1万6千回の電子ビットスタビライザー処理へ強化され、8倍の繰り返しにより安定します。傾向は大きく変化して、さらなる低ジッター処理を実現します。

音の傾向は大きく変わっています。調整できない構造になっており、さじ加減はできません。変更したいなら、メモリモジュールやマザーボードを変更して下さい。 作者環境ではナチュラルな傾向が強くなっています。

DAコンバーターは AK4497 ディスクリート仕様を推奨です。Singxer SDA-2C のほうが、GUSTARD DAC-A18 より音質は良いです。Singxer SDA-6 Advanced に挑戦されるといいでしょう。バーンイン時間は半年間必要と思われますので、実際に使える音になるのは来年の4月頃と思います。どちらも中華ハイエンドの仕様です。中華ハイエンドの仕様で作者環境は音確認していますので、安いDAC仕様での問題は把握していません。

今回のバージョンからCPUキャッシュのサイズが重要になります。CPUキャッシュが大きいほど、音質は良くなる傾向になると思います。逆に小さいCeleronなどで鳴らそうとするとキャッシュ系のジッターが起きてしまい、超低ジッターの鳴り方にならないと思います。最低キャッシュサイズは8MB以上のCPUを目安にして下さい。」

EXEの種類
(2020/10/02 Release), MinorityClean 60 x64(完全ループ仕様)(EXE 8.43 MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.81 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev60_x64.zip"
Size 218,365 bytes ( 213 KB )
MD5 DA895AD25A56C6EB07F81EB000AD7B91
SHA2-256 0CE240ACD75D637B104C6C714C7
9E0C69A58620DE70A6A92008052CB7A0CFE4E

http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~coolverse/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201001/66121/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201001/66121/

https://coolverse.hatenadiary.org/" target="_blank">https://coolverse.hatenadiary.org/

user_com.png tairyu time.png 2020/10/02(Fri) 21:59 home No.7634
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 60 x64ですが、より素直で、透明感があって、立体的であり、今までとは次元の違う音質になっていると感じられます。

また、モニター画面の解像度・くっきり感・発色の良さには、思わず息をのみます。

user_com.png tairyu time.png 2020/10/02(Fri) 22:11 home No.7635
Re: Bug headのMinorityClean(2)
現在のところ、MinorityCleanのサイトは、閉鎖中です。

MinorityCleanの以前のヴァージョンをご希望の方は、以下のJPLAYのフォーラムに記載されたサイトから入手することができます。

https://gofile.io/d/5CClAi" target="_blank">https://gofile.io/d/5CClAi

http://jplay.eu/forum/index.php?/topic/3063-pink-hq-minorityclean/page-32" target="_blank">http://jplay.eu/forum/index.php?/topic/3063-pink-hq-minorityclean/page-32

user_com.png tairyu time.png 2020/10/07(Wed) 07:45 home No.7657
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 61 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「ナチュラル傾向を追求した結果、とても繊細なサウンドを実現しました。」

「改善内容
電子ビットスタビライザー処理の前に、メモリの内部回路を安定化する処理 MOVQ mm0, [R8] を最初に追加しました。これでさらに低ジッタープログラミングとなり、品質の改善になっています。」

http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/

user_com.png tairyu time.png 2020/10/08(Thu) 13:58 home No.7662
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 61 x64ですが、目のさめるような鮮明感があり、かつピュアーで静寂感のある音質で、今までのヴァージョンとは隔絶した音がします。

ただ、従来の設定通りでは、音量が多少あがる場合もありますので、音量過多にならないよう、注意が必要です。

また、モニター画面も、鮮やかさとくっきり感が顕著です。

user_com.png tairyu time.png 2020/10/08(Thu) 16:15 home No.7664
Re: Bug headのMinorityClean(2)
oryaaaaa様

ご案内いただき、どうもありがとうございました。

皆様がまた利用できるようになり、大変良かったとおもいます。

これからも、大いに楽しみにしております。

https://cdorya.hatenablog.jp/entry/2020/10/11/130113" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/entry/2020/10/11/130113

user_com.png tairyu time.png 2020/10/11(Sun) 13:53 home No.7682
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 62 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「電子ビット基準の微調整を行い、モニターの白色点がさらに白くなるように調整しました。画面の結果を優先したので、音の傾向はどうか、判断に苦しみます。

オーディオよりも、MCは色管理の部分で使われている感じがありますので、できるだけで白色点が白くなるように調整する方が優先となります。」

「MC 62 のチューニングでは、途中で電子ビット基準のスタビライザー強化として、MOVQ mm5, [R8] という命令を入れた後、 MOVQ mm4, mm5 MOVQ mm1, mm2 という基準のコピー処理をしていました。この前に MOVQ mm4, [R8] MOVQ mm2, [R8] MOVQ mm1, [R8] という命令を入れて、さらに電子ビット基準をコピー前に転写させておくという方法で良くしています。」

EXEの種類
(2020/10/13 Release), MinorityClean 62 x64(完全ループ仕様)(EXE 8.43 MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.81 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev62_x64.zip"
Size 557,269 bytes ( 544 KB )
MD5 FDA70854AA5D2F53F5E40E264CDA19FE
SHA2-256 20BEE744C528E3105F9AE3B5478
7661BE93F038F449F28B85B5FBCD3059ACB04

http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201013/66206/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201013/66206/

https://cdorya.hatenablog.jp/entry/2020/10/13/112242" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/entry/2020/10/13/112242

user_com.png tairyu time.png 2020/10/13(Tue) 13:56 home No.7684
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 62 x64ですが、落ち着きのある音質になっています。私見では、MinorityClean 61 x64の方が、音がより鮮明で、透明感があるようにおもいます。

一方、MinorityClean 62 x64を使用した際の、モニター画面における白の発色は、実に見事です。

そこで、当方では、オーディオ専用PCにはMinorityClean 61 x64を、作業用PCにはMinorityClean 62 x64を使用することにしたいとおもいます。

user_com.png tairyu time.png 2020/10/13(Tue) 14:10 home No.7685
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 63 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「品質はさらに上がっています。

細かいチューニング内容はソースコードの複雑な話になりますので、結果を言いますと、Bug head 12.28 の傾向を信じて、foobar2000 + MC 63 で同じ傾向になるように、チューニングを調整しました。」

「色については MinorityClean 62 のほうがいいと思います。」

EXEの種類
(2020/10/17 Release), MinorityClean 63 x64(完全ループ仕様)(EXE 8.44 MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.82 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev63_x64.zip"
Size 557,436 bytes ( 544 KB )
MD5 1EF79A9454084A87F4F2D40D530C3C0A
SHA2-256 B076D5CE755292CDA953800E6A6
7719C4578B4C3F3E86FC85B95BDA4ED75509F

http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201017/66229/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201017/66229/

https://cdorya.hatenablog.jp/" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/

user_com.png tairyu time.png 2020/10/17(Sat) 07:56 home No.7687
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 63 x64ですが、鮮明感や透明感と共に、音の躍動感や生々しさにも富んでいます。さらに、残響の美しさにも、特筆すべきものがあります。また新たな次元にはいったおもいます。
user_com.png tairyu time.png 2020/10/17(Sat) 17:17 home No.7688
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 64 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「さらに低ジッターとなり、音波のキレが鋭くなっている。」

EXEの種類
(2020/10/19 Release), MinorityClean 64 x64(完全ループ仕様)(EXE 8.44 MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.83 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev64_x64.zip"
Size 557,279 bytes ( 544 KB )
MD5 F1DF2C8DF3EC845118670F4C31D6CF78
SHA2-256 AE88338AD84E78B67D6C37D0310
345BFA76C5280BD54A9638DDB63054664902E

http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/

https://cdorya.hatenablog.jp/" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/

user_com.png tairyu time.png 2020/10/19(Mon) 20:33 home No.7690
Re: Bug headのMinorityClean(2)
Bug headの開発者が、MinorityClean 65 x64を公開しました。

開発者は、次のようにのべています。

「改善点は
MOVQ mm5, [R8]
MOVQ mm7, mm5
MOVQ mm1, mm7
MOVNTQ [R8], mm1 ;[MC65] nine
MOVQ mm5, [R8];[MC64] Class 8 with God
という微調整です。」

「高い次元のクリア感を達成」

EXEの種類
(2020/10/29 Release), MinorityClean 65 x64(完全ループ仕様)(EXE 8.44 MB)

説明文は Native Japanese Text Unicode UTF-8 で記述しています。
Android上で動作するWindowsエミュレーターでは効果や機能性はありません。
半導体の物理現象を根拠に動作します。CPUをNativeに使用した条件で効果あります。

60秒後からXMMレジスタの浮動小数点レジスタと整数レジスタの両方を処理。
Rewrite data 3.83 で MinorityClean.exe sexe64.exe を処理して使用下さい。
SSE4.1命令を使用中止、でも品質は改善してます。ほとんどのCPUで動作します。

メールにて受付、諸事情でBANされて動かない場合はリビルドを行います。
リビルド料金を請求することがあります。当HPの作業フォルダにてお渡し。

"MinorityClean_2020_Rev65_x64.zip"
Size 557,513 bytes ( 544 KB )
MD5 B01E6BE4446C2344BB6EDC88DE65FF0B
SHA2-256 85393C87D7FE26DB70F63D4146B
670BE0C41BD25A2E8E49A739C8052D210CE9A

http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/

http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201029/66316/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/229/20201029/66316/

https://cdorya.hatenablog.jp/" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/

user_com.png tairyu time.png 2020/10/29(Thu) 22:10 home No.7707
Re: Bug headのMinorityClean(2)
現在のところ、Bug headのMinorityClean x64に関する最新の情報は、以下から取得することができます。

・MinorityClean x64公式ウェッブページ
http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/" target="_blank">http://www.mics.ne.jp/~cdorya/MinorityClean/

・開発者ご本人のブログ
https://cdorya.hatenablog.jp/" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/

・開発者ご本人の日記
「おりゃさんのオーディオ劣化道」(ファイル・ウェッブ・コミュニティ)

・JPLAY公式ウェッブページのフォーラムにおける、Pink HQ + Minoritycleanのスレッド
http://jplay.eu/forum/index.php?/topic/3063-pink-hq-minorityclean/" target="_blank">http://jplay.eu/forum/index.php?/topic/3063-pink-hq-minorityclean/

user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 23:16 home No.7725
Re: Bug headのMinorityClean(2)
おおう、ダウンロードできない・・・
user_com.png はばなご time.png 2020/11/02(Mon) 19:53 home No.7726
Re: Bug headのMinorityClean(2)
MinorityClean 68 x64は、まだ準備中のようです。

https://cdorya.hatenablog.jp/" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/

user_com.png tairyu time.png 2020/11/02(Mon) 22:00 home No.7727
Re: Bug headのMinorityClean(2)
開発者によれば、MinorityClean 68 x64については、「米国の大統領選が終わるまでRelease延期します」とのことです。

https://cdorya.hatenablog.jp/" target="_blank">https://cdorya.hatenablog.jp/

user_com.png tairyu time.png 2020/11/03(Tue) 08:26 home No.7729
Re: Bug headのMinorityClean(2)
user_com.png tairyu time.png 2020/11/03(Tue) 19:29 home No.7731
Re: Bug headのMinorityClean(2)
こんにちは。
この素晴らしいMinorityCleanソフトウェアをありがとう。 それは奇跡を起こします。 しかし、Windows OSは、音質の点でLinuxよりもはるかに遅れています。
Linux用のバージョンをコンパイルできますか?


Hello.
Thank you for this wonderful MinorityClean software. It works miracles. But the Windows OS is way behind Linux in terms of sound quality.
Can you compile a version for Linux, please?

user_com.png kezman time.png 2020/11/16(Mon) 20:18 home No.7768
Re: Bug headのMinorityClean(2)
このスレッドは、かなり長くなりましたので、「Bug headのMinorityClean(3)」に移行したいとおもいます。
user_com.png tairyu time.png 2021/01/13(Wed) 16:53 home No.7844
謎のピンク i2s Bridge ボード

謎につつまれた、Pink Faun社のi2s Bridgeボードの全容を解明するためのスレッドです。

Pink Faun社ご本家のサイトはこちら。
https://www.pinkfaun.com/" target="_blank">https://www.pinkfaun.com/
i2s Bridgeボードの情報はこちらにあります。
https://www.pinkfaun.com/shop/bridge/69-4072-i2s-bridge.html#/additional_clock_for_bridge-no/bracket_height-79_2_mm_3_118_inch/compatible_i2s_dac_s-please_select_your_dac" target="_blank">https://www.pinkfaun.com/shop/bridge/69-4072-i2s-bridge.html#/additional_clock_for_bridge-no/bracket_height-79_2_mm_3_118_inch/compatible_i2s_dac_s-please_select_your_dac
この基板はインテルアーキテクチュアのパソコンに内蔵されるボードで、唯一、i2s信号を直接取り出せるハードです。大変に興味深いハードだと思いますが、情報はほとんどありません。日本語では、最近、このボードを入手されたkomaさんが自分のサイトで情報を公開されはじめました(関連するスレッドがlightMPDフォーラムにあります) 。
http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php" target="_blank">http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php
https://groups.google.com/g/lightmpd/c/yd1YqYFjEQA" target="_blank">https://groups.google.com/g/lightmpd/c/yd1YqYFjEQA
他には、この掲示板で過去に何回か散発的に書き込まれた投稿だけだと思います。海外でも、Pink Faun社が情報の公開に消極的なので、情報は少なく、ComputerAudiophile、Head-Fi、diyAudioなど主要なフォーラムサイトでも、専用のスレッドが存在しません。また投稿もほとんどありません。

というわけで、このスレッドを起こしました。
ちなみに Pink Faun のピンクは桃色ピンクのピンクではなく(^^;;;、ピンクノイズのピンクだそうです。フォーンはギリシャ神話に出てくる半分人、半分羊の神様ですね。

user.png yo time.png 2020/10/23(Fri) 19:45 home No.7697 [返信]
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
こんばんは

謎のピンクのボードは少々敷居が高いので、PC用のサウンドボードからI2Sを横取りしてやることにしました。

まずピンクのボードと同じチップ(CMI8888)を使った ami SC808 というサウンドカードを入手しました。
結果はLinuxでは全く使うことが出来ません。komaさんのところより状態は悪いです。

結構シェアが高いと思われる、Sound Blasterシリーズの高級タイプは、外部のDACチップを使用する方式なので、そのDACの入り口からI2Sの横取りする予定です。
Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Pro というボードが送料込み5K円弱で入手できたので今格闘しています。CS4382という8チャンネルのDACチップが使われていてI2S入力なので上手く線を引き出せばなんとかなると思います。
LightMpdは残念ながら音が出ませんが、Intel i5 PC を使い Album Player(YoctoAP TynyAP)Ubuntu では音が出ています。
Sound Blaster X-Fi Titanium シリーズ以降の高級品タイプは、チップが同じようなので多分いけると思います。
線の引き出しやすさを考えるとDACにBurr-Brown PCM179* を使ったものが楽そうです。

user_com.png moct time.png 2020/10/26(Mon) 22:04 home No.7701
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
こちらのレビューは既出でしたでしょうか

https://www.tnt-audio.com/sorgenti/pinkfaun_i2s_bridge_e.html" target="_blank">https://www.tnt-audio.com/sorgenti/pinkfaun_i2s_bridge_e.html

Windowsでのレビューですが、概要を把握するのにはわかりやすいかと思います

user_com.png なにものでのない time.png 2020/10/27(Tue) 12:27 home No.7702
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
>こちらのレビューは既出でしたでしょうか
「なにものでのない」さん
このカードはヘッドホンジャックの付いた初期に近いバージョンなのですが
表面にビッシリとチップタンタルコンデンサーが搭載されていて
是非音を聽いてみたいバージョンです。
タンタルは故障モードがショートなので採用される例があまり無い様に思います。
でも電解コンよりも間違いなく音質は良いと個人的には思います。

moctさん yoさん
現況、自分はPinkFunの旧バージョンカード+i5-CPU+Archlinux(rt kernel)の調整中です。
肝心の音ですが自分が所有するプレーヤー関連機器(PC等ファイル再生機器)の中では
トップクラスになって来た様に思います。
何時も言っていますが
テキストで音を説明する事は不可能なので何とも客観的にならないのが残念です。

今月中に何とかPCを仕上げて
moct氏宅へ持ち込んで色々な組み合わせで比較試聴が出来れば良いなぁと...(笑)
逢瀬AK4499DACは
接続された機器が持つ個性をそのまま出してくれるので
外部接続機器評価をするにはとても適したDACだと思います。

user_com.png koma time.png 2020/10/27(Tue) 13:30 home No.7703
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
moctさん

早速の投稿ありがとうございます。
サウンドブラスターの高級目のカードから信号を取り出せば、謎のピンクと同じことが出来るとは思いませんでした。
なるほど。納得です。
Linuxでの動作に関して、aim社のサウンドカード(CMI8888)では全く駄目、サウンドブラスター(CS4382)ではlightMPDだけ駄目、という結果はピンクは結構善戦しているということになりますかね。

続報楽しみにお待ちします。


komaさん

「komaさんのところに届いた謎のピンクのヒートシンクが剥がれていて基板が見えたので、案外簡単に謎がとけそうだ」ということですね。

どうせだから、やけのヤンパチ、「書きたいことは全部書くぞ」というスレッドなので、僕の妄想(^^;;;をもう一つ。

インテルアーキチュアのハードの中で、僕が一番音楽再生に向いていると考えるハードはapuです。
①雑音の元となるディスプレス関連のチップは完全に排除
②CPU性能とメモリ容量は音楽再生に必要十分
③ネッワークはイーサが3端子
④まあまあコンンパクト
⑤12V2Aあれば問題なく動く(電源対策しやすい)
と音楽再生に理想的な条件を完備。
さらに良いのはGPIO出力があることです。
理屈としては、これを使い、Boticみたいにi2sをここに出力するソフト(ラズパイと同じ)を作成すれば、完璧な音楽プレーヤとなるのではないかなと思っています。GPIOの仕様は公開されているらしいので、誰かやらないですかね。

user_com.png yo time.png 2020/10/27(Tue) 17:40 No.7704
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
こんばんは

Intel i5 PC からI2Sでの音出しに成功しました。
サウンドカードのDACチップから細い線を引き出してくださった komaさん 本当にありがとうございました。

音の方はというと、おおらかで且つ繊細、今までに聴いたことのないレベルと思います。
ソフトはAlbum Player(TynyAP)です。
8チャンネルDACのDAC1から出力したのですが、FRONTに割り当てられていないため最初は音が出ませんでした。
TynyAPの場合全てのDACを認識していたためDACの指定を変更することで音が出ました。

Album Playerの場合、96KHz固定で出力されているようです。試しにLightMpdも動かしてみましたが、こちらは44.1KHzで出力されているのは確認できましたが再生状態になりませんでした。
1

user_com.png moct time.png 2020/10/29(Thu) 18:25 home No.7706
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
moctさん、 おはようございます。

遂ににやりましたか。快挙(怪挙かな? ^^;;;)ですね。
誰でも思いつくが(ことはないかな、やはり、moctさんだから思いつかれたのでしょう)、誰もやらなかった(これは間違いなさそう)、インテルアーキからのi2s取り出しを敢行。見事になし遂げたわけです。おめでとうございます。これは、是非、コロナ並に(^^;;;流行らせて欲しいものだと思います。
komaさんのところに写真がありましたので、拝見しました。
http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1603965398" target="_blank">http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1603965398
プロでないと出来ないレベルのようですから。難易度はかなり高そうです。
使わなくなったSound Blasterはゴロゴロころがっているでしょうから、この記事を見て、何人位試す人が登場するか楽しみですね。
komaさんの記事を拝見すると逢瀬とはHDMI接続ですね。ということは、逢瀬dacのhdmi接続のmclkが24/29M以下でないといけない条件をSound Blasterカードはクリアしているということですかね。

user_com.png yo time.png 2020/10/30(Fri) 09:10 No.7708
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
こんにちは。

pink faunのi2s Bridgeカードの強みは、LVDS(差動信号)出力なのではないかと思っています。
HP上ではi2sを延長しても問題無いと書いてありますが、とある掲示板では、"LVDSでしょ”と突っ込みが入ってました。
https://audiophilestyle.com/forums/topic/55632-pcie-to-i2s/" target="_blank">https://audiophilestyle.com/forums/topic/55632-pcie-to-i2s/

逢瀬DACでのi2s入力は、AUX I2Sの4Pinでここに最短で入れるのが手ですかね。
https://ause-audio.com/wp1/wp-content/uploads/2020/01/AK4499_manual.pdf" target="_blank">https://ause-audio.com/wp1/wp-content/uploads/2020/01/AK4499_manual.pdf

pink faunと逢瀬DAC間HDMIを、音のいい悪いは別として2mでもノイズは出ませんでした。

user_com.png joe@チョ time.png 2020/11/01(Sun) 16:16 home No.7721
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
joe@チョ さん こんばんは

>pink faunのi2s Bridgeカードの強みは、LVDS(差動信号)出力なのではないかと思っています。

私の場合、サウンドチップから出力されたI2Sをヤナさんの基板を使ってHDMIに変換して出力していますが、この場合HDMIはLVDSです。HDMI送り出し基板に信号を変換するチップが載っています。そして、それを受け取る側(私の場合逢瀬DAC)に差動信号をI2Sに戻すチップが使われています。これは他のHDMI入力のDACでも同じです。
pink faunのi2s Bridgeカードの内部でもCMI8888から出力されたI2SをLVDSに変換しHDMIで出力しているはずですから、やっていることは同じだと思います。

数年前から最初はBBB、少し遅れてRas-PiのI2SをDACに入力してずっと使っていますが、始めて直ぐの頃からHDMIの入出力も使っています。信号の劣化(音質の低下)はほとんど感じられません。逆に、たぶん系の分離によりノイズの影響が少なくなるメリットがあるように思います。


user_com.png moct time.png 2020/11/01(Sun) 20:22 home No.7722
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
moctさん こんばんは

yoさんの紹介ブログから、i2s部のシールド、HDMIへの変換等きちんとされていることは伺えました。
moctさん、komaさんの実行力には脱帽で、小型化ができればpink faunのを買う必要はないかなと思いコメントさせていただきました。
言葉足らずで、お気を悪くされたのであれば、すいません。

user_com.png joe@チョ time.png 2020/11/01(Sun) 20:41 home No.7723
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
こんばんは

LVDSのメリットは差動伝送によるノイズキャンセル効果ですかね。ただし、電圧が低くなるのでLVDSで粗悪なケーブルを
使うとノイズの影響は受けやすくなりますのでシールド効果の高いケーブルが必須になると思います。

I2S信号のままの伝送の場合もケーブルのインピーダンスの影響や外来ノイズの影響は懸念材料としてありますので、どちらが
良いかは条件によると思います。

その点、光でも同軸でもUSBでも全て同じ音が出るAntelopeのデジタルインターフェースは優秀で、こういった機器が民生機で
発売されると接続方式の悩みもなくなるんですけどね。。。

user_com.png Pass time.png 2020/11/01(Sun) 22:06 home No.7724
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
joe@チョさん
>小型化ができればpink faunのを買う必要はないかなと思いコメントさせていただきました。
その結論はまだ早いと思います。

Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Proは
確かにmpd+upmpdcli環境で良い音が出ますが
pink faunと比較して十分コントールが出来ている訳ではありません。
今後も解析が必要です。

ami SC808 サウンドカードはI2S出力で現状linux-OSの通常使用で音は出ていますが
mpdを介した音はまだ出ていません。こちらも解析が必要です。
pink faun製カードは流石に売り物なので上記改造カードに比べて
汎用性があります。
改造と解析を楽しめないとI2Sインターセプトは中々厳しいと思います(笑)

user_com.png koma time.png 2020/11/03(Tue) 01:58 home No.7728
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
このスレッドはLinux信徒が集う場所のなので、あまり話題になりませんが、謎のピンクとか無謀のブラスタとかは、Windows環境で、出来の悪いブス型音楽再生プレーヤを思いっきりの美女に変身させる魔法のハードじゃないのですかね(トランプの演説の聞きすぎで、言葉使いが過激になりすぎかしら^^;;;)。
同じようなツールとしてはソフトではdiretta、ハードではantelope discreteがあります。しかし、direttaはasioじゃないと駄目とか、discreteは効果が大きいのは逢瀬dacだけとかいう制限があります。この謎と無謀のハードは何でもつかえるのは、凄い強みですね。
ピンクをWindowsMediaPlayerで使うと、どんな音になるのか、実験された方は是非ご報告を。

ただ、ピンクもブラスタもPC内蔵カードなので、接続できるPCハードに制約があることが課題になりますかね。

user_com.png yo time.png 2020/11/03(Tue) 19:16 No.7730
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
>謎のピンクとか無謀のブラスタとかは、Windows環境で、出来の悪い...

Windowsで音楽再生をする事をだいぶ昔に諦めた自分にはピンとこないのですが....
今回カードと格闘して見てPCIeからのI2S出力の音の良さは信号経路の単純化に尽きる様に思います。
こんな事書くと怒られますがUSBは元々はキーボード、マウス等を接続するものだったはずで
当初はUSB3まで発展するとは誰も考えていなかったと思います。
由緒正しいところから出力するのが
何も変換無しで出力するのが良いのでは?
と個人的には考えています。

>接続できるPCハードに制約があることが課題になりますかね。

最終的にはLANコネクタが2つ付いたAMD-CPU仕様のITXマザー(PCIe x 1)で小さく高性能にまとめたいと
妄想しています。市販ケースに格好いいヤツが中々ないので作ってしまおうかなぁとか(笑)

user_com.png koma time.png 2020/11/03(Tue) 21:32 home No.7733
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
>USBは元々はキーボード、マウス等を接続するものだったはずで

マウス、キーボードのPS/2だけではなくRS-232やIEEE1284等その他含めた
いわゆるレガシーインターフェイス全般からの置き換えを狙って作られた規格ですね

user_com.png ななし time.png 2020/11/05(Thu) 16:20 home No.7742
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
PinkFaunSoundカードや改造Sound Blaster I2Soutカードは
lightmpd、2台構成は動作しない問題が発生する場合があるのですが
純正2台構成に拘らなければ
Player側のLinix-OSに例えばArchlinuxを使って
lightmpd-player側と同じ設定を施す事で出音は可能です。
音もいい線いっている様に個人的には思います。
もうすぐクリスマス...
yoさん宅にサンタさんが現れるかも(謎笑)

user_com.png koma time.png 2020/12/12(Sat) 17:05 home No.7793
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Yoさんへ

Antelopeの送り出しについて補足させてください。一つはDiscreteが最安値なだけで、こちらにあるOrion studio、Amariでも同様の効果でした。それとこれらが効果を発揮するのは安い中華製DACや市販高級DACでも同様です。なので「特定機種だけにしか効果がない」これは事実ではないです。

趣味としてはとてもおもしろくないので受け入れがたいのはわかりますが、事実関係はしっかりしておきたいので、補足させていただきました。

別に一つの頂点を目指すだけがオーディオではないです。上流の影響を受けないハードがあっても、ソフトで色々試す趣味自体はあっても良いと思います。単にソフトウェアで悩みたくないというニーズがあれば上記のハードを選べば良いだけだと思います。

以上すみませんが、よろしくお願いします。

user_com.png yohine time.png 2020/12/13(Sun) 11:18 home No.7794
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
koma さん

ご連絡ありがとうございます。サンタさんの登場を楽しみにお待ちいたします。

user_com.png yo time.png 2020/12/13(Sun) 20:00 home No.7795
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
yohine さん

情報ありがとうございます。
キツネでは効果が無かったので、逢瀬DACでないと駄目なのかと思っていました。
ESSチップでも効き目があるのであれば、aitdacで試してみますかね。antelopeとhdmi接続するのはちょっと大変なのですが、spdifであれば、簡単に試せそうですから。

user_com.png yo time.png 2020/12/13(Sun) 20:02 home No.7796
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
yoさん

DACチップがESSであるかAKMであるかはあまり関係ないかもです。どちらかというとデジタルインターフェース回路が上流の影響を受けやすい程antelopeの効果が出ると思います。この辺りはチップより回路の設計次第だと思います。


また、信号がI2Sであるかspdifであるかもあまり関係ありません。PCからの出力がUSBだからI2Sに劣るという事もありません。このあたりは回路次第で簡単に逆転しますので。

user_com.png Pass time.png 2020/12/13(Sun) 21:00 home No.7797
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Passさん

> どちらかというとデジタルインターフェース回路が上流の影響を受けやすい程antelopeの効果が出ると思います。この辺りはチップより回路の設計次第だと思います。

なるほど。キツネであまり効果を感じなかったのはその辺りに原因があるのですかね。


> PCからの出力がUSBだからI2Sに劣るという事もありません。このあたりは回路次第で簡単に逆転しますので。

antelopeを通した逢瀬dacの音がとても良いので、YouTubeなどの映像付きで音楽を聞くことが多くなりました。デジタル放送の音楽番組などもこの方法で聴いていますが、いちいちcprmを解除しないといけないのが面倒です。
このため、HDRのSPDIF出力を直接antelopeに入れているのですが、パソコンの音と比較すると悪くなります。この辺りは、HDRとパソコンの回路の差ということになるのですかね。

user_com.png yo time.png 2020/12/14(Mon) 08:15 home No.7799
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Yoさん

回答ありがとうございました。そういう事情だったのですね。キツネは受け側の回路よく出来ていたのかもしれません。

上流は最近もっと進んだ調査をしていてAntelopeよりも良い機種は複数ありますが、低価格ですぐに手に入るものは他にはない印象です。今のベストはエソのGrandiosoトラポでこれはとても良かったです。PCオーディオでPCを複数つないで送り出しにとてもこだわっている方も、たしかこれと同じ機種に躓いていたと思うので、今わかっている範囲で最高性能の上流はこれだと思います。

良い送り出しと言っても、より上位のものと比較するとどうしても差は出てくるので、そのあたりが印象の違う理由かもしれません。大半のDACは受け側の対策をしていないのでハイエンドDACだから受け側回路も最高というわけではないです。むしろハイエンドDACは同等のトラポと接続されることを想定しているためか積極的な対策をしていない印象です。最近比較した中だとCHプレシジョン、MolaMola、エソGrandioso、これらのDACでも上流の影響を受けます。以前の比較も含めればChord、dCSも同様にトラポで音が変わるDACです。

user_com.png yohine time.png 2020/12/14(Mon) 09:54 home No.7800
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
yoさん

>キツネであまり効果を感じなかったのはその辺りに原因があるのですかね。

私の印象では逢瀬DACよりキツネの方が上流の影響は受けやすいと感じてました。どうしてそのような結果になったのか少し分かりかねます。

>このため、HDRのSPDIF出力を直接antelopeに入れているのですが、パソコンの音と比較すると悪くなります。

こちらも同様にイメージしづらいです。antelopeを使えば相当に劣化した上流でもかなりのレベルになるはずです
HDRというのはHDDレコーダーの事でよろしいでしょうか?そうであれば、いったんテレビに信号を送って、テレビのspdif出力からantelopeに入れてみてはどうでしょうか?

user_com.png Pass time.png 2020/12/14(Mon) 22:12 home No.7801
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Passさん

> 私の印象では逢瀬DACよりキツネの方が上流の影響は受けやすいと感じてました。どうしてそのような結果になったのか少し分かりかねます。

比較する相手がキツネ+Matrix X-SPDIF(電源を強化したもの)だからということがあるのかもしれませんね。

> HDRというのはHDDレコーダーの事でよろしいでしょうか?そうであれば、いったんテレビに信号を送って、テレビのspdif出力からantelopeに入れてみてはどうでしょうか?

東芝の10年位前のHDDレコーダーです。繫いでいるのがPC用ディスプレイなので、ご提案の方法はとれません。OPPOのBDプレーヤに光端子を使いaacを送り、OPPOのSPDIFを逢瀬に入れるということは試しています。これもパソコンの圧勝でした。解像度のレベルがまるで違いました。個人的には、「やっぱり映像系機器のオーディオ出力は信頼できない」と偏見っています。パソコンの方がもっと酷そうではありますが・・・。

user_com.png yo time.png 2020/12/15(Tue) 08:23 home No.7802
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
yoさん

>比較する相手がキツネ+Matrix X-SPDIF(電源を強化したもの)だからということがあるのかもしれませんね。

全く同条件での比較ではなかったという事ですかね。


>東芝の10年位前のHDDレコーダーです。

その頃のモデルですとspdifは光端子が付いていると思います。
antelopeはUSBで受けても同軸で受けてもほとんど同じ音ですので、光⇒同軸変換アダプターを使いantelopeに入れれば、
PC=(usb)⇒antelopeと変わらない音になると思います。

>個人的には、「やっぱり映像系機器のオーディオ出力は信頼できない」と偏見っています。パソコンの方がもっと
>酷そうではありますが・・・。

現代の映像機器はSW電源にICレギュレータを多用していますので、それなりの音しか出ません。とはいえ、音質対策を
していないPCであれば映像機器の方が良いと思いますので、この辺りは個体差の方がが大きいのではないでしょうか?

ちなみに、光⇒同軸変換からの出力を直接逢瀬DACに入れて、変換アダプターの電源をいろいろを変えてみると音が
コロコロ変わり面白いと思います。antelopeをお持ちでない方でも遊べますね。
antelopeにどこまで迫れるか?という遊びも面白いかもです。

user_com.png Pass time.png 2020/12/15(Tue) 09:05 home No.7803
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
>ちなみに、光⇒同軸変換からの出力を直接逢瀬DACに入れて、変換アダプターの電源をいろいろを変えてみると音が
コロコロ変わり面白いと思います。antelopeをお持ちでない方でも遊べますね。

この部分とても重要です。光が音が悪いと言われる最大の理由は、光受信の電源回路にあります。この部分に力を入れているメーカーが殆どないから光は音が悪いと言われているのが実情です。ですがこの部分を対策すると別物になります。むしろ光でPCからのノイズを100%遮断できる優位性が出てきます。

SPDIF光の伝送は方式的に潜在的にジッターが多いは正しいですが、実はジッタークリーナで除去すれば良いとなるわけです。本格的なジッタークリーナの実装は簡単ではないのですが、電源を強化した光受信してさらにWM8805のようなジッター除去性能が高いSPDIFレシーバを使ってクリーニングしてからI2SでDACに送ると良いと思います。

最近こんな記事を見つけたので何か参考になればと思います。
http://puredigital.jp/blog-entry-1541.html" target="_blank">http://puredigital.jp/blog-entry-1541.html

WM8805は前に実際に使ったことがありますが、なかなか使いこなすのは難しいICです。
https://www.mi-take.biz/system72/DAC_2/WolfsonWM88x/WM8805_softMode_2.html" target="_blank">https://www.mi-take.biz/system72/DAC_2/WolfsonWM88x/WM8805_softMode_2.html

user_com.png yohine time.png 2020/12/15(Tue) 13:12 home No.7804
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
大雪...サンタクロースが遅刻した様ですが(笑)
無事に良い音が出たとの事、良かったです。

自分はWindows環境が無いので
Windows+AlbumPlayer asio の環境での出音は聴いてみたいです。
自分、moct氏の環境
Archlinux(rt-kernel)+mpd + lightmpd(upnpgw) の二台構成も捨てがたいので
試して欲しいと思います。

user_com.png koma time.png 2020/12/28(Mon) 08:02 home No.7811
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
あけましておめでとうございます

暮れにオーダーした謎Pink I2S bridgeが届きました。これに備えてミニPCを新調しておいて、組み込んでみました。

構成は、NAS - Ryzen Windows - 逢瀬AK4499です。
立ち上げてすんなりと音が出たのは驚きでした。
ただし音質は良いとは言えません...。
再生ソフトウェアはTuneBrowserです。WMPも試してみましたがダメ音でした。
オンボードサウンドデバイスから圧縮音源を再生しているかのようです。ペラいのです。

比較対象はもう1台のミニPCです。
こちらはintel機でして、DaphileからのUSBで逢瀬AK4499につないでいます。
こっちの方が断然リッチな出音です。

さてと、コイツはどうしたもんでしょうね。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/08(Fri) 18:46 home No.7823
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
我が家にWindows環境は存在しないので
PinKFaunカードとWindows-OS関連の設定についてはノウハウがありません。
参考になるか?分かりませんが持ち込み視聴の結果から
基本的にブロック図の接続で使っています。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/PSA2.png" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/PSA2.png

自分のPinkカードをセットしたPCを持ち込んで
逢瀬DACのオーナーであるmoct氏宅で何も対策せず直で接続し
Album Player Linuxで聴いた時の音の酷さ...
moct氏の「勝った!」という表情は今でも忘れられません(笑)
なのでHiruneさんの今の状況落胆ぶりは想像出来ます。

逢瀬DACのHDMI入力回路を直接見た訳ではないので
明言出来ませんが恐らくプレーヤー出力側と
DAC入力を絶縁するタイプでは無いと思います。

市販のHDMI-I2S入力付き中華DACを購入し
苦労してやなさんの送信基板を作ってi2s出力出来るプレーヤー接続して
期待して視聴したら あれーーー大した事無い!
という状況の方々の音質向上しない原因は
その辺なのではと個人的に考えています。

user_com.png koma time.png 2021/01/08(Fri) 21:37 home No.7824
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
komaさん

アドバイスありがとうございます。
やはりちゃんとしたアイソレートが効くのでしょうね。
RPi4からIAN CANADA(外部電源あり)でHDMI送りすればDaphile USBに勝っていますから。
まぁSMPDとWinという違いもありますので一概には言えません。

だったらこのBridge Cardイラんやろ、と突っ込まれそうですけども、
色々試してみたいお年頃ということで。

次に時間取れたときに何かしら実験してみます。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/09(Sat) 01:14 home No.7825
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Hiruneさん

貴重なご報告ありがとうございます。Windowsのピンクボードは音質ダウンになるケースがあるということですね。ご同情申し上げます。

音が内蔵音源チップ並となる原因として、komaさんが指摘されているアイソレーション不十分という可能性はありますかね。僕はピンクの音を聞いたことがないのですが、考えられるそれ以外の可能性として二つ。

一番目はWindowsドライバの質です。『「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」の勧め』スレッドに書きましたが、僕の環境で音の良さは
WinASIOドライバ > LinuxTinyCoreAP > LinuxYoctoAP ≒ WindowsDSドライバ > WindowsSOドライバ
という順番です。
WindowsSOドライバの音はかなり酷く、内蔵音源チップ並とは言わないですが、他の音を聞いたら使う気にはならないというレベルでした。
ピンクボードでのドライバがどういうものか分かりませんが、SB i2s出力怪造カードの場合はASIOドライバはSB社が開発した独自のものです。これが一番音が良い理由はこの辺りかなと思っています。
あと、プレーヤーの影響も大きくて、僕の場合はAlbumPlayerを使っていますが、これをTuneBrowserに変えるとかなり雰囲気が変わります。僕はAlbumPlayerの方がオーディオ的なグレードの高い音だと思いますので、こちらを使っています。

二番目はAMDのハードに関連する点です。実は僕も謎のピンクボードには大いに興味があったので、komaさんがピンク社の設計者とやり取りしたメールの内容を教えてもらいました。その中で、ディスプレイ機能のあるAMDチップは勧めないという記述がありました。明言はしていませんでしたが、音質的に問題があるので、ディスプレイ機能付きのマザーボードは使わない方がよいという具合に読めました。

いずれにしても、購入時にJordさんとやり取りされているかと思いますので、「現状こうだよ、改善できないの」と質問されたらいかがでしょうか。メールの文面から判断すると、彼はオーディオマニアの技術屋さんで自分の製品の質には誇り(自信)をもっていると思いますので、何らかのご返事はもらえると思います。

user_com.png yo time.png 2021/01/09(Sat) 09:58 home No.7826
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
yoさん

ご助言ありがとうございます。
取り急ぎAlbum Playerの試行はできましたので、その所感を。

OutputはAlpha-II WaveOutにしました。ASIOでは現状Pinkを選べません。
WMPやTuneBrowserよりもオーディオっぽくなりました。だいぶDaphile USBに迫りました。
ドライバのせいもありますね。Win & TuneBrowserでUSB出しならばASIOが使えますから、その出音は悪くないのです。
ちなみに拙宅にはノート含めPCは4台、NASが1台、RPi4が3台、RPi3は5台転がっていて、最高の出音と最良の使い勝手を探し続けてグルグルしています。
Album PlayerのGUI使い勝手はTuneBrowserの感じを気に入っているためどうにも...。


ハードウェアに関してはだいぶ興味深いところがあります。
AMD機とintel機をごっそり入れ替えてみるのはどうかな、などと。
これはちょっと時間かかりそうなので、Jord氏とやり取りしたのちにいずれ。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/09(Sat) 12:39 home No.7827
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Hiruneさん

WindowsでのAlbumPlayerの動作報告ありがとうございます。実は、komaさんもmoctさんもLinuxOnlyの方なので、この情報が無かったのですよね。大変参考になりました。
謎のピンクボードですが、やはり専用のドライバは無いのですね。komaさんのメールのやり取りで多分そうだろうと思っていましたが、確認できました。この点が、このボードをWiondowsで使う時の問題点だと思います。
設計者もLinuxで使っているようだから、Linuxで使うのが正解ですかね。

AMDハードについては設計者と相談して決めるのが正解だと思います。結果を是非ご報告ください。楽しみにお待ちします。

あと、「インテルアーキ用i2s出力怪造カード」に興味をお持ちなら、僕宛てにメールを下さい。メールアドレスは掲示板トップページの一番下にあります。僕の本名は窪田洋です(簡単な自己紹介があると助かります)。
市販の製品ではないので、一定の条件を受け入れてもらう必要がありますが、入手方法をご案内します。

user_com.png yo time.png 2021/01/10(Sun) 08:30 No.7829
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
古いソフトですが ASIO4ALL とか FL Studio ASIO などは使えませんかね。
動作報告があると、後に続く人にとって有難いように思うのですが。

user_com.png Redspot time.png 2021/01/10(Sun) 16:04 home No.7830
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Redspotさん

ASIO4ALLを入れてみました。
TuneBrowserでASIO4ALLをOutputに選んでHDMI経由で音は出ました。ただしWASAPIから出しているのと大差ないように感じます。

試してみようと考えていること
1.アーキテクチャの変更(Intel CPU機との違い、マザーボードは同じASUS製)
2.搭載されている電解コンデンサの交換(WE/ASLLから日ケミ/PXEへ)
3.Pink Faun, Jord氏の助言(まだ返事はありません)

以上です。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/11(Mon) 12:50 home No.7831
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Hiruneさん。

とりあえずASIO4ALLが使えるのは、非常にありがたい情報ですす。

ただ音が悪いのはyoさんが言われる通り、逢瀬のDACがI2Sにアイソレータを積んでいないからだと思います。
私は以前L.k.Sの9018機を使っており、それはアイソレーターを積んでいませんでした。しかし音が良くなると聞いてI2S直結で使っていましたが、やはりノイズっぽくて軽い音でした。
今は9038機をI2S直結で使っていますが、アイソレーターがあるので、それほど軽い音ではありません。
ただ通常、それなりのDDCはアイソレーターを積んでいるのが普通ですので、DAC本体にもアイソレーターを積んでジッターを増やすのは得策ではありませんから、逢瀬のやっていることは間違いではないように思います。

追試ありがとうございました。

user_com.png Redspot time.png 2021/01/11(Mon) 18:52 home No.7832
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Redspotさん

>それなりのDDCはアイソレーターを積んでいるのが普通ですので、DAC本体にもアイソレーターを積んでジッターを増やすのは得策ではありませんから、逢瀬のやっていることは間違いではないように思います。

基板を見る限りUSB側は積んでいますよ。HDMIはUSBとは異なり送り側から電源が供給されない可能性が高いので、デジタルアイソレータが使えません。なので、積みたくても積めないというのが正しい解釈になると思います。

antelopeのように上流の影響を受けにくいDACというのは技術的には可能なので、将来的にはそういった製品も出てくると思いますが、4499DACはまだ送り側の影響が出ますので、ユーザー側でそれぞれのやりやすい方法で対策していくしかないですね。


Hiruneさん

ひとつ試してみて頂きたいのですが、外部から強力な電源を供給してみてください。当方のUSB-DDCで行った実験では外部電源を徹底的に強化し、DDC内部のレギュレータまで改造するとソフトやOSによる音質差はほとんど無くなりました。ラズパイでもWindows機でもほぼ同じ音です。もちろん電源が悪ければソフトやOS、再生するPCによる音質差ははっきりと出てきます。
クロックに関しては手つかずですが、DAC側はクロックも重要ですが、送り側の場合はクロックより電源の方が支配的のようです。


user_com.png Pass time.png 2021/01/11(Mon) 19:55 home No.7833
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Passさん

恐れ入ります、それが...
DC Yallow なのですよ...

でも複数製作したので別のヤローユニットから送ってみましょう。
なんか元気になったりしたら今のユニットが異常なのかもしれません。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/11(Mon) 20:37 home No.7834
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Hiruneさん

>DC Yallow なのですよ...

なんと(笑)
後はジャイアンさんの行ったPMLCAP追加でどこまで良くなるかですね。
http://mark-create.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-74944d.html" target="_blank">http://mark-create.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-74944d.html



実は、私が今使っているのはDC-YarrowでもFF電源でもない電源です。前段はフィードバック、後段はNon-NFBのハイブリッド電源です。
お近くなら電源を持ってお邪魔するのですが、このご時世ですし難しいですね。


user_com.png Pass time.png 2021/01/11(Mon) 21:04 home No.7835
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Passさん

経過報告です。
別のヤローユニットから送っても同じ音でした(泣)
このヤロー!とか言ったりして。

冗談はともかく、一次側のスイッチング電源にはダイトロンのLFS50A-12なんかを使ってみてるんですけどね。
RyzenなWindowsではアカンのかもしれません。
Linuxで試せ、という天の声が聞こえてきました。

これを機にDC電源はあらたに拵えるというのも悪くありません。
最近はんだごてを握っていないのでリハビリ代わりにもなります。

完全に問題発生を楽しんでおります。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/11(Mon) 22:22 home No.7836
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Hiruneさん

> RyzenなWindowsではアカンのかもしれません。
> Linuxで試せ、という天の声が聞こえてきました。

が正解かもしれませんね。
RyzenなWindowsに関してJordさんは特にコメントしていなかったのですが、今回、音が悪いよと言われてどういう反応が返ってくるか、興味深いです。

linuxですが、イメージファイルで提供されているものを使うのが楽です。AlbumPlayerのTinyLinux版かYocto版がお勧めです。音はTinyLinux版がいいのですが、ネットワークで使えるようにするには、設定が大変です。操作性は最悪ですから、DLNAで使うしかないですが、その意味ではTinyLinuxはちょっと大変ですね。あと、GentooPlayerも使えると思いますが、有償です。lightMPDは謎のピンクを受け付けないようです。
勿論、Daphileは使えます。これもれっきとしたLinuxですね。

user_com.png yo time.png 2021/01/12(Tue) 21:37 home No.7837
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
Hiruneさん

経過報告ありがとうございます。

試してみて頂きたいのですが、携帯充電器などのACアダプターから外部電源を入力してどの程度劣化するでしょうか?
再生ソフトやドライバの影響は結構大きいようですので、電源の違いであまり変化しないようであれば、そのボードはオーディオアクセサリというよりPCパーツ寄りの設計だと思います。

その場合、電源よりPC側での対策が有効だと思いますが、ソフトやOS、マザーや電源、CPUやメモリと、考え出すとキリがないですね。
私が有効だと思うのはACアダプタで動くミニPCで電源を徹底的に強化するプランですが、PC側での対策はyoさんの方が詳しいと思います。

TuneBrowserの使い勝手がお気に入りであれば、TuneBrowserで最も高音質が出る方法を模索した方が幸せかもしれませんね。

user_com.png Pass time.png 2021/01/12(Tue) 21:45 home No.7838
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
yoさん

とりあえずはJordさんのリプライを待ってみようかと思います。
ハード組み換えかOS入れ替えか。焦らず1つずつ検証してみます。


Passさん

出力可変式の直流安定化電源があったはずなので、引っ張りだしてみます。もっと粗末な5Vアダプタが良いですか?
探すと出てこないもので、12Vのやつがいくつもあって呆れちゃいました。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/13(Wed) 00:14 home No.7839
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
yoさん

Jord氏から返信がありました。
AMDアーキテクチャについては触れていないので、彼は関係ないと考えているのかもしれません。もう一度たずねてみます。
いくつか方策(アプリケーション関係)をだしてくれていますので、試してみますね。JRiver, Roon, Fidelizer, ASIO4ALLなどです。

どうやら私の当初の思惑はPinkでは達成できない見込みとなってきました。

user_com.png Hirune time.png 2021/01/13(Wed) 08:38 home No.7841
Re: 謎のピンク i2s Bridge ボード
このスレッドは長くなったので、新しいスレッドに移りたいと思います。
新スレッドのタイトルは「謎のピンク i2s Bridge ボード(2)」です。

user_com.png yo time.png 2021/01/13(Wed) 11:05 home No.7842
Diretta Transport Protocol

オリオスペックのDiretta Target PC以外の、Diretta Transport Protocolに関する情報提供・議論は、別立てにした方が良いようにおもいます。

こちらのスレッドは、Diretta Transport Protocolに関する議論の場です。

皆様、ご議論の方、どうかよろしくお願いいたします。

なお、 Diretta Transport Protocolに関する情報提供は、「Diretta Transport Protocol関連情報」の方にお願いします。

user.png tairyu time.png 2020/10/10(Sat) 07:23 home No.7670 [返信]
Re: Diretta Transport Protocol
Direttaの開発者が、以下の動画において、Diretta x64 Target Bridgeの最近のアップデートにおいて、なぜ音質が向上したのか、さらに次回のアップデート試作品の内容等について、大変興味深い話をしています。

Diretta Target PCのユーザーの方々、あるいはDirettaに興味のある方々に、ぜひ一度ご覧いただくことをお勧めいたします。

・Firmwareについて 冒頭~
・Diretta x64 Target Bridgeの最近のアップデートにおいて、なぜ音質が向上したのか 19:40頃~
・次回のアップデート試作品の内容紹介 33:30頃~(試作品の画面 37:40頃~)

https://youtu.be/Q9I9yrAmSHI" target="_blank">https://youtu.be/Q9I9yrAmSHI

(「オリオスペックのDiretta Target PC(2) 」No.7636の再録)

user_com.png tairyu time.png 2020/10/10(Sat) 07:25 home No.7671
Re: Diretta Transport Protocol
tairyuさん

どちらにコメントするか迷いましたが、こちらに。YouTube番組の情報ありがとうございました。一杯飲みながらの勝手気ままな雑談。こういう具合に広報する時代、製品なのですね。
設計者原田さんって、こういう方であったかと興味深く見ました。初めから終わり近くまでの80分間は、ソフト経験のあれば誰でも予想のつく内容でしたが、最後の10分間は率直な本音トークで面白かったです。オーディオを巡るハード、ソフトの関わり合いについて原田さんのコメントが良かった。さすが、direttaの作者だなぁと感心しました。
ついでに9.1が使えるのか調べたら、もうアップデート出来ますね。作者ご自慢の通り、なかなか音が良くなります。かなり音質がレベルアップしています。お勧めです。

user_com.png yo time.png 2020/10/10(Sat) 14:33 No.7674
Re: Diretta Transport Protocol
yo様

ご丁寧にありがとうございます。

やはり開発者ご本人の口から、本音もふくめて、いろいろときけるのは、とても興味深いですね。

ところで、「オリオスペックのDiretta Target PC(2)」No.7586でご案内している通り、Diretta Target PCにおける、ファームウェア・ASIOドライバーの現在の最新ヴァージョンは、共に91_1です。「最近のアップデート」というのは、これに該当します。

一方、「次回のアップデート」というのは、現在のところ、まだ一般公開されていません。

user_com.png tairyu time.png 2020/10/10(Sat) 16:07 home No.7675
Re: Diretta Transport Protocol
tairyuさん

> 一方、「次回のアップデート」というのは、現在のところ、まだ一般公開されていません。

あら。バージョン表示は9.1と表示されたし、ASIO Buffer/Diretta Buffer という項目が増えているので、てっきり最新版なのかなと思っていました。プルダウンメニューの表示項目は確かに録画とはちょっと違ったのですが。変ですね。

p.s 画像を見直したたら、確かに違いますね。ということは9.1というのが誤りなのですかね。

user_com.png yo time.png 2020/10/10(Sat) 19:11 No.7676
Re: Diretta Transport Protocol
tairyuさん、yoさん

最新版について、YouTubeの動画の中で公開中と述べられていましたので、
DirettaのWebサイトを見ましたら、0.92がアップされています。
これをダウンロードしてインストーすると、動画の画面と同じようにTarget Latencyなどの項目が増えています。
最新版をこれから聴いてみます♪

https://www.diretta.link/download/0.92/" target="_blank">https://www.diretta.link/download/0.92/

user_com.png シネマ time.png 2020/10/10(Sat) 20:28 home No.7677
Re: Diretta Transport Protocol
シネマ様
yo様

この辺りには、微妙な事情があるようです。

オリオスペックのDiretta Target PCの設定ツールでチェックをいれると、ASIOドライバーの最新版は91_1となります。

一方、Diretta Audioは、海外展開もしているので、ウェッブページでは、既に92がアップされています。

ただ、オリオスペックのDiretta Target PCの立場では、まだ92を一般公開していないということになるようです。

ですので、現在のところ、92の使用は、あくまでもユーザーの自己責任でということになりそうです。

user_com.png tairyu time.png 2020/10/10(Sat) 22:52 home No.7678
Re: Diretta Transport Protocol
シネマさん、tairyuさん

情報ありがとうございます。早速試してみました。

ASIOドライバも更新するアップデートなので、diretta本体は自動的にアップデートされるようですね。
確かにバージョンは0.92になっていました。録画の情報が間違っているようですね。
昨日試したのはOLIOSPECのサイトにあるドライバを使ったので、0.91になったという事のようです。ご本家のドライバを使えば、0.92に出来るようです。問題はOLIOSPECのサイトのドライバでインストールするとOLIOSPECというディレクトリにインストールされ、ご本家のドライバを使うとdirettaというディレクトリにインストールされるという事ですかね。実害はないようですが、ちゃんと古いドライバを削除してからやった方が良いのかもしれません。

音は相当にレベルアップします。今、DeltaWaveを使って検証していますが、0.91より更に良くなりましたね。
まあ、tairyuさんが書かれているように、このあたりは自己責任ですから、試す方はしっかりバックアップをとった上でやった方が良いかと思います。

user_com.png yo time.png 2020/10/11(Sun) 09:22 home No.7679
Re: Diretta Transport Protocol
0.92は本当に素晴らしい音がしますね。Windows側のASIOドライバに手を入れたという理由が大きいのかなと思います。切れ味のよい、しかも透明感のある音です。ピアニストによるタッチの違いが良く分かるので、聴いていて楽しいです。
その辺りをDeltaWaveを使って、検証してみました。結果です。

-----------------------------
Album Player diretta 0.92
Difference (rms) = -66.43dB (-72.25dB -63.07dB -64.01dB -66.4dB)
df Median= -45.98dB (-53.5dB -42.7dB -42.7dB -45dB)

foobar2000 diretta 0.92
Difference (rms) = -60.8dB (-61.93dB -61.49dB -60.23dB -59.56dB)
df Median= -39.13dB (-39.4dB -39.7dB -39dB -38.4dB)
-----------------------------
Album Player diretta 0.91
Difference (rms) = -63.44dB (-63.68dB -63.43dB -61.63dB -65dB)
df Median= -42.4dB (-41.6dB -42.5dB -40.9dB -44.6dB)

foobar2000 diretta 0.91
Difference (rms) = -59.49dB (-61.03dB -57.09dB -59.57dB -60.26dB)
df Median= -37.38dB (-39.2dB -33.7dB -37.4dB -39.2dB)
-----------------------------
Album Player
Difference (rms) = -59.89dB (-64.93dB -56.23dB -61.63dB -56.75dB)
df Median= -37.38dB (-42.4dB -32.9dB -40.9dB -33.3dB)

foobar2000
Difference (rms) = -58.5dB (-58.75dB -56.75dB -62.36dB-56.13dB)
df Median= -36.22dB (-38.3dB -33.3dB -40dB -33.3dB)
-----------------------------

Album Player、foobar2000ともに普段使いのSurfaceノートとdirettaをつなぎ音を出しています。DACは逢瀬ak4499dacをUSB接続しています。録音機はi5の古いマシンで、ADCとしてはステレオサウンド付録の録音機能のあるDDCを使っています。DeltaWaveを使った測定についてはこの投稿を参照して下さい。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/read.cgi?mode=all&list=topic&no=7648#7673" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/read.cgi?mode=all&list=topic&no=7648#7673

Album Playerのdiretta 0.92での数値に関してですが、一回目の測定値はちょっと良すぎですね。まぐれで試験に100点満点をとっちゃったというところでしょう。多分残りの3回の平均値が実力だと思います。
ただ、仮にそうだとしても相当の実力で、リンク先のlinux i2s接続の測定値と比較しても十分に対抗できる値だと思います。
foobarは想像以上に悪い値ですね。 0.92でdf値がまあまあなのが救いですが、その他は悲惨な結果だと思います。
「数字だけじゃないよ」という意見はあると思いますが...。
逆にAlbum Playerは相当に使えそうです。普段、パソコンいじりをしながらの音楽を聞く時はこれで十分ですね。

user_com.png yo time.png 2020/10/11(Sun) 11:37 home No.7681
Re: Diretta Transport Protocol
AlbumPlayerからdiretta target pcで出力させていますが、dirttaの設定をSync Lowあたりにするとcpuが1%以下になってとても良い音になりますね。extra lowでは途中で止まってしまいます。もちろん他の設定でも楽しめますが。
user_com.png 匿名 time.png 2020/10/23(Fri) 10:32 home No.7693
Re: Diretta Transport Protocol
匿名さん

Windows版のAlbumPlayerはdirettaを鳴らすのに最適のソフトですね。僕もその使い方をしています。nasのディレクトリをドラッグ&ドロップすれば、選曲できますので、楽です。音もfoobarとは比較になりませんので、お勧めだと思います。変に音づくりしていない素直な音だから、direttaの調整にも使えるのでしょうね。

user_com.png yo time.png 2020/10/23(Fri) 19:56 home No.7699
Re: Diretta Transport Protocol
yo様

direttaでSync Lowに設定しcpuの負荷を見ているとアイドル時以下の負荷位になって0%時々1%となります、なぜそうなるのかとても不思議です。あまりpcに詳しくないので。私はjplay2台体制でwindows serverをosとして使っていましたが、1台をwindows10に入れ替えてAlbum Playerでも使えるようにしましたた。jcat net cardもそのまま使えるので良いですね。

user_com.png 匿名 time.png 2020/10/24(Sat) 13:13 home No.7700
Re: Diretta Transport Protocol
Diretta x64 Target BridgeのASIOドライバーの最新ヴァージョンは、現在94.1となっています。

Direttaの開発者が、以下の動画において、そのASIOドライバーの設計コンセプトや、各項目の設定の狙い等について、大変詳しく、興味深い解説をしています。

当該ASIOドライバーを、「自己責任」で使用されている方々には、一度ご覧になられることをお勧めいたします。

https://www.youtube.com/watch?v=xi2t9fvYYj0" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=xi2t9fvYYj0

user_com.png tairyu time.png 2020/10/30(Fri) 14:15 home No.7709
Re: Diretta Transport Protocol
もうこれ
tairyuが色々報告するスレでも作った方が良いんじゃない?
色んなスレがtairyuさんの報告で埋め尽くされててちょっとね・・・

user_com.png ななし time.png 2020/10/31(Sat) 19:24 home No.7710
Re: Diretta Transport Protocol
ななしさん、tairyuさん、こんにちは。

ななしさんがご指摘のように、#7674や#7693から始まる議論の流れがDiretta関連情報報告の投稿に邪魔されて、スムーズに行えなくなっているようです(特に#7693)。

もともと、このスレッドはtairyuさんの「オリオスペックのDiretta Target PC以外の、Diretta Transport Protocolに関する情報は、別立てにした方が良いようにおもいます。皆様、情報提供・ご議論の方、どうかよろしくお願いいたします。」という意見表明で始まっています。その意味では、関連情報を別の新規スレッドにして、こちらでは関連情報に関する議論を、情報先を明示して、行ったらいかがでしょうか。情報提供の頻度が高すぎるので、議論と情報提供が混在し、議論の流れが見えにくくなっていることが問題のようですから。

勿論、tairyuさんが開始されるDiretta関連情報スレッドもtairyuさん専用ということではなく、自由に誰でも書き込めます。ただし、そちらのスレッドは議論を期待しない報告情報専用としたらいかがでしょうか。

user_com.png yo time.png 2020/11/01(Sun) 08:17 home No.7711
Re: Diretta Transport Protocol
ななし様
yo様

ご意見をいただき、どうもありがとうございました。

大変建設的なご意見を頂戴しましたので、Diretta関連情報スレッドを新設し、情報提供と議論とを分離することにしたいとおもいます。

user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:24 home No.7712
Re: Diretta Transport Protocol
オリオスペックからUSB-SFPなるものが発売されていますが、これは送り出しのPCにつけるものでしょうか?あるいはDiretta Target PC側につけるものでしょうか。メディアコンバーターとは役割は違うのでしょうね。もう少し詳しく説明してもらいたいですね。
user_com.png 匿名 time.png 2020/11/04(Wed) 14:13 home No.7737
Re: Diretta Transport Protocol
匿名様

オリオスペックのウェッブページに、追加説明が掲載されましたので、ご覧になってみてください。

基板の写真も、みることができます。

https://www.oliospec.com/shopdetail/000000010135/?fbclid=IwAR1vef65Bshnar5P-1BE2i6kQIXcXkVRRG3_Lx2McT_unDmrNSG6d0lsaSk" target="_blank">https://www.oliospec.com/shopdetail/000000010135/?fbclid=IwAR1vef65Bshnar5P-1BE2i6kQIXcXkVRRG3_Lx2McT_unDmrNSG6d0lsaSk

user_com.png tairyu time.png 2020/11/04(Wed) 20:32 home No.7739
Re: Diretta Transport Protocol
Tairyu様

さっそくありがとうございます。
LANポートの増設ならばUSBで簡単にできますが、こちらを使用することで、アイソレートされたりPCの負担が減ったりして音質が良くなるのでしょう。

確かにDiretta経由の場合音は良くなるのですが、シンプルにPC-DAC直結でも、同じようにデータの負荷がかからないようにすることは出来そうなものだと思いますが、LAN経由させてわざわざ機材を増やすやり方はおもしろいです。そうなってくるとAMAZON HDなどストリーミングでローカルにデータがなくても高音質が実現できるようになるかも知れませんね。

user_com.png 匿名 time.png 2020/11/04(Wed) 21:20 home No.7740
Re: Diretta Transport Protocol
匿名様

Direttaのウェッブページにも、USB-SFPの説明が掲載されました。

基板の写真もみることができますが、オリオスペックのウェッブページの方が枚数は多いです。

https://www.diretta.link/aperitivo.html?fbclid=IwAR3bMZRyIYqrdbRTOY-CRTl6S7pd_RtmdfXGFSDGhy5-t1Pr9EMTjdwrvD8" target="_blank">https://www.diretta.link/aperitivo.html?fbclid=IwAR3bMZRyIYqrdbRTOY-CRTl6S7pd_RtmdfXGFSDGhy5-t1Pr9EMTjdwrvD8

user_com.png tairyu time.png 2020/11/06(Fri) 08:28 home No.7744
Re: Diretta Transport Protocol
海外版では、Target FW 94_2およびASIO driver 94_5が、正式リリースになっています。

私は今まで、「自己責任」で、Target FW 94_1およびASIO driver 92_1を使用してきました。このヴァージョンからは、Preset Profileが一新され、Asio Bufferもより低い数値を設定できるようになりました。

私見では、Preset ProfileでSync系を選択し、Asio BufferとTarget Latency等を適切な値に設定することにより、今までとは異次元の音質になるようにおもいます(私の場合、Preset Profile:Sync、ASIO Buffer:32、Target Latency:10、Depth:6に設定)。

ただ、今回のヴァージョンでSyncに設定すると、私の使用環境においては、より解像度が良く、切れ味のある音質になります。その一方で、かなりソリッドな傾向で、音の厚みや高揚感などは後退し、音色なども変わっているように感じられます。

この点について、Direttaの開発者は、フェイスブックにおいて、以前のバージョンと同じ設定値で音声が違う可能性があるので、今までSyncを使用していて、今回のヴァージョンでそのような状況になる場合は、Sync_lowかSync_lowestを設定することを推奨しています。

私も、94_2のSync Low/Sync Lowestの双方を試してみましたが、確かに、94_1のSyncに近い音がすることを確認できました。ただし、Asio BufferやTarget Latencyの選択肢は、がらりと変わります。

ちなみに、現在の私の設定値は、以下の通りです。

Preset Profile:Sync Low、Asio Buffer:128、Target Latency:1000、Depth:6

なお、申しあげるまでもありませんが、これらの件は、あくまでも「自己責任」でということになります。

https://www.diretta.link/download/" target="_blank">https://www.diretta.link/download/

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

https://support.diretta.link/doku.php?id=diretta:asio:setting" target="_blank">https://support.diretta.link/doku.php?id=diretta:asio:setting

user_com.png tairyu time.png 2020/11/12(Thu) 07:13 home No.7756
Re: Diretta Transport Protocol
tairyu様

情報早いですね。
見たらオリオスペックもアップデートされました。
fidataのnasからも直接direttaを通して使っていますが、前回は割と早くアップデートされましたので、今回もアップデートされるといいなと思ってます。

user_com.png 匿名 time.png 2020/11/12(Thu) 16:18 home No.7757
Re: Diretta Transport Protocol
匿名様

ご教示をいただき、どうもありがとうございました。

私は、気がつきませんでした。正式な発表は、まだのようです。

オリオスペックのものは、カスタマイズされていて、「本家」とは仕様が若干違うのが、興味深いですね。

user_com.png tairyu time.png 2020/11/12(Thu) 18:39 home No.7758
Re: Diretta Transport Protocol
tairyuさん

いつも素早く情報をお知らせいただきありがとうございます。

今朝、チェックをしたところドライバーは64.6がリリースされていました。

ところで『オリオスペックのものは、カスタマイズされていて、「本家」とは仕様が若干違う』とお書きになっておられますが、具体的にどこの仕様が違っているのかご教示いただければ幸甚です。

よろしくお願いいたします。

user_com.png ごんべぇ time.png 2020/11/14(Sat) 11:08 home No.7760
Re: Diretta Transport Protocol
ごんべぇ様

ご案内いただき、どうもありがとうございました。

現在は、同一の仕様になっているようです。

また、Direttaの開発者はフェイスブックで、ユーザーのおこなうDiretta ASIOの設定は、あくまでも期待値であり、実際のパフォーマンスはそれとは相違している可能性もあるとのべています。その辺りの詳細については、開発者のフェイスブック、およびASIOドライバーに関する動画もあわせてご覧ください。

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.diretta.link%2Fdownload%2F0.94%2FDirettaASIOdriver_94_6.msi" target="_blank">https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.diretta.link%2Fdownload%2F0.94%2FDirettaASIOdriver_94_6.msi

https://www.youtube.com/watch?v=xi2t9fvYYj0" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=xi2t9fvYYj0

user_com.png tairyu time.png 2020/11/14(Sat) 12:06 home No.7761
Re: Diretta Transport Protocol
現在、新しいヴァージョンで、いろいろな音源をきいています。

今回のヴァージョンでは、より鮮明感や透明感がある音質になっているようにおもいます。

その上、スケール感・立体感・生々しい音像感も、一層顕著だとおもわれます。

user_com.png tairyu time.png 2020/11/15(Sun) 12:30 home No.7763
Re: Diretta Transport Protocol
ASIO driverの最新版は、現在94_6になっています。

Direttaの開発者はこの度、ASIOデバイスの名称を変更しました。

これにともない、ASIO driverの新ヴァージョンをインストールする際に、旧ヴァージョンをアンインストールすることを要請しています。

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

https://www.diretta.link/download/" target="_blank">https://www.diretta.link/download/

user_com.png tairyu time.png 2020/11/16(Mon) 08:26 home No.7766
Re: Diretta Transport Protocol
tairyu様

私もバージョンアップしてみましたがいまいち良さがわかりません。sync lowestですと少し切れがなくなってしまって今ではvariable lowest でしたっけ、そのモードで良い感じで聞いています。album playerで再生しています。tairyuさんや他の方はどのような設定でお使いでしょうか。

user_com.png 匿名 time.png 2020/11/21(Sat) 11:11 home No.7772
Re: Diretta Transport Protocol
匿名様

今回のヴァージョンでは、使用しているDACの仕様によって、音質が随分異なってくるようです。

私の場合、今までSyncを使用していましたので、今回Sync_lowないしはSync_lowestを選択することで、ほぼ従前と同値になっています。

匿名様の場合、Sync_lowestを使用しておられましたので、そのままでは物足らないとお感じなられたのでしょうね。

ASIO driver 94_5以降、ユーザーによる選択肢がぐんと広がりましたが、これは同時に、下手をすると、「設定地獄」におちいることを意味しています(それも、楽しみの1つではありますが…)。順列組み合わせで設定をためしていたのでは、選択肢はそれこそ、途方もない数になってしまいます。

そこで、おっしゃるように、ユーザーがそれぞれ自身の現在の設定を披露しあい、それらを参考にしながら、自分にとって最適の設定をみつけだすのが、一番実質的なようにおもいます。

そういうわけですので、Direttaのユーザー皆様、ご報告の程、どうかよろしくお願いいたします。

ちなみに、現在のところの私の設定値は、以下の通りです(音楽再生ソフトは、 Bug head Nontallion、Album Player Mini 2.110、Audirvana(TIDAL用)、JRiver Media Center 27およびVB-Audio ASIO Bridge(インターネット・ラジオ用))。

Preset Profile:Sync Low、Asio Buffer:128、Target Latency:1000、Depth:6

user_com.png tairyu time.png 2020/11/21(Sat) 12:38 home No.7773
Re: Diretta Transport Protocol
tairyuさん

ありがとうございます。設定がいろいろあって楽しめるのですが音楽聞いていても欲が出てしまうというか、色々試してしまいます。fidataでも直接聞いていますがこちらはシンプルな構成で迷いもなく良い音です。逆に色々いじれないのはちょっとものたりません。fidataとalbumplayrtを簡単に切り替えできますのでおもしろいです。dacはsoulnote d-2で聞いていますがzerolinkにも興味があってアップグレードのサービスがあれば良いなと思ってます。

user_com.png 匿名 time.png 2020/11/21(Sat) 12:54 home No.7775
Re: Diretta Transport Protocol
匿名様

そうですか、fidataとsoulnote d-2という、素晴らしい機器をご使用とのことで、うらやましい限りです。

ところで、現時点で、Direttaを使用した場合の、fidataとPCオーディオの音質差は、どのようにお感じになっておられますでしょうか。

ともうしますのも、SPECのDiretta USB Bridge RMP-UB1が発売された現在、今後は、fidataないしはSoundgenicーRMP-UB1ーDACか、PCオーディオの諸設定にたえられる人(あるいはそれらを楽しみたい人)は、オーディオPCーRMP-UB1ーDACを使用する、という二極化がおこるのではないかという議論もありますので、その辺りをぜひお聞かせ願えればとおもいます。

どうかよろしくお願いいたします。

user_com.png tairyu time.png 2020/11/21(Sat) 13:27 home No.7776
Re: Diretta Transport Protocol
tairyuさん

direttaのドライバはwindowsのみの提供ですが、fidataは恐らくlinuxベースだと思うのです。この点も異なっています。fidata->diretta pc経由ではリファレンス的に使ってます。dsdも無音を入れられますのでalbum playerダイレクトモードですとブツっという心臓に悪い音が曲間に入ってしまうのですが、それも防ぐことができます。
fidata->diretta pcの音は立体的で切れが良く、windows->diretta pcは設定によって同等ぐらいまでは行きます。空間表現という部分ではシンプルなfidataの方が若干上かと思います。私はfidataをリファレンスとして使い、気分でwindows pcの設定を変えて使っています。specのdiretta bridgeも興味あります。テレガートナーのm12のハブを使っていますので、m12用のの光接続用のメディアコンバーターがsforzartoから発売されたらspecのdiretta bridgeと光ケーブルでつなげpc群とは距離を取って使ってみようとたくらんでいます。あるいはdiretta pcを光接続に変えるのも良いと思っています。

user_com.png 匿名 time.png 2020/11/21(Sat) 14:02 home No.7777
Re: Diretta Transport Protocol
匿名様

早速、詳しくご教示をいただき、どうもありがとうございました。

fidataの実力は、やはり相当なもののようですね。

user_com.png tariyu time.png 2020/11/21(Sat) 14:12 home No.7778
Re: Diretta Transport Protocol
海外版では、ターゲット・ファームウェア(Target FW)の最新版は、94_4になっています。
user_com.png tairyu time.png 2020/12/06(Sun) 20:48 home No.7790
Re: Diretta Transport Protocol
海外版のASIOドライバーが、Diretta_ASIO_1_94_0に更新されました。

ただし、これは名称変更によるもののようです。

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

user_com.png tairyu time.png 2020/12/08(Tue) 08:48 home No.7791
Re: Diretta Transport Protocol
プレビュー版のASIOドライバー 0_94_7、およびターゲット・ファームウェア 0_94_5 (いずれもカーネル5.10, gcc 10)が、非公式にアナウンスされました。

そのインストール・使用は、下記に掲載の説明文を参照の上、あくまで自己責任でとのことです。

https://www.facebook.com/groups/149414109857805" target="_blank">https://www.facebook.com/groups/149414109857805

user_com.png tairyu time.png 2020/12/22(Tue) 07:40 home No.7805
Re: Diretta Transport Protocol
プレビュー版のターゲット・ファームウェアは現在、0_94_6になっています。

https://www.facebook.com/groups/149414109857805" target="_blank">https://www.facebook.com/groups/149414109857805

user_com.png tairyu time.png 2020/12/22(Tue) 22:17 home No.7806
Re: Diretta Transport Protocol
プレビュー版のターゲット・ファームウェアは更に、0_94_7になっています。

https://www.facebook.com/groups/149414109857805" target="_blank">https://www.facebook.com/groups/149414109857805

user_com.png tairyu time.png 2020/12/23(Wed) 07:48 home No.7807
Re: Diretta Transport Protocol
tairyuさん

私も新しいバージョンにしてみました。再生ソフトはWindows版のAlbumPlayerからDiretta Target pcで再生しています。音源はfidataのNASですがTwonky Serverは使わないでwebコントロール版で直接NASにアクセスするようにしたのですが、全然違います。特にクラシックは広がり奥行きホールの響き各楽器の位置などホログラフィック的な感じになって驚いています。

user_com.png 匿名 time.png 2020/12/26(Sat) 23:09 home No.7808
Re: Diretta Transport Protocol
匿名様

コメントをお寄せいただき、どうもありがとうございます。

私の環境では、音の解像度が顕著であり、立体感・音像感・透明感も一層素晴らしく感じられます。

user_com.png tairyu time.png 2020/12/27(Sun) 07:57 home No.7809
Re: Diretta Transport Protocol
プレビュー版のASIOドライバー、およびターゲット・ファームウェアは現在、共に0_95_0になっています。
user_com.png tairyu time.png 2020/12/28(Mon) 22:33 home No.7812
Re: Diretta Transport Protocol
プレビュー版のASIOドライバー、およびターゲット・ファームウェアは現在、共に0_95_1になっています。
user_com.png tairyu time.png 2020/12/31(Thu) 18:45 home No.7814
Diretta Transport Protocol関連情報

こちらは、Diretta Transport Protocol関連情報のスレッドです。

皆様、情報提供の程、どうかよろしくお願いいたします。

なお、 Diretta Transport Protocolに関する議論は、「Diretta Transport Protocol」の方にお願いします。

user.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:28 home No.7713 [返信]
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
オリオスペックに、SPECのDiretta USB Bridge RMP-UB1SFPのデモ機が納品されました。10月9日から、試聴できるそうです。

別所で試聴した土方久明氏によると、「圧倒的な音質に驚嘆しました」とのことです。

さてさて、どんな音がするのでしょうか。興味津々です。

なお、本機に関する情報は、以下からえることができます。

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

https://www.spec-corp.co.jp/audio/RMP-UB1/index.html" target="_blank">https://www.spec-corp.co.jp/audio/RMP-UB1/index.html

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17401826" target="_blank">https://online.stereosound.co.jp/_ct/17401826

https://www.phileweb.com/review/article/202012/03/4048.html" target="_blank">https://www.phileweb.com/review/article/202012/03/4048.html

https://www.youtube.com/watch?v=dg1D8WVmaPU&fbclid=IwAR11ikpiqC3D4wpSomg4vzCP6-eWySIlqW6rPt1p56hS82CazNVdI_FHg_o" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=dg1D8WVmaPU&fbclid=IwAR11ikpiqC3D4wpSomg4vzCP6-eWySIlqW6rPt1p56hS82CazNVdI_FHg_o

user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:36 home No.7714
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
Direttaの開発者が、第3回のDiretta生放送をYouTubeでおこなうそうです。

今回のテーマは、「USB-SFPの紹介のつもり」とのことです。

なお、生放送終了後も、録画を視聴することができます。

10月15日 木曜日 21:00

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

https://www.youtube.com/watch?v=8k8M-3JF4dc" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=8k8M-3JF4dc

https://www.youtube.com/watch?v=mCdC9g02zUM" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=mCdC9g02zUM

user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:37 home No.7715
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
Diretta Audioが、SFP-SETおよびUSB-SFPを発売するそうです。

ただし、これらは、Diretta Protocolと直接は関係しない製品になります。

https://www.diretta.link/aperitivo.html?fbclid=IwAR3zD1pSRzhC7hsEZn7O3xdoeINGR7MDBMi5hyQfJjrxC97hFYvl4hJMhkE" target="_blank">https://www.diretta.link/aperitivo.html?fbclid=IwAR3zD1pSRzhC7hsEZn7O3xdoeINGR7MDBMi5hyQfJjrxC97hFYvl4hJMhkE

先日ご案内した動画においてでも、説明するとのことです。

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

また、オリオスペックでは、貸出機を用意しているそうです。

https://www.oliospec.com/shopdetail/000000010135/?fbclid=IwAR1vef65Bshnar5P-1BE2i6kQIXcXkVRRG3_Lx2McT_unDmrNSG6d0lsaSk" target="_blank">https://www.oliospec.com/shopdetail/000000010135/?fbclid=IwAR1vef65Bshnar5P-1BE2i6kQIXcXkVRRG3_Lx2McT_unDmrNSG6d0lsaSk

user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:39 home No.7716
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
Direttaの開発者が、第3.5回のDiretta生放送をYouTubeでおこなうそうです。

今回のテーマは、「前回の続きとSFPに関して掘り下げの予定」で、「前回配信に失敗してしまったので、続きで」とのことです。

なお、生放送終了後も、録画を視聴することができます。

10月22日 木曜日 21:00

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

https://www.youtube.com/watch?v=5L2oq3Rck60&feature=youtu.be" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=5L2oq3Rck60&feature=youtu.be

user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:40 home No.7717
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
SPECのDiretta USB Bridge RMP-UB1ですが、SFP仕様のもの(RMP-UB1SFP)も、同時に発売になるようです。

https://www.spec-corp.co.jp/audio/RMP-UB1/index.html" target="_blank">https://www.spec-corp.co.jp/audio/RMP-UB1/index.html

https://www.oliospec.com/shopdetail/000000010100/disp_pc/" target="_blank">https://www.oliospec.com/shopdetail/000000010100/disp_pc/

user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:45 home No.7718
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
Direttaの開発者が、第4回のDiretta生放送をYouTubeでおこなうそうです。

今回は、「よくわからなくなちゃったdiretta ASIO driverの設定について ちゃんと説明します」・「ASIOドライバに関してやります。ログの表示機能や、設定が増えた最新ドライバを解説していきます」とのことです。

また、コメントでの質問にもこたえるということです。

なお、生放送終了後も、録画を視聴することができます。

10月29日 木曜日 21:00

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

https://www.youtube.com/watch?v=xi2t9fvYYj0" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=xi2t9fvYYj0

user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:46 home No.7719
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
user_com.png tairyu time.png 2020/11/01(Sun) 11:48 home No.7720
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
Direttaの開発者が、第5回のDiretta生放送をYouTubeでおこなうそうです。

今回は、「UPnPでのCD再生など SONOREの新FWとかの予定」とのことです。

また、コメントでの質問にもこたえるということです。

なお、生放送終了後も、録画を視聴することができます。

11月13日 金曜日 19:00

https://www.facebook.com/DirettaAudio/" target="_blank">https://www.facebook.com/DirettaAudio/

https://www.youtube.com/watch?v=OHtQ8zLIdzQ" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=OHtQ8zLIdzQ

user_com.png tairyu time.png 2020/11/07(Sat) 12:00 home No.7750
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
Audio Renaissance Onlineの「SPEC その2」において、SPECのDiretta USB Bridge RMP-UB1について、SPECの担当者およびDirettaの開発者が、映像で説明をおこなっています(14:14-)。

中でも、その場で天板をあけての製品内部の紹介には、大変興味深いものがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=FRidc3DJo8U&feature=youtu.be" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=FRidc3DJo8U&feature=youtu.be

user_com.png tairyu time.png 2020/11/19(Thu) 08:57 home No.7770
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
フェイスブックに、Diretta Usersのグループ(公開グループ)ができました。

発起・管理人がオランダの方なので、使用言語は主に英語になりますが、フェイスブックの翻訳機能を使用して、簡単に日本語で読み書きすることができます。

ここが、Direttaユーザーの国際的な交流の場になることが期待されます。

https://www.facebook.com/groups/149414109857805/" target="_blank">https://www.facebook.com/groups/149414109857805/

user_com.png tairyu time.png 2020/12/09(Wed) 09:16 home No.7792
Re: Diretta Transport Protocol関連情報
逆木一氏が、Diretta AperitivoのUSB-SFPアダプターのレビュー動画(約17分)を公開されています。

中でも、JCATのNETカードFEMTOとの音質比較、およびメタルLANケーブルと光LANケーブル(光ファイバー)との音質比較(いずれも空気録音あり)には、大変興味深いものがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=hmbnatdpHd8" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=hmbnatdpHd8

user_com.png tairyu time.png 2020/12/27(Sun) 08:50 home No.7810
JPLAY 日本語公式サイト…今

ご存知でしょうが J-Play Marketing (!?)に代わっていました。う~ん です。

我が家のJplay(LattePanda×2 バッテリー電源)はときどき、ひょっこりゴジラさんが現れますが、”ぶぶ漬け”(Yoさん、その他の皆さんのお知恵)にてお帰り頂いております。

最近はJPLAYの話題もすっかり下火になり(おそらくはもっと音の良いソフトが沢山出てきているのでしょう)少し寂しい気分ではありますが、きちんとした次期バージョンが発売されればまた盛り上がるのではと期待しています。

user.png なべまさ time.png 2020/11/24(Tue) 09:58 home No.7784 [返信]
Re: JPLAY 日本語公式サイト…今
なべまさ さん、情報ありがとうございます。

> ご存知でしょうが J-Play Marketing (!?)に代わっていました。

これは知りませんでした。金融証券関連の情報サイトに生まれ変わったということですかね。いずれにしても、JPLAYとは関係がなさそうです。どういうことなのでしょうか。

僕もJPLAYとはご無沙汰で、この間、久しぶりに起動したらゴジラ再来となっていました。まあ面倒なのでほったらかしにしてあります。世の中、音楽の聞き方がストリーミング中心に変わってきていますから、新JPLAYが登場するとしても、何か新しいアプローチがないと意味はないでしょうね。JRIVERはそのあたり、上手く対応しているという気がします。ちょっと残念です。

user_com.png yo time.png 2020/11/25(Wed) 19:33 home No.7787
Re: JPLAY 日本語公式サイト…今
私は以下の従来のURLでアクセスでき、特に変わりはありません。
http://jplay.eu/" target="_blank">http://jplay.eu/

ただ、私が使っているウイルス対策ソフト(ESET)は潜在的に望ましくないコンテンツという警告を出しますが、続行を選べば問題なくアクセスできています。このことと何か関係があるかも知れないですね。


user_com.png wani time.png 2020/11/26(Thu) 11:57 home No.7788
Daphileその後

以下の記述は、もう既に皆様ご存じのことと思いますが昨年この欄で「wav」の再生が出来ないと質問をしました。

またasoyajiさんもLPCMと表示して再生が出来ないと
投稿されておりました。ですが、この件については昨年12月19日に「デジファイのおと」さんの「LightMPD掲示板」の「Daphile」の項目中で「donuts.shop73」さんが既に解決策を回答下さっておりました。つい最近知りました。

詳しくはそちらhttps://sites.google.com/site/digififan/home/lightmpdbbs" target="_blank">https://sites.google.com/site/digififan/home/lightmpdbbs をご覧頂くとしまして、Daphileのベータ版だとsshでログインが出来るので/opt/mediaserver以下configを変更
するというものです。Daphileは正式版もベータ版もバージョンアップされていて、むしろベータ版の方が正式版より日付が新しく月々更新されているようです。

https://www.daphile.com/download/FAQ.txt" target="_blank">https://www.daphile.com/download/FAQ.txt こちらは良くある質問をまとめたもの

http://www.daphile.com/firmware/beta/" target="_blank">http://www.daphile.com/firmware/beta/    こちらはベータ版 ファームウェアのダウンロード元

私が作業した時は(Rloginでおこないました)一番新しいベータ版で行いましたがdonuts.shop73さんの解説の最初の項目  wav wav**
- は追加されていました。
-
(3)のWAVの設定を変更 FLAC,MP3,PCM: Disableed を選択WAV:Nativeを選択の項目は見当たりませんでしたので “|wav” を削除 “wav|”を削除だけ行いました。

作業後の確認ではwav Flacの他DSDも11.2Mhz再生まで確認できました。
Daphileをメディアサーバーとして使用した音はMinimサーバーより透明感、静寂感がうえで大いに満足しています。donuts.shop73さん大変に有り難うございました。深謝です。

皆様は既にご存じだと思いましたが、私はつい最近知ったのと、昨年この欄で質問を上げさせて頂いたので、今回投稿させて頂きました。

以下は参考までにdonuts.shop73さんの解説です。(ssh使用時のパスワードは「zaq」です)

donuts...@gmail.com

2019/12/19

Daphileからdlnaでwavを送信する件ですが、
beta版であれば、以下の手順で Daphile側で対応可能です。
※wavをlpcmに変換せず、wavのまま送信可能となります。

(1)sshで接続し、以下の3ファイルを修正
 /opt/mediaserver/convert.conf
  以下2行を追加 (書式はファイル内を参考)
   wav wav * *
    -
 /opt/mediaserver/Slim/Plugin/UPnP/Common/Utils.pm
  変更前
   if ( $content_type !~ /^(?:mp3|aif|pcm|wav)$/ ) {
  変更後 ※ "|wav" を削除
   if ( $content_type !~ /^(?:mp3|aif|pcm)$/ ) {

 /opt/mediaserver/Slim/Plugin/UPnP/MediaServer/ConnectionManager.pm
  変更前
   if ( $row->{content_type} =~ /^(?:wav|aif|pcm)$/ ) {
  変更後 ※ "wav|"を削除
   if ( $row->{content_type} =~ /^(?:aif|pcm)$/ ) {

(2)リブート

(3)web接続し、設定変更
 [Settings] 選択
 [Advanced Media Server Settings] 選択
 [Advanced] 選択
 [Formatting] ⇒ [File Types] 変更

 WAVの設定を変更
  FLAC, MP3, PCM: Disabledを選択
  WAV:Native を選択

user.png aria1008 time.png 2020/11/07(Sat) 07:03 home No.7746 [返信]
Re: Daphileその後
aria1008さん

情報ありがとうございます。

Daphileのベータ版のリンクは以前見つけた記憶があるのですが、忘れていました。結構頻繁にアップデートされているのですね。確か、ベータ版だとSSHで入れると思いましたので、こっちをメインに使った方がいいかもしれませんね。

DaohileをAPUで動かしたという情報をどこかで読んだと思いますが、lightMPDの掲示板だったですかね。

user_com.png yo time.png 2020/11/07(Sat) 09:12 home No.7748
Re: Daphileその後
boot USB を作成し、apu2 へのインストール時に
mSATA 指定で可能です。でも猛烈に遅くて辛いです。

user_com.png koma time.png 2020/11/07(Sat) 11:24 home No.7749
Re: Daphileその後
しばらく前からDaohileをメインのサーバーとして使っています。
もちろんベータ版です。cifsも普通に使えますので現在はこれだけです。
ファイル管理はsshfsでマウントして行っていますが、私にはこれが使いやすいです。

i5の古いPCですが、速度に不満はありません。
古いCeleronのときは少々動きが鈍かったのでCPUパワーは結構必要と思います。

user_com.png moct time.png 2020/11/07(Sat) 15:49 home No.7751
Re: Daphileその後
moctさん、komaさん

daphileは、結構、負荷が大きいのですね。意外でした。
となるとAPUで動かすのはkomaさんご愛用のarchということになりますかね。昔やって大変だった記憶があるので、躊躇しているのですが、気力を絞ってやってみますかね。
音が良いことはお墨付きだから。

user_com.png yo time.png 2020/11/07(Sat) 17:51 home No.7752
Re: Daphileその後
>音が良いことはお墨付きだから。
今月だけで8回ほどインストールしているので疲れて慣れました(笑)
インスール用のisoイメージの中にはまともなインストラーは未だに無いので
インストール対象PCで起動が完了したらrootのパスワード設定後に
sshを起動させて他のPCから接続して操作すればコピペが使えて楽に出来ます。
インストール前に他のPCでインストールするSSD,HDにパーテーションも作成しておけば更に楽が出来ます。
インストール終了後の再起動時にネットワークが有効になっていない仕様がいまだに謎です(笑)
レンダラー専用として使うのであればデスクトップ環境はインストールしなくても良いと思います。
mpd,upmpdcli,ffmepeg等のインスールだけで十分に実用的なプレーヤーになります。

user_com.png koma time.png 2020/11/07(Sat) 20:33 home No.7753
Re: Daphileその後
皆さんこんにちは。
daphileの設定で一つ困っていることがあり、この場を借りて皆さんの助言をいただきたいと思っております。
現在困っているのは、LMSでRadiRuko pluginを導入したのですが、再生できないということです。Gentooplayer(PC X64)のLMSでは問題なく再生できております。

user_com.png knkn59 time.png 2020/11/19(Thu) 10:29 home No.7771
Re: Daphileその後
自己レスです。
betaからrelease版にもどして再生できるようになりました。

user_com.png knkn59 time.png 2020/11/23(Mon) 20:15 home No.7783
アンドロイド端末(スマホ、タブレット)のトランスポートとしての可能性

Yo様、皆様、こんにちは、
いつも参考とさせていただいております。
スレッド立てはしないのですが、自分一の音が出てしまったのでどうしても書き込みたくなってしまいました。
最近はラズパイ3でmoode audioをrt化してDLNAサーバー、レンダラーとして、またbubbleupnp serverでそれをOpenhome化
してqobuzやNASを音源として聞いていたのですが、(I2Sdac使用、AUDIOPHONICS I-SABRE V2.1 DAC ES9023)

ヘッドホンの試聴がしたかったので、持ち出せる環境を試行錯誤していたのですが、以前はifi audio nano idsd + スマホソフト(HF Player)でOTGケーブル
で再生して聞いてもいまいちな音しか出ない印象があったので、アンドロイドは音が悪いと思っていました。
ところが、hiby musicから出している海貝音楽を試してみましたが、USB DACにダイレクト出力できるオプションがあり非常に音がよく、
DSDファイルを再生しても、ほとんど切り替え時のノイズを感じませんでした。ただ、宅内のオーディオに接続するにはスマホorタブレットを
USB DAC(だいぶ前に買ったFostex HP-A8)の近くに置く必要がありました。また、いつものようにiPADでKazooで操作したかったので
ほかのUSB DACにダイレクト出力できるソフトを探したところ、neutron music playerがあり、こちらはDLNAレンダラーとして使用できました。
また、DLNAサーバーとしてdsdファイルを扱える、MinimServer2をラズパイに立てました。しばらく使わないうちにMinimServerも有料となってしまっていたのですね。
無料で使える範囲で試しておりますが、やはりスマホ内のファイルを直接再生したほうがいいですが、利便性が悪いですね。老眼でスマホの細かい字も見えませんし、
Wifiでの音の悪化を心配していましたが、それほど感じませんでした。
ちなみに、Fostex HP-A8とUSBケーブルの間にはこれもだいぶ前に買ったAuroraSoundのBusPowerProを挟んでおります。

肝心の音ですが、なんといえばいいのか、バッテリー駆動からかS/Nがいいのか、非常にニュアンスが伝わる。
個人的ですが演奏者の気配が感じられるような(チェロとか聞きますが)そんな風に感じます。
レベルが一つ上がったようにおもいます。
DACもhp-a8もAK系でも古いですし、I2SのHDMIでの外部出力化も試したこともありませんし、Diretta PCも購入していないので
あくまで、私のレベルでの比較ですが

スマホとOTGケーブルがあれば簡単に試していただけるので皆様のご意見が聞きたいと思いました。
よろしくお願いいたします。

user.png チャーリー time.png 2020/11/15(Sun) 12:51 home No.7764 [返信]
Re: アンドロイド端末(スマホ、タブレット)のトランスポートとしての可能性
チャーリーさん、情報ありがとうございます。

僕の携帯はいまだにdocomoシーラカンスなので、同じ形で試すことは出来ないのですが、andoroidタブレットなら同じことだろうと考え、インストールしてみました。韓国製ソフトなのですね。やっぱり、こういう新しい波は韓国、中国から来るかとと納得しました。メスのOTGケーブルがないので、DACとはつなげないのですが、操作感はいいですね。これで、このままDACとつながり、良い音がでるのであれば、十分に使えそうだなぁと思いました。

OTGケーブルを使ってラズパイSMPDをガジェット化させる試みはSMPDフォーラムでminureeさんとdonuts.shop73さんがやっておられます。だんだん、こういう形でストリーミング音楽を聴くという聞き方が当たり前になっていくのでしょうね。以前はストリーミング再生にしても、アンドロイドOSでの再生にしても、音が悪くて聴く気にならないというレベルだったのですが、技術は変わる。問題なく使えるようになるということのようです。

早速、アマゾンにケーブルを注文してみました。僕の手持ちのDACとつながるかは不明ですが(理屈としてはlinuxにつながるDACは使えるはずですよね)、最悪はUSB1.0という手は利くでしょうから試してみるつもりです。

user_com.png yo time.png 2020/11/16(Mon) 08:17 No.7765
Re: アンドロイド端末(スマホ、タブレット)のトランスポートとしての可能性
Yo様
ご返信ありがとうございます。
MinimServer2は使わないほうがいいみたいです。
これまでほとんどハングしたことがないラズパイがたびたびハングします。
すこし様子をみたほうがいいみたいです。
やっぱり、有線lanで使いたいのと、充電が面倒なのでできれば避けたいので、
android-x86というディストリビューションバージョンは6.0r3をPC(Shuttle)にインストールして使用してみましたが
やはり音はいいですね。バッテリー駆動だけでいいのではなく、neutron music playerがいいのですね。
いま、USBやSDcardにいれて比較しようとしています。
neutron music playerがandroidのデフォルトのSRC(サンプリングコンバーター)を回避しているので192khz/24bitなどの
ハイレゾも再生できるのですが、androidのデフォルト(alsa?)では48kHz/16bitまでしか再生できないようです。
できればこれをOSで回避したいと思うのですが、なかなか、スキルが及ばないというところです。

user_com.png チャーリー time.png 2020/11/22(Sun) 12:17 home No.7779
Re: アンドロイド端末(スマホ、タブレット)のトランスポートとしての可能性
チャーリーさん

OTGケーブルを入手したので、neutron music player で音を出してみました。
なるほど、確かにこれは音の良いソフトのようですね。AlbumPlayerなどと比較しても遜色のない音がしていると思いました。これまでのandroidプレーヤの水準を大きく越えていますね。素晴らしい。
これでDLNA環境のレンダラーとして動くのなから使えると思いますが、やり方がよくわかりません。内蔵ディスクに保存した音源の音は出せるのですが、dlnaサーバを音源として選択できません。何か魔法の呪文があるのでしょうか。

user_com.png yo time.png 2020/11/22(Sun) 20:17 home No.7780
Re: アンドロイド端末(スマホ、タブレット)のトランスポートとしての可能性
Yo様
同意していただきありがとうございます。

>dlnaサーバを音源として選択できません。何か魔法の呪文があるのでしょうか。

魔法とは素敵な言葉ですね。コロナウイルスを一掃してくれるような魔法があればいいんですが・・・
残念ながらそんな魔法はありませんが、
私の理解している範囲でお答えします。

初期起動画面の右上の矢印と一覧の一緒になっているようなアイコンをタッチすると一番下にソースのアイコンがありますので
それをタッチしてください。一番下の真ん中に+記号をタッチすると真ん中にUPnP/DLNAがあるのでタッチ、すると同じセグメントのネットワークにあるDLNAサーバーが表示されるはずです。
同じくネットワークをタッチしてNASなども表示されるとおもいます。それをたどってフォルダを追加してください。

初期起動画面の右上の歯車のようなアイコンをタッチすると設定が表示されますが、その中のネットワークの下にある
メディアレンダラー(UPnp/DLNA)は他端末でKazooやfidataでneutron music playerをレンダラーとして利用するものだと思います。

正直インターフェースはわかりにくく、使いにくいソフトですよね。

user_com.png チャーリー time.png 2020/11/22(Sun) 22:25 home No.7781
Re: アンドロイド端末(スマホ、タブレット)のトランスポートとしての可能性
チャーリーさん

ご教授ありがとうございます。教えて頂いた方法で自家製のDLNAサーバーを認識出来ました。
レンダラーとして動かすという意味では、設定->ネットワークのDLNAレンダラー設定だけでよかったわけですね。

DLNAサーバーとしては、7~8世代前のatom機による自家製linuxサーバーを使っています。DACは逢瀬のAK4499DACと接続し、音を出しました。逢瀬DACをOTGケーブルでアンドロイドタブレットに繋ぎ、レンダラーとして動かすことが出来ました。
このDACは、多分、お値段の一桁上の音がすると思っています。その上に、10K円しないタブレットを置くというシンプルな構成で(アンドロイドタブレットをネットワークプレーヤとして動かすということになります)、音を出すことができますね。
コントロールポイントは標準のものなら何でも使えるはずです。僕はiPadAirを使いましたが、スマホでもOKだと思います。

fidataという高価なNAS兼ネットワークプレーヤの音を聴いたことがあるのですが、十分対抗できるレベルのじゃないかと思います。まあ、NAS側はそれなりの電源対策はしているので、当たり前の結果かもしれませんが。
このOTG接続のアンドロイド・ネットワークプレーヤはお勧めですね。タブレットとアプリ(neutron music player)だけで、手軽に出来るのが良いです。

user_com.png yo time.png 2020/11/23(Mon) 19:14 home No.7782
処理 記事No 暗証キー

mail

- YY-BOARD -