おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 画像認証
arrow.png
rpiでつくるupnpアダプタ

別のスレでサルがupnpアダプタをrpiでやっているという話をちらっとですがしました。
これは、lightmpdupnpgwの説明をよく読んでいるうちにこれならapuじゃなくても
できるんじゃないか、と考えてやったらできてしまったという顛末です。

音の評価は僕は先入観を与えたくないので触れません。
それより自分でやってみたいという人の手助けが少しでもできればという思いで
書いてみたいと思います。ただ、buildrootの説明でやったときのような手取り
足取りみたいなことはやりません。今までにbuildrootを扱ってそれなりに実力が
ついてきている人が対象です。そういう方はおそらくbeagleboneだけでなくrpiの
システムも自分で作れるようになっていると思いますので。

今回は概要だけ説明します。これだけでもできる方はいらっしゃるんじゃないでしょうか。
サルでもできましたので安心してください。
サルがやっているupnpアダプタの簡単な構成を以下に示します。


upmpdcli+polipo mpd
[NAS]----------------[rpi2B]------------[BBG or rpi]
eth1 eth0 eth0
(192.168.1.X) (10.0.0.1) (10.0.0.2)


upnpアダプタはnat,napt(ipマスカレード)を使う方法とupmpdcli,polipoを使う方法が
あります。lightmpdupnpgwではどちらの方法でも取れるようになっています。(この表現は
不正確ですね。polipoを使わない場合、nat機能を使うということです。)
しかし、せっかくupnpで音出しをしているわけですから、upmpdcli,polipoを使う方が
わかりやすいと考えました。
rpi2Bにはご存知のとおり、ethが1つしかありせんので、usb-etherアダプタを使い
ます。私は1000円ちょっとで購入しました。これでrpi2Bにnas側とBBG側をつなげます。

この構成でネットワーク分離とupnpレンダラーができるupnpアダプタの完成です。

lightmpdgwの最終形態?のイーサネット分離もできればやってみたいですが、今は
時間があまりとれませんので、できた人がいらっしゃればサルに教えてください。

最初音がでたときはほんと不思議な感じでした。今まで、mpdとupmpdcli,polipoが
同居するupnpレンダラーしかやったことがなかったのでこれらを別居させ、なおかつ
音がでるというのがサルには興味深かったわけです。

あくまでもネットワークの利便性を失わず、いい音を聴きたいというdigififanさんの
思いが伝わってきます。この場を借りまして敬意を表したいと思います。

とにかく、lightmpdupnpgwのdigififanさんの説明をよくお読みになってください。
できますので。

次回以降は少し間を置き、もっと説明して欲しいといったリクエストがございましたら
できる限り答えていきたいと思います。

リクエストが来ませんように。

user.png inthedark time.png 2017/02/13(Mon) 19:27 home No.5674 [返信]
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
なるほど、図をみればあきらかですか。
upmpdcli + polipo と mpd の二つのシステムに分離すれば良いということですか。
問題はネットワークの処理ですね。フロント側は2回線(対UPnP機器、対バックエンド)取り扱う必要があるから、そのあたりをどうやったか、書いていただけると参考になります。

user_com.png yo time.png 2017/02/14(Tue) 07:19 home No.5675
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん

>問題はネットワークの処理ですね。フロント側は2回線(対UPnP機器、対バックエンド)取り扱う必要があるから、そのあたりをどうやったか、書いていただけると参考になります。

またまた、本当はもうわかっていらっしゃるんじゃありませんか。わかってて、サルに喋らそうとしているんではないでしょうね。まあ、いいでしょう。

サルはこうやっています。
rpi2Bにはupmpdcli+polipoがあればいいので、archとかubuntu
とかでもいいと思います。サルは元からbuildrootにシステムを
作らせてますので、そのネットワークの部分だけ書いておきます。

[rpi2B]
(/etc/network/interface)
auto lo
iface lo inet loopback
auto eth1
iface eth1 inet static
address 192.168.1.x
netmask 255.255.255.0
default gw 192.168.1.1
broadcast 192.168.1.255
auto eth0
iface eth0 inet static
address 10.0.0.1
netmask 255.255.255.252

(resolve.conf)
nameserver 192.168.1.1

(upmpdcli.conf)
これはネットワークに係る部分だけ書いておきます。
upnpiface=eth1
mpdhost=10.0.0.2

(polipo.conf)
これもネットワークに係る部分だけ書いておきます。
allowedClients=10.0.0.2

[BBG or rpi]
(/etc/network/interfaces)
auto lo
iface lo inet loopback
auto eth0
iface eth0 inet static
address 10.0.0.2
netmask 255.255.255.252
default gw 10.0.0.1

(resolv.conf)
nameserver 192.168.1.1

(mpd.conf)
input {
plugin "curl"
proxy "10.0.0.1:8123"
}

以上終わり。

あと、図ではNASを直結したみたいに書いてますが、ルーターが
間に入っていたりとかサルの環境はもう少し複雑です。
インターネットラジオももちろん聴ける環境ですので。

ああ、そうそう、これを読んでいらっしゃるであろうヨイコの
皆様はいちいちサルに付き合わなくていいですからね。
サルは楽しいからやってるわけで、そのおすそ分けをと思って
いるにすぎません。arch boticが音がいいというならそれで
いいじゃありませんか。自分の耳に自信をお持ちになって
ください。

サル



user_com.png inthedark time.png 2017/02/14(Tue) 09:43 home No.5679
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

明快な解説ありがとうございました。

donutsさんの公開されたイメージに lightmpd.conf.player というconfファイルがあって、これはどうも、upmpdcli(フロント側) と polipoj + mpd (バックエンド側) という具合にシステムを分けるためのものらしいのですが、面白そうだなぁと思っています。upnpgw はフロント upmpdcli + polipo 、バック mpdですよね。
また、lightmpdの掲示板でdigififanさんとaki2muraさん(誰だかみえみえですよね)が丁々発止、白熱のやりとりをされていて、同じようにpolipoをどうフロント側/バックエント側に置くかという議論が進んでいます。

このあたり、オーディオ的にはかなり面白い話題のはずなのですが、いかんせん技術的に難しすぎる議論なので、誰でも近寄れるという話題にならないのがつらいところなのですよね。

まあ、自分の知識のなさを棚に上げて、いいだの悪いだの印象批評だけしているタヌキは無視するとして、このような技術的問題はオーディオ的な音の良さの追求につながっていることを理解するおサルさん達が活性化するといいなと思っています。

user_com.png yo time.png 2017/02/14(Tue) 20:27 home No.5680
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん

ご無沙汰しております。遅くなりましたが、upnp版誕生おめでとう
ございます。これで、double lines playerの敷居が低くなったん
じゃないかと思います。色々、うまくいかないこともありますが
それも含めて作る喜びみたいなものがありますんで。

当方、イーサネット分離の音にはまってしまいまして色々作って
遊ぶのに忙しい毎日を送っております。lightmpd掲示板をお読み
ならお分かりでしょうが。yoさんの掲示板ではしゃべりすぎてますので
自粛しております。そのうちlightmpd掲示板で出入り禁止になるかも
しれません。ついでにここでも。

yoさんにだけ内緒話をしたいと思います。(内緒話になってませんが)
yoさんのupnp版ではusb-otg接続でのdouble lines playerに対応してますか?
bbb(bbg)はご存知かもしれませんが、usb-otgに対応してますので
usb-ethernetアダプタを使わず、usb-otgケーブル(bbg買ったらついてくるやつ)
とethernetケーブルでapuとつなぎdouble lines playerにしたてることができます。
lightmpdupnpgwの説明の中にapuとbbb(bbg)でイーサネット分離をusb-otgでやる
図があります。

私は、lightmpd掲示板でも書きましたがintel nuc と bbgでやりました。
もちろん音出しはusb-dacによるものです。しかし、ハイレゾ(24bit 192khz,dsd128以上)
だとパリ、パリと不定期にノイズが入ります。この辺の調整はdigififanさんが
次期lightmpdでされると思います。が、yoさんはapuとbbgをお持ちですので
機会がありましたら、こっそりboticで音出しをして感想をお聞かせいただければ
と思います。おそらくですが、boticならノイズレスで再生できる可能性がありますので。

またしゃべりすぎてますのでこの辺でおしまいにいたします。

inthedark




user_com.png inthedark time.png 2017/04/05(Wed) 19:30 home No.5729
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん、お久しぶりです。「なんちゃってネットワーク分離」をロムしていますので、余りそういう感じはしませんが。

アドバイスありがとうございました。USB-otgについてはlightMPD upnpgw版の解説でdigififanさんのコメントがあるので、知識としては知っていましたが、どうせ専用のケーブルがいるのなら、USB-LAN変換アダプタでやった方がわかりやすいだろうと考え、パスしていました。

> usb-otgケーブル(bbg買ったらついてくるやつ)とethernetケーブルでapuとつなぎdouble lines playerにしたてることができます。

というのはbbgの電源供給用のマイクロUSB端子を使って通信できるという意味でしょうか。その場合APU側もUSB-otgに対応するカーネルのビルドが必要になると考えていいですね。

> しかし、ハイレゾ(24bit 192khz,dsd128以上)だとパリ、パリと不定期にノイズが入ります。

USB-LAN変換アダプタではパリパリノイズは経験したことがありません。理屈としては同じUSBなので、発生してもよさそうなものですが、i2s接続の功徳で発生しないということですかね。

user_com.png yo time.png 2017/04/05(Wed) 21:54 home No.5730
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん

>どうせ専用のケーブルがいるのなら、USB-LAN変換アダプタでやった方がわかりやすいだろうと考え、パスしていました。

yoさんが公開されているパッケージはあれでいいと思います。私は個人的にyoさんに楽しんでもらいたいと思いましてお話しました。

>というのはbbgの電源供給用のマイクロUSB端子を使って通信できるという意味でしょうか。その場合APU側もUSB-otgに対応するカーネルのビルドが必要になると考えていいですね。

おっしゃるとおりです。今流行り?のrpi zeroはotg機能がありますので,それを使ってrpi zeroと通信できました、みたいな話はネットでもゴロゴロしてますが、bbb(bbg)についてはpcとbbgをbbg付属のケーブルでつないでemmcのosにアクセスするみたいな情報以外、どう設定したらusb-otgによるether通信ができるのかずばり書いているサイトが私の調べた限りないんですよ。bbgでやる人があんまりいないんでしょうか。一応、私がやったことをこっそり書いておきますね。おっしゃるとおり、apu,bbgのカーネルを再構築しないといけません。
カーネルオプションをどう設定したらいいかを以下に示します。

[apu]
Device Drivers --> [*] Network device support --> [*] USB Network Adapters --> [*] Multi-purpose USB Networking Framework --> [*] CDC Ethernet support

[bbg]
Device Drivers --> [*] USB support --> [*] Inventra Highspeed Dual Role Controller
                       MUSB Mode Selection (Dual Role mode)
--> [*] USB Gadget Support --> USB Gadget Drivers(Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)

以上で再構築されたカーネルで起動しますと、ifconfigでusb0というのが生えているはずです。こうなればもうこっちのものです。ethXと同じようにipアドレス等を設定
して頂いて、double lines playerを構築してやってください。
bbgにはapuから電源が供給されます。apuの電源だけ操作すればよいのでlightmpdのような電源ぶち切りできるシステムでは便利ですね。
まあ、こういう遊びもできるということですので興味がございましたらやってみてください。

>USB-LAN変換アダプタではパリパリノイズは経験したことがありません。理屈としては同じUSBなので、発生してもよさそうなものですが、i2s接続の功徳で発生しないということですかね。

rpi2B,rpiB+のコンビでイーサネット分離のシステムを作ったんですが、その時の音出しはrpiB+にのせたi2sdacからでした。その時24bit,192khz,flacのハイレゾもノイズレスで再生できた経験から、i2sの方がノイズに悩まされにくいと推測しております。usb-dacはやはり、apuのようなパワーのあるボードでやった方がいいというのが個人的な意見です。

ps 私もiFI-Audio iPurifier DCの愛好者です。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/04/06(Thu) 09:50 home No.5731
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

貴重な情報の公開ありがとうございます。財務省もこの位やってくれると、世の中もっと分かりやすくなるのですけどね(^^;;;。面白そうなので、是非試してみるつもりです。

USBですが、SOCチップのマイコンの弱点じゃないかと思っています。r-piがこれだけ流行っている理由の一つはこの弱点を克服したからでしょう。確か、r-piの初期モデルはusbにノイズがのって音楽用にはまったく使えなかったと記憶しています。BBもそういう傾向があるので、パリパリノイズはこれが理由ではないですかね。i2s接続でそのへんがどうなるか大いに興味があるので、試してみる一手ですね。結果はご報告いたします。
実は、BBのpolipoでのトラブルもusbに関連しているのではないかなと疑っています。double lines playerでeth0側にpolipo回線を設定すると500MBの壁がクリア出来たのはその証拠じゃないですかね。pingが確認したのですが、eth0とeth1(usb-lanアダプタ)では倍以上の性能差がありましたから。

iPurifier DC は簡単に使えて、効果は抜群なので、いいですね。ヤマハ(製造中止で)亡き後、頼みの綱です。


user_com.png yo time.png 2017/04/06(Thu) 17:27 home No.5732
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
遅ればせながら、linuxcomさんからブリッジ基板を購入いたしましてboticで音出しを致しました。(ほんと、初めてです。)
構成はbbg=brixのusb-otgを使ったシステムを自分で作りました。(もう私にとってはおなじみですが)
24bit,192khz,flacを見事ノイズレスで再生しきりました。素晴らしい。rpiB+でも確認していたことなので当然といえば当然
なんですが。
upnpgwとplayerを分けるこのシステムはそれぞれを様々なボードの組み合わせで試すことができますので面白いですね。
私にとっては、いい音が聴けるのはもちろんですが、linuxの勉強にもなる、ネットワークの勉強にもなる、一粒食べて2度、3度
おいしいので楽しいです。

あとこれは余談ですが、git版mpd(バージョン表示は0.21になる)は、rtoptionのpatchがrejされますね。
rtパッチをあてず音出ししてみましたが、素晴らしい音です。maxさんには頭が下がります。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/03(Wed) 10:39 home No.5780
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん、botic-i2sクラブにようこそ。

ご無沙汰してますが、usb-otgを忘れたわけではありません。BBB(fornt)-BBG(backend)という組み合わせで、こっそり試しているところですが、難行しています。三つ前の書き込みで教えて頂いた方法でカーネルをビルド。カーネルを入れ換え、起動します。
バックエンド側は
ifconfig usb0 up
ifconfig usb0 10.0.0.2
ifconfig usb0 netmask 255.255.255.252
という形で回線をオープン。
usb0 Link encap:Ethernet HWaddr 52:B3:72:26:19:47
inet addr:10.0.0.2 Bcast:10.0.0.3 Mask:255.255.255.252
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:0 (0.0 B) TX bytes:0 (0.0 B)
となったことを確認。

問題はフロント側で同じ方法でオープンすると両方ともDual Role modeとなり、pingが効きません。
フロント側にUSB回線を認識させるおまじないを捜しているのですが、どうやるのですかね。

user_com.png yo time.png 2017/05/03(Wed) 13:12 home No.5781
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん

bbb-bbgでdouble linesってハード的にできるんでしょうか?フロント側のbbbは3回線確保する必要があるわけですよね。
bbbへの電源供給をusb-otg端子以外から供給するようにすれば可能なんでしょうかね。もし可能であればという前提で
私がフロント側のbbbのシステムをつくると仮定したらカーネルオプションをどうするか? 考えてみました。

基本的にはapuと同じだと思うんですが。apuのusb端子はホスト(親)にしかなれないと思いますのでなんの問題もないですが
bbb(bbg)はホスト(親)にもガジェット(子)にもなれるということなんで。

Device Drivers --> [*] Network device support --> [*] USB Network Adapters
--> [*] Multi-purpose USB Networking Framework --> [*] CDC Ethernet support

Device Drivers --> [*] USB support --> [*] Inventra Highspeed Dual Role Controller
                       MUSB Mode Selection (Host only mode)

もちろん、USB Gadget Support はチェックをはずします。                    
これでbbbのusbのA端子もmicro端子もホスト(親)として機能するかどうかやってみないとわかりません。

これ以上のことは私にはわかりませんが色々遊んでみてください。

inthedark





user_com.png inthedark time.png 2017/05/03(Wed) 14:27 home No.5782
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん、inthedarkさん
お久しぶりです

このスレが立って3ヵ月近く経ちましたが、rpiでつくる...はまだ私自身実現できていません。
lightMPDをベースにしようと、digififanさんが公開してくださったbeaglebone用のbuildroot設定ファイルをrpi3用にオプション変更したりして自分なりにトライしてみましたが、カーネルを自前ビルドのものに差し替えるとrpi3が起動しなくなるので挫折してしまいました。
ビルドもbuildroot一辺倒でここで教えていただいた使い方以上のことはできず、独自にクロスビルド環境を構築できるスキルもないのでrpi3についてはdigififanさんをはじめ、皆様の次の展開を待つのみといった状況です。

代わりにBBG 2台を使ってlightMPDベースでsingle lineでのadapter+playerの環境を自前ビルドで構築することができました。
これもひとえにyoさんがお手本となるBB用 lightMPD UPnP-Adapter/Playerを公開してくださったおかげです。
myscript.shの実装とネットワーク設定等は非常に参考になりました。
yoさん、digififanさん、inthedarkさん他関係された方々に非常に感謝しております。

私が所有するUSB-LANアダプタ:LOGITEC LAN-TXU2Cを使用するため、カーネルビルドで

Device Drivers --> [*] Network device support --> [*] USB Network Adapters
--> [*] Multi-purpose USB Networking Framework --> [*] ASIX AX88xxx Based USB 2.0 Ethernet Adapters

を追加選択する必要があり、yoさんが公開してくださっているBB用 lightMPD UPnP-Adapter/Playerをそのままでは使用できないだろうと思い(すみません、実動作で試していません)、自前ビルドでなんとか環境を整えたという次第です。
最終的にはdouble linesも試してみたいと思っています。いつか、きっと、、、

user_com.png kens time.png 2017/05/03(Wed) 20:31 home No.5783
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

inthedark さんのお見立てでドンピシャリの正解でした。bbgをホスト(親 フロント)にして Host only mode のzImage。bbbをガジェット(子 バックエンド)にして Dual Role mode のzImageにしてバッチリ3回線使えました。これでBBGフロント、BBBバックエンドとしてdouble lines player として使えそうですね。
ネットワークの性能はusb-otgの方がUSB-LAN変換アダプターの倍以上良いので、音もよくなりそうです。
ご教授ありがとうございました。

これがUSB-LAN変換アダプター
# ping 10.0.1.2
PING 10.0.1.2 (10.0.1.2): 56 data bytes
64 bytes from 10.0.1.2: seq=0 ttl=64 time=0.948 ms
64 bytes from 10.0.1.2: seq=1 ttl=64 time=0.816 ms
64 bytes from 10.0.1.2: seq=2 ttl=64 time=0.750 ms
...
11 packets transmitted, 11 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max = 0.610/0.720/0.948 ms

これがusb-otg。
# ping 10.0.0.2
PING 10.0.0.2 (10.0.0.2): 56 data bytes
64 bytes from 10.0.0.2: seq=0 ttl=64 time=0.468 ms
64 bytes from 10.0.0.2: seq=1 ttl=64 time=0.284 ms
64 bytes from 10.0.0.2: seq=2 ttl=64 time=0.341 ms
...
11 packets transmitted, 11 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max = 0.230/0.312/0.468 ms

user_com.png yo time.png 2017/05/03(Wed) 20:36 home No.5784
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kensさん

お久しぶりです。BBG-BBGで自分の環境に合わせて作ることができたということでおめでとうございます。
これをきっかけにご自身の環境に合わせたシステムが自由に構築できるようになるといいですね。
このスレの表題からは話がかけ離れていってますが、私がしゃべりすぎますとみなさんが自分で苦労して
自分のシステムを作るという楽しみを奪う結果になると思いましたので、あえてこのようにしております。
yoさんが本家を追い越して先端を行っておられますので、色々勉強させてもらえる環境が整っています。
これからもめげずに楽しんでください。

yoさん

とりあえずusb0が生えたようなのでよかったです。
digififanさんの方の動きが遅い分、yoさんがすでに最先端をいっておられます。
BBG=BBGのシステムができましたらこっそり感想などお聞かせください。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/04(Thu) 11:27 home No.5785
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

double lines player モードで音もでました。なかなかいいですね。音は素晴らしい。録音をしたホールの空間の感じがよく出ています。single lineとの一番大きい差です。apuとの比較はしていませんが、僕はこれで十分だなという感想です。とりあえずBBGが不足するので、発注しました。これで、BBB二台、BBG二台とBB4台の持ち主となりました。病膏肓、ここに至れりです(^^;;;。

ところで昨日の書き込みにいくつか誤りがあります(pingが通った大喜び状態で書き込んだもので)。訂正をかね、usb-otgを使った double lines player の作り方を書いておきます。

BBGフロント、BBBバックエンドとしてdouble lines player を構成します。BBG側はeth0(LAN lightmpd.conf [network]192.168.0.20)、eth1(USB-LAN upmpdcli.conf 10.0.0.1)、usb0(usb-otg polipo.conf 10.0.1.1)、BBB側はeth0(LAN 10.0.0.2)、usb0(usb-otg 10.0.1.2) と繋ぎます。
BBGフロント/BBBバックエンドそれぞれのカーネルはBBGフロント(子ガジェット)、BBBバックエンド(親ホスト)となります(昨日の記述は間違え、逆に書いてしまいました)。従って、BBGフロントは、BBBバックエンドからusb-otgケーブルを使って、電源を供給されることになります。BBGフロント/BBGバックエンドという構成も可能と思いますが、未確認です。カーネルのコンフィグですが、基本的にはinthedark さんの解説通りでいいのですが、BBBバックエンドの親ホストのカーネルもUSB Gadget Supportのチェックをしておく必要があります。
もうちょっと丁寧に書くと、BBGフロント/BBBバックエンドのカーネルは基本的に同じ設定であり、一箇所だけ、MUSB Mode Selection (Host only mode)とするとBBBバックエンド用、MUSB Mode Selection (Dual Role mode)とするとBBGフロント用となります。
zImage-botic-103-v02からの変更点を書き出すと
Device Drivers -->
[*] Network device support -->
[*] USB Network Adapters -->
[*] Multi-purpose USB Networking Framework -->
-*- CDC Ethernet support

[*] USB support -->
[*] Inventra Highspeed Dual Role Controller
MUSB Mode Selection -->
(X) Dual Role mode 又は Host only mode
[*] USB Gadget Support -->
USB Gadget Drivers(Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
(X) Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
となります。
「(X) Dual Role mode 又は Host only mode」という部分で必要な方を選択すればよいです。

ここから先の実装はupnp版、adapter版の実装をご覧になれば推察がつくと思います。一応簡単に書いておくと

- ビルドしたカーネルをそれぞれzImage-botic-103-v03-d、zImage-botic-103-v03-hとして
- dはadpter版の、hはupnp版の /boot/ に保存
- /uEnv.txt の kernel_file= で指定
- BBGフロントのmyscript.shに以下の記述を追加し、usb-otg回線をオープン
ifconfig usb0 up
ifconfig usb0 10.0.1.1
ifconfig usb0 netmask $NETMASK
- BBGフロントのmyscript.shに以下の記述のコメントを外す
ifconfig $ETH up
ifconfig $ETH $IPADD
ifconfig $ETH netmask $NETMASK
- BBBフロントのpolipo-adapter.confを設定
proxyAddress = 0.0.0.0
allowedClients = 10.0.1.2
- BBBバックエンドのmyscript.shに以下の記述を追加し、usb-otg回線をオープン
ifconfig usb0 up
ifconfig usb0 10.0.1.2
ifconfig usb0 netmask $NETMASK
(10.0.0.1はlightmpd.confの[network]でオープンされる)
- BBBバックエンドのpolipo.confを設定(以下の行のコメントを外す)
proxyAddress = 127.0.0.1
allowedClients = 127.0.0.1
parentProxy = 10.0.1.1:8123

というところです。最初の難関をクリア出来たら、あとは案外簡単でした。

ところで、ノイズの件、usb-otg回線にしても発生します。inthedark さんのところとは違う結果ですが、不思議。

user_com.png yo time.png 2017/05/04(Thu) 20:17 home No.5787
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん

音出しもできたということでよかったですね。しかし、バックエンド(つまりplayer側ですよね)から電源を供給するというのは面白いですね。
私はdigififanさんのapu=bbb(bbg)がお手本ですので電源はフロント側のapuからbbb(bbg)に供給されるわけです。
つまり親から供給されるわけだから、player側を親とすればそちらから子のgw側に供給されるということですかね。
それに、私はapuはもっておりませんのでbrix又はnucでやるわけですが、そのカーネルの構築でUSB Gadget Supportはチェックしておりません。
cdc ethernet supportさえチェックを忘れなければusb0は生えますので。(usb-otgの理屈からしてそうだし、実際私の環境では確認ずみ)
まあ、しかし面白いもんですね。
ノイズがでますか。私のところはきれいさっぱりでません。前回も言いまいしたが、rpi2B(gw)=rpiB+(player,i2sdac)のイーサネット分離でも
24bit,192khz,flacはノイズレスでしたんで。
それにしても、rpiB+に接続していたi2sdacをブリッジ基板に乗せ換えただけですが音が変わります。外部クロックをクリスタルから注入する
方式ですからその影響も大きいと思いますが。最小限の投資でこれだけの音がでるのはほんとありがたい話です。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/04(Thu) 21:16 home No.5788
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

> しかし、バックエンド(つまりplayer側ですよね)から電源を供給するというのは面白いですね。

BBG(フロント adapter)-BBB(バックエンド player)だとusb-otgの設定で親子が逆転するのは混乱しますね。BBG-BBGであれば逆転させないで繋ぐことが出来るのではないかと思います。
このあたり、otg対応カーネルを公開する時、問題になりそうですね。分かっている人以外は使うことがかなり難しいと思います。

> そのカーネルの構築でUSB Gadget Supportはチェックしておりません。

このあたりはapuでも同じになりそうなので、試してみるかなと思っています。

ノイズの件はBB同士の接続で発生する問題かもしれませんね。これもapuとotg接続してみれば切り分けられそうです。
まあ、いずれにしても不思議なことは多いです。

i2s接続は使うクロックで音は大きく変わりますね。これは値段の高いやつが効果的です。ハンダ付けが得意ならいろいろ試してみることができるのですが、僕は駄目です。残念。
僕はNeutrinoというヨーロッパ製のクロックを使っています(掲示板に情報はあります。3年近く前の書き込みですが、Neutrinoで検索すると出てきます)。
http://www.newclassd.com/index.php?page=24&hv=1" target="_blank">http://www.newclassd.com/index.php?page=24&hv=1

user_com.png yo time.png 2017/05/05(Fri) 08:02 home No.5789
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedarkさん

BBGでupnpアダプタの構成に慣れてきたところで再びRP3を使ったupnpアダプタに挑戦しました。
今回はlightMPDベースに拘らずRaspbian jessie liteで環境構築することにし、結果うまくいきました。
BBGで環境構築した経験を通して、ある程度動作原理について勉強できたのが良かったのだと思います。

upmpdcliはRaspbian jessie lite上でRaspbian Jessie用パッケージをインストール。
polipoはbuildrootでrpi3に合わせたビルドオプションでビルドしてRaspbianに持っていきました。
ネットワークやupmpdcli, polipoの設定をBBGに合わせ、polipoのメモリサイズはRP3に合わせて2倍にしました。
幸いなことに私が所有するUSB-LANアダプタ:LOGITEC LAN-TXU2Cは差しただけで認識されました。
あとはpolipoを自動起動できるようにsystemctlで登録したり、不要なサービスを止めたり。
この構成で音が出たときとRP3側のpolipoのVIRT/RESが増えていく様を見たときは大変嬉しかったです。

user_com.png kens time.png 2017/05/07(Sun) 16:45 home No.5793
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kensさん

なんでもいいので自分で考えて環境を作るというのは楽しいものです。人の作ったものを使わせてもらうのは
楽でいいですが、やはり自分で一から苦労して作るというのは味が違います。
これからも体験したことをご報告いただけると幸いです。

yoさん

yoさんにつられてもう一つbbgを購入してdoublelines playerを構築しました。(もちろん自分で作ったシステム)
意外と簡単でした。私が当初言っていたようにホスト側(player側)のカーネルではUSB Gadget Supportは不要です。
Host only modeでちゃんとusb0が生えます。
24bit,192kHz,flacのでかいファイルもノイズレスで再生します。さすが、i2sですね。

あと、pingもotg回線とeth0回線で試しましたがyoさんのような激しい違いはありませんでした。
私の環境ではむしろeth0回線の方が若干速いです。(usb-lanアダプタをかましてる環境とは違うんでしょうね)


inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/18(Thu) 12:17 home No.5813
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

ようこそBBGクラブに。

> 私が当初言っていたようにホスト側(player側)のカーネルではUSB Gadget Supportは不要です。

どうも、これがもう一つのスレッドで話題になっている僕が公開した版の動きがギクシャクしている原因かなという気がしてきました。inthedark さんのシステムではコントロールポイントの動きはスムーズでしょうか。またハイレソファイル/dsdファイルの再生でノイズは発生しませんか ?

> 私の環境ではむしろeth0回線の方が若干速いです。(usb-lanアダプタをかましてる環境とは違うんでしょうね)

僕の環境でもeth0-eth0であれば、それが一番速いです。usb.lan-eth0だと遅くなるのですよね。
外(インタネット)に出る線をusb.lanとする手はあるのですが、nasを使っている場合はそこがボトムネックになるので、同じことですね。dlnaサーバをadapterの中にあるものを使うのであれば(公開版だとminidlnaを使うことになる)、eth0-eth0という繋ぎ方はいい手かもしれません。

user_com.png yo time.png 2017/05/19(Fri) 07:32 home No.5816
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん

dsdに関してはi2sdacが対応してませんので確認できません。
が、私の経験則では24bit192kHzflacがノイズレスで再生できる場合、dsd128も同じく
ノイズレスで再生できます。(逆は成り立たないという経験はあります)
polipo回線をotg経由にしようが、eth0経由にしようが、私の環境では24bit192kHzflacは
ノイズレスです。コントロールポイントの動きもスムーズでなんの問題もありません。

brix=bbgのシステムの時には、brixにlan端子が1つしかありませんのでbbgのlan端子との接続は
usb-etherアダプタを使ってました。その時にotg回線とeth1-eth0回線でpingを打ったんで
すが、その時もyoさんの環境のような違いはありませんでした。gw,rendererそれぞれに
どのようなハードを使うかでも違うんでしょうね。

gw=renderer間にusb-lanアダプタをかまさない理由は見た目がいいこととdigififanさん
との話で聞いていた内容によります。私が、rpi2B-rpiB+でupnpアダプタを作ったよという
話をしたときに、usb-lanアダプタはホームネットワーク側に持っていったほうがいいよ
という話をしておられたからです。(過去にusb-lanアダプタで苦労させられたそうです)
私の環境では、ホームネットワーク側にもっていこうが、polipo回線に使おうがなんの
問題もありませんでした。rpiの場合、eth0もusb-lanなんで。ところがbbgはそうじゃない。
以上が、gw=renderer間にusb-lanアダプタを使わない理由です。

linuxcomさんのdsdが再生できるdacを買ってもいいんですが、pcmで満足しているし
コレクションにdsdがほとんどありませんので、もったいない気がしております。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/19(Fri) 09:24 home No.5818
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

①USB Gadget Supportを無(ブランク)にしてHost-onlyモードのzImageを作成し、playerに試してみました。多少、コントロールポイントの動きはスムーズになったという感じはしますが、ノイズが発生するのは相変わらずですね。

②そこで、adapterとplayerのeth0をlanケーブルで対向接続し、adapterのusb端子にusb.lanアダプタを差して、インタネットに出るように接続と設定を変更しました。状況は変わらずです。

③次に、polipo回線をusb-otgからeth0の対向接続側に、upmpdcli回線をeth0の対向接続側からusb-otgに変更したら、ノイズは魔法のように消えました。

不思議ですね。ただカーネルを変えて、音は良くなったという感じがします。ノイズのない最後の状態での再生音は楽器の実在感がリアルですが、ホールの雰囲気も出ていて素晴らしいです。

確認ですが、inthedark さんのシステムの設定は①~③のどれでしょうか ?
それぞれの繋ぎ方をもう一度図示すると


BBG adapter eth0 <--> ==internet
usb.lan(eth1) <--> BBB player eth0 ==upmpdcli
usb-otg dual-role(usb0) <--> BBB player Host-only usb0 ==polipo


BBG adapter eth0 <--> BBB player eth0 ==upmpdcli
usb.lan(eth1) <--> ==internet
usb-otg dual-role(usb0) <--> BBB player Host-only usb0 ==polipo


BBG adapter eth0 <--> BBB player eth0 ==polipo
usb.lan(eth1) <--> ==internet
usb-otg dual-role(usb0) <--> BBB player Host-only usb0 ==upmpdcli

player側は空いていたBBBを使っています。BBGでも同じことだと思います。

コントロールポイントによってノイズが発生しやすいものと、そうでないものはありますが、コントロールポイントだけが原因というわけではないようです。③の状態ではどのソフトでも発生しなくなりますので。ちなみにDSD再生の安定度ではUpplayが抜群ですね。

僕の場合は手持ちのDSDファイルがSACDで100枚位あるので、64DSDの安定した再生は必須要件です。従ってlinuxcomさんのボードを実験用に使っています。良い音のボードだと思いますが、ファイルなかったら無駄でしょうね。

user_com.png yo time.png 2017/05/19(Fri) 18:54 home No.5819
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん

前スレで説明したとおり、②と③を試しました。
どちらでも私の環境では差はありません。ノイズレスです。
不具合は全くありません。
私のotgのためのカーネル設定のポリシーはbrix=bbgのときから何も変わって
おりません。

僕はdlnaサーバーがminimserverなので相性がいいと言われる
luminでコントロールしています。なんの問題もありません。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/19(Fri) 19:35 home No.5820
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
誤解のないようもう一度otgのための私のカーネルオプションを書いておきます。
[upnpgw]
Device Drivers
-->Network device support
  -->USB Network Adapters
  [*]Multi-purpose USB Networking Framework
 [*]Asix AX88xxx Bosed USB 2.0 Ethernet Adapters (私のusb-etherアダプタのドライバ)
-->USB support
[*]Inventra Highspeed Dual Role controller
MUSB Mode Selection (Dual role mode)
[*]USB Gadget Support(これがガジェット側のusb0となる)
USB Gadget Drivers(Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)
Ethernet Gadget (with CDC Ethernet support)

     
[renderer]
Device Drivers
-->Network device support
-->USB Network Adapters
[*]Multi-purpose USB Networking Framework
[*]CDC Ethernet support(これがホスト側のusb0となる)
-->USB support
[*]Inventra Highspeed Dual Role Controller
MUSB Mode Selection(Host only mode)

inthedark



user_com.png inthedark time.png 2017/05/19(Fri) 21:02 home No.5821
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん、yo さん

ようやく時間が取れたので RPi3(adapter)=BBG(player) のdoublelines構成に挑戦してみました。
例によってRPi3はRaspbian jessie liteです。
1回線はsingleline構成時と同様にUSB-LANアダプタをRPi3側に刺してBBGと接続しました。
もう1回線はUSB-OTG接続です。
BBG(player)側のカーネルをガジェット/Dual role modeでビルドしています。
RPi3をHostとし、BBGのmicroUSBと接続してRPi3側からBBGに電源を供給しています。
RPi3とBBGのそれぞれでsingleline構成時の設定からpolipoとusb0のネットワーク設定をdoublelines用に変更しました。
つまりUSB-OTG接続がpolipoデータフローになります。

結果は、うまく動いているようです。

adapterのRPi3はSSHで接続できるのですが、Raspbian jessie liteにtelnetクライアントがインストールできず、BBG側の様子がわかりません。
adapter側のpolipoは期待動作しているようです。
RPi3側からのpingによる回線速度はUSB-LANアダプタとUSB-OTGで殆ど差はありませんでした。
192kHz/24bit flac、DSD128の再生もノイズレスで再生できています。
なぜかDSD256はスロー再生になってしまいました。(singleline構成時は正常に再生されます)

BBG側はyoさんがリリースされているBB用 Boticized lightMPD UPnP版を参考に優先度の設定をしていますが、polipoの優先度設定はコメントアウトしています。
singleline構成時はpolipoの優先度がある程度高いとキャッシュ読み込み中はCPUが100%に張り付いてコントロールポイントがもたつきました。
RPi3側は余計なサービスは止めていますが、優先度設定はデフォルトのままです。

user_com.png kens time.png 2017/05/20(Sat) 00:56 home No.5822
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kensさん

動作報告ありがとうございます。kensさんのようにgw,rendererに色々なボードを使えるようになれば
楽しいと思います。digififanさんのイーサネット分離の音出し方法はほんと僕にとっては魅力的です。
asoyajiさんや「昼はがん治療、夜はPC AUDIO」のHajime Imadaさんもapu2台でのlightmpdgwを使った
イーサネット分離をされてますが、jplayに近い音がでるぞと最近話題にされてます。
jplayの日本語サイトでもlightmpdgwのイーサネット分離について触れられてますし、結構有名なんですね。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/20(Sat) 09:53 home No.5823
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

RPi3にtelnetをインストールできなかったのは、Raspbian jessie liteで色々サービスを止めすぎてインターネットに接続できなくなっていたからでした。
改めてRPi3側の環境を整えてからtelnetをインストールし、BBG側の動作を確認して正常動作していることを確認できました。

user_com.png kens time.png 2017/05/20(Sat) 14:50 home No.5824
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kensさん

telnetの件自己解決されたということでよかったです。
DSD256がスロー再生になるなど私の環境では体験できないお話を聞かせていただきありがとうございます。
yoさんもそうですが研究熱心な方がここには集まっておられますので非常に勉強になります。
これからもよろしくお願いいたします。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/20(Sat) 15:30 home No.5825
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

そうなんですよ、なぜかDSD256はスローになってしまいます。
playerのmpdはDSD256再生の実績のあるdigififanさんのパッチをあてたmpd-0.19.21rt-native-dsdです。

cat /proc/asound/Botic/pcm0p/sub0/hw_params

で確認すると

access: RW_INTERLEAVED
format: DSD_U32_LE
subformat: STD
channels: 2
rate: 352800 (352800/1)
period_size: 2940
buffer_size: 52920

と表示され、DSD256のレートになっているのですがノイズ混じりのスロー再生になってしまいます。
standaloneやsingleline構成時には正常に再生できていました。
加えてwavファイルも正常に再生できません(mpdが再生してくれない)。
DSD256やwavのコレクションは少ないので困らないのですが、まだ色々調査する必要があります。

それにしてもUSB-OTGは便利ですね。
RPi3をpoweroffすれば連動してBBG側の電源も落ちます。
BBGはlightMPDベースでSDカードも起動後はマウントしないようにしてあるので安心して電源を落とせます。

user_com.png kens time.png 2017/05/20(Sat) 16:33 home No.5826
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん、kensさん、情報ありがとうございます。

「Jpalyは二台(dual)構成じゃないと意味がない」と焚きつけたのは、多分、僕です。「2年位前にWindowsでも音のいいソフトがあるんだなぁ」と感心して、紹介したら、皆さん興味をもたれて、今では、結構、流行っているみたいですね。まあ、僕はWindows(Server)を2台構成にする不自由さに懲りて、またLinuxに遁走。lightMPDを見つけて、これがJplayと同じくらいに音が良いと分かり、飛びついたというわけです。polipoとか、upmpdcliとか、というようなオープンなソフトをベースにupnpの世界を切り開けるというのはWindowsに対する圧倒的な強みですね。という訳なので、botic版のソフトを公開していますが、inthedark さん、kensさんのように自力でやられる方が増えるといいなぁと思っています。是非、情報交換/共有し、世界を広めましょう。

それで、本題に戻して、usb-otg版でコントロールポイントの動きがギクシャクするのは、kensさんご指摘のように、polipoの優先度の問題が大きいようですね。以前、この件は inthedark さんからもご指摘があったと記憶しています。多分、ノイズの件もこれが関連していると思います。時間とれたら、試してみるつもりです。

user_com.png yo time.png 2017/05/20(Sat) 17:45 home No.5827
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kensさん

mpd-0.19系でも同じようにwavに難あり、ということで非常にありがたい情報です。wavでコレクションされている方のためにも
なんとかイーサネット分離でまともに再生できるようになるといいですね。ということでyoさんに頑張って頂きましょう。
wavは私の環境での話はlightmpd掲示板でも散々書きましたが、16bit,32bitのwavは何も問題ありません。24bitでも別スレでsugi-さんが
紹介してくれたサイトのものは私のところでも問題なく再生します。foobar2000で24bitwav形式でリッピングしたものはサーというホワイト
ノイズ交じりに小さく音楽が聴こえます。digififanさんが試したという第九は私もダウンロードして試しましたがこれはノイズしか
聴こえません。digififanさん曰く、サーというホワイトノイズ交じりに小さく音楽が聴こえるというのは私の想定していない状態
だとおっしゃってましたね。

dsd256に関しては僕のところでも再生させてみたいですね。linuxcomさんの2万1千円のやつ買おうかな。でもあれdsd入力が5.6Mhzまででしたね。まあ、dsdは僕の場合当分後回しです。pcmのコレクションを聴きなおすので手一杯です。

usb-otgの便利さを分かっていただいてうれしいですね。あの設定がわかるまで苦労したんですよ。誰も教えてくれないですしね。


yoさん

polipo回線をotg経由にすると音がいいとおっしゃってましたので、是非とも実現させてください。私の環境では問題なくできますので。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/05/20(Sat) 20:03 home No.5828
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん、kensさん

公開したusb-otg版の動きがギクシャクするのとノイズの問題はpolipoの優先度が原因であることを確認しました。お二人の貴重なアドバイスに感謝します。
adapterとplayerのpolipoの優先度の指定を無効(コメントアウト)すると見事に動きが変わりますね。改めてrt優先度の重要性を認識させられました。
ここだと見てない人もいるかと思いますので、改めて障害対応スレッドの方に書き込みするつもりです。

user_com.png yo time.png 2017/05/21(Sun) 10:06 home No.5829
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん、yoさん

DSD256がスロー再生になる原因がわかりました。
単にplayer側のCPUが100%に張付いて処理が回らなくなっていただけでした。
FLAC 352.8kHzの再生でも同様にplayer側でキャッシュ中は処理が回らなくなったので
もしやと思い調べてみたらビンゴでした。
MPDの優先度設定をyoさんの配布されているBoticized lightMPD UPnP v3.1のmpd.confの設定に合わせることで解消されました。
それにしても優先度設定は難しいですね。

目下私のRP3=BBG環境での課題は皆様と異なり24bit関係なくWAVが全く再生できない状況になっていることです。
libcurlを7.50.1にしてもです。
yoさんのBoticized lightMPD UPnP v3.1をプレーヤーにしても同様でしたのでRP3側に原因があると思っています。

user_com.png kens time.png 2017/06/07(Wed) 23:52 home No.5856
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kensさん yoさん

みなさん、どうもしっくりいかないことが続いてますね。私は皆さんの苦労はどこ吹く風みたいな感じで問題が
ありません。私はyoさんと環境を少しでも合わせようと思いまして、BBG=BBGでeth0-eth0(polipo回線)
usb0-usb0(upmpdcli回線)です。最初は電源はplayer側のBBGから5v,2.5AのACアダプタを使い、adapterのBBGには
usb-otg経由で電源を供給してました。(minimserver-luminのコンビです。)
この環境でもluminの動きがギクシャクするとかいうのはなかったですね。私はpcmしか聴いてませんが、
wav,flac,16bit,24bit,32bitで全く問題ありませんでした。

そこで電源を別々に供給されている方もいらっしゃるので私もやってみました。まず、たかじんさんのDC-ARROW
(non-NFBディスクリート電源基板)を組み立て、これをplayer側のBBGに供給、adapter側のBBGにはusb-otgの
間にセルフパワーのusbハブを挟みそこから電源を供給するようにしました。
さらに、upplayをwindows10にインストールしそこからコントロールを試みましたがいたって正常です。
ファイルの種類によって動きが変わるとか全くありません。再現しませんね。

wavの問題ですが、player側のBBGのcurlを7.50.1にしてからは全くノイズレスとなりました。adapter側は
7.54.0です。曲の切り替わりでノイズがでるという方もいらっしゃいますが私のところでは全くなくなり
ました。(player側が7.54.0の時はありましたが)
digififanさんのようにcurlのバージョンを7.49.1にまでさげたり、player、adapter双方のcurlのバージョンを
統一したり色々やってみるしかありませんね。

もちろん以上のことは自分で作っているシステムでのことですので。
352.8kHzもファイルを2lからダウンロードして再生していますが何の問題もありません。
私のところではみなさんの現象が全く再現しないのでお役にたてませんが。ご健闘を!

user_com.png inthedark time.png 2017/06/08(Thu) 10:32 home No.5858
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

丁寧な報告ありがとうございます。
まとめると,minimserver-lumin(iPad)のコンビでwavファイルに限定すれば、ハイレソ再生でも問題なく再生されるということですね。これは僕の環境での確認と一致します。polipoのバージョンの対応も僕の環境と一緒です。

もう一つのスレッドで話題になっているコントロールポイントの初期動作不良はコントロールポイント側の問題が大きいのかもしれません。lumin(iPad)の場合、DSDだけだめというのも不思議です。

僕の推理は「時刻表示は曲の再生で重要性は低いので、コントロールポイントは忙しい時はあまり頑張らないで諦める仕様にになっている。Luminはそのあたり諦めずに頑張る変なソフトである(^^;;;」というのですが、駄目ですかね。


kens さん

> yoさんのBoticized lightMPD UPnP v3.1をプレーヤーにしても同様でしたのでRP3側に原因があると思っています。

lightmpd-upnp-adapter-v3のlibcurlのバージョンは 7.52.1 です。adapterのlibcurlは inthedark さんが書かれているようにバージョンは関係ないかなと思っていたのですが、何かあるのですかね。RPIのカーネルのバージョンは結構古いので、そのあたりが関連するのですかね。

user_com.png yo time.png 2017/06/08(Thu) 17:22 home No.5859
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yoさん、inthedark さん

ようやくlightMPDベースのRPi3 upnpgw でシステムを構築することができました。
RPi3(adapter)=BBG(player)の2回線接続でpolipo回線はUSB-OTG接続です。
RPi3からBBGに電力を供給しています。(RPi3がホスト)
ベースとしたのはyoさんがホームページ「RaspberryPIをUPnP化させる」で紹介されているdonuts.shop73さんのr-pi upnp対応システムです。
つまりlightMPDベースのdonuts.shop73さんカスタム版ベースということになりますね。(ややこしい)

理屈はよくわかっていませんが、donuts.shop73さんカスタム版ベースだとカーネル関連ファイル(zImage、bcm2710-rpi-3-b.dtb)やrootイメージファイル(initrd.romfs.gz)を差替えて起動することができました。
BBG用に構築したlightMPDベースのupnpgw環境をRPi3用にビルドオプションを変更して作成したファイルをdonuts.shop73さんカスタム版に持っていたら期待動作した次第です。

buildrootはgit最新版。
カーネルはLinux lightmpd 4.11.10-rt7(Lowlatency)。
polipoのメモリ関連はBBG設定のほぼ2倍の数値に設定。

私がlightMPDベースにこだわったのは電源ブチ切りしたかったからです。
RPi3 upnpgwとBBG player双方がlightMPDベースとなり、安心して電源を落とせるようになりました。

user_com.png kens time.png 2017/07/16(Sun) 14:02 home No.5894
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kens さん

lightMPDベースのRPi3 upnpgwシステムの構築成功、おめでとうございます。

僕も同じようなことをやっているわけですが、結構、手間取っています。
難所はカーネルのビルド。BBでカーネルのビルドで手こずったことはないので、r-piって特殊なのですかね。donuts.shop73さんのzImageをパクっちゃうというのはいい手かもしれませんね。

user_com.png yo time.png 2017/07/16(Sun) 19:17 home No.5895
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yo さん

半年以上かかりましたが、何とかスレのお題通りのことができました。
yo さん、donuts.shop73 さん、inthedark さんをはじめ、この掲示板での情報がなければここまでたどり着けませんでした。
あらためて情報を寄せていただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。(勿論digififanさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。)

私はRPiやBBBのSD起動の仕組みが理解できていないため、自力でスクラッチでSD起動できるシステムを作ることは困難でした。
そのため、ベースとなるBBB版やRPi版のlightMPDにbuildrootで自前ビルドしたカーネルやrootイメージをコピーする方法で対応していました。
本家RPi版lightMPDではカーネルを自前ビルドのものに差し替えると起動しなくなるので難航していました。
donuts.shop73さんカスタム版にはpolipoとupmpdcliが組み込まれていたのでplayerに接続するための回線さえ構築できればupnpgw化は可能だと思っていました。
それには自前ビルドしたカーネルが必要だったのですが、幸いdonuts.shop73さんカスタム版のカーネルを自前ビルドしたものに差し替えても無事起動してくれました。
今回カーネルはbuildrootを使ってrpi-4.11.yに4.11.9-rt7パッチを当て、USB-OTG(host)と所有しているUSB-LANアダプタを加えてLowlatencyでビルドしました。
カーネルのconfigはdonuts.shop73さんカスタム版から拝借しました。
当初はカーネルの差替えだけで後はdonuts.shop73さんカスタム版のlightmpd.confを弄ってupnpgw化しようと思っていたのですが、カーネルの差替えで問題なく起動できたのに気を良くしてrootイメージも自前ビルドのものに差し替えてみたところ、すんなり動作してしまいました。
APU2が現時点で入手困難な状況だし、RPi3はBBGに比べるとCPUパワーとメモリ、USB端子数にアドバンテージがあるのでupnpgw化するには丁度良いデバイスだと思います。

user_com.png kens time.png 2017/07/16(Sun) 22:42 home No.5896
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kensさん

色々試行錯誤されながらやっておられるのを拝見させていただき私も大いに勉強に
なります。このスレでは私は詳細を書きませんが、githubで私がbuildrootで作る
rpi2B用のupnpgwを備忘録として残したいと考えております。(いつになるかわかり
ませんが)

yoさん

yoさんがrpi?と最初は驚きましたが、面白そうなことをやられてますね。
勉強になります。
私はNanoPi-NEOでi2sによる音出しをして遊んでおります。本当にやりたかったのは
i2sdacとNanoPi-NEOに対する分離給電なんですが、やっているうちにあれよあれよと
出来てしまいました。i2sdacはlinuxcomさんのpcm5102です。分離給電にこだわる方の
気持ちがわかる気がします。電源はDC-ARROW、お気に入りです。
i2s化に関する備忘録もgithubにアップしております。

inthedark

user_com.png inthedark time.png 2017/07/17(Mon) 09:38 home No.5898
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
inthedark さん

githubの公開楽しみにしております。pc音楽でのUPnP化は間違いなく今後メイジャーになっていくでしょうから、いろいろな情報がオープンにされて、発展していくといいでね。マイクロソフト流の秘密主義は時代遅れだと思います。Windows用の音楽再生のusb2.0対応がようやくはじまるようじゃ、どうしようもないですね。

DC-ARROWは良さそうですね。ケースをどうするかなという問題はあるのだけど、とりあえず、部品、電源といっしょに注文してしまいました。

user_com.png yo time.png 2017/07/17(Mon) 16:59 home No.5899
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yo さん

「RaspberryPIをUPnP化させる(3)」でupmpdcliのソースをビルドしてインストールする方法について紹介されていますね。
参考までに私がRaspberryPi3でRaspbian Jessie liteを使ってupnpアダプタを作成したときは、下記ページの手順を参照してupmpdcliパッケージをインストールしました。

http://osa030.hatenablog.com/entry/2016/08/20/163624" target="_blank">http://osa030.hatenablog.com/entry/2016/08/20/163624

user_com.png kens time.png 2017/07/23(Sun) 11:41 home No.5900
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
kens さん

情報ありがとうございます。
ふつうに
apt-get install upmpdcli
とやっても、そんなパッケージないよというエラーになるので、raspbianでは駄目なのかなと思っていました。開発元ご本家が自前で登録しているのですね。そういえば、開発元のページにそんな記載があったような気がします。まあ面倒なので、configure、make && make installでやっちゃったのですが、ちょっと乱暴だったですかね。


inthedark さん

DC-ARROW、届いたので、作ってみました。
凄いですね。過去いろいろな電源を試してみましたが、これがベストワンです。r-piが真空管アンプを通したような上品な音に変わります。エージングしたら、どれだけ良くなるか楽しみです。
だだ、部品数は少ないですが、制作は結構大変ですね。ワット数の大きい半田鏝を使うのがポイントみたいです。折角ですので、サイトに七転八倒の制作日記をアップするつもりです。

user_com.png yo time.png 2017/07/23(Sun) 19:24 home No.5901
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
yo さんの情報に基づき、raspbianのカーネルをビルトしUSBネットワークアダプターを認識するようになりました。

これをeth1として、10.0.0.1 netmask 255.255.255.252と設定しました。もう一台のraspiにデジファイのおとさんのlightmpdをupmpモードで入れました。こちらは、apuとつないでシングルラインプレーヤーとして動作することを確認しています。

次に、kens さんの情報に基づき、アダフター側のraspiに upmpdcliのインストールはできたのですが、うまく機能しません。upmpdcli.confで設定したのは次の事項です。

uprclhostport = 10.0.0.1:9090
mpdhost=10.0.0.2
upnpiface=eth0

どこか更に設定する必要があるのでしょうか?アダプターとプレーヤー間のpingは通ります。

ちなみに、systemctl status umpmdcliの結果は、次のとおりです。

● upmpdcli.service - UPnP Renderer front-end to MPD
Loaded: loaded (/lib/systemd/system/upmpdcli.service; enabled)
Active: active (running) since 日 2017-07-23 12:28:34 UTC; 25min ago
Main PID: 1555 (upmpdcli)
CGroup: /system.slice/upmpdcli.service
mq1555 /usr/bin/upmpdcli -c /etc/upmpdcli.conf

7月 23 12:45:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :2:libupnpp/upnpplib.cxx:150::UpnpInit :-205: UPNP_E_OUTOF_SOCKET
7月 23 12:45:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :3:libupnpp/upnpplib.cxx:291::LibUPnP::~LibUPnP: UpnpFinish :-116: UPNP_E_FINISH
7月 23 12:47:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :2:libupnpp/upnpplib.cxx:150::UpnpInit :-205: UPNP_E_OUTOF_SOCKET
7月 23 12:47:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :3:libupnpp/upnpplib.cxx:291::LibUPnP::~LibUPnP: UpnpFinish :-116: UPNP_E_FINISH
7月 23 12:49:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :2:libupnpp/upnpplib.cxx:150::UpnpInit :-205: UPNP_E_OUTOF_SOCKET
7月 23 12:49:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :3:libupnpp/upnpplib.cxx:291::LibUPnP::~LibUPnP: UpnpFinish :-116: UPNP_E_FINISH
7月 23 12:51:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :2:libupnpp/upnpplib.cxx:150::UpnpInit :-205: UPNP_E_OUTOF_SOCKET
7月 23 12:51:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :3:libupnpp/upnpplib.cxx:291::LibUPnP::~LibUPnP: UpnpFinish :-116: UPNP_E_FINISH
7月 23 12:53:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :2:libupnpp/upnpplib.cxx:150::UpnpInit :-205: UPNP_E_OUTOF_SOCKET
7月 23 12:53:04 raspberrypi upmpdcli[1555]: :3:libupnpp/upnpplib.cxx:291::LibUPnP::~LibUPnP: UpnpFinish :-116: UPNP_E_FINISH
root@raspberrypi




user_com.png Toshi time.png 2017/07/23(Sun) 21:55 home No.5902
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
お騒がせしました。
apt-get upgradeを実行したところ、libupnpp関係のファイルが更新され、無事動作するようになりました。

あらためて、kensさんyoさんに御礼申し上げます。

なお、USBネットワークアダプタですが、BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) LUA-U2-GT は、本体のeth0と遜色ない速さで動作しています。

user_com.png Toshi time.png 2017/07/23(Sun) 22:28 home No.5903
Re: rpiでつくるupnpアダプタ
このスレッド、長くなったので新しいスレッドで継続します。
user_com.png inthedark time.png 2017/07/24(Mon) 15:57 home No.5904
SMPDのDLNAレンダラー化について(3)

SMPDのDLNAレンダラー化に関する話題はこちらで継続します。

キツネDACを使って、SMPD、lightMPD、HQPLAYER、JPLAYを比較試聴しようという試聴会を予定しています。その準備で気が付いた問題点がひとつあります。

SMPDではキツネI2S直結時のDSD再生が出来ません。
この件については、「キツネDAC I2S DSD再生問題」というスレッドで取り上げていますので、詳細は省略しますが、SMPDの0.8で使っているMPDのバージョンの問題で、発生することが分かっています。

この件はキツネとrpiをi2sで直結する時のみ発生する問題だとと思っていましたが、そういうことでは無いようですね。
lightMPD upnpgw v1.0(apu2c4) + SMPD v0.833 dlna接続対応(rpi-3b + DigiOne Signature) + キツネDAC
という、キツネから見ると同軸接続でも、DSD(DoP)再生で軽い音切れが発生します。発生頻度はベートーヴェンのピアノソナタ一楽章を聴いている間に1回あるかないか位です。

これは、i2sで直結する時、「ネイティブ再生では、PCM352KHzへの変換が入り、音切れが発生する。DoP再生では、キツネ側の仕様で無音になる。」という結論に対して、さらにDoP再生問題が発生することを意味します。
ネットワークの設定により発生するということもありそうで、スタンドアロンでは発生頻度は高くなります。

このDoP再生問題は
lightMPD v1.20 スタンドアロン(apu2c4 + x-spdif2 hdmi接続)
では発生しません(キツネから見ると、hdmi接続)。多分、この時、x-spdif2にはDSDネイティブデータが送られていると思います。

最新版のMPDでは解決している問題だと思いますが、以上、ご報告しておきます。

user.png yo time.png 2019/09/21(Sat) 17:19 No.7010 [返信]
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
yoさん、こんにちは。

mpdのバージョンを上げる方向で取り組みたいと思います。

mpdのバージョンを選定した当時は「ALSAアウトプットプラグインでmmapを選択できるかどうか」が重要なポイントだったため、mpd 0.19を選択しました。
残念ながらmpd 0.20からはmmapが使えなくなってしまったためです。
mmapの可否は音質面で無視できない差があり、v0.4系までmpdをバージョンアップできない状況が続きました。

v0.5系以降はALSAアウトプットプラグインを使用せず、pipeアウトプットプラグインで出力する方式に変更しましたので、
もはやmpd 0.19に拘る理由は何もありません。
あとは私のやる気の問題ですので、v0.9系のリリースが落ち着いたらmpdのバージョンアップにも取り組みたいと思います。


ところで、試聴会はもう終わったのでしょうか?
v0.9.0βをアップしたら試聴会に間に合いますでしょうか?

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/22(Sun) 10:36 home No.7015
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
パパリウスさん

v0.9βありがとうございました。

昨日は v0.9β をダウンロードはしたのですが、試聴に忙しく、システムを作成している時間がとれなかったので、残念ながら、試すことが出来ませんでした。

さて、実験した内容ですが、SMPD hdmi接続(hifi-dac-hat + hdmi変換基板)、SMPD 同軸接続(DigiOne Signature)、lightMPD(apu2d4 + x-spdif2 hdmi接続)、HQPlayer(ネットワークプレーヤ + SU1 hdmi接続)の比較試聴です。要するに接続方式と再生ソフトの違いで、どの位、音が違うのか確かめてみようという主旨です。JPLAYも仲間に入れる予定だったのですが、当日、ご機嫌が悪く動いてくれませんでした。
ソフトのバージョンですが、SMPDはv0.833、lightMPDはv1.20、HQPlayerはDesktop 4という内容です。SMPDはこのスレッドで案内されている方法でDLNA対応させています。Frontマシーンとしてはapu2d4をupnpgwで動かしました。

結果はSMPDのhdmi接続での実在感は圧倒的でした。

プレガルディエン(T)、シュタイヤー(P)のシューベルト冬の旅第一曲「おやすみ」を途中まで聴くというやり方で、比較試聴しました。
この曲は弱音のピアノ伴奏に続き、ピアニッシモでテナーが歌い始めるわけですが、その声の弱音の雰囲気や、その後、だんだん盛り上がり、フォルテッシモになる部分のテナーの声の強さがどう表現されるかなどがオーディオ的(音楽的にもですが)には聞きどころです。

lightMPD、SMPD 同軸接続、SMPD hdmi接続という順番で聴いたのですが、最後のSMPD hdmi接続になった途端に、世界が変わったという感じでした。最初の弱音のリアルさ、フォルテッシモ部分の声の鋭さ、などまるで違う。SMPD hdmi接続に変えた途端に、オーディオルームがコンサート会場に変わったという感じになりました。
もちろん最初の二つもオーディオ的にはそれなりの音で素晴らしいのですが、SMPD hdmi接続はちょっと次元が違う音ですね。この後、HQPlayerを聴いたのですが、また元の音の世界に戻ったという感じでした。

このままでは、場所と機材を提供して頂いている主催者の顔が立たない(?)ということで、皆で知恵を絞る。試しにHQPlayerのネットワークプレーヤ(ラテパンダ?)部分の電源をPassさんが持ち込んだ高音質電源に変えてみました。この電源が素晴らしい威力で、HQPlayerがSMPDに肉薄するというレベルまでになったので、皆、一安心しましたね。

その後、SMPD hdmi接続に戻し、Passさんが持ち込まれたInttegrated250でシュワルツコップのシューベルトを聴きました。良い音の良い演奏でした。Inttegrated250のアナログ(古い)音源への対応力もキツネに負けないレベルで素晴らしいですね。

あとDaphileも動かしたのですが、他の環境のセッティングでバタバタしていて仲間に入れられなかったのは残念でした(動いた範囲では良い音がしていたと思いますが、群を抜いて圧倒的という感じではなかったです)。

夜の反省会は電源の話で盛り上がりました。JPLAYも、次回は、リベンジしようという話になりました。

ということなので、SMPDのi2s hdmi接続で外部DACとつないだ時の有効性については十分に証明できたかなと思っています。直付けDACボードでは味わえない世界を見せてくれますので、お勧めですよ。

v0.9ベータはこれから試してみます。

user_com.png yo time.png 2019/09/23(Mon) 12:46 No.7040
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
yoさん

昨日はありがとうございました。
ところで、x-spdif2はバッテリー駆動と一般のACアダプター駆動でどの程度の差があるでしょうか?

user_com.png Pass time.png 2019/09/23(Mon) 20:29 home No.7043
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
> ところで、x-spdif2はバッテリー駆動と一般のACアダプター駆動でどの程度の差があるでしょうか?

普段はFidelixの6vの電源を使っています。僕の自宅の環境ではこちらの方が音がいいです。この電源は結構重いので、不精をしてバッテリー電池にしたわけですが、失敗でしたね。

バッテリーの方が音が良いという方々もいらっしゃいますが、どうも環境しだいではないのですかね。先日の実験では、普通のパソコン用のACアダプタを使い、ローノイズタイプの整流器(というのですかね)を使って適当なDCを取り出すという方法の有効性がよく分かりました。仰るように、ある程度の電圧が重要というのがポイントみたいですね。

user_com.png yo time.png 2019/09/24(Tue) 07:10 home No.7045
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
電源に接続される負荷が瞬間的に大電流を必要とする場合は
電池よりもAC-DC電源(アダプター等)の方が良い場合があります。
たとえばDC-ARROW基板は瞬間的な電流供給について良く考えられた電源基板だと思います。
適材適所で電池駆動は負荷変動と信号レベルが低い回路に有効だと...

user_com.png koma time.png 2019/09/24(Tue) 08:11 home No.7046
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
yoさん

バッテリーについてですが、よく考えると不思議な構造です。
5Vで充電をして5Vを取り出せます。
内蔵しているバッテリーは3.7Vなので内部で昇圧回路を組み込むか、2本直列にして降圧回路を組み込むかになります。この回路がどう影響するか。という問題があるように思います。今回お持ち頂いたバッテリーは、こういった回路の無いリチウムイオンバッテリーを2本直列で繋いだだけの物でしたので、結果には私も少し驚きました。komaさんが仰るように負荷変動に対する追従性の問題が大きい様に思います。

また、今回のレギュレータですが、スイッチング電源を利用したのは、トランスにの巻き線抵抗による電圧降下を避けるためです。その点スイッチング電源はフィードバックがかかる為ある程度安定します。 またより高容量(大電力)の物でもトランスより安価で軽量なのも利点です。
そこで問題になるのがノイズですが、デジタル向けに極力出力抵抗を低くしつつ、かつローノイズなレギュレータを作成し、回避しています。今回はこの回路設計がうまくいったようです。

一口にバッテリーやレギュレータと言ってもいろんな種類や特性の物がありますので、接続する負荷や供給元の電源等の条件次第で逆転現象もあるのだと思います。

今回は近くのハードオフで\300のジャンクのACアダプターを使いましたが、moctさんが使っておられる産業用のスイッチング電源は、接続した機器が誤動作した、すぐに故障した等のクレームになりますので、極力ローノイズでロングライフな安定性の高い設計のはずです。オーディオに使っても有効だと思います。

user_com.png Pass time.png 2019/09/24(Tue) 21:56 home No.7048
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
komaさん、Passさん

僕が脱線させ始めたのですが、完全に脱線(タイトルと内容き不一致)しましたので、ハードのスレッドに移りましょう。

user_com.png yo time.png 2019/09/25(Wed) 07:55 home No.7051
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
どなたかご存知でしたらご教示いただけませんでしょうか?

RPI2(LightMPD upnpgw)+RPI3b(SMPD)の構成で音出しができるようになったのですが、SMPDにwebuiで接続しようとすると、webuiがファイルかディレクトリがないという表示が繰り返し出て、操作を受け付けてくれません。
sshでシャットダウンするのが面倒なので、webuiを使いたいだけなのですが。

user_com.png hiroget9 time.png 2019/10/03(Thu) 17:54 home No.7077
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
hiroget9さん

apu1c(LightMPD upnpgw)+RPI3b(SMPD)という構成ですが、SMPDにwebuiで接続し(....:8080)、シャットダウン出来ています。
RPI3b(SMPD)をDLNA化対応させる前にnasディレクトリの設定を行い、library updateしているからですかね。

user_com.png yo time.png 2019/10/03(Thu) 18:41 home No.7078
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
yoさん、お世話になります。

早速、お教えいただきありがとうございます。
まさに
>RPI3b(SMPD)をDLNA化対応させる前にnasディレクトリの設定
をしてあったので、これが原因ですね。
SDカードから作り直してみます。

user_com.png hiroget9 time.png 2019/10/03(Thu) 18:56 home No.7079
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
yoさん、最初からインストール、DLNA化対応してみましたが、どうやら
”RPI3b(SMPD)をDLNA化対応させる前にnasディレクトリの設定”
が原因ではなかったようです。
もう少し、自力で調べてみます。

user_com.png hiroget9 time.png 2019/10/03(Thu) 22:07 home No.7081
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(3)
yoさん、原因究明できました。
NASセッティングが原因でないなら、SMPDが参照するファイルが定義されていないのではと思い、掲示板の過去の書き込みを見直してみました。

/etc.mpd.conf

# misc.
をすべて
input {
plugin "curl"
proxy "10.0.0.1:8123"
}
に置き換えてしまったからでした。
追加だけで良いのですね。
これでwebuiからアクセスできるようになりました。

この2行だけは関係ないと思い、コメントアウトしてあります。
#follow_outside_symlinks "yes"
#follow_inside_symlinks "yes"

お粗末な失態でお手数をおかけしました。

user_com.png hiroget9 time.png 2019/10/03(Thu) 22:30 home No.7082
敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3

皆様

こちらで議論を継続しましょう。テーマにはこだわりませんので、ハード関連なら何でも遠慮なくどうぞ。

user.png moct time.png 2019/08/16(Fri) 00:11 home No.6821 [返信]
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
moctさん

昨晩ヤフオクで1000円ほどの未使用品をゲットしました。
Daitronよりは随分落ちるかもしれませんが1000円のお試し品なので贅沢は言えません。
https://product.tdk.com/ja/search/power/switching-power/ac-dc-converter/info?part_no=LWT50H-5FF" target="_blank">https://product.tdk.com/ja/search/power/switching-power/ac-dc-converter/info?part_no=LWT50H-5FF

user_com.png ブルー time.png 2019/08/16(Fri) 09:15 home No.6828
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
ジャイアンさん

DC-Arrowの出力電圧は何Vぐらいで設定されていますか?

レギュレータ第2弾を作ったのですが、ツェナーダイオードのバラツキでラズパイに繋いだ状態で最大4.95Vしか電圧が上がらず、音が平坦になり低域がボケボケになってしまいました。
急遽手持ちの7.2Vツェナーに交換して5.2V辺りまで上げると良好な音質になりました。

ラズパイは入力電圧でこんなにも音が変わるものなのかと少し驚きでした。

user_com.png Pass time.png 2019/08/16(Fri) 09:44 home No.6829
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
Passさん

全てラズパイ駆動時で5.2Vになるように設定しています。
なるほど、ツェナーにはバラツキもあり得るんですね。

user_com.png ジャイアン time.png 2019/08/16(Fri) 12:36 home No.6833
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
Passさん こんにちは

>ラズパイは入力電圧でこんなにも音が変わるものなのかと少し驚きでした。

私のところはスイッチング電源ですが、5.1Vを超えたあたりで音が変わりますね。
電圧調整用の半固定抵抗で電圧を変化できるので、テスターの読みで5.05Vあたりに設定していました。
0.5Vぐらいずつ上げて行きましたが、本当にビックリです。ありがとうございました。

user_com.png moct time.png 2019/08/16(Fri) 13:23 home No.6835
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
ジャイアンさん

情報ありがとうございました。
moctさんのご報告からも、ケーブルの損失も込みで考えると5.1Vは絶対に割り込めないラインのようですね。
ツェナーダイオードはおおむね±5%程度バラツキがあります。なので、私はいつも多めに買うようにしています。


moctさん
こんにちは

検証ありがとうございました。本当にビックリするぐらい音が変わりますよね。

音の印象から駆動力が変化するように感じました。個体差がありそうですが、内蔵レギュレータが安定するぎりぎりのラインがそのあたりの電圧なのでしょうか。
ラズパイって意外に奥が深いですね。

user_com.png Pass time.png 2019/08/16(Fri) 13:35 home No.6836
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
皆さま

私もDC-ARROWの二次側電圧を図ってみたところ、なんと5.27vもありました。
説明書に損失も含め5.2vあたりに設定と書いてあったのでそのように設定しましたが、暖機され電圧が上がったのだと思います。
早速5.20vに再調整しました。私のいい加減さがバレお恥ずかしい限りです。

user_com.png ブルー time.png 2019/08/17(Sat) 10:25 home No.6840
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
ブルーさん
こんばんは

ラズパイは5.5Vまでは許容範囲らしいので、5.27Vでも大丈夫なはずです。
ジャイアンさんのブログのコメントに5.36Vで使用されているというコメントもありました。

微調整しながらお好みの音質を探すのも良いかもしれませんね。

user_com.png Pass time.png 2019/08/17(Sat) 19:50 home No.6845
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
またかよって感じですが、DC-Arrowで遊んでみました。
今回もまたささやいてきたのはPassさんです(笑)

http://mark-create.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-73386b.html" target="_blank">http://mark-create.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-73386b.html

user_com.png ジャイアン time.png 2019/09/10(Tue) 22:16 home No.6944
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
ジャイアンさん
ご存知かもしれませんが、ハンダで取り付けられた部品を取り外すための道具として、ハンダ吸取器というものがあります。バネ式の物であれば千円程度で入手できると思います。私は白光のものを使用しています。吸取器で大きく吸い取り、残りを吸取線で処理するのがいいと思います。

user_com.png ブルー time.png 2019/09/11(Wed) 05:28 home No.6946
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
user_com.png Pass time.png 2019/09/11(Wed) 08:02 home No.6948
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
Passさん
なるほど、そうゆう手もあるんですね。

user_com.png ブルー time.png 2019/09/11(Wed) 08:43 home No.6949
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
横から失礼します。トランジスタを外したりスルーホールの半田を取り除く際、最良かどうか分かりませんが自分で行っている方法を説明させて頂きます。両面基板の場合、部品のリード線が有る状態では半田吸い取り線や半田吸い取り器では完全に半田を取る事は出来ません。逆に半田を多く載せ幅の広いコテ先やコテ先を横に倒すようにして同時に2箇所の半田を溶かしトランジスタを持って斜めに引き抜く方向に動かします。この際かなり熱くなりますのでやけどに注意してください。今度は反対側を同じようにして逆方向の斜めにして、それを交互に行って徐々に引き抜きます。小信号のトランジスタでしたら半田を多めに乗せ、トランジスタの足3本を半田でブリッジさせられれば一回で引き抜けます。スルーホールの半田をうまく取るのはやはり半田を多めに部品面から載せ、半田こてで半田を溶かした状態で数センチ上から下に落とします。半田が溶けた状態で作業台に落とせれば慣性で半田がスルーホールから抜け出ます。半田が中途半端にスルーホールに残っていて部品面から半田面まで半田が繋がっていないと半田が一体になって溶けないのでうまく抜けません。この場合は切り落としたリード線などで半田を溶かしながらスルーホールに通せれば間の空気が抜けて半田が一体化すると思います。いずれも手早く行わないと基板を痛めてしまいますのでご注意ください。以上、参考になれば幸いです。
user_com.png ちば time.png 2019/09/11(Wed) 16:18 home No.6951
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
ちばさんに一票...自分もほぼ同じ方法でデスクリート部品を外しています。
ハンダを大量に部品が取り付けられたスルーホール周りに溶かすので
周囲の部品を痛める可能性が高いためマスキングテープでカバーしてから行っています。
少し焦げますが大丈夫です(笑)
ハンダごてが一本だと厳しいので左右の手に一本ずつ持って当てています(笑)

user_com.png koma time.png 2019/09/11(Wed) 16:42 home No.6952
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
みなさん、アドバイスをありがとうございます。
結局ヒートガンで取りました。すぐ隣にヒートシンクもあるような配置なので、ハンダゴテでは厳しかったと思います。ヒートシンクさえなければ、足にハンダをたっぷり載せたはんだ吸い取り線を巻きつけて、ハンダゴテで加熱するという方法もとれたんですが。

でもです、残念なことにせっかくヒートガンまで使ってトランジスタを交換したのですが、必要な電圧が得られず、元に戻してしまいました。このトランジスタだと、6.8Vのツェナーダイオードでは無理だったのかしら...
基盤に熱を加えたばかりでなく、私自身も大汗をかいてしまいました(笑)

user_com.png ジャイアン time.png 2019/09/11(Wed) 16:54 home No.6953
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
「SMPDのDLNAレンダラー化について(3)」の No.7048へのコメントです。

komaさん、Passさん

今回持ち込んだリチウム二本直列のバッテリーケースはallo購入時にいっしょに組み合わせてgetしたもので、allo基板であれば、あれで負荷変動に対して十分というメーカーの判断なのだと思います。基板の動作アンペアは極めて低い(0.1A以下だったと思いました)はずです。
というわけで、それをそのままMatrixに使ったので、パッとしない結果に終わったということですね。

> moctさんが使っておられる産業用のスイッチング電源は、接続した機器が誤動作した、すぐに故障した等のクレームになりますので、極力ローノイズでロングライフな安定性の高い設計のはずです。オーディオに使っても有効だと思います。

この産業用のスイッチング電源というのは一般に販売しているものなのでしょうか。

あと
https://www.ebay.com/itm/Finished-board-Assembled-S11-SUPER-linear-regulated-power-supply-board-LPS-PSU/253641593040?_trkparms=aid%3D1110001%26algo%3DSPLICE.SIM%26ao%3D2%26asc%3D20160323102634%26meid%3D3fb613cc42de49ca8d9683b86cf19931%26pid%3D100623%26rk%3D3%26rkt%3D6%26sd%3D253950692882%26itm%3D253641593040%26pmt%3D0%26noa%3D1%26pg%3D2047675&_trksid=p2047675.c100623.m-1" target="_blank">https://www.ebay.com/itm/Finished-board-Assembled-S11-SUPER-linear-regulated-power-supply-board-LPS-PSU/253641593040?_trkparms=aid%3D1110001%26algo%3DSPLICE.SIM%26ao%3D2%26asc%3D20160323102634%26meid%3D3fb613cc42de49ca8d9683b86cf19931%26pid%3D100623%26rk%3D3%26rkt%3D6%26sd%3D253950692882%26itm%3D253641593040%26pmt%3D0%26noa%3D1%26pg%3D2047675&_trksid=p2047675.c100623.m-1
このリンク先の基板ですが、説明に
S11 is derived from the 22, which is the result ofa community service project for theaudiophile hobbyist. The schematic diagram is open source.The circuit design, as well as the printed circuit boardlayout are the work of AMB with participation from the DIY community.It is designed to be relatively easy to build, but it is notrecommended as a first-time project for the beginner.
とあります。検索してみたら、
https://www.amb.org/audio/sigma11/" target="_blank">https://www.amb.org/audio/sigma11/
に紹介されていて、回路図は
https://www.amb.org/audio/sigma11/sigma11_200_sch.pdf" target="_blank">https://www.amb.org/audio/sigma11/sigma11_200_sch.pdf
にあります。
DC-ARROWのグローバル板という感じですが、何せお猿には本当にそうなのかどうか分かりません。
アドバイスよろしくお願いします。これが使えれば、ハンダ付けという取り締まりの厳しい関所をパスすることが出来ますので(^^;;;。

user_com.png yo time.png 2019/09/25(Wed) 07:58 No.7052
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
yoさん こんにちは

〉この産業用のスイッチング電源というのは一般に販売しているものなのでしょうか。
販売しています。(オムロン、TDKラムダ、コーセル、…) スイッチング電源 販売 などで検索すればいくらでも出てきます。

特におすすめなのは、少し高いですがDaitronの超低ノイズスイッチング電源です。https://direct.daitron.co.jp/shop/c/c5010" target="_blank">https://direct.daitron.co.jp/shop/c/c5010
肝心な箇所はこのタイプを使っています。ノイズのレベルが汎用タイプ?の1/10ぐらいです。
Ras-Piにこの電源を使った場合、重ねただけのHat-Dacからの音のレベルが上がり、I2S接続した外付けDacの性能がよほど高くないと負けてしまう?といったことになります。

私はやっていませんが、Daitronの12V電源の出力をDC-Arrowにそのまま入れたら最高のものになるように思います。


user_com.png moct time.png 2019/09/25(Wed) 11:34 home No.7053
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
moct さん、ご教授ありがとうございます。

スイッチング電源って、悪の巣窟だと思っていたのですが、とんでもない勘違いだったのですね(^^;;;。
教えて頂いた機種を試してみようと思っています。

> 私はやっていませんが、Daitronの12V電源の出力をDC-Arrowにそのまま入れたら最高のものになるように思います。

これは、スイッチング電源の入力を、DC-ARROWの整流用ダイオードの直後に、直接、入れればよいのでしょうか。D1側にプラスを、D4側にマイナスをつなぐことになるのですか。

user_com.png yo time.png 2019/09/25(Wed) 17:44 home No.7054
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
yoさん

横から失礼します。
普通に整流用ダイオードの前段から(つまりターミナルブロックから)入れて大丈夫です。ダイオード前から入れますので、入力の極性を気にする必要もありません。
私はSBDをコモンモードチョークコイル に置き換えて使ってます。

user_com.png ジャイアン time.png 2019/09/25(Wed) 21:03 home No.7055
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
yoさん

ご紹介頂いたレギュレータの回路構成は、アナログに使うにもデジタルに使うにも中途半端な仕様のように思います。あまりお勧めできません。

また、DC-ArrowにDC 12Vを直接入力はツェナーダイオードに電流が流れすぎますので、お勧めできません。ツェナーダイオードの故障は、通常ショートになるのですが、稀にオープンになります。
万が一オープンになった場合、ラズパイに約11Vが入力され破壊されます。12Vを入れるのであれば改造してからの方が安心です。

ご希望であればオリジナルレギュレータを作成しますよ。
ネットで見ていても見かける事がないので同様な回路構成の物は手に入らないと思います。

user_com.png Pass time.png 2019/09/25(Wed) 23:56 home No.7056
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
ジャイアンさん、情報ありがとうございました。

やっぱりSMDの内側に入れるという方法でいいわけですね。コモンモードチョークコイルに変えるというのは思いつきませんでした。
電圧の調整はどうするのかなと考えたのですが、やはり、PassさんのコメントのようにDC-DC変換が必要ということでしたか。ここが、次なる関所のようですね。

消費税前の駆け込みと考え、とりあえず、moctさんお勧めのDaitronの12V電源を注文したので、どうするか思案しています。

user_com.png yo time.png 2019/09/26(Thu) 07:20 home No.7057
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
Pass さん

いつも、迷えるお猿をフォロー頂きありがとうございます。

> ご紹介頂いたレギュレータの回路構成は、アナログに使うにもデジタルに使うにも中途半端な仕様のように思います。

なるほど。明快ですね。専門家のご判断、参考になります。
dc-arrowの素晴らしさは rpiで使われることを前提に設計されている部分にあるわけですね。

それで、Daitronの12V電源をgetする予定ですので、話がdc-dcの変換に変わったのですが、最悪(最善かな)は
> ご希望であればオリジナルレギュレータを作成しますよ。
も視野に入れて(その場合はメールします)、こういう基板を発見したのですが、どんなものですかね。

https://www.aliexpress.com/item/4000087449202.html?gps-id=pcStoreJustForYou&scm=1007.23125.122752.0&scm_id=1007.23125.122752.0&scm-url=1007.23125.122752.0&pvid=f110b44b-b444-42e7-b70a-ca9710a73129&spm=a2g1y.12024536.smartJustForYou_284695547.1" target="_blank">https://www.aliexpress.com/item/4000087449202.html?gps-id=pcStoreJustForYou&scm=1007.23125.122752.0&scm_id=1007.23125.122752.0&scm-url=1007.23125.122752.0&pvid=f110b44b-b444-42e7-b70a-ca9710a73129&spm=a2g1y.12024536.smartJustForYou_284695547.1

user_com.png yo time.png 2019/09/26(Thu) 07:40 home No.7058
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
yoさん
DC-Arrowって共立のキットでしょうか
抵抗とツェナーダイオードで発生した電圧を出力トランジスタ
ベースをコントロールする 電圧ドロップ回路と思われます
そのため 電圧制御にフィードバックが発生せず 素直な音となったと思われます。(個人的見解です)
この発想に立てば リンク先のシリーズ制御電源は 方針がずれると思われます。
Passさんコメントの ツェナーダイオードが壊れる意味は
基板全体での 熱損失 ラズパイがかりに1.5A消費すると
12V入力では27-30W程度の損失になり画像のヒートシンクだと
小さく熱暴走故障 この意味では画像の電源はファンが有るので大丈夫ですね。


user_com.png NAOK time.png 2019/09/26(Thu) 11:08 home No.7059
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
NAOKさん

アドバイスありがとうございます。
DC-Arrowは共立のキットとは別物です。たかじんさん設計のrpi専用の基板で、トランスからのAC6.3Vのトランスの出力をDC5Vに変換するための基板です。ここに詳細があります。
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/dcarrow.html" target="_blank">http://nw-electric.way-nifty.com/blog/dcarrow.html
出力トランジスタベースでコントロールするという意味では、方式的には共立と同じコンセンプトとなるのですかね ?

ご指摘のようにDaitronのスイッチング電源(出力DC12V)を使うとすると、どのみちリニアレギュレータによるDC-DC変換が必要なので、DC-Arrowを無理に使う意味はなくなるということですかね。
このあたり、識者の御意見を伺いたいです。

user_com.png yo time.png 2019/09/26(Thu) 13:53 home No.7063
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
yoさん
ごめんなさい 釈迦に説法ですが
>抵抗とツェナーダイオードで発生した電圧を出力トランジス>タのベースに与え トランジスタのエミッターをコントロー>ルする 電圧ドロップ回路と思われます
コンセプトはどちらも同じですね。許容放熱量はどちらも同じ程度ですから 放熱器を CPUで言えばコアi3程度のファン付放熱器が必要で小でも それってうるさいですよね。
私なら 音の良い5Vスイッチング電源で 40-50Wクラスなら 電圧調整10-15%程度があるもので なんとかします。
PCマニア的には 今の放熱器に水枕(業界用語?)対応等よろしいかと。

user_com.png Naok time.png 2019/09/26(Thu) 17:08 home No.7065
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
yoさん

>こういう基板を発見したのですが、どんなものですかね。

OutoputCurrentが500mAしかないのでラズパイが駆動できないですね。このあたりのIC式レギュレータは容量が不足するものが多いと思います。作る方が早いかもです。


>リニアレギュレータによるDC-DC変換が必要なので、DC-Arrowを無理に使う意味はなくなるということですかね。

意味はあると思います。 ただ、DC-Arrowじゃなくなりますね(笑)
これで選択しは3つですね。

①新規レギュレータを導入。
②DC-Arrowの前に繋ぐレギュレータ基板を作成する。
③DC-Arrowを直接12Vを入力できる仕様に改造する。

効果と費用は
① > ② >> ③
といったところですかね。

ノーマルのDC-Arrow(トランス接続)との比較をされるのであれば①か②ですね。FidelixのACアダプターはそのままで、いろいろ比較してみると面白いかもですね。

user_com.png Pass time.png 2019/09/26(Thu) 22:40 home No.7067
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
Passさん
yoさん12V出力のスイッチングレギュレーターを発注してしまった様ですが^^;
8V程度の出力のスイッチングレギュレーターを再度購入して
繋ぐのが一番早くて簡単そうですよね。
DC-ARROW基板は持ってないので実際の測定はしていませんが
(所有しているならC1の両端で測定すれば完璧)

DC-ARROW用のトランスAC6.3Vタップから整流すると整流後の電圧は
6.3 x √2 =8.9082V 実際にはこの値からダイオード二個分が背負う電圧引けば良いから
1N5822の順電圧は3Aで0.5Vと書いてあるので
8.9-1=7.9V

こんな感じになるのでは...

user_com.png koma time.png 2019/09/26(Thu) 22:58 home No.7068
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
komaさん

おっしゃる通りですね。9V程度までなら無改造で接続しても何も問題ありませんね。ジャイアンさんの仕様は9Vのアダプターを接続していますしね。

私が作ったオリジナルレギュレータが12Vインプットの5Vアウトの仕様だった為12Vのスイッチング電源を選択されたのだと思います。

DC-Arrowの前段にレギュレータをかまして9Vに落して使うという手は試してみる価値はあると思います。最悪、オリジナルレギュレータなら12V直入力可能ですので大丈夫かと。
DC-Arrowに12V直入力のプランはないかな。。。と思っています。

あとは、yoさんに選択して頂こうかと思います。

user_com.png Pass time.png 2019/09/26(Thu) 23:28 home No.7069
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
Passさん、komaさん、moctさん、ジャイアンさん、NAOKさん

皆様、ご教授ありがとうございました。迷えるお猿も、ようやく、どうすればいいか大体分かってきました。以下、順不同でコメントします。

> OutoputCurrentが500mAしかないのでラズパイが駆動できないですね。このあたりのIC式レギュレータは容量が不足するものが多いと思います。作る方が早いかもです。

なるほど。別途お願いのメールをいたします(^^)。


> yoさん12V出力のスイッチングレギュレーターを発注してしまった様ですが^^;

これはあまりご心配して頂く必要はないです。
今回の12vスイッチング電源はmoctさんのお誘いと消費税アップに背中を押されて、試しにと思って、衝動買してみました。もちろん、結果が良ければ、メイン機として使うつもりです。
取り敢えず、そのままで apu用に使うか、対策をしていないnas用のUSBディスクに使うかなと思っています。

もちろん、適当なレギュータ(dc-dc変換)により、5vにして使うことも出来るだろと甘く考えいたのですが、そんなに発熱が大きくなると思っていませんでした。
また、ifi社のDCノイズフィルター(iPurifier DC)を使えるはずですので(三つ持っています)、これを入れれば、それなりの効果はあるかなと思っています。

後、rpi用にはdc-arrowが3台あり、これも不自由しているわけではありません。

というわけで、興味はこれらの比較ですね。この間の試聴会で、Passさん自作の電源にした途端にラテパンダの音が変わったのにはビックリ。僕の持ち込んだバッテリー電池でx-spdif2がパッとしなかったのかにはガックリ。だった印象は強烈でした。


> DC-ARROW基板は持ってないので実際の測定はしていませんが
> (所有しているならC1の両端で測定すれば完璧)

テスターを使い、C1部分のDCを測ってみましたが、8.71Vですね。従って8V~9V程度のスイッチング電源(DC)を使うことはできそうです。DC-ARROWのトランジスタは相当に大きいクーラーを付けていますが、かなり熱くなります。このあたりが、使える電圧の限界のようです。
お猿には「ダイオードというのは整流しているだけだから、ACだろと、DCだろうと動く」という知識は無かったので(^^;;;、良い勉強になりました。

ということで、次回の試聴会はキツネを鳴らすrpi or/and パンダの電源比較になりそうですね。

user_com.png yo time.png 2019/09/27(Fri) 17:07 home No.7070
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
yoさん

あまり計算ずくは好き(得意)ではないのですが。。。


5Vの出力電流値が、仮にsmpdの安定時電流の1Aとすると

9V⇒5Vの場合。
 9V-5V=4V
 4V×1A=4Wがトランジスタの発熱になります。

これが12V⇒5Vだと
 12V-5V=7V
 7V×1A=7W

発熱が1.75倍になります。komaさんやNAOKさんのご指摘もごもっともですね。

DC-Arrowの前段のレギュレータ基板だけの作成も可能ですが、どうせ自作するなら中途半端ですよね。

user_com.png Pass time.png 2019/09/28(Sat) 00:46 home No.7071
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
Passさん
シンプルには 抵抗を入れればCの効きも良くなり
悪いことではないのですが 問題は大型の音の良い抵抗がないことです。 
たかが電源なのですが こだわると奥が深いです。
耳を頼りに探るしかない。

user_com.png NAOK time.png 2019/09/28(Sat) 11:02 home No.7072
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
NAOKさん

15Wクラスの抵抗はスピーカー用でも品種が少ないですね。
放熱方法も難しくなりますしね。

5VのレギュレーションはDC-Arrowで担保できるので、簡易レギュレータで電圧を落とそうかと思います。
前段でトランジスタで放熱しておけばDC-Arrowはノーマルのままなので何とかなるかと。

user_com.png Pass time.png 2019/09/28(Sat) 11:30 home No.7073
Re: 敢えて再生機器ハードを語るスレッド(笑) その3
moctさんご推奨のダイトロンの電源を使っていますが、素晴らしいですね。

apu1c(lightMPD upnpgw v1.0)=daitron + rpi-3b+(SMPD v0.9ベータ dlna接続対応)=DCarrow
apu1c(lightMPD upnpgw v1.0)=yamaha + apu2c4(lightMPD v1.20)=daitron
という二つの構成で鳴らしてみましたが、どちらもワンランクシステムがレベルアップしたという感じでなります。特に下のapu+lightmpdの純正構成でのアップ度が凄いです。音色の傾向は上のHDMI接続とは異なる方向ですが、十分対抗出来るという感じになります。
勿論、解像度が上がるとか、音場空間が広がるという改善もあるのですが、再生する迫力が増したという感じがします。やっぱりパワーがアップしたことによる部分が大きいのかなと思いました。
もう一台入手するかなと考えています。

素晴らしい電源を教えて頂いたmoctさんに感謝です。

user_com.png yo time.png 2019/10/03(Thu) 19:02 home No.7080
Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド

Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド

パパリウスさんが新しいフォーラムを立ち上げるまで、こちらを Symphonic MPD Q&A用にお使いください。

user.png yo time.png 2019/09/21(Sat) 07:05 No.7003 [返信]
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
「SMPDのDLNAレンダラー化について(2)」#7007へのコメントです。

パパリウスさん

会員数も大分増えたようですから、独自のフォーラムを持たれるよい機会かもしれませんね。

> ファイルウェブのコミュニティは機能がシンプルで、
> 使い方を覚える必要が無いというのが気に入ってました。

メッセージを入力するだけ、書き込む前に確認画面だけの、シンプルで、素晴らしいヒューマンインタフェースですね。まあ、会員がログインしないと書き込めないという仕組みを最大限活かした方法だと思います。

現在のSMPDサイトのコメント欄を改良してフォーラム機能を組み込まれるのであれば、是非同じようなHIだといいなと思います(勝手なお願いですので、大変なら、無視して頂いて結構です)。

あと、古いログは残っているのですかね。これは是非復活して頂きたいと思っています。

user_com.png yo time.png 2019/09/21(Sat) 17:22 home No.7011
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウス様
20日にサイトのCommentsから全てのメッセージが消えたときは何かあったかと心配しましたが、そういう事情があったんですね。開発も継続中とのことで安心しました。

ご報告ではv0.9の開発で多忙だとは思いますが、こちらの掲示板が見られない方のために公式サイト方に「掲示板については緊急避難スレッドを当面お使い下さい」か「正式に再開するまでお待ち下さい」と記載頂けると皆さん安心するかと思いますので是非ご検討下さい。

user_com.png sunatomo time.png 2019/09/21(Sat) 21:07 home No.7013
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
sunatomoさん、こんにちは。

ドタバタとしてしまい、お恥ずかしい限りです。

仰る通り、配布サイトでアナウンスしておかないと
ご迷惑をおかけしてしまいますね。
後ほど更新しておきたいと思います。

配布サイトのサーバはフォーラム立ち上げに関わる作業でちょくちょく再起動しています。
また、夜間はサーバをシャットダウンしていることもあると思います。
繋がらなくても一時的なものですので、どうかご心配なさらないでください。


今回の件は少なからず動揺しておりまして、
SNSを見るのも嫌になり、v0.9系の開発に逃避しておりました(笑

そのお陰で、v0.6系以降、何度も実装にトライしては失敗していたテーマを納得のいく形で実装することができました。

そのテーマとは「aplay-rtのLinuxスレッド排除、Linuxシステムコール呼び出しの完全排除」なのですが、その点については改めてご説明したいと思います。

これまで、LinuxカーネルからXenomaiカーネルへのデータの受け渡しにLinuxカーネルの機能(名前付きパイプ)を利用してきましたが、
v0.9系では名前付きパイプの利用をやめ、専用設計のキャラクタデバイスのドライバを書きました。
これによって、データの受け取りから再生までの経路の全てに手をいれることができるようになり、実装の自由度がぐっと上がりました。
aplay-rtもRTDMドライバもさらに最適化を進めることができるようになり、とても開発が楽しい状態です。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/22(Sun) 10:56 home No.7016
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさん

問題なく開発を続けておられるとのことで、安心しました。

今度のv0.9系にも期待してしまいますね。ご説明の内容は、半分程度しか理解できていませんが(笑)

> とても開発が楽しい状態です。
高い崖のある険しい山を何度も挑戦して登り切り、その頂上から俯瞰する景色が、今まで見えていなかったものが一望できるようなそんな感じなのでしょうかね(^^;

user_com.png えふ time.png 2019/09/22(Sun) 12:15 home No.7017
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウス様

ひとまずはご無事のようで安心しております。
まずは安全第一だと思いますので、くれぐれもご用心くださいませ。

0.9系について、今後大きな変化があるとしたら、データの受け渡しの部分なんだろうなと思っていたので、今後の展開が楽しみです。ところで、開発中のドライバは、AirPlayにも適用できそうなのですか?
日頃からSpotifyで音楽を漁っているものとしては、非常に気になるところでして(笑)

user_com.png W.Peach time.png 2019/09/22(Sun) 13:44 home No.7018
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
えふさん、こんにちは。

ご心配かけました。
今回の件で開発へのモチベーションを失いつつあったのですが、
技術的な問題解決の足掛かりを見つけて音出しにこぎ着けまして、
v0.9.0の音を聴いたらそれまで悩んでいたのが馬鹿らしくなってしまいました。

人は人、私は私。
自分が好きでやっていることですから、続けるも辞めるも自分で決めればいいこと。
周りに振り回されて自分の時間を浪費するのはやめようと思い直しました。

山登り、、、そうですね、「新幹線のトンネルを掘っている」ような感じです。

1分、1秒を短縮するために路線を何度も引き直し、
これ以上は迂回のしようがないということろまで改善し、
意を決してトンネルを掘り、山を切り崩し、力尽くで最短ルートを作ってしまう。


配布サイトのダウンロードページにv0.9.0βのリンクを貼りましたので、よろしければお試しください。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/22(Sun) 13:50 home No.7019
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
W.Peachさん、こんにちは。

ご心配かけました。
人目につくような活動はなるべく自粛して、
密やかに開発を続けたいと思います(笑

新ドライバは、Cross-domain shared bufferと名付けました。
(もしかしたら、Inter-domain shared bufferと改名するかもしれません)

LinuxカーネルとXenomaiカーネルの垣根を超えてデータの共有をするためのリングバッファを実装したもので、AirPlayにも対応していますよ!

処理時間の大半はメモリアクセスに関わる部分です。
L1キャッシュにヒットさせても、1KBのPCMデータをメモリ間でコピーするのに1マイクロ秒近くの時間がかかってしまいます。
データの受け渡し(つまりメモリ間でのデータのコピー)をどのように取り回すかがとても大きなポイントになっています。
v0.9系はこのテーマを突き詰めていきたいと思います。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/22(Sun) 14:03 home No.7020
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウス様が本体のバージョンアップを精力的に行っているところで、
後方支援を兼ねて小ネタを3つほど挟んでいきたいと思います。

何らかの成果を得るために開発を行うということは精神の集中が必要な作業です。
それが外野の雑音で妨げられるのは非常に辛いのは重々承知していますので、
必要に応じて遮断するのは全く問題ないかと思います。
(という訳で、先の私のメッセージも当然ながら強制ではありません。
パパリウス様の思うとおり開発に集中専念して下さい。)

1.IPv6環境でのNASのpath指定方法について(QNAP製品を使用した場合)
 古い製品ですがHS-210を使用しています。
 当方所有の製品では「よくある質問と答え」にあるmike様のpath
 指定方法では接続出来ませんでしたので、そのフォローです。

 //NAS ipv6 link:local アドレス%eth0/音楽ディレクトリー名

 mike様記載のpathでは出力ポート指定を示す記号が"@"でしたが、私の動作環境では"%"でした。
 ちなみにQNAPのNASでlink:localのIPv6アドレスを調べる方法としては、
 私の場合はtelnet,ssdでリモートシェルを開いてifconfigコマンドを使用しています。
 (sshの場合は"slogin -l admin NASのIPv4アドレス"でリモートシェルが開きますので、
 その後ifconfigコマンドを入れて下さい)

 なお、ブラウザのSETTINGSで表示されるダイアログのNAS Settingsを修正後に「Save」
 ボタンが押されるとこのダイアログのフォームから"edit_fstab.sh"というシェルスクリプトが
 フォーム内の各設定を引数として起動するのですが、その際のパラメータのうちパスワードに
 全角スペースが末尾に挿入されているようです。
 (実際にはedit_fstab.shで引数のクリーニングを行っているため実害はありませんが、
 jounalctlのログではその痕跡があるためちょっと気になりました。
 以下にログを一部改変して貼っておきます。

 smpd ympd[3440]: command : systemd-run /home/pi/misc/edit_fstab.sh "//192.168.11.151/qmultimedia/MUSIC/" "sunatomo" "pass "

2.サーバフォルダの一覧表示からRAM・USBが消える場合について
 先のNAS設定変更ダイアログなど本体再起動を伴わないでMPDのデーモンのみ再起動した場合、
 サーバフォルダの一覧表示にはNAS・RADIOは出現しますがRAM・USBが消えてしまいます。
 これは/home/pi/configs/mpd_event.shの末尾に以下の2行コマンドを追加することで対応出来ます。

 mpc update RAM
mpc update USB

 NAS設定時などは一時的にMPDを停止するため、その後の再起動後にRAM・USBディレクトリ
 を読み込ませないとサーバフォルダとして認識しないということですね。
 (rc.localを見て気づきました。)

3.mpd.logの表示プラグイン作成について
 標準インストールでは無いようでしたので作ってみました。
 作り方は以下の通り:
 a./home/pi/plugins フォルダ下にshowlogフォルダを作る
  mkdir /home/pi/plugins/showlog
 b./home/pi/plugins/showlogフォルダにshowlog.shという名前のファイルを作成し、
  以下の記述を入れる。なおshowlog.shファイルのパーミッションは755にする。

#!/bin/bash

target_mpd=/var/run/mpd/mpd.log
out=/var/lib/mpd/music/plugins/showlog/showlog_out.html
lines=20

echo "<p>output lines:" $lines "</p>" > $out
echo "<pre style='font-size:10px;'>" >> $out
tail -n $lines $target_mpd >> $out
echo "</pre>" >> $out

exit 0

 c./home/pi/plugins/.pluin.jsonを編集し、以下の記述を末尾に追加
  なお、最下行は"]}"になっているかと思いますが、
  最下行とその前の"}"行の間に入れて下さい。
  また、挿入前行の"}"は必ず"},"(末尾に半角のカンマをつける)に直してください。
  (この記述、JSONファイル書式について知識がある程度ないと間違えますよね。
   でも一般的に使う場合はそこまで知らなくても良いし...)

{
"menu" :"show mpd.log",
"author" :"sunatomo",
"active" :"yes",
"icon" :"file",
"form" :"",
"command":"/home/pi/plugins/showlog/showlog.sh",
"output" :"/plugins/showlog/showlog_out.html",
"success":"",
"error" :"error!"
}

 d.動作確認
  本体を再起動し、YMPDのメニューに"show mpd.log"と表示されればOKです。

 使う目的としては通常のflacやmp3などの音源ならば問題ないのですが、
 ラジオストリームや一部の変態ファイル形式(ogg-vorbisなど)では
 URLのミス・ffmpegの非対応などでmpd.logにエラーが記録されることがあります。
 (この場合、音が鳴らないだけでMPDのフロントエンド側ではその他のエラー表示がない。)
 その場合にエラーを確認するために作ってみました。
 簡易的に作成したものであるため、現状では最新20行のみログ出力します。
 シェルスクリプトのlines=20を任意の数字に変えれば出力行数は替えられます。
 (可変行ログ出力対応も考えてみたいと思いますが)

user_com.png snatomo time.png 2019/09/22(Sun) 14:15 home No.7021
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさん、こんにちは。
いろいろと大変だったようですね。
さっそく、v0.9.0をダウンロードしたのですが、正常に起動せず、webuiやsshでアクセスできないようです。
これまでの手順と同様にしていますので、間違っていないと思うのですが。

user_com.png hiroget9 time.png 2019/09/22(Sun) 15:07 home No.7022
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
hiroget9さん。

私もIPスキャンしても見つからない状態でしたが
SDカードのeth0.networkで固定IPにすると
SSHもwebからも見られる様になりました。

動作につきましては、一通りSB32PRO用の設定をして
96/24のflacは再生出来ましたが
次の48/24MP3に飛ばそうとしたら
WEBが固まって何もボタンを押せなくなりました。
SSHからは接続出来たので、再起動は可能でした。

user_com.png YASS1 time.png 2019/09/22(Sun) 15:26 home No.7023
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
YASS1さん

ありがとうございました。
eth0.networkの固定IPで解決しました。

user_com.png hiroget9 time.png 2019/09/22(Sun) 15:58 home No.7024
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
yoさん 緊急スレッド有難うございます。パパリウスさんのブログが突然消えた時は正直目の前が真っ暗になる衝撃を受けました。みみず工房さんのSMPDスレッドで事の重大性が理解でき一安心しましたが新しい形でパパリウスさんが復帰をされて事を心待ちしています。パパリウスさん元気に戻ってきてください。以前にもまして応援をしてゆきたいと思ってます。
user_com.png エリック time.png 2019/09/22(Sun) 16:14 home No.7025
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさま

どこに消えたのかちょっと不安になり始めたときに、このyoさまの掲示板で元気にver.0.9を開発されているのを発見して、ほっと安心いたしました。

yoさま、このような場を即座に開設していただき本当にありがとうございます。

さて、先程早速 ver 0.9.0βをダウンロードし、30分ほど聞いておりますが、下記環境のSabreberry32pro も Kali-i2s-HDMI/D70 も問題なく順調に動作しています。

NAS:Tinker Board S/samba/flac(0)44.1kHz/16bit
RP3B/Kali Reclocker/やなさん i2s->HDMI送信基板/Topping D70
RP3Bp/Sabreberry 32 pro +LPF

ベータですからまだ音の評価は早いと思いますが、響きがとてもきれいで、特に微細な音がver0.8.33に比べてとてもきれいに出てきます。
弦の音はとてもクリアなのにつややかです。ピアノのタッチの音もよくわかります。
ただジャズの強靭な音が少し品よく美音になるように感じます。

Spotify も問題なく再生しています。

以上ご報告まで。

user_com.png mikw time.png 2019/09/22(Sun) 18:35 home No.7026
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
すみません。投稿no.7026 の名前を間違ってしまいました。
正しくは mike です。
しかもパスワードを設定ミスしてしまい修正もできませんので追記しました。
掲示板を汚してすみません。

user_com.png mike time.png 2019/09/22(Sun) 18:39 home No.7027
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさま

mikeです。ver. 0.9.0βの続報です。

Kali-i2s-HDMI/D70が一度ハングしました。

Spotify の再生を止め、3200曲のplaylistを読み込みましたがqueに上がらずうまくいかないので再度読み込みました。
再生をしようとすると再生しません。
ympdを再ロードしようとすると、画面はリソースアンアベイラブルと出続けていました。
SSHも接続できますが応答しないので、電源オフ。
再度立ち上げると全く正常に戻りました。

3200曲のplaylistの読み込みもスムーズで、その後の再生も4時間ほど経過しても全く異常なしです。

ちなみに、SB32pro もその後同じ32000曲playlistで 4時間以上なんの問題もなく再生を続けています。

digipro も引っ張り出してテストしていますが、これも異常なく32000曲ランダム再生を続けています。

いろいろな曲を聞くと、特に弦楽器系はとても素晴らしいです。クリアなのに響きが美しく、艶があり、強さもあります。
クラシックに限るとビアノもタッチの多彩な音が明快にわかります。余韻も美しく深い音です。

あいかわらずジャズには強靭さがなく穏やかで上品で驚くほどの美音です。


user_com.png mike time.png 2019/09/22(Sun) 22:21 home No.7028
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさん

v0.9βをDigione Signatureで鳴らしています。
起動後一曲目の再生の頭が不安定になる現象を確認しました。スローになったり音飛びしたりします。
つつきはじめたばかりですが、他にも44.1/16と48/24の音源の間でシステムのフリーズが見られたり、不意に再生が止まったり、不意に音がつっかえたりしています。音源はflac。

/boot直下に

dt-blob.bin
dt-blob.bin.master
dt-blob.bin.slave

とあり、mvのリネームだけで置換えができるように配慮されたものと理解しましたが、デフォのdt-blob.binは従来通りslave用でしょうか?それともmaster用?

user_com.png ジャイアン time.png 2019/09/22(Sun) 22:29 home No.7029
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウス様
v0.9β インストール後の動作確認です。
journalctlに3回カーネルのトレースが記録されています。
動作検証は3B+ でサウンドカードはSB32+Pro DoPです。

1回目
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: Internal error: Oops - BUG: 0 [#1] PREEMPT SMP ARM
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: Modules linked in: arc4 ecb md4 md5 hmac nls_utf8 cifs ccm lan78xx snd_soc_pcm512x_i2c snd_soc_pcm512x regmap_i2c crc32_arm_ce snd_soc_bcm2835_i2s snd_soc_hifiberry_dacplus snd_soc_
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: CPU: 1 PID: 5611 Comm: latency Tainted: G C O 4.14.52-smpd #245
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: Hardware name: BCM2835
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: I-pipe domain: Linux
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: task: bd3ed400 task.stack: bacaa000
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: PC is at putname+0x60/0x64
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: LR is at CoBaLt_sem_unlink+0x6c/0xe4
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: pc : [<80290540>] lr : [<802094a0>] psr: 60000013
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: sp : bacabf08 ip : 00000000 fp : 80903e0c
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: r10: 00000001 r9 : 00000000 r8 : 00000001
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: r7 : 80209434 r6 : 80903e0c r5 : bacf8000 r4 : 00000000
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: r3 : 00000000 r2 : 00000000 r1 : bdcf0174 r0 : bacf8000
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: Flags: nZCv IRQs on FIQs on Mode SVC_32 ISA ARM Segment user
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: Control: 10c5383d Table: 3cc1006a DAC: 00000055
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: Process latency (pid: 5611, stack limit = 0xbacaa220)
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: Stack: (0xbacabf08 to 0xbacac000)
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: bf00: 00000000 802094a0 00000000 bacabf1c 802093f8 0000004d
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: bf20: 00000000 be918808 bacabfb0 8020faf8 00000003 00000000 00000000 80950dc0
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: bf40: bdceefd4 8083ffd4 bdceffd4 80950dc0 80950dc0 00000001 80903e0c 801d85e4
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: bf60: 00000000 00000013 bacabfb0 80950dc0 8090e0b4 00000000 00000000 ffffffff
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: bf80: 00000000 76433460 7643367c 00024b88 00000003 00024ce4 000f0042 8010c608
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: bfa0: bacaa000 00000002 00000000 8010c544 10000012 00024cf4 00000000 00024cf4
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: bfc0: 00024b88 00000003 00024ce4 000f0042 00000000 00024ce0 00000002 00000000
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: bfe0: 00024aa8 7ec9a668 00012fd8 76efd780 60000010 10000012 00000000 00000000
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: [<80290540>] (putname) from [<802094a0>] (CoBaLt_sem_unlink+0x6c/0xe4)
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: [<802094a0>] (CoBaLt_sem_unlink) from [<8020faf8>] (ipipe_syscall_hook+0x278/0x590)
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: [<8020faf8>] (ipipe_syscall_hook) from [<801d85e4>] (__ipipe_notify_syscall+0x104/0x43c)
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: [<801d85e4>] (__ipipe_notify_syscall) from [<8010c544>] (pipeline_syscall+0x8/0x24)
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: Code: ebff777d e1a00004 e8bd4010 eaff77fd (e7f001f2)
Sep 22 22:58:22 smpd kernel: ---[ end trace eb1c8721ca0995ea ]---

2回目+3回目
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Unable to handle kernel paging request at virtual address 6d6f682f
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: pgd = bcc6c000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [6d6f682f] *pgd=00000000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Internal error: Oops - BUG: 5 [#2] PREEMPT SMP ARM
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Modules linked in: arc4 ecb md4 md5 hmac nls_utf8 cifs ccm lan78xx snd_soc_pcm512x_i2c snd_soc_pcm512x regmap_i2c crc32_arm_ce snd_soc_bcm2835_i2s snd_soc_hifiberry_dacplus snd_soc_
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: CPU: 1 PID: 5740 Comm: (pipe.sh) Tainted: G D C O 4.14.52-smpd #245
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Hardware name: BCM2835
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: I-pipe domain: Linux
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: task: bd3eb9c0 task.stack: bd2d4000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: PC is at kmem_cache_alloc+0x178/0x214
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: LR is at kmem_cache_alloc+0xd4/0x214
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: pc : [<8026e290>] lr : [<8026e1ec>] psr: 20000013
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: sp : bd2d5e58 ip : 00000000 fp : 000006a5
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: r10: 3d4af000 r9 : ffffe000 r8 : 80846c20
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: r7 : bacf8010 r6 : 80903e0c r5 : bdcf5c24 r4 : bd801900
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: r3 : 00000000 r2 : 6d6f682f r1 : 014000c0 r0 : 00000001
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Flags: nzCv IRQs on FIQs on Mode SVC_32 ISA ARM Segment user
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Control: 10c5383d Table: 3cc6c06a DAC: 00000055
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Process (pipe.sh) (pid: 5740, stack limit = 0xbd2d4220)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Stack: (0xbd2d5e58 to 0xbd2d6000)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5e40: 014000c0 a0000013
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5e60: 6d6f682f bdcf5c20 0000000a bac29000 80903ee0 0000000a bac29002 80910e6c
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5e80: 00000000 0063f7d8 0064b170 80290434 bac29000 0000f000 fffffffe 80984c08
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5ea0: 80910e6c 80289ed0 0000000a 80910e6c 00000000 bac41800 bac41800 802416d0
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5ec0: bac29000 bac29002 fffffffe bac29000 bac29000 fffffffe 80984c08 80910e6c
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5ee0: 00000000 802e16e4 00000000 bac29002 80911334 80289404 bd3eb9c0 bacf8000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5f00: bac29000 0000166c ffffe000 8028b6b0 00000011 bd2d5f54 00000000 00000000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5f20: bdcf1314 be51c22c b84f3000 00000000 bacf8000 b84f3fe3 0064b170 0063f7d8
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5f40: 7f000000 80983960 38e38e39 00000000 00000000 be51c22c 00000000 00000001
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5f60: 00000100 00000001 bd2d4000 0064b170 0063f7d8 005dbe58 0000000b 8010c608
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5f80: bd2d4000 00000000 7e8dd274 8028bfc4 00000000 005dc498 000000bf 00000002
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5fa0: 0063f7d8 8010c360 00000002 0063f7d8 0061db48 0064b170 0063f7d8 0061dca0
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5fc0: 00000002 0063f7d8 005dbe58 0000000b 00578720 0064b170 00000002 7e8dd274
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 5fe0: 005c3d78 7e8dce40 00576394 76ea8820 60000010 0061db48 00000000 00000000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<8026e290>] (kmem_cache_alloc) from [<80290434>] (getname_kernel+0x28/0xd4)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<80290434>] (getname_kernel) from [<80289ed0>] (open_exec+0x10/0x170)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<80289ed0>] (open_exec) from [<802e16e4>] (load_script+0x1f8/0x250)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<802e16e4>] (load_script) from [<80289404>] (search_binary_handler.part.1+0x64/0x230)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<80289404>] (search_binary_handler.part.1) from [<8028b6b0>] (do_execveat_common+0x6d8/0xd28)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<8028b6b0>] (do_execveat_common) from [<8028bfc4>] (SyS_execve+0x30/0x38)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<8028bfc4>] (SyS_execve) from [<8010c360>] (ret_fast_syscall+0x0/0x4c)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Code: e3520000 0a000003 e5943014 e59d2008 (e7923003)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: ---[ end trace eb1c8721ca0995eb ]---
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Unable to handle kernel paging request at virtual address 6d6f682f
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: pgd = 80004000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [6d6f682f] *pgd=00000000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Internal error: Oops - BUG: 5 [#3] PREEMPT SMP ARM
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Modules linked in: arc4 ecb md4 md5 hmac nls_utf8 cifs ccm lan78xx snd_soc_pcm512x_i2c snd_soc_pcm512x regmap_i2c crc32_arm_ce snd_soc_bcm2835_i2s snd_soc_hifiberry_dacplus snd_soc_
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: module [xsink] : PID = 5729 cmdline = "pcminfo.sh" : open() called
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: CPU: 1 PID: 433 Comm: kworker/1:1 Tainted: G D C O 4.14.52-smpd #245
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Hardware name: BCM2835
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: I-pipe domain: Linux
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Workqueue: events cgroup1_release_agent
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: task: bcec1a40 task.stack: baf46000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: PC is at kmem_cache_alloc+0xa0/0x214
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: LR is at kmem_cache_alloc+0x7c/0x214
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: pc : [<8026e1b8>] lr : [<8026e194>] psr: 20000113
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: sp : baf47ec8 ip : bd803000 fp : 000006a9
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: r10: bac2e080 r9 : ffffe000 r8 : 00000000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: r7 : 6d6f682f r6 : 80903e0c r5 : 80846c20 r4 : bd801900
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: r3 : 00000000 r2 : 000006a9 r1 : 014000c0 r0 : 00000001
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Flags: nzCv IRQs on FIQs on Mode SVC_32 ISA ARM Segment user
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Control: 10c5383d Table: 3cc6c06a DAC: 00000055
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Process kworker/1:1 (pid: 433, stack limit = 0xbaf46220)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Stack: (0xbaf47ec8 to 0xbaf48000)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7ec0: 014000c0 bac2e080 baf47f2c 80663f88 bdcf2700 bdcf5d00
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7ee0: bac2e098 bce36734 bce36734 00000000 00000000 bac2e080 bdcf2300 801c9554
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7f00: 00000080 bdcf5d00 bac2e098 bce36734 bdcf2300 00000000 00000000 bdcf5d00
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7f20: bac2e098 bce36734 bdcf2300 801395b0 bdcf2700 8065b238 ffffe000 80902d40
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7f40: bdcf2318 61c88647 000021fa 8083b1fc 80903e0c 80903e0c bd895eb4 bcd93a80
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7f60: ffffe000 bcd93a80 ffffe000 00000040 00000000 bd895eb0 bac2e080 8013920c
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7f80: bcd93a9c 80140030 00000000 bac410c0 8013fe70 00000000 00000000 00000000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7fa0: 00000000 00000000 00000000 8010c43c 00000000 00000000 00000000 00000000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7fc0: 00000000 00000000 00000000 00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: 7fe0: 00000000 00000000 00000000 00000000 00000013 00000000 3e5fd861 3e5fdc61
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<8026e1b8>] (kmem_cache_alloc) from [<801c9554>] (cgroup1_release_agent+0x30/0x110)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<801c9554>] (cgroup1_release_agent) from [<801395b0>] (worker_thread+0x3a4/0xcd8)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<801395b0>] (worker_thread) from [<80140030>] (kthread+0x1c0/0x1c8)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: [<80140030>] (kthread) from [<8010c43c>] (ret_from_fork+0x18/0x24)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: Code: e7957003 e3570000 0a000044 e5943014 (e7973003)
Sep 22 23:08:18 smpd kernel: ---[ end trace eb1c8721ca0995ec ]---

また、ympdのプロセスがフリーズしたり、sshのセッションで動作が固まるなど発生しています。

user_com.png sunatomo time.png 2019/09/22(Sun) 23:22 home No.7031
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
mikeです。

手持ちの3台、SB32por、Kali+i2s-HDMI/D70、digione で再起動し最初の一曲の再生をしてみましたが、ジャイアンさんのスロー化や途切れ現象は発生しましせんでした。

再生は極めて安定しています。

もし環境に差があるとすると、こちらは、44.1KHz/16bit FLAC のみをNAS経由で再生してるということでしょうか。
ハイレゾ音源はないのでその切替時の問題については残念ながら追試できませんでした。

user_com.png mike time.png 2019/09/22(Sun) 23:25 home No.7032
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさん、こんばんは。

v0.9βで試聴しています。
音質はさらに向上したように感じます。素晴らしいですね。
webuiが不安定で固まることがあるようですね。

user_com.png hiroget9 time.png 2019/09/22(Sun) 23:31 home No.7033
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
> sunatomoさん

いつもありがとうございます。
以前アドバイスいただいた事項はv0.9.0に反映させていただきました。
今回いただいたネタも極力反映できるように進めたいと思います。

> hiroget9さん、yass1さん

お手数ですが、eth0.networkで固定IPアドレスを設定して運用していただければと思います。

以前はrc.localでネットワーク確立を待ってからsystemd-networkdとsystemd-resolvedの停止を行っていたのですが、
v0.9.0でネットワーク確立待ちの方式を変えたことで、動作が変わってしまったようです。
私は普段、固定IPで運用しているので、気付くのが遅くなってしまいました。
正式リリースまでには修正したいと思います。


> エリックさん

暖かく心強いメッセージ、大変励みになります。
どうもありがとうございます。
I2S出力とは、突き詰めればPCMデータを定間隔で運ぶという、ただそれだけのことでした。
smpdは最もシンプルな再生ソフトで在りたいと思います。
v0.9系でその理想を形にすることができそうです。

> mikeさん、ジャイアンさん

ご報告ありがとうございます。
再生開始・再生停止・曲送りといった操作でバッファのデータが壊れるようですね。
まだまだ安定動作とは言えない状態ですが、
引き続き改善を進めていきたいと思います。

表現力は向上し、繊細さも力強さも余裕を感じますが、
mikeさんの仰る通り、v0.8系に比べてやや美音寄りで上品に感じる面がありますね。
これがv0.9系のキャラクターなのか、それとも調整を経て化けていくのか。
その変化も含め、楽しみましょう。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/22(Sun) 23:45 home No.7034
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさん
mikeさん

再生がスローになったりつっかえたりする現象は、/home/pi/util-smpdbackup.sh -rを実行し、/boot/eth0.networkが古い環境の内容で上書きされたことが原因だったようです。それがために、せっかく設定したIPアドレス固定が無効になっていたようです。

ダッシュボードを表示させようとすると、WebUIがフリーズするようです。(再生はします)
表示する時もあるんですけどねぇ...
que上に48/16と48/24のトラックを登録して再生させても、確実にフリーズします。
que上のトラックを削除し、新たに別トラックを登録させても、再生時に必ずフリーズします。
ダッシュボードを表示させようとした時のフリーズはsshでリブートできますが、他のフリーズでは電源を物理的に落とす以外に方法がありません。
βですし、気長に検証を続けてみます。

user_com.png ジャイアン time.png 2019/09/23(Mon) 00:06 home No.7035
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
以下、代理アップです。僕は時間がとれなく0.90ベータはまだ試していません。よろしくお願いします。

yo
---------------------------------------

yo様

初めまして、SMPDのR&D Club Member No.21のgodaiと申します。

いつもミミズ工房掲示板を見させていただいており大変ありがとうございます。SMPDを利用しており、今回Ver0.9.0にUpDateされたのを機掲示板で知り早速SDカードに焼いて以前と同じ方法でRPiにセットしたのですがネットワークに認識されないのです。そこで機掲示板に助けていただこうとしたのですが、掲示板にUpする方法がわからずやむを得ず失礼ながら直接メールをいたしました。SMPD Ver0.9.0をネットワークに接続する方法をご教示いただけませんでしょうか。尚、掲示板No.7003のNo.7023にeth0.networkでIPを固定するとよいとありましたがeth0.networkはtexファイルでないので編集の仕方がわからないので、どのようにしたらよいかご教示お願いしたいのですが、よろしくお願いいたします。No.7003に掲示いただいてもよろしいです。厚かましいお願いですがよろしくお願いいたします。

user_com.png godai time.png 2019/09/23(Mon) 07:47 home No.7036
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
godaiさん、はじめまして。

eth0.networkの編集ですが、windowsならメモ帳で開いて書き換えできますよ。

user_com.png hiroget9 time.png 2019/09/23(Mon) 08:11 home No.7037
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
godaiさん

Windows機にSDカードを差し込んで、eth0.networkファイルを右クリックで「プログラムから開く」を選択して、メモ帳から開けば開きますよ。

user_com.png Pass time.png 2019/09/23(Mon) 08:20 home No.7038
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさま

mikeです。

ジャイアンさんの追試その2です。

dashboardを立ち上げると、ympdがハングする件、digione、Kali-i2s で確認しました。port "6600"のmpcたちはきちんと動作します。sshも有効です。
ただ、digioneは3回中1回sshでのリブート後ハングしました。

また、sb32pro は正常にdashboardが表示します。何度も動作させてもympdはハングしません。再起動しても変わりません。

この動作の違いを生んでいるものは特定できていません。
以上ご報告まで。

user_com.png mike time.png 2019/09/23(Mon) 09:46 home No.7039
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
みみず工房様はじめまして。あちらでは出不精と名乗っていた者です。この場を提供して頂き有難うございます。宜しくお願い致します。
パパリウス様。途方に暮れていましたが先ずは一安心です。何があったのかよくわかりませんが御自身の事第一でよろしくお願いします。SMPDの存在感がそれだけ高くなってしまった事の代償なんでしょうね。困ったもんですねー。
0.9.0β久々にちょっとてこずりましたが無事インストール出来ました。degioneユーザーとしての報告ですが、当方もdashboardに問題が有り、フリーズはしませんがグラフが出ません。又すべてのフォーマットを再生してませんがランダム再生するとフリーズします。ympdは生きているようです。その際puttyでの接続は出来ましたがreboot叩いても無反応でした。ひとつ気づいたのは再生ボタンを押してから曲が始まるまでのレスポンスが以前より悪くなっているようです。2^3秒程間が有ります。
音に関しては高温に艶みたいなものが出て、更に響きも広がった様に感じます。低音も益々キレが増したようです。音ききながらニヤニヤしながらこれを書いております。
くれぐれもご自愛下さい。これからも是非是非よろしくお願い致します。

user_com.png 出不精 time.png 2019/09/23(Mon) 14:31 home No.7041
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさん

v0.9β使ってみました。昨日ベストだったHDMI直結接続(hifi-dac-hat + hdmi変換基板)で問題なく再生できました。lightMPDと組み合わせたDLNA対応でもちゃんと動きます。
dashboard問題については、皆様と同じように表示されません。
音は素晴らしいと思います。v0.833とは解像度で多少の差があると思いますので、昨日これで試聴したら、もっと他のソフトとの差が大きくなったでしょうね。
MPDのアップグレードも楽しみにお待ちします。ただ、アップグレードすることにより、音がダウングレードしないかちょっと心配ですね。

user_com.png yo time.png 2019/09/23(Mon) 19:42 home No.7042
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
yo様。godaiです。
重ね重ねのご教示ありがとうございます。

hiroget9様、pass様
お陰様でeth0.networkを開いて編集することができました。IPアドレスを固定して無事Ver0.9.0にアクセスでき気持ちよく音楽を聴くことができるようになりました。本当にありがとうございました。

当掲示板がますます発展することを祈念しております。

user_com.png godai time.png 2019/09/23(Mon) 22:28 home No.7044
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
https://mpd.sytes.net/forum/" target="_blank">https://mpd.sytes.net/forum/
に新フォーラムが開設されたようなので、以降の書き込みはそちらでどうぞ。
最初に登録する必要がありますが、一旦、登録してしまえば、その後はphilewebと同じレベルで簡単に操作出来ます。さらにフォーラムとしての機能は格段にレベルアップしていますので、お勧めです。
取り敢えず、雑談というスレッドを起こしておきましたので、そこに開店記念のご挨拶をどうぞ。

user_com.png yo time.png 2019/09/24(Tue) 22:28 home No.7049
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
ここに記載した内容については既にパパリウス様が0.9.0β向けのrc.local差替ファイルを用意頂いたため削除いたします。
(逆にdhcpcd5を入れた場合、DNSによるホスト名正引きができなくなるため)

user_com.png sunatomo time.png 2019/09/24(Tue) 22:50 home No.7050
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさま

ご無沙汰しております。
プーです。

新フォーラムを解説を知り
早速(2.3日前)、登録したのですが、
送られてくるであろう 登録完了のメールが届きません。
したがって、新フォーラムにログインできない状況で
ご連絡するすべを失い、
このみみず工房さんおスレッドをお借りして
アプローチしました。
もしご覧になられたら対応いただけたらと思います。

ちなみに新フォーラムでは
ログインしようとすると

ログインに成功
ログイン資格情報が無効です

となり、掲示板などへの投稿はできません。
また再度 登録しようとすると
「登録名が一度使われている」とされ、再登録はできません。

以上 よろしくお願いいたします。

user_com.png プー time.png 2019/09/26(Thu) 11:17 home No.7060
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
プーさん、こんにちは。

こちらでユーザの削除を行いましたので、
もう一度登録してみてください。

(登録されたメールアドレスに誤植があったようです)

なにかあればサポートのアドレス
symphonic.mpd@gmail.com
にメール頂ければと思います。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/26(Thu) 12:28 home No.7062
Re: Symphonic MPD Q&A用の緊急避難スレッド
パパリウスさん
早々の対応ありがとうございます。

先ほど 再度 登録しました。

不具合がありましたら メルアドの方にご連絡します。

よろしくお願いいたします。

user_com.png プー time.png 2019/09/26(Thu) 19:31 home No.7066
SMPDのDLNAレンダラー化について(2)

こちらで「SMPDのDLNAレンダラー化について」を継続します。

donuts.shop73さん

catとlsmodの実行結果は直前のスレッドの最後にあります。

関係ないですが、smpd 0.8.13は素晴らしい音ですね(^^)。史上最高傑作ではないでしょうか。オッシロを使った効果覿面という感じですね。こんなとこに書いていないで、 ご本家の方のコメント欄にコメントしろと怒られそうだけど(^^;;;。

user.png yo time.png 2019/05/29(Wed) 18:02 No.6142 [返信]
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
yoさんご無沙汰です。
過去のスレを読んだのですが方法が見つけられないので質問させてください。
APUシリーズx2+lightmapd/upnpgwの構成ではプレーヤー側にアクセスしたい時は
$ telnet 192.168.x.y 8022 でアクセス可能ですが
今回のdonuts.shop73 さんのバージョンの場合でプレーヤー側にアクセスしたい場合は
どうすればアクセス出来るのでしょうか?

sshはどうすれば使える様になるのか?あたりから教えていただけないでしょうか?
$ ssh -l root 192.168.x.y -p 8022
or
$ telnet 192.168.x.y 8022
が可能になれば嬉しいです。

とりあえず親機のlightmpd.confの追記?はしてあります。

[nat]
masquerade=network:player
dnsforwarding=yes
ntpforwarding=yes
8022=10.0.0.2:22
8080=10.0.0.2:80

user_com.png koma time.png 2019/05/30(Thu) 06:28 home No.6144
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
komaさん

親機の設定済のようですので
ssh 192.168.x.y 8022
でOKです。

user_com.png yo time.png 2019/05/30(Thu) 07:10 No.6145
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
linux機をお使いなのですね。
であれば
ssh 192.168.x.y -p 8022
です。

user_com.png yo time.png 2019/05/30(Thu) 07:28 home No.6147
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
ありがとうございます。
これから会社行きます(笑)
パスワードで躓きます。
smpdplayer
raspberry
lightmpd
弾かれます マヌケですいません。

user_com.png koma time.png 2019/05/30(Thu) 07:40 home No.6148
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
自分、デスクトップはUbuntuなんです(笑)
$ ssh -l root 192.168.11.24 -p 8022
# ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue qlen 1000
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1472 qdisc pfifo_fast qlen 2000
link/ether b8:27:eb:2c:3b:7d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.0.0.2/30 brd 10.0.0.3 scope global eth0
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 fe80::ba27:ebff:fe2c:3b7d/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
出来ました。朝っぱらからすいません。

user_com.png koma time.png 2019/05/30(Thu) 07:52 home No.6149
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
確認するため、実は僕も、Windows機からputtyを使い、mintのサーバにsshで入り、
yo@mintc:~$ ssh 192.168.x.y -p 8022
yo@192.168.x.y's password:
Permission denied, please try again.
となり、ジタバタしておりました。
ユーザ名を指定しないと駄目なのですね。まあ考えてみれば、当たり前ですか。

user_com.png yo time.png 2019/05/30(Thu) 08:22 home No.6150
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
最新版では
親機のconfのデフォルトで使用すると
すべてのファイルが176.4KHzにリサンプリングされる様になっていますね。
マトモに鳴ったので初めて調べて見て気が付きました(笑)
DSD11.2Mzの曲もやはり176.4KHzにリサンプリングされますが
引っかかりもなく再生されますね。
44.1Khzのソースの再生に焦点を当てている様に感じます。
抜群に良いと思います。

user_com.png koma time.png 2019/05/30(Thu) 22:24 home No.6152
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
donuts.shop73 さん
sugi-です

最新のsmpdplayer を組み込んでみました
大変クリアー、重圧感のある音質で喜んでおります

組み込み中に恥ずかしいトラブルがありましたので報告いたします
私のrpi電源はトランス容量が2A程度のものです
この電源で2台のpiに供給していました、この状態で問題なく起動し作動していました
しかし
①無茶な選曲を繰り返しているとレンダラーがロックすることがある
②ハイレゾ曲の最初の立ち上がりでクリック音が出ることがある
があり、調べてみるとフロントのpi2bの電源ランプが曲の立ち上がりなどで一時的に消灯するような現象があり、明らかに電源容量不足状態でした
各rpiに個別に余裕のある電源供給としたところ、クリックもなく安定した状態となりました
電源容量考えれば分かることですが、こんなことがありました

user_com.png sugi- time.png 2019/06/03(Mon) 12:10 home No.6188
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
smpdplayerの0.8.13-3対応版はバランスの良い素晴らしい音がしますね。
特に、SB32+PRO DoPに関しては、bcm2710-rpi-3-b.dtb.-mmc有りで動けるようになり、このボードの最高の音を出していると思います。これならハイエンドのネットワークプレーヤは不要ですね。

それで、komaさんの顰みに倣い、いろいろパラメータをいじりはじめたのですが、ちょっと変えるだけで、レンダラーとして認識されなくなるという意味ではかなりシビアですね。

具体的にはdop再生させようとして
audio_output_format "d176400:24:2"
の部分を
#audio_output_format "d176400:24:2"
としてaudio_outputに
dop "yes"
を追加したら、ネットワークがえらく不安定になりBubbleUPnPからレンダラとして認識されなくなりました。

何か悪さをしちゃったのかしら(^^;;;。

user_com.png yo time.png 2019/06/03(Mon) 21:49 home No.6195
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
koma さん

> すべてのファイルが176.4KHzにリサンプリングされる様になっていますね。

コレは誤りです。デフォルト設定は
 audio_output_format "d176400:24:2"
ですので、正しくは
 PCMはリサンプリングせず、DSDはすべて176.4kHzにリサンプリング
です。
先頭に'd'の無い以下の設定とした場合には、PCM、DSDに関係なく
すべてのファイルがリサンプリングされることとなります。
 audio_output_format "176400:24:2"


sugi-さん

クリック音に関してはsmpdplayerに限らず気にはしていました。
電源が発生原因となっている場合もあるのですね。
情報ありがとうございます。


yoさん

本家のSMPDも同じですが、再生中に「mpd.confの変更&mpdの再起動」を行うと
mpdがハングアップすることがあります。もしこれに該当する場合は、
再生を停止した状態でmpdを再起動するようにお願いします。

microSDのlightMPDフォルダ配下のmpd.confを編集した際に
レンダラとして起動しない場合は、mpdの起動に失敗している可能性が高いです。
mpdおよびupmpdcliが起動しているか、を確認するとともに
mpd.confの編集内容の見直しをお願いします。

user_com.png donuts.shop73 time.png 2019/06/04(Tue) 01:47 No.6196
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
とんぼのめがねさん

レポートありがとうございました。参考になります。AK4497DM DAC、よさそうですね。Ak4490(TerraBerryの古いやつ)の音が結構気に入っているので、試してみたい気になります。AK4497を使ったDACでi2s接続出来るものをググってみるかな。

> あと、関係ないですけど「Daphile」にも興味が湧いてきました。Jplay用のPCで試してみようかな?

Daphileは、僕は随分以前からatom機にインストールし、CDのリッピング専用に使っています。CDをセットするだけで、自動的に取り込みをスタートさせることが出来るので、便利ですよ。音も悪くないです。JPLAYの旧版レベルの水準は十分にあります。ただ、Linuxがまったく見えない(sshも使えない)のが気に入らなくて、常用のプレーヤとはなりませんでした。インストールは簡単で、お猿でも出来るレベルです。
asoyajiさんがあんなに絶賛されるとは驚きました。とても素直な音だから、彼の再生環境に向いているのかもしれませんね。

user_com.png yo time.png 2019/06/04(Tue) 20:39 No.6199
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
> ある時、Pi電源として使用しているDC-Arrowの推奨トランジスタの音が「ちょっと違うかな?」と軽い気持ちで、手持ちのトランジスタに変更したところ、グイグイと前に出るAK4497の音が奥に引っ込み、代わりに中高音がより繊細に響くようになりました。全くの偶然ですが、足して2で割った音に近づきました。(笑)

トランジスタの名前(と入手方法(どこで売っているか))を教えてもらえますか。あのレベルであれば、僕のハンダ技術でも作れるので。


> DaphileをインストールしたPCは音楽再生専用機となって、別の端末から操作する仕組みは面白いですね。

画面の構成から推測すると、SqueezeBoxベースだと思います。要するにWebベースですね。そういう意味ではympdを使うSMPDと同じなのですが、SqueezeBoxベースなので、はるかに高機能です。sambaを使っていると思いますが、NAS機能もありますので、SMPDのNASとしても使うことが出来るはずです。
多分、音を良くするためにプレーヤはSqueezeBoxのものを使わず、音質の良いものに取り替えているのではないかと思います。未確認ですが、SqueezeBoxのプレーヤーにしては音が良すぎるので(^^;;;。

> この最有力候補が、SMPD,smpdplayerかもしれませんね。

同意します。
Xenomaiをきちんと使う対抗馬が現れない限り、音質に関してはSMPD,smpdplayerが圧倒的に優位ですから。Direttaへ対応できれば、優位性は維持出来るでしょう。逆にDirettaがメイジャーになれば、JPLAYの時代は終ると思います。

user_com.png yo time.png 2019/06/05(Wed) 19:35 home No.6204
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
おはようございます。

頓珍漢な質問となってしまうかもしれませんが、以下の部分に反応してしまいました。実はこれ、当方が希求している機能なんです。

>mpd.confの
>
># Resampling Only DSD Files
>audio_output_format "d176400:24:2"
>PCMはリサンプリングせず、DSDはすべて176.4kHzにリサンプリング

このような指定がMPDで既に可能になっているのでしょうか?
あるいはMPDに手が入っているようなスペシャル環境のみの対応でしょうか。

user_com.png ゴンザエモン time.png 2019/06/06(Thu) 08:57 home No.6208
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
ゴンザエモンさん

> あるいはMPDに手が入っているようなスペシャル環境のみの対応でしょうか。

その通りです。donuts.shop73さんが公開されている「Raspberry Pi 2 用の upnpgw版(rpi2-upnpgw-usb-20180930)」で設定されている機能です。

詳しくは、lightMPDの掲示板に行って
https://sites.google.com/site/digififan/home/lightmpdbbs" target="_blank">https://sites.google.com/site/digififan/home/lightmpdbbs
検索機能(サイトの検索機能ではなく、掲示板の検索機能ですので、ご注意い下さい)を使い、「d176400:24:2」で検索して下さい。

逆に
#audio_output_format "d176400:24:2"
をコメントアウトして
dop "yes"
をコメントインするとレンダラーとしての認識が出来なくなります。この版ではDoP再生は出来ないようです。

user_com.png yo time.png 2019/06/06(Thu) 12:24 No.6209
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
yoさん

早速のご回答深謝。

なるほどやはりスペシャル対応なのですね。本来は標準的にあっても良さそうな機能なんですが、MPDはサンプルレート設定の自由度が低いのが難点ですね。

ところでArchphileを試してみようと思っています、、、

user_com.png ゴンザエモン time.png 2019/06/06(Thu) 13:08 home No.6210
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
ゴンザエモンさん

> ところでArchphileを試してみようと思っています、、、

ご活躍ぶりはブログで拝見しています(^^)。御健闘をお祈りいたします。

rpi2-upnpgw-usb-20180930はrpi一台でも動かすことはできますので、試されるのも良いかと思います。やり方は/confにあるsystem-image.txtをご覧いただくと大体分かります。
具体的には「MPaDを使うことをまずは前提」ということであれば、Standalone-NASを選択します。
/conf/Standalone-NAS/lightMPDにあるlightmpd.confとmpd.confを/lightMPDに上書きコピーし、lightmpd.confの[network]を編集とNASの設定をするだけで、動くはずです([telnetd]はyesにしておいた方がいいかもしれません)。
あと、rpi-3bをお使いであれば、ルートにあるconfig.txtのdevice_tree=は/boot/bcm2710-rpi-3-b.dtbに切り換えておいた方が良いと思います。

user_com.png yo time.png 2019/06/06(Thu) 18:28 home No.6213
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
とんぼのめがねさん

軽い出来心で質問したのですが、とんでもないお手間をとらせてしまったようで、大恐縮しています。ありがとうございました。情報は役に立てたいと思います。
ガンダム写真は楽しく拝見しました。凄いものですね。ナルホド、「マニアたるものここまで徹底的にやらねばならぬ」ということですね(^^)。

> 最近、yoさんの掲示板がたかじんさんの作製例報告みたいになって来ましたが大丈夫でしょうか?書き込みながら、心配になりました。

遠慮なくガンガンやって下さい。たかじんさんやパパリウスさんのサイトのコメント欄は開発目的という主旨からあまり逸脱することはできないでしょうけど、ここでは何をやっても自由ですから。写真をバンバンアップロード出来て、書き込み内容の修正が無限に効くというのは強みですね。
面白そうなテーマがあれば、遠慮なく新スレッドを起こして下さい。

user_com.png yo time.png 2019/06/06(Thu) 20:52 home No.6216
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
とんぼのめがね さん

> 現在のSMPDの音質でBBB/BBG版smpdplayer作製は可能なのでしょうか?

現在のSMPDはカーネル側の開発に主軸が置かれているため、他機種用の
smpdplayerを作成することは出来ません。
v0.7系はaplay-rtが開発のメインであったため、RaspberryPiと実行モジュールを
共有できる機種であればsmpdplayerの作成が可能でした。

user_com.png donuts.shop73 time.png 2019/06/07(Fri) 00:22 No.6218
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
とんぼのめがねさん
sugi-です

すごい電源ですね、外観も中身もすごいです、特に放熱器がインパクトを与えてくれます。
私も電源部を作ろうと思っています、ただ、とんぼのめがねさんのような物は作れませんのでこじんまりこじんまりしたものになります。
今までオールインワン主義でしたので、中身の拡張性がなくなってしまいました。
ところで、背面の接続はコネクター式でしょうか、それとも他の方式でしょうか

user_com.png sugi- time.png 2019/06/07(Fri) 19:42 home No.6223
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
Daphileは、単体でもupnpレンダラーになるのですね。Bubbleupnpで認識され、upnpサーバー上のファイルを再生できました。
user_com.png Toshi time.png 2019/06/09(Sun) 23:30 home No.6246
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
yoさん

このたびはSMPDのR&D CLUBに推薦いただきありがとうございました。

少し時間は掛かりましたが、SMPDの動作、およびSMPDのDLNAレンダラー化、ともに動作することが出来ました。
こちらの記事がとても参考になりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

当方はLINUX系統はあまり得意ではないのですが、少し自作をやりますので、ハード的にまとめてみました。

以下のURLに写真を投稿しています。

SMPD側
http://community.phileweb.com/mypage/entry/5304/20190614/62746/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/5304/20190614/62746/


SMPDをつなぐDAC
http://community.phileweb.com/mypage/entry/5304/20190614/62747/" target="_blank">http://community.phileweb.com/mypage/entry/5304/20190614/62747/

あまりお役に立てませんが、こんな感じです。
本家のサイトにもコメントを入れます。
このたびはありがとうございました。

user_com.png DECAPOD time.png 2019/06/14(Fri) 09:47 home No.6269
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
DECAPODさん、ご報告ありがとうございます。

写真拝見しました。凄いハードですね。
しかし、僕のようにハンダの腕もままならない、デジタルハード知識ゼロの人のところ(掲示板)に、何でこんなにハードの達人達(関係ないけど、シンメトリカルですね^^;;;)ばかりたむろすのだろうか。

user_com.png yo time.png 2019/06/14(Fri) 17:05 home No.6272
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
yoさん

ひとつ質問させて下さい。このスレッドで記載されていたと思いますが、DSD再生についてです。

私の環境はAPU1(LightMPD upnpgw)+RPI3b(SMPDPlayer)という環境ですが、PCMは再生するものの、DSDファイルは再生できず、再生リストにセットまで出来ても再生しません。
この形態ではDSDのネイティブ、もしくはDoP再生はできないのでしょうか?

user_com.png decapod time.png 2019/06/18(Tue) 00:17 home No.6285
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
decapodさん

このメッセージですかね。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/read.cgi?mode=all&list=topic&no=6142#6209" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/cgi-bin/read.cgi?mode=all&list=topic&no=6142#6209

donuts.shop73さんから「公開版についてはその通り」というメッセージをもらった記憶があります。

user_com.png yo time.png 2019/06/18(Tue) 06:36 home No.6286
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
donuts.shop73さん

ご報告が遅くなりましたが、rpi3-smpdplayer-i2s-20190608 で DigiOne Signatureから音が出るようになりました。Terra Berryでの確認はしていたのですが、SMPDのレベルアップに対応しただけで、変わりはないのだろうと誤解し、DigiOne Signatureでの確認を忘れていました。先程使ってみて、素晴らしい音がするのでビックリ。大喜びしております。ありがとうございました。

user_com.png yo time.png 2019/06/18(Tue) 09:08 No.6287
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
decapod さん

> 私の環境はAPU1(LightMPD upnpgw)+RPI3b(SMPDPlayer)という環境ですが

とありますが、SMPDPlayerとは「DLNAレンダラー化したSMPD」を指している
ということでよろしかったでしょうか。
以下、これを前提に回答します。

まず、SMPDの再生を担っている aplay-rt は PCM の再生しかできません。
ですので、DSD の再生は DoP に限られます。
次に、DoPで再生させる方法ですが、/etc/mpd.conf ファイルの audio_output {...} 内に
以下の1行を追加してください。
 dop "yes"
追加後、mpdを再起動(あるいはSMPD自体を再起動)することで
DSDの再生が可能になると思います。

user_com.png donuts.shop73 time.png 2019/06/18(Tue) 20:48 No.6288
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
donuts.shop73さま

ありがとうございます。

>とありますが、SMPDPlayerとは「DLNAレンダラー化した>SMPD」を指している
>ということでよろしかったでしょうか。

その通りです。説明不足ですみません。

そういえば、本家SMPDでもDSD再生させるためにはdop設定が必要だったことを思い出しました。

早速mpd.confにdopの設定を書き込んだところ、無事にDSDファイルの再生が出来ました。

ただ、DSDファイルの場合、どの楽曲でも約30秒ほどで再生が止まってしまいます。PCMでは問題ありません。

APU1側LightMPD upnpgwのMPD設定におけるDSD関連は総てコメントアウトしているのですが、これも影響があるのかなと思っています。

user_com.png DECAPOD time.png 2019/06/19(Wed) 09:18 home No.6290
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
donuts.shop73さま

補足です。
当方の環境は、ESS系のDACチップではありませんので、MASTERモード等の設定はしておりません。

標準のI2Sドライバで動かして生かす。

user_com.png DECAPOD time.png 2019/06/19(Wed) 09:31 home No.6291
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
すみません。

>生かす

ではなく、

おります。

です。

user_com.png decapod time.png 2019/06/19(Wed) 13:05 home No.6292
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
yoさん

2019/08/14付記事「UPnPの世界 第二幕 その4」についてコメントさせていただきます。

当方も当該サイト記事は以前から注目しておりましたが、同様にうまくいきませんでした。今月の始め位にあることに気付き実行してみたところ、何とかupmpdcliをインストールして、スタンドアローンなUPnPレンダラーとしてSMPDを利用しています。

処理手順としては、MPDのインストールを除き当該サイト記事のとおりですが、以下を変更しました。

"/etc/apt/sources.list.d/upmpdcli.list" の作成で「stretch」を「jessie」へ変更(2行とも)

何だと思われるかも知れませんが、これに気付くのに時間がかかりました(^^;ただ、これをやっても例のpublic keyエラーは表示されますが、ワーニングエラーぽかったので何とかなるかなと思っていました。

その後の、sudo apt-get updateとsudo apt-get install upmpdcliでインストールできます。インストールの途中で「Install these packages without verification? [y/N]」と訊かれます。検証なしでインストールするかと訊かれているので規定値の「N」ではなく、「y」で応えてください。

インストールが終わったら、記事どおり「/etc/upmpdcli.conf」の編集をします。当方はコントローラーにLUMINを使っていますので、記事どおりに設定していますが、追加で以下の行のコメントアウトを外し有効化しています。

iconpath = /usr/share/upmpdcli/icon.png
ohproductroom = SMPD(My Roomを変更)

アイコンファイルは、donuts.shop73さんのrpi2-upnpgw-usbのiconフォルダからRaspberryPi.pngをお借りしています。

快適に利用させてもらっていますが、やはり、apt-get update,apt-get upgradeというやっちゃダメと云われていることの影響でしょうか、不定期に突如として再生が停止することがあります。安定に向けていろいろと試行錯誤していますが、別の案件でアップされたRTDMドライバ、v0.8.29-2が良いような…(検証時間がまだ少ないですが、今のところハングする症状は起きていません)

長文・駄文で失礼いたしました。

user_com.png えふ time.png 2019/08/15(Thu) 19:40 home No.6810
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
yoさん

連投すみません。以下を忘れていました。

/etc/mpd.confについて、以下の行のコメントアウトを外し有効化。

port "6600"
bind_to_address "any"


user_com.png えふ time.png 2019/08/15(Thu) 19:52 home No.6811
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
えふさん

情報ありがとうございます。試してみますかね。

user_com.png yo time.png 2019/08/15(Thu) 20:08 home No.6812
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
yoさん

皆さんの投稿に度々見受けられる下記のファイルについてですが

rpi2-upnpgw-usb-20190515 と rpi3-smpdplayer-i2s-20190523

公開先をお知らせ頂きたいのですが、宜しくお願いします。


user_com.png doraemon time.png 2019/08/24(Sat) 11:24 home No.6855
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles025.html#smpd" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles025.html#smpd
にアクセスし、SMPDをrpi2-upnpgw-usbとrpi3-smpdplayer-i2sに、パパリウスさんをdonuts.shop73さんに読み替え、 所定の手続きをとって下さいませ。

user_com.png yo time.png 2019/08/24(Sat) 14:06 No.6856
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
えふ さん 有益な情報有難うございました。

>"/etc/apt/sources.list.d/upmpdcli.list" の作成で「stretch」を「jessie」へ変更(2行とも)

ご教示の通りにしたら、スタンドアローンのSMPDがDLNAレンダラー化できました。なお、IpadのLuminでコントロールするには、/etc/upmpdcli.confに次の記述を追加する必要があります。

lumincompat = 1

user_com.png Toshi time.png 2019/08/24(Sat) 23:06 home No.6858
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
自分もスタンドアローンのSMPDがDLNAレンダラー化までは出来ました。
次にlightMPD-upnpgw(apu1/2)にしたいのですが....
yoさんの最新記事の設定をAPU1にして接続するだけでOKになるんでしょうか??

user_com.png koma time.png 2019/09/01(Sun) 00:49 home No.6882
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
SMPDのDLNAレンダラー化について
カッコ1が無いですがそちらも読んで見て「えふ」さんの書き込みに助けられ
パパリウス氏のsymphonic-mpd + digififan氏のAPU1C2 lightmpd/upnpgw (upnggw-mpdgw)
で音出しが出来ました。ここの書き込みのお陰ですm(_ _)m
ありがとうございます。

user_com.png koma time.png 2019/09/01(Sun) 11:29 home No.6883
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
koma さん

お役に立てたなら良いのですが、ここら辺りのコメントのみを読んでいる他の方に勘違いがあってはいけないので、念のため整理しておきます。

当方がSMPDに無理やりupmpdcliをインストールしたのは、「スタンドアローンなUPnPレンダラー」、要するにシングル構成のSMPDでLUMINなどでコントロールできる利便性を優先したからです。

digifanさんのlightMPD upnpgwをフロントにしてSMPDをバックエンドにする2台構成(当方も現在の常用構成です)では、もちろんupmpdcliのインストールは不要です。前スレッド「SMPDのDLNAレンダラー化について」の最初の発言(とんぼのめがねさん)のとおり、オリジナルのSMPDに対して

1.IPアドレスの固定(10.0.0.2 /boot/eth0.network)
2./etc/mpd.confで
(1)以下をコメントアウトして有効化

port "6600"
bind_to_address "any"

(2)以下を追加編集

input {
plugin "curl"
proxy "10.0.0.1:8123"
}

以上だけで問題ありません。それは充分理解しているよと云われるかもしれませんが、敢えて書いたのは、少し前にデバッグ用のRT-ALSAドライバーでconflict値を調べた際、upmpdcli版はこの数値が約5倍ほど悪化しており、少なからず影響があると思われるからです。老婆心ながら…
 

user_com.png えふ time.png 2019/09/02(Mon) 20:56 home No.6892
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
>勘違いがあってはいけないので、念のため整理しておきます。
>シングル構成のSMPDでLUMINなどでコントロールできる利便性を優先したからです。
>それは充分理解しているよと云われるかもしれませんが、

おお!ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
この件について無知でした(笑)
自分は最初にArchlinuxデスクトップPCにupmpdcliをインストールして
スタンドアローンのMPD、DLNAレンダラー化をして使用していたので
その先入観もあり(よく考えれば分かるはずなのに)
upmpdcliをインストールして使っていました。
先ほど/boot/eth0.networkを元に戻して
apt-get remove upmpdcli で削除してupplayで再生してみました。
問題なく動作します。
またこの状態でsymphonic-mpdのバージョンをあげて
再度レンダラー化しても問題無く再生出来る事を確認出来ましたm(_ _)m

user_com.png koma time.png 2019/09/03(Tue) 09:31 home No.6898
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
バック側はSDカードから起動していて電源を直で切れません。
sshでログインして切るのがホント面倒です。
それでこんなスクリプトを使ってます。
(自分のデスクトップはubuntuです)

koma@koma:~$ cat SW-OFF.sh

#!/usr/bin/expect -f

set address "192.168.11.24"
set port "8022"
spawn ssh -l pi $address -p $port

expect "pi@192.168.11.24's password: " {
sleep 1
send "raspberry\r"
}
expect "$" {
sleep 1
send "sudo su\r"
}
expect "#" {
sleep 5
send "shutdown -t now\r"
}
#expect "#" {
# sleep 1
# interact
# exit 0
#}
expect eof

user_com.png koma time.png 2019/09/06(Fri) 00:33 home No.6922
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
komaさん

貴殿のブログ、いつも楽しく拝見させていただいております。
ブログへのコメントの仕方がよく分からなかったので(^^;、申し訳ないですがこちらの掲示板をお借りしてコメントさせていただきます。

>この記事内容を追試した場合
>ネットワーク環境を弄るためSMPD操作メニューからのアップデートが出来なくなります。
これは、lightMPD upnpgw側のlightmpd.confの「nat」セクションで、

8080=10.0.0.2:80

と記述しておいて、http://192.168.x.xx:8080" target="_blank">http://192.168.x.xx:8080でアクセスすれば良いと思うのですが。

user_com.png えふ time.png 2019/09/07(Sat) 20:02 home No.6929
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
えふさん
>と記述しておいて、http://192.168.x.xx:8080" target="_blank">http://192.168.x.xx:8080でアクセスすれば良いと思うのですが。
さっそくやってみました。問題なくアップデートすることが出来ました。
ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m

ブログの方も追記させていただきました。
追記すると通常のブラウザからの再生も可能になり
利便性が上がりました感謝です。m(_ _)m

user_com.png koma time.png 2019/09/07(Sat) 20:54 home No.6930
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
先程、いつものパパリウスさんの日記(掲示板)へ飛ぼうとしたら、「ユーザーが見つかりまりません」と表示されます。

もしかして、これは私だけのこと?それとも…。

直接関係あるかどうか分かりませんが気になる告知がありました。phile webコミュニティの編集部からのお知らせというもので

>一部会員の登録を抹消しました

>複数の方々から、会員規約上問題のある一部会員の行動が報告され、実際にそのログが確認できたため、当該会員の登録を抹消しました。

まさかと思うのですが何があったのですかね。とても心配です。


user_com.png えふ time.png 2019/09/20(Fri) 19:47 home No.6997
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
>もしかして、これは私だけのこと?それとも…。
あらら「パパリウス」で検索しても引っかからないですね...

何がどう問題なのか??

user_com.png koma time.png 2019/09/20(Fri) 20:08 home No.6998
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
何があったのでしょうか。
確かに、9月9日にR&Dクラブ推薦のお願いのメールを出しているのですが、ご返事がまだないのですよね。
何か起きたことは確実なようです。規約上の問題というのがさっぱり分からないです。
この掲示板はご覧になっていると思いますので、ご返事をお待ちますかね。

user_com.png yo time.png 2019/09/20(Fri) 20:43 home No.6999
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
ご心配かけてすみません。
「編集部からのお知らせ」とは特に関係ありません。
(たまたま退会のタイミングが重なっただけです。)

数ヶ月前のことですが、5chで私の個人情報(勤務先・指名)を示唆するような書き込みがあると教えてくださったかたがいらっしゃいました。

今日、その方から再度ご連絡をいただきまして、エスカレートしているから退会した方がいいのではないかとアドバイスをいただきました。

実際に5chの書き込みを見たのですが、ちょっと恐ろしくなってしまいまして、慌てて退会の手続きを取った次第です。

配布サイトにサポート用のフォーラムを設置したいと思っていますのでお待ちいただければと思います。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/20(Fri) 23:37 home No.7000
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
パパリウスさん
そのような事があったのですか...それでは退会も止むなしですね
急ぎません。パパリウスさんのペースで進めていただければと願うばかりです。

user_com.png ジャイアン time.png 2019/09/21(Sat) 02:34 home No.7001
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
パパリウスさん

ご連絡ありがとうございます。自発的な退会と伺い、安心しました。
某匿名掲示板の個人攻撃の書き込みは本当に酷いですね。僕も別の件で被害者ですが、一切無視しています(どうせ、あの掲示板は何の影響力もないので、アクセスしていません)。

急ぎませんので、新しいフォーラムを立ち上げて頂ければ、嬉しいです。それまでの緊急非難用に、こちらの掲示板もご活用ください。新しいスレッドを立ち上げておきます。

user_com.png yo time.png 2019/09/21(Sat) 07:04 No.7002
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
ジャイアンさん、yoさん、こんにちは。

ご配慮いただきありがとうございます。

ファイルウェブのコミュニティは機能がシンプルで、
使い方を覚える必要が無いというのが気に入ってました。

オーディオ大好きな人が集まっているコミュニティですので、
smpdユーザとの交流の場として重宝していましたが、
「自作ソフトのサポートに使うとはけしからん」という声も理解できます。
これも良い機会ですので、気持ちを切り替えて
サポートフォーラムの整備を進めたいと思います。

今回のことで開発がストップすることはありません。
まもなくv0.9系を公開することができると思いますので
引き続きよろしくおねがいいたします。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/21(Sat) 12:24 home No.7007
Re: SMPDのDLNAレンダラー化について(2)
このスレッド、大分長くなったので、新しいスレッドに移ります。タイトルは「SMPDのDLNAレンダラー化について(3)」です。
なお、パパリウスさんの新フォーラムが出来るまでの間の緊急非難用スレッドも立ち上げていますので、関連するメッセージはそちらにお願いします。

user_com.png yo time.png 2019/09/21(Sat) 17:17 home No.7009
キツネDAC I2S DSD再生問題

このメッセージを書き込むのに大分時間がかかったのですが、確認環境を整備し、基本的な確認を取るのに手間取りました。

確認環境というのはオーディオラックとは別にスチール棚を用意し、そこにキツネDAC、Gustard X20、rpi-3b+とI2S TX_C2 GLA HDMI変換基板及び関連電源をひとまとめにしたものです。
ケーブルによる差はあるかなと考え、30cmのものと2mのSAEC製の音が良いとされているもので、確認しましたが、差が無いので、2mで全て確認しています。
rpi-3bはSMPDで動かし、版数は0.830です。
config.txtはdtoverlay=rpi-dacの指定だけです。

「あれ、HIFI DAC HATはどうなったの」という質問があるかと思います。これは、以前のスレッドでの問題点の「pi-3b+と変換基板を直接つないだ時、アンロックのままで、接続出来ない」は僕の確認ミスと分かったので、問題をシンプルにするために、HIFI DAC HATを外したのが理由です。

従って、キツネのi2s-DSD再生に関する問題点は一つだけで

①audio_output_format "*:32:*"を指定すると、モードに関わらず、352Kに変換され、再生される。
②結果として、頻繁に音切れが発生する。
③また"*:*:*"又は何も指定しないと、モードに関わらず、176Kが表示されるが、
④音は出ない

というものです。
パパリウスさんの質問にお答えしておきます。

問1、「キツネDACは32bit変換は必須ですか?」ですが、PCM再生に関しては必須ではありません。
DSD再生については、上記の「モードに関わらず」という部分が回答となります。「Linux側が無条件に352KPCMに変換しているようだ。」ということになります。

問2、「デフォルト設定(samplerate_converter も audio_output_format もコメントアウトした状態)だとPCMの再生に問題は生じますでしょうか?」はyesです。問題なく再生できます。

このディフォルトの設定で64MDSDを再生した場合キツネは③④となり音が出ません。X20の場合は64DSDと表示され、再生もされます。これはX20の方が標準的な動作であり、キツネの動作は①何故176Kという表示になるのか、②何故音が出ないのか、という疑問点があります。

次にaudio_output_format "*:32:*"を指定した場合ですが(PCM44.1K、DSD64Mの再生)、両者ともにPCMは44.1Kで、DSDは352KPCMに変改され、再生されます。これはPCM、DSD共に、"*:32:*"がLinux側でそのように解釈され、処理されているということなのでしょうか。

ちなみに、Windows10で、TurboBrowser(以降、TB)を使って確認しました。Matrix X-spdif2(TBとはusb接続)のHDMI出力を使って確認したら、DSD64Xと表示されDSDネイティブ再生されました。

ということで、Linux&SMPDで発生する問題であるようです。

user.png yo time.png 2019/09/01(Sun) 17:52 No.6884 [返信]
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
>キツネの動作は①何故176KPCMという表示になるのか、②何故音が出ないのか、という疑問点があります。

smpdはDoPで送っているのにキツネがPCMとして認識してるみたいですね。これがデフォルト設定で音が出ない理由ですかね。

samplerate_converter で"soxr high"を指定すると本物のPCMに変換して送り出してくれるはずなので、音が出ると思います。

ものは試しで、audio_output_format "*:24:*"にしたらどうなりますかね。

user_com.png Pass time.png 2019/09/01(Sun) 18:17 home No.6885
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん

> samplerate_converter で"soxr high"を指定すると本物のPCMに変換して送り出してくれるはずなので、音が出ると思います。

これが出ないのですよね。

> ものは試しで、audio_output_format "*:24:*"にしたらどうなりますかね。

352Kと表示され、音も出ます。但し、音切れは発生します。

> smpdはDoPで送っているのにキツネがPCMとして認識してるみたいですね。これがデフォルト設定で音が出ない理由ですかね。

DigiOne Signatureを使い、SPDIF(同軸)接続にした場合(これは間違いなくDoPの筈ですよね)、DSD64Xと表示されます。再生も全く問題なしです。音切れも無しです。不思議ですね。

謎は深まるばかりです。やっぱりキツネは手強いです。

user_com.png yo time.png 2019/09/01(Sun) 19:36 No.6886
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

HDMI変換基板はI2S TX_C2 GLAで間違いないですか?

拙宅でIntegrated250と接続してテストした基板は、I2S TX_C1 GLAです。

C1がPS Audio準拠のはずです。もしC2なら差動出力のピン配列が違うのでおかしな動作になっても不思議はありませんね。

user_com.png Pass time.png 2019/09/01(Sun) 19:54 home No.6887
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん

済みません。C1の間違えです。基板をみながら入力した時のタイプミスです。

user_com.png yo time.png 2019/09/01(Sun) 20:02 home No.6888
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん、こんばんは

動作確認用のmpdをアップしました。
http://mpd.sytes.net/release/v0.8.x/ex/mpd.doptest" target="_blank">http://mpd.sytes.net/release/v0.8.x/ex/mpd.doptest

/usr/local/bin/mpdをバックアップした上で、差し替えてみてください。

これは、DoP関連のパラメータを3つ追加してあります。
/etc/mpd.confのaudio_outputの上に、パラメータを3つ追記してください。

記載例)

dop_shift8 "true"
dop_pack "true"
dop_reverse_endian "true"

audio_output {
dop "yes"
type "pipe"
name "pipe"
command "exec /home/pi/misc/pcminfo.sh"
}


この3つのパラメータはtrue または false で指定します。
未設定時のデフォルト値はfalseです。
全8パターンを試して、動作に違いが出るか確認してください。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/01(Sun) 20:25 home No.6889
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
mpdはALSAライブラリのAPIでDACを何度もつついて
DACが受け入れてくれるパラメータを自動で探索してくれます。

smpdではpipeアウトプットプラグインでPCMを名前付きパイプに書き出していますが、
オリジナルのソースはDoPに対応しておりません。

DonutsさんがDoP対応のパッチを開発してくださいまして、
v0.8.8からDoPでの再生を実現することができました。

ただ、DoP用の適切なパラメータを自動で探索するような作りにはなっていませんでしたので、
mpd.confで明示的にパラメータを指定するようにしてみました。

音質上の配慮が十分とは言えない、突貫工事のビルドですが、
まずはこれで検証いただければと思います。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/01(Sun) 20:38 home No.6890
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
パパリウスさん

DoPパラメータ対応版MPDビルドありがとうございます。早速試してみました。
結果は残念ながら、全てアウトです。

samplerate_converter も audio_output_format もコメントアウトした状態で確認しました。

all false 176K表示、音は出ず
その他の設定 176K表示、全てホワイトノイズ風の雑音が再生される、雑音の音量や再生のされ方は設定により多少変化する

となりました。

audio_output_format "*:32:*"を指定すると、352K表示、再生されます(全ての組み合わせではないが、3ケースほど確認しました)。
また、この時、非常に良好な再生状態になります。特に全てをtrueに設定すると、音切れが発生頻度が相当低くなりますね(バッハ平均律5曲に1回位、これまでは一曲で数回でした)。なにか魔法をかけたのですかね。

尚、X20でも同じ状況です。samplerate_converter も audio_output_format もコメントアウトした状態でのDSD再生は all false 以外の設定では176KDSD表示、雑音。all false ではDSD64表示で正しく再生。

user_com.png yo time.png 2019/09/02(Mon) 17:23 No.6891
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

よく分からない状況ですね。
HDMI入力でもDSD64XでネイティブDSDは認識できてますよねぇ。
DoPがうまく認識できないのか、176.4kがうまく認識できないのか。。。

2点試してみて頂きたいのですが、
① audio_output_format"176400:24:*"で出力フォーマットを指定してPCM音源を再生した場合。
② 何かしらのソフトでMatrix X-spdif2のHDMI出力を使ってDoP出力でDSD64音源を再生した場合。


user_com.png Pass time.png 2019/09/02(Mon) 21:51 home No.6893
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん

samplerate_converter も audio_output_format もコメントアウトした状態で、「X20ではall false ではDSD64表示で正しく再生」されていますので、キツネ側が同じデータを受けて、176K表示するのはおかしいと思っています。この点は日本代理店に確認した方が速そうです。多分、Inttegrated250もDSD64でDoP再生できているはずで、X20と同じ振る舞いなのだろうと思います。

audio_output_format "176400:24:*"を試してみました。音が出ました。もちろん176Kと表示されます。ますます謎だらけですね。

user_com.png yo time.png 2019/09/02(Mon) 22:25 No.6894
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん、検証ありがとうございます。

moodeやvolumioでDoPが上手く再生できるなら、
smpdのソフトウェアの問題と断定できると思います。
mpd、aplay-rt、ドライバ、カーネル…一つ一つ検証を進めれば
対策できるのでは無いかと思います。

販売店への問い合わせも並行していただき、
ハードウェアの面からも情報を集めていただけると助かります。

user_com.png パパリウス time.png 2019/09/02(Mon) 23:55 home No.6895
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

176K DSDってキツネは何を検出してるんでしょうね(笑)
ここは代理店に聞いてみたいところですね。

パパリウスさん

DSD64のファイルをsamplerate_converter で"soxr high"で指定した場合、Integrated250はPCMとして認識しています。
Integrated180はPCMしか対応していませんが、音がでます。
なのに、キツネでは音が出ないそうです。でも、PCMを176.4k 24bitアップサンプリングは音がでるそうです。

DSD64をsamplerate_converter で"soxr high"で指定した場合とPCMをアップサンプリングした場合で、出力される信号に何か違いがあるのでしょうか?

user_com.png Pass time.png 2019/09/03(Tue) 05:49 home No.6896
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん、パパリウスさん

JRIVERのmc20では、DSD再生に関し、dopとnativeが切り換えることが出来るのですが、これでキツネを試してみました。
結果はどちらもDSD64Xと表示され、再生も出来ます。dopとnativeの音の差はほとんど感じられないレベル。気のせいか(^^;;;、nativeの方がいいような気がするという感じです。

「メイジャーなものは嫌いだ。volumioなんて使ったこともない。」と、最近、何処かに書いたような記憶がありますが、この際、背に腹は変えられないので(^^;;;、moodeやvolumioで試してみることにします。「こういうメイジャーなソフトはどうやって動かすのだろう」というレベルからスタートしますので、時間がかかるかもしれませんが、気長にお待ちください。

代理店にもこれからメールします。今日は一日出歩いているので、これも返事は明日以降ですね。

user_com.png yo time.png 2019/09/03(Tue) 07:21 home No.6897
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん、パパリウスさん

moodeとvolumioで試してみました。結果はSMPDの場合と同じです。native再生では352Kと表示され、音は出ます。dop再生では176Kと表示され、音が出ません。従って、結論として、これはキツネの問題ですね。

moode、volumio共にdopとnativeを陽に指定することが出来ます。これで指定して、上記の通りの結果です。moode、volumioのどちらも再生エンジンはmpdベースだと思います。
ということは、DSD再生において、dop yesを指定し、
audio_output_formatを指定しないと、dop変換されたデータがキツネに送り出され、
audio_output_format "*:32:*"を指定すると、nativeのままのデータが送信される。
一方、キツネは、
dopデータを受けると「176Kと表示し、音は出ない」、
nativeデータを受けると「352Kと表示し、音は出る」
ということのようです。
パパリウスさん or donuts.shop73さん、この推論が正しいかソースコードから検証していただけますか。

面白いのは一つ前のメッセージに書いたように、Windows JRIVERのmc20でのDSD再生では、「DSD64Xと表示され、音が出る」ことです。これはWindowsだから、こうなるということでは無く、X-SPDF2のHDMI出力だとこのように表示されるということになります。何故かは、キツネとX-SPDF2の振る舞いの問題で、謎です。

また、audio_output_format "176400:24:*"で音が出たのは本当に172KPCMに変換されたデータを受けたので、その通り表示し、再生したということだと思います。

HDMI接続でdopデータを受けた場合の処理についていうと、どう処理するかという取り決めはあるのでしょうか。HDMI接続というのは、DSD再生についていうと、nativeデータのやり取りのための方式と考えるのが常識的なので、それ以外のデータが来たら、キツネはビックリして逃げ出すというのも、あながち間違っているとは言えないような気もします。

Windows JRIVERのmc20でのDSD再生で、dopとnativeでほとんど音の差を感じ無かったことと、表示がどちらもDSD64Xとなったのは、ひょっとしてX-SPDF2は全てnativeデータとしてキツネに送っているからではないのでしょうか。

rpiとの接続で音の出るDSD再生は352Kと表示されるが、実際はnativeデータと考えると、SMPDでの音切れが頻発することは問題だということになります。実際、moodeとvolumioで試したのですが、音切れは発生していません(まだ確認は不十分ですが)。これは、テスト用のmpdでは、かなり軽減していますので、まだ改善の余地があるのかもしれません。

ちょっと確認をとる前にいろいろ勝手な推論しすぎなので、ここで止めます。御意見よろしくお願いします。

user_com.png yo time.png 2019/09/03(Tue) 20:26 home No.6902
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん、こんばんは。

検証いただきありがとうございます。
native指定ならキツネが受け付けてくれるということがハッキリしましたね。

mpdのpipeアウトプットプラグインをnative指定に対応させてみようと思いますので、少々お時間をください。

それで動作が良好ならば、綺麗に実装してリリースしたいと思います。


user_com.png パパリウス time.png 2019/09/03(Tue) 20:55 home No.6903
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

全体的にはソフトのお話がメインなので、パパリウスさんにお任せします(笑)

1点だけ、
>Windows JRIVERのmc20でのDSD再生で、dopとnativeでほとんど音の差を感じ無かったことと、表示がどちらもDSD64Xとなったのは、ひょっとしてX-SPDF2は全てnativeデータとしてキツネに送っているからではないのでしょうか。

X-SPDF2はHDMIの端子でDSDとPCMの切り替えをしていないようです。底面のDIPスイッチで手動で切替する仕様のようです。

そして、今キツネの仕様書を確認したのですが、HDMI入力はDoP対応していないようです。。。なので、mpdでPCMに変換するか、もしくはnative DSDで送り出すかどちらかですね。

そして、キツネは内部でDSDをPCMに変換してからD/A変換しているようです。

user_com.png Pass time.png 2019/09/03(Tue) 21:22 home No.6904
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
どうやら全部謎解き出来たようですね。


パパリウスさん

> mpdのpipeアウトプットプラグインをnative指定に対応させてみようと思いますので、少々お時間をください。

よろしくお願いします。
急ぎませんが、20日頃までに間に合うと、4名ほど幸せな人が誕生します(意味不明ですね。7月にやった会の第二回戦目でsmpd+キツネを聴こうということになっています)。


Passさん

> 底面のDIPスイッチで手動で切替する仕様のようです。

確認したらDSD nativeになっていました。

> HDMI入力はDoP対応していないようです。

従って無音というわけですね。

輸入代理店には「何で、DDCのHDMI出力だとDSD64Xと表示され、Linux=i2sだと176/352K表示になるのか。ソフト作者まで巻き込んで、切り分けるのに苦労したぞ」とイチャモンをつけてみますかね。

user_com.png yo time.png 2019/09/03(Tue) 22:11 home No.6905
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

残った疑問は、DSD64をsamplerate_converter "soxr high"で指定した場合に、なぜキツネでは音がでないのか?だけですね。

PCMにしか対応していないIntegrated180では再生できているので、キツネでも再生出来て良いはずですが。。。
理由が分かりません。

user_com.png Pass time.png 2019/09/03(Tue) 22:56 home No.6906
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん

> PCMにしか対応していないIntegrated180では再生できているので、キツネでも再生出来て良いはずですが。。。

Integrated180の環境で dop "yes" ですか。"no"だとすれば、辻褄はあうのですが。
dop "yes"では、samplerate_converter "soxr high"を指定しても、dop変換されるので、audio_output_format をコメントアウトするか、"*:24:*"を指定すると、dopフォーマットのデータが送信されるので、キツネでは再生できないということではないでしょうか。

ところで、キツネの仕様書というのはどこにありましたか。

user_com.png yo time.png 2019/09/04(Wed) 07:36 No.6907
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
iCAT(キツネの日本販売代理店)に問い合わせてみました。

残念ながら、標準の構成以外の接続での内容については確認のしようがないので、お答え出来ないという回答でした。
i2s接続に関する標準の構成というのは「Holo Audioのメーカーの推奨するSinger SU1を用いてのみ動作確認および対応のみ」ということです。rpi-to-HDMI基板などというのは論外ということになるらしいです。

Linuxについては、本音が書かれていて、面白かったです。要約し辛いので、盛大に削除しながら、長め引用しますが、「ラズパイ4用のiCAT OSを・・・・、Linuxでの規格外の仕様に対する業界コンセンサスを取るのは至難の業で、USB Audio Class3.0仕様を策定の提案も・・・DACメーカーが引き気味です。・・・Linuxカーネル自体の変更開発を伴い、ローカルルールで iCAT、Signalit、Holo で対応する事を前提に進めており、・・・。」ということです。
つまりiCAT Linuxで特化してラズパイに対応するというわけなので、一般的なサポートを期待することは難しそうですね。まあ、ベンチャーで頑張っている代理店の対応としては仕方がないかなと思います。

user_com.png yo time.png 2019/09/04(Wed) 20:30 home No.6911
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

>Integrated180の環境で dop "yes" ですか。"no"だとすれば、辻褄はあうのですが。

dop "yes" 、audio_output_format "*:*:*"です。この状態で、

samplerate_converter が"internal"だとIntegrated250はDoP64表示で音が出ます。Integrated180は音が出ません。
samplerate_converter が"soxr high"だとIntegrated250は176.4k表示で音が出ます。Integrated180も音が出ます。

なので、"soxr high"の指定はPCM変換されて出力されていると判断したのですが。。。
何が違ってキツネが受けてくれないのか全く謎です。
まあ、前スレにも書いたようにI2S over HDMIは規格外の応用的な使い方なので、動かなくとも仕方はないのですが。。。


仕様書はこちらです。
https://i0.wp.com/kitsunehifi.com/wp-content/uploads/2016/07/KitsuneTuned-Edition-%E6%B3%89SpringDATASHEET-1.jpg?ssl=1" target="_blank">https://i0.wp.com/kitsunehifi.com/wp-content/uploads/2016/07/KitsuneTuned-Edition-%E6%B3%89SpringDATASHEET-1.jpg?ssl=1

user_com.png Pass time.png 2019/09/04(Wed) 22:16 home No.6912
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん

Integrated180はDSD対応無し。従ってdop/nativeどちらのDSDデータを受けても処理出来ないはずで、無音となる。Integrated250はdop/nativeどちらのDSD対応有り。従って、どちらのDSDデータを受けても、その通り処理する。
と考えれば、ご提示の結果は辻褄があっています。

つまり、dop "yes" 、audio_output_format "*:*:*"で
samplerate_converter が"internal"だと、rpi-変換基板からはdop64のデータが送信され、Integrated250はその通り処理され、Integrated180はDSD対応機能がないので、無音となる。
samplerate_converter が"soxr high"だと、rpi-変換基板からはPCM176Kに変換されたデータが送信され、どちらもその通り処理される。
ということだと思います(僕には、このあたりの機種による違いがよく分かっていませんでした^^;;;)。

次に、キツネですが
どちらも176Kと表示され、音が出ない。
です。

従って、キツネのsamplerate_converter が"soxr high"の処理が謎だということですね。

ご指摘の通りで、日本のiCATは頼りにならなさそうなので、これ以上頑張るには中国の設計者に直接質問するという手しかなさそです。どうしたものかなと考えています。

キツネの仕様、ありがとうございました。iCATのサポートに「知らないの?」と書いて、送っておきました。

user_com.png yo time.png 2019/09/05(Thu) 08:36 No.6914
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

>従って、キツネのsamplerate_converter が"soxr high"の処理が謎だということですね。

そこですね。
PCMデータを176.4k 24bitでアップサンプリングした時とDSD 64をsamplerate_converter "soxr high"で送り出した時に、どういった違いがあるのかが分かれば、キツネがなぜ音を出せないのかも分かりそうですが。。。

逆にそこが分からないと、代理店やキツネの設計者に質問しても、また「答えられない」と回答されそうですよね。

user_com.png Pass time.png 2019/09/05(Thu) 10:14 home No.6915
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん、パパリウスさん

さらに謎を深めるのが
audio_output_format "176400:24:*"
だとキツネは鳴ることです。
samplerate_converter が"soxr high"の有無にかかわらず音は出ます。176Kと表示されます。
要するに、この場合は、176Kに変換されたPCMを再生出来るらしいです。

ところで、apuを2台使って、lightMPD upnpgwをタンデム構成(バックエンド機はapu2なので、最新版v1.20を適用)を試してみました。当然、usb接続となりますので、x-spdi2を間に入れて、i2s接続します。
この場合、Windowsソフトを使ったusb接続と同じことになります。結果も同じで、DSD64Xと表示され、音も出ます。この音が素晴らしいです。
どうも、このDSD64Xと表示されないとまずいようです。

実は、iCATとやりとりして、rpi to HDMI変換基板直接という普通はあり得ない接続形態で使っていることがお互いに理解出来て、ようやく話が通じるようになりました。

それで、iCATから指摘されたのはこの情報です。
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/2019/02/mpd-f63f.html" target="_blank">http://nw-electric.way-nifty.com/blog/2019/02/mpd-f63f.html
たかじんさんの記事ですが、どうも352Kと表示されるのはこの件と関連しそうですね。
つまり、ネーティブ再生でなく、PCM352Kに変換されたデータを再生しているようです。
ただ、Integratedについては最大256Kということですので、そのあたり、どうなっているのか、分かりますか。


というわけで、iCATサポートにアプローチという方法で問題解決出来そうなので、dop再生の問題についても質問してみるつもりです。

user_com.png yo time.png 2019/09/05(Thu) 20:55 No.6919
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

352kはPCMとして認識して音が出ていたんですね。
Integrated250はこの状態ではNoLockのままで音が出ませんでした。
ただし、PCMを352.8kにアップサンプリングしてもロックが不安定で音が出ないので、ケーブルの問題が大きいかもしれません。

audio_output_format "176400:24:*"も試してみました。Integrated250、180ともにノイズ混じりの再生になります。
表示は176.4Kなので、PCMで認識しているようですが、実際にはDoPのデータだと思います。なのでノイズ混じりなのではないかと思います。

DoPマーカー付け忘れですか。。。

user_com.png Pass time.png 2019/09/05(Thu) 21:49 home No.6920
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
iCATサポートより、以下の通りご連絡がありました。
---------------------------------------
申し訳ありませんが、SP2はI2SでDoPをサポートしていないことが判明しました。

Spring2 don’t support DOP at I2S. Spring1 does. Because we
haven’t seen any requirement at that time. All I2S source seems can
decode DOP by itself and output DSD to Spring1. So I just cancelled this
function in Spring2.
---------------------------------------
英文のIというのはPoloの社長さんです。つまりSpring1ではDoPをサポートしていたけれど、Spring2では社長判断でサポートを止めた。理由は I2S over HDMI でDoPデータは全てnativeに変換されて送られているからということです。
確かにSU1もX-SPDIF2も変換して、送っているようです。
つまり、rpi to HDMI基板--HDMIケーブル--DAC というのはかなり特殊な接続形態で、普通のオーディオメーカーが考慮する接続形態ではないということです。

ということで、rpi to キツネDAC i2s HDMI接続 の二件の問題は解決です。
一つ目 352K表示 の件はMPDのバグで実際にその通りPCM変換されたデータが送信されていた
二つ目 176K表示、音が出ない の件はキツネDACがDoPデータを処理しない仕様だから
という結論でした。

分かってみると、なんだですね。

user_com.png yo time.png 2019/09/07(Sat) 19:58 home No.6928
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

v0.8.32のカーネルの差し替えによってsamplerate_converter "soxr high"を指定してもIntegrated180で再生できなくなりました。
どうやらsamplerate_converterの指定に関係なくDoP出力になっているようです。

パパリウスさんがnative再生に対応してくれるそうなので、気長に待ちましょう。

user_com.png Pass time.png 2019/09/08(Sun) 08:04 home No.6931
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん、パパリウスさん

今回よく分かったのはDSD再生についてはまだまだ発展途上で、PCM再生のようなきちんとしたルールがまだ確立していなということですね。SMPDだけのことを言っているのではなくて、LinuxあるいはWindowsを含めてPCを使ったDSD再生全般について言えることだと思います。

まあ、SMPDも0.833となり、PCM再生については奥義を究めたという感じですから、DSD再生もよろしくお願いしますというところですかね。

user_com.png yo time.png 2019/09/09(Mon) 07:37 No.6934
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
アナログフィルターを通せばDSDはアナログ変換出来るので、シミュレーションしてみました。

アナログで13タップFIR+3次LPFまでやってみましたが、まだまだな感じです。やなさんのDSD原理基板は32タップっていうのもうなずけますね。。。キツネはどこまでやってるんでしょう?

PCMをNOS+アナログフィルターで復調すると同じ位大掛かりになるんでしょうね。。。大掛かり過ぎて実際に作ってみようという気には全くなりません(笑)

user_com.png Pass time.png 2019/09/11(Wed) 16:17 home No.6950
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
NOS マルチビットDACということで、20kHzの正弦波を44.1kHzでPCMサンプリングして、NOSマルチビットでD/Aコンバートして復調してみました。

http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/20Hz_44.1k" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/20Hz_44.1k sampling.jpg

6d、9d、12dはそれぞれ6次、9次、12次のアナログフィルター通過後です。


どうしても入力波形とサンプリングがタイミングが合わない事象が発生してしまい、周期的に元波形から大きく崩れてしまうようです。

仕方が無いので96kHzでもやってみました。

http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/20kHz_96k%20sampling.jpg" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/20kHz_96k%20sampling.jpg

これならほぼ元波形を復元できるみたいです。試しに48kHzでは44.1kHzと大きく変化なし。88.2kHzは96kHzと大きく変化はありませんでした。
それでもアナログフィルターは9次はないと歪だらけです。

user_com.png Pass time.png 2019/09/16(Mon) 17:59 home No.6973
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん

おサルに分かるように教えて下さいませ。
この実験の意味ですが、「96Khz以上のサンプリングデータであれば、NOSマルチビットでD/Aコンバートは9次以上のアナログフィルターを使えば何とか実現出来るが、48KHz以下では、単純な技術では出来ないよ」という意味ですか。つまり、何か特別のノウハウが無いと出来ないという意味ですか。

user_com.png yo time.png 2019/09/16(Mon) 19:22 home No.6974
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

daoutの波形で見比べて頂くと分かりやすいと思います。これがマルチビットDACの出力波形です。
44.1kサンプリングの方はとても元波形を復元できる状態の波形じゃないですよね。

44.1k下のサンプリング周波数のデータでも、低い帯域なら問題ありません。1kHz正弦波のサンプリングです。

http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/1kHz_44.1k%20sampling.jpg" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/1kHz_44.1k%20sampling.jpg

高次のフィルターでなくとも、もっと低い周波数からカットオフすれば波形を丸める事は出来るのですが、そうすると高域のレベル(音量)が低下してしまいますし、ハイレゾ音源再生でも20kHz以上の高域が出なくなってしまいます。

この点はデジタルでアップサンプリングしてしまうΔΣの方がアナログフィルターも簡易的なもので済んで、ハイレゾ対応も柔軟で有利になるんでしょうかね。
今度は高周波ノイズとの戦いになりますけど。。。

user_com.png Pass time.png 2019/09/16(Mon) 21:09 home No.6975
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
ついでに比較しやすいように入力波形とサンプリングの画像を重ねてみました。(茶色とピンクの波形)
真ん中の赤の波形が12次のアナログフィルターの出力
一番下の緑の波形は、入力波形-サンプリング波形=量子化誤差です。(波形の大きさは同じですが、電圧の測定レンジが違いますのでご注意下さい)

1kHz 44.1kサンプリング
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/1kHz_44.1k%20sampling_2.jpg" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/1kHz_44.1k%20sampling_2.jpg

20kHz 44.1kサンプリング
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/20Hz_44.1k%20sampling_2.jpg" target="_blank">http://mimizukobo.sakura.ne.jp/upload/20Hz_44.1k%20sampling_2.jpg


20kHzのサンプリングは量子化誤差が大きすぎて、私の発想ではフィルターで処理しきれませんでした。
キツネはコレををどうやって処理しているのか知りたいですね。

user_com.png Pass time.png 2019/09/18(Wed) 08:01 home No.6980
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
Passさん

なるほど。こういう具合に見せてもらうと、フィルターでは高い周波数で処理出来ないことがよくわかります。まあ、20KHzは聴こえなくなくても分からないだろうけど、もう少し低い周波数だと問題でしょうね。
キツネ(というかNOSモードのあるDAC)はどうやっているのかは僕も興味があります。何か魔法のような方法があるのでしょうか。

user_com.png yo time.png 2019/09/18(Wed) 18:31 home No.6984
Re: キツネDAC I2S DSD再生問題
yoさん

魔法の箱は、現在逢瀬で開発中です。しばらくお待ちください(笑)

user_com.png Pass time.png 2019/09/18(Wed) 21:06 home No.6987
License Expired Godzilla の再来襲へのレス

私も同様の問題に悩まされてマーシンと何度かやり取りしました。
Control PCは無事ライセンスが更新されたもののAudio PCでCode30のエラーが出ました。

やはりマーシンは、外部ipアドレスと認証した日時しか分からず、どちらのPCのライセンスをdeactivateすべきか判断できないということでした。彼は、当然この手のやり取りに慣れており、「両方ともdeactivateした」と回答が来ました。私のケースは外部ビデオカードが不調でそのカードを取り外しオンボードに接続したことが問題だと思われました。

私は英語フォーラムに「JPLAY6と同様なライセンス・システムなら、より厳しいT&Cで値段が倍でも良い」という内容で以下のように投稿しましたが、残念ながらあまり前向きな回答はありません。

I understand that the new licensing works well to protect from bad users, however, it sometimes puts unnecessary burden on a lot of good users.
Marcin, I would like to ask you to consider a separate version with more user-friendly licensing such as JPLAY6.

One of big advantages and joys in JPLAY is that JPLAY sensibly responds to any improvement in hardware and software, especially around network environment.

Because of TurboActivate we are significantly restricted in tuning our PCs.
I don't mind paying the double price and/or accepting more strict T&C if I get more flexibility as JPLAY6.

user.png のびー time.png 2019/09/10(Tue) 21:41 home No.6943 [返信]
Re: License Expired Godzilla の再来襲へのレス
のびーさん

ビデオカードの変更でも問題を起こすとは知りませんでした。
僕のケースでは、マイクロソフトの場合でしたが、ハードディスクの接続端子(位置)を変えただけなのに認証エラーに引っ掛かったことがありました。
この時は電話に出たオネエちゃんに「何でハード構成を全く変更していないのにエラーなるのだ?」と問い詰めたのですが、お答えは「分かりません。何か変えているはずです。何か弄っていませんか。」でした。
それで、考えて、そう言えばDVDをつなぐために、ハードディスクの位置を変えたことを思い出しました(DVDは認証エラーになったので外していました)。
多分、ハードディスクに認証情報を書き込んでいて、同じ場所から読み出せ無かったので、エラーにしたのでしょうね。限りなくバグに近いエラーだと思いました。

user_com.png yo time.png 2019/09/11(Wed) 07:32 No.6947
Raspberry PI 4 情報

ここにあります。
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FiCAT.Inc%2Fposts%2F2583930805034039" target="_blank">https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FiCAT.Inc%2Fposts%2F2583930805034039
iCATとのやりとりで教えてもらったのですが、なかなか面白いですね(iCATのロゴをクリックすればオリジナルのページに行けます)。
相当のじゃじゃ馬のようですので、挑戦のしがいは有りそうで(^^;;;、面白そうです。
俺は楽をしたいという軟弱な(^^;;;方はページで案内されているシステムイメージとJRiverの組み合わせで動かすの吉かもしれません。
以上、ご参考まで。

user.png yo time.png 2019/09/09(Mon) 12:06 home No.6936 [返信]
Re: Raspberry PI 4 情報
デジファイさんのところで開発が進んでハードの性能が足りなくなり
次期プレーヤー用のハードが話題になっています。
RaspberryPi4が発売になりlightmpd/upnpgwが動く様になれば
更に先の音が聴けるかも知れません。

かなり前から言っている事ですが自分が思うに
I2S信号をUSBを介せず取り出せるのであればラズパイは使わなくても良いと(笑)

PS
今回リリースされた lightMPDraspi-armv8-64-v1.2.0b1
を試していますが音の傾向が変わっているように感じます。
結構好みの方向です(笑)

user_com.png koma time.png 2019/09/09(Mon) 12:32 home No.6937
Re: Raspberry PI 4 情報
koma さん

>次期プレーヤー用のハードが話題になっています。
digifanさんの真意は分かりませんが(^^;、私の妄想ではapuに代わるハードとしてはLIVAZを意識していそうな気がします。
まあ全く根拠はありませんが、LANを2組実装していたりしてハードの能力としては充分なような気がします。

user_com.png えふ time.png 2019/09/09(Mon) 19:06 home No.6938
Re: Raspberry PI 4 情報
komaさんとえふさんの書き込みに刺激され、Digififanさんの掲示板を覗いて、面白い記事を発見しました。

Digififanさんの「近況」というタイトルの書き込みです。
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#" target="_blank">https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/lightmpd/YnW-YmiUy7E
そして、そのリンク先
https://sites.google.com/site/digififan/home/digifi-labo/jin-kuangoyobi-za-gan-2019-09-01-dsd2pcm-liva-z-n4200-gustard-u16-nado-zhang-wendesu" target="_blank">https://sites.google.com/site/digififan/home/digifi-labo/jin-kuangoyobi-za-gan-2019-09-01-dsd2pcm-liva-z-n4200-gustard-u16-nado-zhang-wendesu

R2RDAC基板 -> dsdネイティブ再生 -> DSD原理基板 -> キツネdac -> dsd2pcmでpcmに変換

という具合に話題が展開していて、興味深く拝読しました。
当然、LIVA Z(N4200)についても詳細にふれられていて、これがDigififanさんの本命みたいですね。

あと
> Direttaについては思うこともあるので、また改めて書きたいと思います。
とあるのですが、これは是非書き込んで頂きたいです。DigififanさんがDirettaについてどう考えていらっしゃるのか非常に興味があります。

user_com.png yo time.png 2019/09/09(Mon) 20:00 home No.6939
スペックのUSBノイズリムーバー

このところ、オーディオ専用ノートパソコンで、スペックのUSBノイズリムーバー AC-USB1を愛用しています。

この製品の概要については、スペック社のウェッブページにおける商品説明が的確だとおもいますので、以下に引用します。

「オーディオ機器やパソコンの空きUSB端子に接続することにより外来ノイズの飛び込み防止効果とUSB回路のノイズ除去と動作を安定させ著しく音質を向上させます。」

「インド・ビハール州産、最高品質の天然ルビーマイカを特殊積層加工したオーディオ用マイカコンセ[デ]ンサーを樹脂ケースに内蔵。樹脂ケースには10センチのオーディオ用高音質素材USBケーブルを付属。」

私がスペック社に直接問い合わせたところ、USBノイズリムーバーの取り付け位置はどこであっても、機能・音質的に問題は無く、また空きUSB端子が複数ある場合は、USBノイズリムーバーも複数個使用した方が、より効果が高いとのことです。

その音質は、基本的にフラットで、解像度・音の抜け・見通しが良く、スケール感が大きく、立体的なものです。さらに、音の粒立ちが良く、艶やかで、低音域に深みがあることも特筆されます。

また、一部のUSB端子アクセサリーにみられるような、音の曇りや痩せは、全くありません。

この種のコンデンサーを使用した製品では、バーンインにかなりの時間を要します。私の経験では、この製品の場合、100時間以上は必要なようにおもいます。バーンインによって、音質が刻々と変化するも楽しみの1つでしょう。

今まで、USB端子アクセサリーはいくつか試してみましたが、コンデンサーの質があまり良くないと、音痩せなどが生じ、かえって逆効果になる場合もあるようにおもいます。

その点こちらは、スペック社のマイカ(雲母)を使用したコンデンサー製作の実績や、独創的なアンプやサウンドプロッセッサーなどにおけるノウハウが、小さな樹脂ケースにこめられた、別格の製品だとおもわれます。

https://www.spec-corp.co.jp/audio/AC-USB1/index.html" target="_blank">https://www.spec-corp.co.jp/audio/AC-USB1/index.html

user.png tairyu time.png 2019/09/04(Wed) 09:08 home No.6908 [返信]
JCAT NETアイソレーター

ポーランドより、JCATの新製品である、NETアイソレーターがとどきました。当方は、テレガートナーのM12 SWITCH GOLDのような高性能スイッチを使用できる環境にはないので、ネットワーク環境を何とか少しでも改善したいというのが、購入の目的です。

LANアイソレーターについては、かつて日本製で、大変評判の良い、ほぼ同価格の製品をためしてみたことがあります。ただ、当方の環境では、確かに音は若干鮮明になりましたが、音痩せや音の躍動感がなくなってしまうことがあったので、使用を停止した経緯があります。

JCATの製品では、以前USBアイソレーターを購入したことがあって信頼があるので、今回上述の事柄がクリアーされているのではないかと期待してのことです。

JPLAY FEMTOは、以前はデュアルPCモードで使用していましたが、現在は単体PCモードで使用していますし、ローカルファイルは、外付けHDDからその都度、内蔵SSDにコピーして再生しています。ですので、もっぱら、作業中にBGMできいている、Windows版Audirvana+JPLAY FEMTO+TIDALの音質改善をはかることになります。

使用機器は、オーディオ専用に設定している、富士通 ノートパソコン LIFEBOOK AH-53/A3
(Intel i7-6700HQ@2.60GHz、SSD、16GB、64bit、Windows Server 2019 Standard Desktop experience 製品版 1809、エルサウンド ノートパソコン用アナログ電源使用、空きUSB端子には、スペック USBノイズリムーバー AC-USB1を挿入)と、HUMAX ワイヤレスケーブルモデム HG100R-02JG(エルサウンド オーディオ用アナログ電源使用、全ての空きLAN端子には、LANターミネーターを挿入)です。LANケーブルは、フルテック LAN-10G 1.2mおよび0.6mを使用しています。

一聴して、刺激や雑味がなく、鮮明でありながら、まろやかで深みのある音質であることがわかります。また、スケール感が大きく、低音域も豊かな形でよくでていて、細部がより一層ききとれます。さらに、楽器の音色や残響の美しさ、金属製楽器のはっとするような生々しさも特筆されます。

懸念された、音痩せや音の躍動感がなくなってしまうことも、全くありません。また、入・出力共に、好みのケーブルを使用できるのも良いとおもいます。

さらに、大変興味深いことに、ローカルファイルの再生においても、大幅な音質の改善がありました(Huawei 8.4インチ タブレット MediaPad M5 Wi-Fiモデル(Android 9.0)で、Android版fidata Music Appを使用)。音の傾向は、上述とほぼ同じです。これは、JPLAYは内部でネットワークを使用していることによるのだとおもわれます。メインシステムにおけるローカルファイルの再生にもメリットがあって、なんだかとても得をしたような気がします。

バーンインをさらにすすめれば、一層深みのある音になっていくようにおもわれます。

この製品はけっして安価な物ではありませんが、費用対効果はかなり大きいとおもいます。

user.png tairyu time.png 2019/08/10(Sat) 06:56 home No.6730 [返信]
Re: JCAT NETアイソレーター
tairyuさん、こんにちは。

JPLAY EUの日本語対応の準備が整うまで、ここを使って頂くのは良いアイディアかもしれませんね。
ご自由にお使いください。レスを付けたい方も遠慮なくどうぞ。

user_com.png yo time.png 2019/08/10(Sat) 19:11 home No.6731
Re: JCAT NETアイソレーター
tairyuさん、

JCAT NETアイソレーターのレビューありがとうございます。
私はこの製品を使用したことはありませんが、アコリバの新旧製品などは今も使用しています。

LAN関連の製品は使用環境やネットワークカードにより効果は大きく変わると思います。
例えば、拙宅ではJCAT NetCard FemtoとJSPCのハブ(HFS1100)の間にアコリバのアイソレーターを入れると、音が痩せてしまいます。

音質対策を施された機器を幾つも接続しても必ずしも好結果とはならないことを実感しました。

あと、私の経験では、あまり短いLANケーブルは音質面ではネガティブです。0.6mは少し短すぎるのではないでしょうか?私の友人などは10mほどのケーブルを巻いて使用しているほどです。
私はオーディオ・ルームに10mのケーブルのトグロがあるのは避けたいので、アコリバのLANアイソレーターと2mや3m程度のケーブルの組み合わせることで好みの音質に調整しています。

user_com.png のびー time.png 2019/08/15(Thu) 18:06 home No.6809
Re: JCAT NETアイソレーター
のびー様

コメントを頂戴し、どうもありがとうございました。

差し障りがあってもいけないので、レビューの投稿では明記はさけましたが、実は私が一時的に使用したのも、アコリバの製品でした。どんなに評判が良い物でも、使用環境によっては、やはり音痩せなどが発生するのですね。

USBケーブルは極力短い方が良いが、LANケーブルはある程度長い方が有利であるという事は、私も存じておりました。ただ、今回のNETアイソレーターに関しては、マーシンさんが、ネットワーク・オーディオ・コンポーネントとできるだけ短い長さで接続することを推奨しており、丁度0.6mのものが手元にあったので、それを使用した次第です。

user_com.png tairyu time.png 2019/08/15(Thu) 22:46 home No.6817
Re: JCAT NETアイソレーター
tairyuさん

一通り検証されておられましたか。さすがです。

私の環境はJCAT NetCard FemtoをAudioPCにもControlPCにも使用していて、その間の接続にはアイソレーターは不要という認識でした。ただ実際に聴いてみてAudioPC側にアコリバのアイソレーターを入れています。他のシステムで感じた音痩せ感はありません。

お話を伺って一度JCATのLANアイソレーターも試したくなりました。

user_com.png のびー time.png 2019/08/16(Fri) 05:12 home No.6822
Re: JCAT NETアイソレーター
のびー様

当初はレビューにかこうとおもっていながら、実際に使用していないのにあまり無責任なことをいってもどうかとおもって、結局断念したのですが、この様子ですと、ハブとの間やJPLAY FEMTOのデュアルPCモードで使用しても、大きな効果があるような気がします。

現在の私の環境では、それらの検証は難しいですので、ぜひためしていただければ幸いです。

user_com.png tairyu time.png 2019/08/16(Fri) 06:38 home No.6823
Re: JCAT NETアイソレーター
Windows版Audirvana+JPLAY FEMTOを使用してのTIDALの再生においては、サブシステム(タンノイ REVEAL 402)でBGMとしてきく分には、様々なチューニングの結果、既に申し分の無い音になっています。

一方、これをメインシステム(ラックスマン L-570X's、ハーベス HL Compact)で本格的にきくとなると、いろいろとあらがでてきてしまい、今まで正直いって厳しい状況でした。

この度、JCAT NETアイソレーターを中核にして、ASOYAJIオーディオ ゴア線USBケーブル、インフラノイズ USBデジタルアキュライザー UACU-700、スペック USBノイズリムーバー AC-USB1、Bug headのMinorityClean X64(フリーソフト)等を併用することにより、メインシステムにおいても、きくにたえうる音質に初めてなったかとおもいます(PCオーディオ環境:Singxer SDA-1+Gustard U16+10MHz外部クロック(Morion MV89A ダブル・オーブンOCXO)+EL SOUND オーディオ用アナログ電源(特注))。

もちろん、テレガートナーのM12 SWITCH GOLDのような高性能スイッチを使用できれば、更に音質は改善されるとおもいますが、現状ではこれが精一杯なところかとおもわれます。

今後も、メインシステムでの再生は、WAV音源(PCM・DSD)が中心になることには違いは無いとおもいますが、TIDALは何でもありの世界ですので、現在手にはいらない音源などを中心に、選択の幅が広がりそうです。

user_com.png tairyu time.png 2019/09/03(Tue) 12:16 home No.6899
処理 記事No 暗証キー

mail

- YY-BOARD -